電話で電気・ガス切替相談

毎月の電気代・ガス代を電話1本で安くしませんか?

0120-410-078 または


最短5分で最適プランをご紹介。当社経由の切り替えで電気代が平均6%安くなりました。電気とガスの切り替えと新規申し込みなら、セレクトラ・ジャパンのらくらく窓口まで。

らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

毎月の電気代・ガス代を電話1本で安くしませんか?

0120-410-078 または


最短5分で最適プランをご紹介。当社経由の切り替えで電気代が平均6%安くなりました。電気とガスの切り替えと新規申し込みなら、セレクトラ・ジャパンのらくらく窓口まで。


営業時間・ご利用方法についてはこちら

電話で電気・ガス切替相談

毎月の電気代・ガス代を電話1本で安くしませんか?


セレクトラのらくらく窓口では電気・ガス切り替え、新規お申し込みを承っています。
お申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。最適な料金プランをご案内、お申し込みまで電話1本で完了します。

毎月の電気代・ガス代を電話1本で安くしませんか?


セレクトラのらくらく窓口では電気・ガス切り替え、新規お申し込みを承っています。
お申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。最適な料金プランをご案内、お申し込みまで電話1本で完了します。

電気料金の燃料費調整額とは?

電気料金の燃料費調整制度とは?
電気料金の燃料費調整制度とは?

電気代の請求書の中にある「燃料費調整額」という欄を見て、「これって何だろう?」と思ったことはありませんか?この記事では、電気料金の一部である「燃料費調整額」について説明していきます。

電気料金の中に含まれる「燃料費調整額」とは?

燃料費調整額とは、原材料の価格変化に対応するために電気代に組み込まれている料金のことです。

日本では電力の原材料となる燃料の多くを輸入に頼っているため、世界情勢に応じて起こる原材料価格の変化にも耐えられるように「燃料費調整制度」が導入されました。これは、燃料価格の変動に応じて「燃料費調整額」を定めることで、原材料価格の変化を柔軟に電気料金に反映させる仕組みです。

燃料費調整額はどのように計算されるのか

基本的に、電気料金は以下の3つの要素で構成されています。

  1. 基本料金:電力使用量に関わらず支払う額
  2. 電力量料金:電力使用量に応じて変わる料金
  3. 再生可能エネルギー発電促進賦課金:再生エネルギーの普及のために消費者が負担する費用

燃料調整費はこれらのうち「電力量料金」の中に含まれており、次のように計算されます。

燃料費調整額=燃料費調整単価 × 使用電力量(kWh)

電気代の計算をもっと詳しく知りたい方は電気料金の計算方法をご覧下さい。

燃料費調整単価(つまり、1kWh当たりにかかる燃料費調整額)は3か月の貿易統計価格に基づいて決定され、2か月後の電気料金に反映されることになっています。

東京電力(従量電灯B) 燃料費調整単位の変化
東京電力(従量電灯B) 燃料費調整単位の変化

東京電力エナジーパートナー公式HP「燃料費調整単価一覧表(低圧)(2021年7月ー2022年6月分)」をもとに作成

このように、燃料費調整単価(1kWhあたり)は燃料価格に応じてプラスあるいはマイナスに設定されます。

つまり、燃料費調整額は燃料価格が一定の基準より高くなると電気代に加算され、燃料価格が一定の基準より低くなると電気代から差し引かれることになります。

こうした燃料費調整額の変化は、日々の電気代にどれだけのインパクトをもたらすのでしょうか。

例えば、東京電力で契約している標準家庭(※)を想定して、2021年6月と2022年6月の燃料費調整額の変化を比べてみると、
※東京電力従量電灯B、40A契約、毎月300kWh使用を想定

【2021年6月分】-3.29円 × 300kWh=-987円
【2022年6月分】 2.97円 × 300kWh=+891円

となり、電気の使用量が全く変わらなかったとしても、燃料調整費だけで2000円程度もの差額が生じていることになります。

最近の燃料費調整額の傾向

このような燃料費調整単価は、各電力会社が自由に決められます。とはいえ、今までほとんどの新電力が、東京電力や関西電力などの大手電力会社の規制料金プラン(従量電灯)と同じに単価を設定していました。

規制料金プランでは、燃料費調整額の上限がある 大手電力会社の規制料金プラン(従量電灯)については、消費者保護の観点から、国によって燃料費調整単価に上限が設けられています。つまり、燃料価格がどれだけ高くなっても、消費者が支払う燃料費調整単価は一定の価格までしか値上がりしません。

