IPアドレスとは?調べ方・種類・なぜIPアドレスは変わるの?

更新日
本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
IPアドレスとは?- 調べ方・種類・なぜIPアドレスは変わるの?

IPアドレスの基礎知識と、具体的な種類、自分のIPアドレスをスマホやパソコンから簡単にチェックする方法を解説。併せて、IPアドレスの仕組みや、「IPアドレスから個人を特定できるの?」といった気になるトピックも紹介。

【本サイト限定!】最大128,000円キャッシュバック✨縛りなし・月額料金が安い・シンプルな料金体系。Wi-Fiルーターレンタルも無料。

IPアドレスとは?基礎知識

地球とWiFiマークのイラスト

IPアドレス(アイピーアドレス)とは、インターネットをするうえで欠かせない識別番号のことです。

IPアドレスは、インターネットに接続可能な各デバイス機器に割り振られています。パソコン・スマホ・タブレット・ルーター・プリンター・ゲーム機など、あらゆる機器にIPアドレスがあります。

分かりやすく考えると、IPアドレスは電話番号のようなもの。特定の相手と電話するには、まず自分の電話番号があること、そして相手の正しい番号にかける必要がありますよね。

それと同じように、インターネットを利用するには、自分が使う通信機器のIPアドレスと接続先のIPアドレスが必要なんです。ここでいう接続先とはプロバイダになります。

IPって何の略?

IPはInternet Protocol(インターネット・プロトコル)の頭文字で、直訳すると通信規格のことです。インターネットの世界は国境なくグローバルに広がるため、世界共通の規格が必要です。その規格がこのIPで、インターネット上の全てのWEBサイトやサーバーはこれに基づいて作成・公開されています。IPの種類にはIPv4とIPv6があります。

※本ページの記述は、主に総務省「IPv6の普及促進」IANA Internet Protocol Version 6 Address Spaceを参考にしています。分かりやすい表現を優先するために技術的に厳密な説明ではないことがある点をご了承ください。

IPアドレスにはどんな種類がある?

IPアドレスには関連用語がいくつかあります。分かりやすく解説していきますね。

場所によって使い分ける用語:ローカルIPアドレス/グローバルIPアドレス
特性によって使い分ける用語:動的IPアドレス/固定IPアドレス

ローカルIPアドレスとグローバルIPアドレス

IPアドレスの種類を大きく分けると、ローカルIPとグローバルIPの2つあります。

ローカルIP(もしくはプライベートIP)

自宅や会社などLAN(ローカルエリアネットワーク)内の機器に割り振られるIPアドレスのことです。ルーター・パソコン・タブレット・スマホ等に割り振られます。

パソコンやスマホをルーターにWiFiで接続する時や、パソコンとプリンターをWiFi接続する時は、ローカルIPアドレスで互いを認証します。

【本サイト限定!】最大128,000円キャッシュバック✨縛りなし・月額料金が安い・シンプルな料金体系。Wi-Fiルーターレンタルも無料。

グローバルIP

グローバルIPは、ネットワーク接続する際にユーザーのコンピューターに割り振られるアドレスです。

インターネット利用時は、実際にはプロバイダ(インターネット網とユーザーをつなぐ仲介業者)に接続しています。プロバイダはグローバルIPアドレスを複数所有しており、ユーザに空いているグローバルIPアドレスを割り振ります。

ユーザーは、いわば借りもののグローバルIPアドレスでインターネットに接続しているわけです。

ローカルIPアドレスとグローバルIPアドレスの違い
 ローカルIP(プライベートIP)グローバルIP
アドレスの場所LAN内(自宅や会社等)インターネット上
割振り者ルーターやサーバプロバイダ
割振られる機器パソコン、タブレット、スマホ、プリンター等ネットワークに接続したルーターやコンピューター

動的IPアドレスと固定IPアドレス

動的IPアドレスと固定IPアドレスの違いを見てみましょう。

動的IPアドレスと固定IPアドレスの違い
 動的IPアドレス固定IPアドレス
特性IPアドレスが毎回変わるIPアドレスは常に同じ
ローカルIPルーターやサーバが割り振るユーザーが割り振る
グローバルIPプロバイダが割り振るプロバイダが割り振る
ユーザーのメリット
  • 安全性が高い
  • 特に設定不要
  • 費用がかからない
  • ネット向けサーバを設置できる
  • ログイン履歴を確認しやすい(不正ログインがあれば発見しやすい)
ユーザーのデメリット
  • サーバの安定運用ができない
  • ログイン履歴を確認しにくい(不正ログインがあっても把握しづらい)
  • ローカルIPは手動で設定しないといけない
  • LAN内で重複すると通信できない
  • グローバルIPは費用がかかる
  • 安全性が低い(セキュリティ強化が必要)

