大阪ガスの電気料金のデメリットは?

大阪ガスの電気料金のデメリットは?

大阪ガスの電気料金のデメリットは?

関西の大手都市ガス会社である大阪ガスの電気料金プラン。安心感は抜群なので切替先として検討している人も多いでしょう。そんな大阪ガスの電気料金、でも何かデメリットはないのでしょうか?気になるポイントについて調べました。

  • 大阪ガスのでんきのデメリットもきちんと確認してから電力会社を切替えたい方は要チェック。
  • デメリットだけでなく、大阪ガスのでんきのメリットについても触れます。
  • 関西電力との電気料金の比較表も載せています。
 

大阪ガスのでんきのデメリットは?

関西で都市ガスを使っている人なら誰でも知っているといっても過言ではない大阪ガスのでんき。知名度抜群の大阪ガスですが、そんな大阪ガスのでんきにもデメリットは果たしてあるのでしょうか?

大阪ガスのデメリットとして言われているものには以下のようなものがあるようです。

  • 大阪ガスの都市ガスもを使っていないと「電気料金」があまり安くならない。
  • 電気の使用量が少ない人は、安くなる額が少ない。
  • 「長期2年割引」をつけると解約金がかかる
  • 都市ガスに対する割引はない。

果たしてこれらは本当なのか、大きなデメリットなのか他の新電力の特徴と比較しながら一つ一つ検証していきます。

大阪ガスのでんきのデメリット - 大阪ガスの都市ガスを使っていないとあまり安くならない。

大阪ガスの電気のデメリットの中で最初にあげられるのは、大阪ガスの都市ガスを使っていないとあまり安くならない、という事です。

大阪ガスの電気料金プランは、大阪ガスの都市ガスを使っている人向けの「ベースプランA-G」と大阪ガスの都市ガスを使ってない人向けの「ベースプランA」に分かれます。当然ながら、大阪ガスの都市ガスを使っている人向けの「ベースプランA-G」の方が電気料金は安くなっています。

大阪ガスの電気のネガティブな意見として、「思ったほど安くならなかった。」「もっと電気代が節約できるかと思っていた。」という口コミがあります。思ったほど安くならなかった人は、大阪ガスの都市ガスを使っている人向けのプランではないプランを契約している可能性もあります。

大阪ガスのでんきのデメリット - 電気の使用量が少ない人は、安くなる額が少ない。

大阪ガスの電気のデメリットの次点は、電気の使用量が少ない人は、安くなる額が少ない、という事です。

大阪ガスの電気料金プラン「ベースプランA」「ベースプランA-G」はともに、主にたくさん電気を使用する人がより安くなるタイプの電気料金プランです。毎月120kWh以上電気を使う人ならば関西電力よりも安くなりますが、そうでなければ関西電力とあまり料金は変わりません。

先ほども紹介した「思ったほど安くならなかった。」「もっと電気代が節約できるかと思っていた。」という大阪ガスの電気のマイナス意見は、電気の使用量が少ない人も含まれると思われます。

毎月の電気料金をもっと安く。
関西電力エリアでは、他にも新しい電力会社を選ぶことが可能です。もっと安い電気料金がないか、電気料金比較シュミレーションを使って調べてみましょう。
大阪ガス・電気料金・口コミ

大阪ガスのでんきのデメリット - 「長期2年割引」をつけると解約金がかかる

口コミ情報の中で大阪ガスのでんきのデメリットとして多くあげられるのが、この「長期2年割引」をつけると解約金がかかるという件です。

「長期2年割引」とは、大阪ガスと2年契約をすると電気料金がさらに安くなるというサービスです。ただし、契約期間の途中で解約すると2,160円(税込)の解約金が発生します。携帯電話の2年縛りに似ていますね。それでもインターネットプロバイダー契約携帯電話の契約の解約金に比べれば良心的な金額です。

