IPv6で接続されているか簡単に確認する方法

今利用しているインターネットがIPv6接続なのか確認するのはとっても簡単。まずはセレクトラのスピードテストをしてみましょう。そもそもIPv6が何なのか、IPv6対応光インターネットも紹介しています。

IPv6接続を確認する方法

現在利用しているインターネット回線がIPv6に接続されているかどうか確認するには、幾つかの方法があります。ここでは以下3つの方法について具体的に解説します。

IPv6接続の確認方法
・セレクトラのスピードテストをする
・IPv6接続テストにアクセスする
・パソコンの設定画面でチェックする

セレクトラのスピードテストをする

セレクトラのスピードテストをすると、IPv6に接続しているかすぐに分かります。

  1. セレクトラのスピードテストページにアクセスする
  2. スピードテストメーターの「テスト開始」をクリックする

⇒左のIPv6の欄に「アドレス(数字列)」が表示されればIPv6接続済み
⇒左のIPv6の欄に「IPv6は利用できません」が表示されればIPv6に接続されていない

IPv6接続テストにアクセスする

IPv6接続テストは、アクセスするだけでIPv6接続しているかどうか判明します。

IPv6接続されているかどうかに加えて、詳しいインターネット接続状況も表示されます。もし「あなたは IPv4 インターネットのみを閲覧できるようです。あなたは IPv6 のみのサイトに到達できません」と表示されたなら、IPv6接続されていません。

パソコンの設定画面でチェックする

Windows10の場合

  1. PC画面の左下にあるWindowsマーク上で右クリック→「設定」をクリックする
  2. 「ネットワークとインターネット」をクリックする
  3. 「アダプターのオプションを変更する」をクリックする
  4. 有効になっている接続の上で右クリック→「状態」をクリックする

⇒IPv6接続に「インターネット」と表示されればIPv6接続済み
⇒IPv6接続に「ネットワークアクセスなし」と表示されるとIPv6接続されていない

Mac(OS X10.7以降)の場合

  1. アップルメニュー→「システム環境設定」をクリックする
  2. 「ネットワーク」をクリックする
  3. 「ネットワーク環境」→「自動」をクリックする
  4. 有効になっている接続をクリックする

⇒IPv6アドレスが表示されたらIPv6接続済み
⇒IPv6アドレスが表示されないとIPv6接続されていない

IPv6とは?

IPv6はインターネット・プロトコル・バージョン6の略で、最新の通信規約の名称です。それに対して、現在まで主流なのはIPv4です。

全てのコンピュータには、それぞれ固有のIPアドレスが割り当てられています。いわばIPアドレスはコンピュータの住所で、情報が沢山収められているコンピュータにアクセス(訪問)することで、様々な情報を得る(インターネット)ことができます。

IPv6やIPv4は、住所であるIPアドレスの表記に関するルールであり、IPアドレスの最大数にも限りがあります。

近年、パソコンだけでなくスマホやタブレットが目覚ましく普及したことにより、コンピュータ住所の表記がIPv4の43億個では足りなくなってきました。そこで、IPv6という新たなルールを設けたわけです。

それぞれのIPアドレス総数は以下の通りです。
IPv4のIPアドレス総数・・・約43億個
IPv6のIPアドレス総数・・・約340澗(かん)個
※澗(かん)=10の36乗(1兆×1兆×1兆)

IPv6の340澗というIPアドレス数は340兆×1兆×1兆という途方もない数で、事実上無限といえるでしょう。

IPv6接続するメリットは何?