動的IPアドレスとは

接続するたびに機器に割り振られるIPアドレスのことです。接続した時に空いているIPアドレスが割り振られるので、毎回変動するという意味で動的IPアドレスといいます。

個人ユーザーのローカルIPとグローバルIPは、どちらも動的IPアドレスであることが一般的です。IPアドレスが毎回変わることに気づいたら、それは動的IPアドレスということになります。

動的IPアドレスには下記の通りメリットが多いので、ネットの一般ユーザーとしてはおすすめです。

動的IPアドレスのメリット

  • 数に限りあるIPアドレスを有効利用できる
  • 自動的に割り当てられるため設定する必要がない
  • 特に費用がかからない
  • 毎回IPアドレスが変わるため攻撃されにくい

ローカルIPの動的IPアドレスはルーターが割り振る

LAN内のパソコンやスマホなどに動的IPアドレスを割り振るのはルーター(企業の場合はサーバー)の役目です。なお、この自動割振り機能をDHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)といいます。たとえばスマホにもDHCP機能があるので、テザリングを使ってパソコンやタブレットを簡単にネット接続できます。

固定IPアドレスとは

1つのコンピューターまたは機器に特有のIPアドレスが付与されているなら、それは固定IPアドレスです。

LAN内で固定IPアドレスを利用したいなら、自分で手動設定しないといけません。また、もしLAN内でIPアドレスが重複すると、ネット接続できなくなるリスクもあります。あえて固定IPアドレスにする理由が特にないのなら、動的IPアドレスのままでも構わないでしょう。

グローバルIPで固定IPアドレスを利用するのは、自分でサーバを運用したい場合に有効な手段です。固定IPは契約中のプロバイダに固定IPアドレスのオプション費用を支払うか、固定IP専用のプランを申し込むことで使えるようになります。

相場は1IPアドレスあたり1,000円~1,500円程度ですが、初めて使う場合は出来るだけ安いプランからスタートしてみるのがオススメです。

 

Asashinetなら固定IPオプションが月880円~最安級・初月は無料!Asahinet光とWiMAXも一緒に契約すれば固定IPオプションが0円で利用可能。

自分のIPアドレスの確認方法

パソコンのイラスト

自分のIPアドレスはスマホやパソコンから簡単に確認できます。ローカルIPアドレスとグローバルIPアドレス、それぞれ確認方法を紹介します。

ローカルIPアドレスの調べ方

パソコンとスマホのローカルIPアドレスの調べ方は以下のとおりです。

パソコン(Windows)でローカルIPアドレスを調べる

コマンドプロンプトでのIPアドレスの見え方
  1. Windowsマークのボタンからプログラム一覧を開き、コマンドプロンプトをクリックする。(またはWindows検索バーに直接「コマンドプロンプト」と入力して立ち上げる。)
  2. コマンドプロンプト画面で【ipconfig】と入力しエンターキーを押す
  3. IPv4アドレスの欄にローカルIPアドレスが表示される

パソコン(Mac)でローカルIPアドレスを調べる

  1. アップルメニュー→システム環境設定→ネットワークの順に開く
  2. IPv4アドレスの欄にローカルIPアドレスが表示される

スマホ(iPhone)でローカルIPアドレスを調べる

iPhoneでのローカルIPアドレスの見え方
  1. iPhoneをWiFiに接続する
  2. 設定→Wi-Fiを開く
  3. 現在接続しているネットワーク名をタップする
  4. IPアドレスの欄にローカルIPアドレスが表示される

スマホ(Android)でローカルIPアドレスを調べる

  1. スマホをWiFiに接続する
  2. 設定→ネットワークとインターネットを開く
  3. Wi-Fi→現在接続している接続先をタップする
  4. IPアドレスの欄にローカルIPアドレスが表示される(「詳細設定」をタップすると表示される場合もある)

グローバルIPアドレスの調べ方

自分のグローバルIPアドレスは下記のサイトにアクセスするだけで確認できます。パソコンからでもスマホからでも自分のIPアドレスが簡単に分かります。

グローバルIPアドレスの確認サイト
「確認くん」(https://www.ugtop.com/spill.shtml

IPアドレスの枯渇問題とは?IPv4とIPv6について

IPv6とIPoEの文字が書かれた印刷物と女性のイラスト

IPアドレスは現在、通信規格IPv4(インターネット・プロトコル・バージョン4)に基づくものが主流です。ただ、IPv4のIPアドレスは約43億個までしか作れません。2022年現在では既に枯渇しています。