しかしながら、解約金を払うのが嫌な場合、最低料金がゼロ円で解約金もゼロ円なLooopでんきのような電力会社を検討してみると良いでしょう。

大阪ガスのでんきのデメリット - 都市ガスに対する割引がない。

大阪ガスの電気のデメリットの最後は、大阪ガスのでんきを使っても大阪ガスの都市ガスに対する割引がない、という事です。都市ガス自体は割引になりませんが、大阪ガスの都市ガスを使っている人向けの割安なプランもありますので、これは大阪ガスの電気のデメリットというほどのものではないかもしれません。

大阪ガスの電気料金を関西電力と比較

大阪ガスのでんきのデメリットの情報はいろいろおわかり頂けたと思います。デメリットの中に電気料金に関する内容も多く見受けられました。

大阪ガスのでんきに切り替えると電気料金はいったいどれくらい安くなるのかならないのか、大阪ガスの電気料金を関西電力の電気料金を実際に比較してみましょう。

大阪ガスの電気料金プランは、大阪ガスの都市ガスを使っている人向けの「ベースプランA-G」と大阪ガスの都市ガスを使ってない人向けの「ベースプランA」に分かれるので、それぞれ両方を関西電力と比較します。

ベースプランA-G - 大阪ガス利用者向けプラン

まずは、大阪ガスの都市ガスを使っている人向けの「ベースプランA-G」です。関西電力の従量電灯プランと同様に「最低料金」+「電力量料金」で料金が構成されています。「最低料金」に15kWh(キロワットアワー)までの電力使用量が含まれており、「電力量料金」の部分でそれ以上の電気の使用に対して料金が加算されます。電力量料金の1kWhあたりの料金単価は電気の使用量によって3段階に分かれています。

「最低料金」が大阪ガスの方が関西電力より安く、「電力量料金」も120kWh以上使用の場合の大阪ガスの方が安いですね。

大阪ガス・電気料金:ベースプランA-G(関西電力の料金とも比較)
関西電力:従量電灯A
大阪ガス
大阪ガス:ベースプランA-G
大阪ガス
最低料金
15kWhまで   15kWhまで  
電力量料金・1kWhあたりの値段(税込)
15 -  kWh   15-120kWhまで  
200 - 300kWh   200 - 300kWh  
 kWh以上   300kWh以上  

ベースプランA - 大阪ガスのガス契約がない人向けのプラン

大阪ガスを使用していない人の場合は、ベースプランAになります。

同じく、「最低料金」+「電力量料金」で料金が構成されていますが、「最低料金」に15kWhの料金が含まれていません。「電力量料金」は3段階ではなく4段階になっています。

大阪ガス・電気料金:ベースプランA(関西電力の料金とも比較)
関西電力:従量電灯A
大阪ガス
大阪ガス:ベースプランA
大阪ガス
最低料金
15kWhまで   1契約  
電力量料金
15 -  kWh   0-120kWhまで  
200 - 300kWh   120-200kWh  
200-300kWh  
 kWh以上   300kWh以上  

大阪ガスのでんきのメリット

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラに

大阪ガスの電気料金の比較も交えながらも大阪ガスのでんきのデメリットばかり紹介してきましたが、もちろん大阪ガスのでんきには、デメリット以上にメリットもあります。大阪ガスのでんきのメリットを集めてみました。

  • なんといっても大手で老舗のエネルギー会社なので安心。
  • 新電力の中での市場シェア率も高くて安心。
  • 上の表からわかるように、電気料金が確実に安くなる。
  • 大阪ガスの都市ガスと一緒に料金の支払いができて便利。
関西エリアの電力会社は選べます
関西電力エリアでは、他にも新しい電力会社を選ぶことが可能です。もっと安い電気料金がないかどうか調べてみませんか?
関西電力より安い電力会社をチェック。
大阪ガス・電気料金・口コミ
更新日
このブロックは壊れているか見つかりません。コンテンツが存在しないまたはオリジナルのモジュールを有効化する必要があります。