光回線・DMM光はおすすめ? - 料金・メリット・デメリット

光回線・DMM光はおすすめ? - 料金・メリット・デメリット

DMMの提供する光回線、DMM光。申し込みに際して知っておきたいアレコレをいっきに確認できます。

光回線インターネット、DMM光の契約を検討中ですか。DMM光はおすすめなのか?注意すべき点などないのかを調べてみました。

  • DMM光は「自動更新プラン(しばり)」はありません。
  • フレッツ光とプロバイダーがセットになった「光コラボ」で月額料金が今より安くなります。
  • 転用でDMM光を申し込む場合は、転用承認番号をご用意ください。(NTTに確認します。)
DMM光の月額料金
ファミリータイプ
(戸建て住宅)
定額 4,820円
DMM光 2段階定額 3,720~5,420円

マンション・アパート
(集合住宅)
定額 3,780円

DMM光の初期費用・工事費

光回線の導入には初期費用がかかります。新規にDMM光を契約する場合(フレッツ光も使ってない)は、まずは光回線ケーブルを引くための工事費が必要です。すでにフレッツ光の光回線はお持ちの方は「転用」での申し込みとなり工事は必要ありません。

まったくゼロからの光回線の工事なのか、すでに光コンセントが設置済みだったり、基礎工事が済んでいる場合かどうかで工事費が異なります。工事担当者の派遣が不要なため工事費が安くなります。

工事担当者の派遣が必要で、かつ土曜祝日に工事を希望する場合は、プラス3,000円がかかります。

DMM光の光回線の工事費は、ごく一般的な金額で、他のプロバイダーでもほぼ同様の手数料・工事費となっています。工事費を払いたくない、そんな方には工事不要のインターネット回線(WiMAXなど)の選択肢もあります。

DMM光の初期費用
契約手数料(新規・転用とも) 2,000円
工事費 フレッツ光を利用していない(新規) 戸建住宅 2,000~18,000円
集合住宅 2,000~15,000円
フレッツ光を利用している(転用) 0円
回線タイプを変える場合(2,000~18,000円)

DMM光の解約金

DMM光は、最低利用金が2年間と設定されており、2年未満に解約を行うと解約手数料、9,500円がかかります。

しかしながら、多くのプロバイダーの多くが「自動更新」を条件にしているのに対して、「最低契約期間という」シンプルな条件にしているDMM光はかなりレアなプロバイダーといえます。

「自動更新」ですと、例えば、2年自動更新なら、更新月に自動的に契約が2年延ばされます。3年自動更新プランならば、3年たったら、また3年更新が延長されます。

解約したい場合、いつすればいいのか?それは「更新月(解約月)」の1か月間(稀に2か月)です。この月に解約をすれば、解約金なし、光回線を解約することができますが、そうでなければ契約期間が2年以上であっても解約金がかかります。

一方、DMM光は単純に「最低利用期間」が設定されているのみでとてもシンプルなのです。自動更新プランは避けたい、でもなるべく月額料金を安くすませたい、そんな方にピッタリなのがDMM光です。

DMM光のいいところは?

月額料金も安い、解約条件も良心的。そんなDMM光ですが、DMM光ならではの何かいいところは他にもあります。

さらに速いv6プラスタイプのプロバイダが選べる

光回線のさらに速いサービスであるv6プラスを選ぶ事が出来ます。このv6プラスでインターネットを使うと、速度が今までのタイプよりもかなり速くなります。

また、光回線の場合、実は1つのケーブルを複数の契約者と分けて使用しています。そのため、インターネットの使用人数が多い時間帯になったりすると、通信速度が遅くなったりしますが、v6プラスにすれば、v6プラス用の回路を使うのですがまだ利用者が多くないためピークタイムでも混雑が少なくインターネットが楽しめます。

今までフレッツ光を利用して、その通信速度に不満だった方は、回線タイプの変更でv6プラスタイプにグレードアップも可能です。(工事費がかかります。)

2段階定額のプランが選べる

あんまりインターネットをしないという方には「DMM光2段階定額」は、ありがたい選択肢です。定額の設定データを超えてネットをしてしまうと、定額プランよりも高くなってしまうというリスクがありますが、ウェブの閲覧だけ程度しかインターネットをしないという人にはマンション向けのプランと同じ料金で光回線が使えます。

DMM光に転用しても光電話が契約できます。

DMM光”にしかない”ポイントではないのですが、DMM光にしても光電話は契約を続けることができます。(もちろん今まで使っていなくて光電話に加入することも可能です。)

DMMを契約する時の注意点は?

解約金はあるけれど、条件が厳しくないのが優しいDMM光

最低契約期間2年という設定があるため、それを待たずに解約をすると解約金がかかるという点ぐらいしか、DMM光の注意点はありません。

しかも、このような分りやすく明快な解約条件を設けているのは、とっても珍しいので、むしろDMM光のメリットとさえ言えるでしょう。

この他、無線LANでインターネットをしたい場合は、無線LAN付きのホームゲートウェイのレンタルが必要になり、300円(税抜き)/月かかります。

ご自身で無線ルーターを購入して、セッティングするのが面倒、もしくは自身がないという方は、ホームゲートウェイをレンタルすればすぐにご自宅内、無線でどこでおもインターネットが使用ができるようになります。

更新日