インターネット申し込み無料相談

インターネットプラン選びならご相談ください。

電話で簡単お申し込み。あなたにぴったりプランをエキスパートがお探しします。(セレクトラ・ジャパンコールセンター)

インターネットプラン選びならご相談ください。

電話で簡単お申し込み。あなたにぴったりプランをエキスパートがお探しします。(セレクトラ・ジャパンコールセンター)

ドコモ光のプロバイダー比較

ドコモ光の契約を考える際、そのプロバイダーの選択肢の多さにどのプロバイダーを選べば良いのか分からない人も多いのではないでしょうか?結局どこを選んでも一緒では?と思うかもしれませんがプロバイダー選びが契約後のインターネットの使いやすさに案外影響してきます。プロバイダーを比較選び方のポイントとおすすめのプロバイダーをご紹介します。そもそもドコモ光のプロバイダーってどんな役割?という初心者にも分かりやすく説明します。ここで2020年の最新情報を確認して、賢くプロバイダーを選びましょう。

ドコモ光とは?

ドコモ光はNTT docomoが提供する光回線で、フレッツ光の回線を使用した「光コラボレーション」の1つです。ドコモユーザーにはおすすめの光回線です。すでにドコモのスマホや携帯をお持ちの場合、ドコモ光の契約で「ドコモ光セット割」が適用され、月々のスマホ料金が割引になります。

▶ドコモ光についてもっと詳しく知りたい人はこちら

ドコモ光の主なプロバイダー一覧

ドコモ光を提供しているプロバイダーは多種多様です。ドコモ光は4つの料金タイプごとに選べるプロバイターが決まっています。例えば1ギガ タイプAであれば、ドコモnet/ぷらら/GMOとくとくBB/@nifty/BIGLOBE/hi-ho/BB.exciteなどの決まったプロバイダーの中から選ぶことになります。そのため、同じ「〇ギガ タイプ〇」という種別ならどのプロバイダーを選んでも月額基本料金は同じです。4つのうちからどのタイプにするか決めれば、あとは回線の提供元であるNTTドコモのプロバイダー「ドコモnet」や大手IT企業GMOが運営する「GMOとくとくBB」など、好みに合わせて選んだプロバイダーとドコモ光を契約することができます。主なドコモ光のプロバイダーは以下のようなラインナップになっています。

ドコモ光の主なプロバイダー
通信速度・タイプ種別 プロバイダー
1ギガ タイプA ドコモnet/ぷらら/GMOとくとくBB/@nifty/BIGLOBE/hi-ho/BB.excite/ほか
1ギガ タイプB OCN/@TCOM/Asahi Net
10ギガ タイプA ドコモnet/ぷらら/GMOとくとくBB/hi-ho
10ギガ タイプB BB.excite/Asahi Net

※上の表では2020年10月現在の全プロバイダーのうちの一部を紹介しています。

ドコモ光のプロバイダーはこれを知っていると選びやすい

沢山ある中から一番適したプロバイダーを選ぶために知っておくべきポイントを紹介します。

ドコモ光の料金はプロバイダー一体型

通常、インターネットを使うためには光回線とそれを提供するプロバイダーを別々に契約する必要があり、回線の料金とプロバイダー料金それぞれ別々に支払います。しかしドコモ光なら光回線とプロバイダーの料金が1つになっているため、別々に料金を払う必要はありません。こういった料金設定は「プロバイダー一体型」と呼ばれています。

「単独タイプ」は別途プロバイダ契約が必要 ドコモ光には「単独タイプ」つまりプロバイダー契約が付かず、NTTドコモとドコモ光の回線だけを単独契約するプランがあります。この場合、工事日までに自分で別途プロバイダーを探して契約する必要があります。その場合合計の料金はプロバイダー一体型と比べて割高になります。

「ドコモ光 1ギガ」と「ドコモ光10ギガ」の違い

ドコモ光には通信速度によって1ギガと10ギガ、2種類のプランが存在しています。「ドコモ光 1ギガ」は通信速度が最大1Gbpsであるのに対し、「ドコモ光10ギガ」は通信速度が最大10Gbpsです。このbps(=bit per second/ビット毎秒)とは、1秒間にどのくらいのデータの量を転送できるか、という速さを表す単位です。

ドコモ光の「ギガ」とスマホのCMで見かける「ギガが減る」の「ギガ」とは別物近頃CMやウェブ広告等で「ギガが減る」「ギガが無い」というようなフレーズを使用しているのをよく見かけますね。しかし、実はそういったスマホのCM等で使われる「ギガ」はデータ容量を表す「ギガバイト(GB)」、つまり動画視聴やメッセージの送受信によって移動できるデータの「量」を表すのに対し、ドコモ光の「ギガ」は「ギガビット毎秒(Gbps)」、つまり1秒にどれくらいのデータを運べるのか、というインターネット通信の「速さ」を表しているため、まったくの別物です。そもそも光回線にはスマートフォン契約で毎月決められているような通信量の上限はありません。もちろんドコモ光も無制限で使うことができます。そのことからも、ドコモ光の「ギガ」が容量を表しているのではないということが分かりますね。ちなみに「ギガ(G)」は、正しくはメートルや重さ単位の頭に付く「キロ(K)」「メガ(M)」と同じ種類で、1つ下の単位「メガ(M)」の1000倍という意味です。