世界中にあるスマホやパソコンの数は43億個をゆうに超えており、IPアドレスが43億個では足りなくなってしまいました。

これを例えると、使える電話番号のストックが尽きたようなもの。新たにスマホを購入しても、電話番号がもらえないと通話できなくて困りますよね。

この問題を解決するために登場したのが、次世代の通信規格IPv6(インターネット・プロトコル・バージョン6)です。

IPv6に基づいて割り振れるIPアドレスは約340澗(かん)個。見慣れない単位ですがそれもそのはず、340兆×1兆×1兆という途方もない数なんです。

これは、地球上の細かい砂粒すべてにIPアドレスを割当ててもまだまだ余るほどの数字です。つまり、IPv6なら事実上IPアドレスを無限に作れるということになります。

IPアドレスの違い - IPv4とIPv6
IPv4形式×××.×××.×××.×××(表記例⇒192.168.0.1)
アドレスの範囲0.0.0.0~255.255.255.255(パターン合計は約43億個)
IPv6形式××××:××××:××××:××××:××××:××××:××××:××××
(表記例⇒2001:0db8:bd05:01d2:288a:1fc0:0001:10ee)
アドレスの範囲0:0:0:0:0:0:0:0~ffff:ffff:ffff:ffff:ffff:ffff:ffff:ffff
(パターン合計は約340澗個)

とはいえ、IPアドレスに余裕ができたから問題解決という単純な話ではありません。どういうことでしょうか?

IPv6へ移行するにあたっての課題とは

IPv4とIPv6はまったく異なる通信規格なので、お互いに互換性がなく通信できません

上の表のとおり、IPv4のIPアドレスは数字だけで比較的短いのに対して、IPv6のIPアドレスはアルファベットを含むうえに桁数も長いです。互いに認識できないのも無理はありませんよね。

大半のサービスがまだまだIPv4にしか対応していない中、支障なくインターネットを使うにはIPv4とIPv6の両方に対応する必要があるのです。

IPv4とIPv6をつなぐ最新技術とは

IPv4とIPv6の互換性がない問題を解決するため、IPv4 over IPv6という最新技術が登場しました。

IPv4 over IPv6対応ルーターを介して通信すると、IPv6通信パケットのカプセルの中にIPv4通信パケットを入れて通信します。こうすると、実はIPv4なのに見かけはIPv6に見えるんです。

そして、IPv6専用の通信トンネルをくぐって目的地(Webサイトなど)に着く直前で、カプセルを開けてIPv4通信パケットを取り出します。これで、すべてのインターネットサービスを問題なく利用できるようになります。

今後インターネットプロバイダの乗り換えを検討しているなら、IPv4 over IPv6技術対応のプロバイダがおすすめです。

IPv4 over IPv6は、v6プラス、Transix等のサービス名で提供されています

【本サイト限定!】最大128,000円キャッシュバック✨縛りなし・月額料金が安い・シンプルな料金体系。Wi-Fiルーターレンタルも無料。

音楽・映画・お急ぎ便で無敵の新生活!
お届け日指定や映画(Prime Video)だけじゃない!Prime Readingで小説・ビジネス書・マンガ・雑誌が楽しめる。プライム会員なら+0円でダウンロードもOK。1億曲を広告なしで楽しめるamazon musicも全部使えるAmazonプライム。
30日間無料

IPアドレスに関するQ&A

よくある質問一覧

IPアドレスで個人情報が漏れる?

IPアドレスだけで個人情報が外に漏れることはありません。グローバルIPアドレスから分かる情報はせいぜい国名・利用しているプロバイダ名程度です。また、動的IPアドレスで接続する度にIPアドレスが変わるとさらに特定は困難になります。

IPアドレスで住所特定は可能?

一般人がグローバルIPアドレスから住所を特定することは基本的にできません。ただし犯罪が関係している場合には、プロバイダーが捜査機関に契約情報やIPアドレス等を提供する場合があります。

ローカルIPアドレスは外部から見える?

ルーターを通してネット接続しているのであれば、通信端末のローカルIPアドレスは一切外部から見えません。見えるのはグローバルIPアドレスで接続しているルーターまでです。 このように、ルーター経由でネット接続するとルーターが盾になるというメリットがあります。個人情報のセキュリティ面を考えても、ルーターを利用するのがおすすめです。

デフォルト設定は動的IP?それとも固定IP?

IPアドレスを割り振る役目を果たすプロバイダーやルーターは、既定の設定として動的IPアドレスになっています。そのため、インターネット接続の面倒な設定は不要です。 固定IPアドレスにする特段の理由がない限り、そのままの設定で構いません。

【本サイト限定!】最大128,000円キャッシュバック✨縛りなし・月額料金が安い・シンプルな料金体系。Wi-Fiルーターレンタルも無料。

 

あなたに最適なネットプランを診断!

メアド不要・質問に答えるだけ✨

下のボタンから今すぐ診断