IPv6接続ができるようになると、通信速度が速くなります。実際には通信速度の低下を防ぐことにより、快適な通信を実現します。例えるなら、IPv4が一般道だとするとIPv6は高速道路です。

従来のIPv4接続では、特にネットワーク混雑が見られる夜間や休日などに速度低下してしまいます。しかしIPv6接続なら速度があまり低下せず、いつでもスムーズな通信ができます。

ちなみに、IPv6に対応した接続方式をIPoE(インターネット・プロトコル・オーバー・イーサネット)といいます。通信速度を改善したいのなら、IPv6(IPoE)対応の光インターネットに申し込むといいでしょう。

IPv6対応のおすすめ光インターネット

IPv6接続に対応している主な光インターネットを、おすすめのタイプ別に紹介します。

・ドコモの携帯電話を使用しているなら⇒ ドコモ光(GMOとくとくBB)
・ソフトバンクの携帯電話を使用しているなら⇒ ソフトバンク光
・auの携帯電話を使用しているなら⇒ auひかり(GMOとくとくBB)
・パソコン初心者の人なら⇒ So-net光プラス
・インターネット使用頻度が少ないなら⇒ エキサイト光Fit

IPv6接続対応の光インターネット
月額料金(税抜) IPv6接続 特徴
戸建 マンション
ドコモ光(GMOとくとくBB) 5,200円 4,000円 無料
  • ドコモのスマホ料金が毎月割引
  • IPv6対応ルーター無料レンタル
  • 20,000円キャッシュバック
  • 最大5,000dポイントプレゼント
ソフトバンク光 5,200円 3,800円 無料
  • Softbankスマホ料金が毎月割引
  • 回線工事費が実質無料
  • 他社から乗り換え時の違約金・撤去工事費最大10万円まで負担
  • 他社スマホから乗り換え時の違約金還元
auひかり(GMOとくとくBB) 5,100円 3,800円 無料
  • auのスマホ料金が毎月割引
  • 30,000円~60,000円キャッシュバック
  • エリアによっては5ギガ・10ギガの超高速プランもある
So-net光プラス 2,980円(2年間) 1,980円(2年間) 無料
  • auのスマホ料金が毎月割引
  • 2年間月額割引
  • IPv6対応ルーター無料レンタル
  • セキュリティソフト無料
  • 訪問設定サポート無料
エキサイト光Fit 3,200円~ 2,400円~ 無料
  • 初期費用・工事費無料
  • 最低利用期間がなく解約金もない
  • 4段階料金制であまり使わなかった月は安い

ドコモ光(GMOとくとくBB)

ドコモの携帯電話ユーザー、特に家族みんなでドコモを利用しているのならドコモ光がおすすめです。ドコモの携帯電話1台にあたり携帯料金が月1,000円割引されます。

プロバイダのGMOとくとくBBなら、IPv6接続対応WiFiルーターのレンタルが永年無料なのも注目です。キャッシュバックやdポイント還元特典などもあるので、ドコモユーザーはぜひチェックしてみてください。

ソフトバンク光

Softbank携帯電話を利用しているならソフトバンク光がおすすめです。「おうち割 光セット」適用により、Softbankスマホ1台につき月1,000円割引されます。

現在別のインターネットを使用していて、解約金がかかるので乗り換えを躊躇している人でも大丈夫。ソフトバンクが最大10万円まで違約金や回線撤去費用を負担してくれます。

ちなみに、工事不要でWiFiルーターのみのSoftbank Air(ソフトバンクエアー)も「おうち割 光セット」対応です。

auひかり(GMOとくとくBB)

auひかりは独自の光回線を使用しており、フレッツ光系サービスよりもずっと高速なインターネットを楽しめます。

au携帯電話ユーザーならauひかりは魅力的。au携帯電話の割引だけでなく、申し込みで高額キャッシュバックももらえます。

So-net光プラス

So-net光プラスもauスマホ料金が割引されますが、特にパソコン初心者には嬉しい光インターネットです。

通常なら有料のセキュリティソフトが無料なのに加えて、訪問設定サポートも無料。初めての光回線で不安な人でも、専門スタッフが自宅に伺ってパソコンやルーターの設定をしてくれるので安心です。

エキサイト光Fit

エキサイト光Fitは、通信量に応じて段階的に基本料金が増える珍しいタイプの光インターネットです。

インターネットの使用頻度が少ない家庭なら、毎月の基本料金が戸建て3,200円~、集合住宅2,400円~という安さ。インターネット利用は主にブラウザ閲覧やメール、時々動画を観る程度であればエキサイト光Fitはすごくお得になるでしょう。

更新日