ところで、そもそも1Gbpsの回線速度はどれほど速いのか疑問に思っている人も多いのではないでしょうか?結論から言うと、「通信速度が最大1Gbps」といった場合、普段使う分には十分です。しかし、このドコモ光が掲げる「1Gbps」というのは理論上可能な最大の速度のため、実際に家庭で使う時の通信速度はこのおよそ3割程度の速さだと言われています。1Gbpsの3割はおおよそ300Mbpsです。多くの動画配信サービスで推奨されている動画視聴に必要な通信速度は最低でも3Mbps、高画質のHD版で動画を視聴する場合は8Mbpsとされています。また、オンラインゲームをする場合は100Mbpsほどあるとスムーズにプレイできます。このことから、個人でドコモ光を契約するなら1ギガのプランで十分快適に使えると言って良いでしょう。

ドコモ光10ギガは、人数の多い家族や小規模の会社など比較的大容量の通信を行う場合におすすめです。しかし、ドコモ光10ギガは現在提供エリアが限られています。提供エリアは下の表の通りです。

ドコモ光 10ギガ提供エリア(2020年10月現在)
NTT東日本エリア 東京都大田区・世田谷区・杉並区・練馬区・板橋区・足立区・葛飾区・江戸川区・目黒区・中野区・品川区・北区・江東区・渋谷区・新宿区・文京区・豊島区・墨田区・狛江市・調布市・三鷹市の一部
NTT西日本エリア 大阪府大阪市 愛知県名古屋市

「タイプA・タイプB・タイプC」の違い

ドコモ光には「タイプA・タイプB・タイプC、(単独タイプ)」というタイプ種別があります。それぞれの違いについて詳しく解説します。

まず「タイプA・タイプB」の違いから説明します。この2つの違いは簡単に言うと料金システムです。A・Bの2種類の料金系体があるということです。例えば「1ギガ タイプA」と言った場合、「最大通信速度1GbpsでAの料金プラン」ということになります。このAとBの料金システムですが、下の表の通りタイプAの方が安いため特にプロバイダーのこだわりが無いという人はタイプAからプロバイダーを選べば問題無いでしょう。

定額プラン 月額料金
1ギガ タイプA マンション:4,000円/戸建て:5,200円
1ギガ タイプB マンション:4,200円/戸建て:5,400円

※表示の料金は全て2年定期契約の場合

タイプC」は、簡単に言うとケーブルテレビと一緒にドコモ光を契約できるタイプのことです。ドコモと提携しているケーブルテレビのテレビサービス(提携CATVと言います)、電話サービスを利用している人なら、ケーブルテレビの設備を使ってドコモ光を利用できます。タイプCはほとんどの場合通信速度が最大1Gbps、つまりドコモ光 1ギガと同様の通信速度です。また、料金は「1ギガ タイプA」と同様です。

選ぶときに必ず見るべきポイント

料金は種別が同じならどこでも良いと思うかもしれないがプロバイダーの性格、特典やサービスなどで結構差が付くことも多いです。ココを見ておくと良いというチェックすべきポイントを紹介します。

  1. そのプロバイダーを運営している会社は?
  2. 豊富なキャンペーンや特典がある?
  3. 通信速度など情報公開には意欲的?
  4. サポートは手厚い?
  5. ルーターの提供はある?

 そのプロバイダーを運営している会社は?

プロバイダーはやはり知名度があり大手企業の方が信頼度が高く人気の傾向があります。例えば大手IT企業GMOインターネットが運営するGMOとくとくBBはドコモ光のシェア率No.1のプロバイダーです。

また、一般社団法人日本インターネットプロバイダー協会が設けるインターネット接続サービス安全・安心マーク制度というものがあります。この「安全・安心マーク」は、一般利用者が事業者を新たに選択する際、ユーザ対策やセキュリティ対策などが、一定基準以上であるという目安を提供するものです。このマークが付与されるプロバイダーはセキュリティや情報管理等で厳しい審査を通過しています。プロバイダーを選ぶ際にはこのマークがあるかどうかというのも1つのポイントです。序盤に紹介したドコモ光の主なプロバイダー一覧のうち、「安全・安心マーク」を取得しているプロバイダーは以下の通りです。

「安全・安心マーク」を取得しているプロバイダー
通信速度・タイプ種別 プロバイダー
1ギガ タイプA GMOとくとくBB/ぷらら/@nifty/BIGLOBE
1ギガ タイプB OCN/@TCOM/Asahi Net
10ギガ タイプA GMOとくとくBB/ぷらら
10ギガ タイプB Asahi Net

 豊富なキャンペーンや特典がある?

料金そのものに大差がなくても、キャッシュバックでかなりお得になる場合が多いです。キャッシュバックはお金がいくらか戻ってくるだけ、と思う人もいるかもしれません。しかし例えば30,000円のキャッシュバックがある場合、月額料金から1,250円分の割引を2年間ずっと受けているのと一緒と考えることができます。こう考えるとキャッシュバックの有無やその金額はかなり重要なポイントです。

 通信速度など情報公開には意欲的?