しかし、現在はロシア・ウクライナ情勢によって燃料価格が著しく高騰。

原油価格の変化
原油価格の高騰で電気代にも影響が…

東京くらしWEB「原油価格の推移」より引用

この状況を受けて、大手電力会社と同額の燃料費調整単価のままではサービス提供が困難となり、独自に燃料費の調整を行う新電力も増えてきました。

例えば、ONEでんきNEXTでんきなど、株式会社グランデータ系列の新電力は、燃料費調整額に加えてさらに「追加調整」という独自のしくみを導入して、高騰した燃料費をまかなおうとしています。「追加調整」は、卸電力取引所で取引される電気価格の変動を、電気料金に反映させるために設定された料金の枠です。上記2社の他にも、「電源調達調整費」という名前で同様のしくみを設けている新電力(ハルエネでんき等)があります。

また上記のとおり、大手電力会社の規制料金プランでは燃料費調整額に上限が設けられていますが、新電力ではこの上限を最初から設けていない、または楽天でんきのように最近撤廃した、という会社が多くあります。この場合、燃料費が高くなれば高くなっただけ、燃料費調整単価も高くなります。
最近は燃料費が高騰しているため、燃料費調整額が上限を超えた地域も出てきています。上限を設けている場合といない場合の差額は以下のとおりです。

例:上限あり・なしの場合で燃料費調整額単価比較

クリックして見る

燃料費調整額の比較:2022年9月分(円/kWh)
エリア 上限ありの場合
(大手電力会社の従量電灯等)
上限なしの場合
(新電力の自由料金プラン等)
北海道 3.66円 6.82円
東北 3.47円 7.67円
関東 5.10円 6.50円
中部 5.06円 5.06円
北陸 6.81円 6.81円
関西 2.24円 6.14円
中国 3.19円 9.43円
四国 2.55円 7.57円
九州 1.94円 4.61円
沖縄 3.98円 12.45円

こうした動きは、燃料費調整額に注意していないと、思った以上に電気代が高くなる可能性があることを意味しています。新電力への切り替えを検討中の方は、「燃料費調整額」がどのように設定されているのかを事前にしっかりチェックすることが大切です。

自分に合ったお得な電力プランが知りたい!そんな方は…

セレクトラのらくらく窓口 でお客様に最適な電力会社探しを無料でサポートします。まずはお気軽にお電話ください。

セレクトラのらくらく窓口:営業時間 9時~19時(年末年始を除く)

電気の切り替えで電気代節約

自分に合ったお得な電力プランが知りたい!そんな方は…

セレクトラのらくらく窓口 でお客様に最適な電力会社探しを無料でサポートします。まずはお気軽にお電話ください。

セレクトラのらくらく窓口:営業時間 9時~19時(年末年始を除く)

自分に合ったお得な電力プランが知りたい!そんな方は…

セレクトラのらくらく窓口 が、お客様に最適な電力会社探しを無料でサポートします。申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。

電気の切り替えで電気代節約

自分に合ったお得な電力プランが知りたい!そんな方は…

セレクトラのらくらく窓口 が、お客様に最適な電力会社探しを無料でサポートします。申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。

電気料金を安くするにはどうしたらいい?

ここまでで見てきたとおり、燃料費高騰によって、電気代はどの電力会社でも高くなっています。 そんな中で電気代を節約したいと思ったら、どうすれば良いのでしょうか。現在もっとも契約者の多い、大手電力会社の規制料金プラン(従量電灯)を契約している場合を想定して考えてみましょう。

一番確実な方法は、燃料費調整額に上限を設けており、かつ、料金プランの単価が安く設定されている新電力を見つけることです。これらの会社なら、燃料費の変動にかかわらず、必ず従量電灯よりも電気代をお得にすることができます。

例えば、ドコモでんきは、従量電灯と同様、燃料費調整額に上限が設けられています(2022年9月時点の契約内容)。

ドコモでんきは、沖縄と一部の離島を除く全国で電気を販売しています。
ドコモでんきの一般家庭向けのスタンダードな電気料金プラン「ドコモでんきベーシック」は、電気料金の設定は大手電力会社の従量電灯と同額です。ただし、電気代に応じてdポイントが還元されるため、実質的に電気代が安くなります

  • ドコモでんきベーシックのdポイント還元率
  • ドコモの対象プランユーザーの場合:3%
  • ドコモの対象外プランユーザー、非ドコモユーザーの場合:2%

非ドコモユーザーがドコモでんきを利用すると仮定して、大手電力会社との電気代を比較してみましょう。

ドコモでんきVS大手電力会社の料金比較

ドコモでんき VS 北海道電力従量電灯

料金比較:ドコモでんき VS 北海道電力
  北海道電力
従量電灯B
ドコモでんき
ドコモでんきベーシック
一人暮らしの場合 6,320円 6,193円
(dポイント還元)
1年で1,524円お得
二人暮らしの場合 9,761円 9,566円
(dポイント還元)
1年で2,340円お得
3~5人暮らしの場合 15,199円 14,895円
(dポイント還元)
1年で3,648円お得

※上記の計算には燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金は含まれていません。ただし、両社とも同額の設定です。