通信速度のような契約する側にとって重要な情報を公開しているプロバイダーは信頼度が高いと言えるでしょう。例えばGMOとくとくBBではドコモ光の回線速度を日本全国モニター調査してウェブサイトで公開するという取り組みを行っています。

 サポートは手厚い?

サポート体制が充実しているかどうかもプロバイダー選びの上で重要なポイントの1つです。しかし、この点に関しては調べたところどのプロバイダーもほとんど同じのようです。全プロバイダーの条件をチェックしたところ、以下の2つのサポート付帯がスタンダードのようです。

  • 訪問サポート初回無料
  • リモートサポート初回無料

 ルーターの提供はある?

Wi-Fi経由でインターネットを使いたい場合はWi-Fiのルーターが必要です。プロバイダーがレンタルしてくれる場合が多いですが、中には提供していないプロバイダーもあります。その場合は自分で用意する必要も出てきますので、Wi-Fiルーターはプロバイダー側で準備してぼしいという人は必ずチェックしましょう。

インターネット申し込み無料相談

インターネット選びのご相談

お電話いただければ、セレクトラのエキスパート無料でご相談にのります。
あなたにぴったりのインターネットプランが見つかります。

インターネット選びのご相談

お電話いただければ、セレクトラのエキスパート無料でご相談にのります。
あなたにぴったりのインターネットプランが見つかります。

【厳選】おすすめプロバイダー

ここでセレクトラがあらゆる条件を比較して厳選したおすすめのプロバイダーを3つ紹介します。

ドコモ光のプロバイダ一覧
プラン名
GMOとくとくBBドコモ光
公式サイト
  • 全国の実効速度をウェブで公開中
  • スマホ料金が毎月割引に
  • ドコモ光のプロバイダーシェアNo.1
  • 高品質WI-Fiルーター(無料)は自分で選べる
プラン名
@nifty with ドコモ光
公式サイト   
  • 18,000円キャッシュバック※2
  • IPoE接続対応ルーター無料レンタル
  • リモートサポート初回無料
プラン名
OCN forドコモ光
正規代理店
公式サイト
  • IPoE接続対応ルーター無料レンタル
  • 訪問サポート初回無料
  • インターネットセキュリティサービス(マイセキュア)1年間無料

※上記の各特典は予告なく終了・変更することがあります。予めご了承ください。
※1 ドコモ光(タイプA)と同時に「ひかりTV for docomo(2年割)」+「DAZN for docomo」を申込みの場合。
※2 オプション加入無しの場合。

ドコモ光のプロバイダ一覧
サービス名 docomoユーザーなら光回線はドコモ光がお得 👌
GMOとくとくBB
×
ドコモ光
GMOとくとくBBドコモ光
公式サイト
  • 最大20,000円キャッシュバック※1
  • IPoE対応高品質Wi-Fiルーター無料レンタル
  • 3機種の中から選べるWi-Fiルーター
  • 初回訪問サポート無料
  • インターネットセキュリティーサービス1年間無料
OCN forドコモ光 OCN forドコモ光
公式サイト
  • IPoE接続対応ルーター無料レンタル
  • 訪問サポート初回無料
  • インターネットセキュリティサービス(マイセキュア)1年間無料
@nifty with ドコモ光 @nifty with ドコモ光
公式サイト
  • 18,000円キャッシュバック※2
  • IPoE接続対応ルーター無料レンタル
  • リモートサポート初回無料

※上記の各特典は予告なく終了・変更することがあります。予めご了承ください。
※1 ドコモ光(タイプA)と同時に「ひかりTV for docomo(2年割)」+「DAZN for docomo」を申込みの場合。
※2 オプション加入無しの場合。

上記でも触れた「GMOとくとくBB」は、料金・サービス・特典のバランスが取れたプロバイダで、ドコモ光のシェアNo.1を誇ります。
GMOとくとくBB×ドコモ光では、日本全国でモニターによるv6プラス回線の速度調査を行っています。「最大〇Mbps」といった理論上の速度ではなく、実際に使用した時の実測値を毎月ウェブサイトで公開しています。さらに、もし実際にGMOとくとくBBを使ってみて100Mbps下回った場合、100円相当のGMOとくとくポイントが貰えます。1ポイント=1円としてインターネット料金の支払いやネットショッピングに利用できます。速度に自信があるからこそできるモニター調査ですね。

まとめ

  • 個人で契約するなら1ギガ タイプAがおすすめです。
  • どのプロバイダーを選んでも月額料金にさほど差はありませんが、プロバイダーごとのサービスでかなり差が付きます。
  • 総合評価1位のプロバイダーはGMOとくとくBB。
インターネット申し込み無料相談

インターネット選びのご相談

お電話いただければ、セレクトラのエキスパート無料でご相談にのります。
あなたにぴったりのインターネットプランが見つかります。

インターネット選びのご相談

お電話いただければ、セレクトラのエキスパート無料でご相談にのります。
あなたにぴったりのインターネットプランが見つかります。

更新日