<比較条件>
・一人暮らし:30A契約、月使用量200kWh
・二人暮らし:40A契約、月使用量300kWh
・3~5人暮らし:50A契約、月使用量450kWh

ドコモでんき VS 東北電力従量電灯

料金比較:ドコモでんき VS 東北電力
  東北電力
従量電灯B
ドコモでんき
ドコモでんきベーシック
一人暮らしの場合 5,246円 5,141円
(dポイント還元)
1年で1,260円お得
二人暮らしの場合 8,109円 7,946円
(dポイント還元)
1年で1,956円お得
3~5人暮らしの場合 12,831円 12,574円
(dポイント還元)
1年で3,084円お得

※上記の計算には燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金は含まれていません。ただし、両社とも同額の設定です。

<比較条件>
・一人暮らし:30A契約、月使用量200kWh
・二人暮らし:40A契約、月使用量300kWh
・3~5人暮らし:50A契約、月使用量450kWh

ドコモでんき VS 東京電力従量電灯

料金比較:ドコモでんき VS 東京電力
  東京電力
従量電灯B
ドコモでんき
ドコモでんきベーシック
一人暮らしの場合 5,362円 5,254円
(dポイント還元)
1年で1,296円お得
二人暮らしの場合 8,296円 8,130円
(dポイント還元)
1年で1,992円お得
3~5人暮らしの場合 13,167円 12,904円
(dポイント還元)
1年で3,156円お得

※上記の計算には燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金は含まれていません。ただし、両社とも同額の設定です。

<比較条件>
・一人暮らし:30A契約、月使用量200kWh
・二人暮らし:40A契約、月使用量300kWh
・3~5人暮らし:50A契約、月使用量450kWh

ドコモでんき VS 中部電力従量電灯

料金比較:ドコモでんき VS 中部電力
  中部電力
従量電灯B
ドコモでんき
ドコモでんきベーシック
一人暮らしの場合 5,423円 5,315円
(dポイント還元)
1年で1,296円お得
二人暮らしの場合 8,260円 8,095円
(dポイント還元)
1年で1,980円お得
3~5人暮らしの場合 12,815円 12,559円
(dポイント還元)
1年で3,072円お得

※上記の計算には燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金は含まれていません。ただし、両社とも同額の設定です。

<比較条件>
・一人暮らし:30A契約、月使用量200kWh
・二人暮らし:40A契約、月使用量300kWh
・3~5人暮らし:50A契約、月使用量450kWh

ドコモでんき VS 北陸電力従量電灯

料金比較:ドコモでんき VS 北陸電力
  北陸電力
従量電灯B
ドコモでんき
ドコモでんきベーシック
一人暮らしの場合 4,605円 4,513円
(dポイント還元)
1年で1,104円お得
二人暮らしの場合 7,020円 6,879円
(dポイント還元)
1年で1,692円お得
3~5人暮らしの場合 10,778円 10,562円
(dポイント還元)
1年で2,592円お得

※上記の計算には燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金は含まれていません。ただし、両社とも同額の設定です。

<比較条件>
・一人暮らし:30A契約、月使用量200kWh
・二人暮らし:40A契約、月使用量300kWh
・3~5人暮らし:50A契約、月使用量450kWh

ドコモでんき VS 関西電力従量電灯

料金比較:ドコモでんき VS 関西電力
  関西電力
従量電灯A
ドコモでんき
ドコモでんきベーシック
一人暮らしの場合 4,530円 4,394円
(dポイント還元)
1年で1,632円お得
二人暮らしの場合 7,101円 6,888円
(dポイント還元)
1年で2,556円お得
3~5人暮らしの場合 11,406円 11,064円
(dポイント還元)
1年で4,104円お得

※上記の計算には燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金は含まれていません。ただし、両社とも同額の設定です。

<比較条件>
・一人暮らし:月使用量200kWh
・二人暮らし:月使用量300kWh
・3~5人暮らし:月使用量450kWh

ドコモでんき VS 中国電力従量電灯

料金比較:ドコモでんき VS 中国電力
  中国電力
従量電灯A
ドコモでんき
ドコモでんきベーシック
一人暮らしの場合 4,711円 4,617円
(dポイント還元)
1年で1,128円お得
二人暮らしの場合 7,455円 7,306円
(dポイント還元)
1年で1,788円お得
3~5人暮らしの場合 11,889円 11,652円
(dポイント還元)
1年で2,844円お得

※上記の計算には燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金は含まれていません。ただし、両社とも同額の設定です。

<比較条件>
・一人暮らし:月使用量200kWh
・二人暮らし:月使用量300kWh
・3~5人暮らし:月使用量450kWh

ドコモでんき VS 四国電力従量電灯

料金比較:ドコモでんき VS 四国電力
  四国電力
従量電灯A
ドコモでんき
ドコモでんきベーシック
一人暮らしの場合 4,790円 4,695円
(dポイント還元)
1年で1,140円お得
二人暮らしの場合 7,489円 7,340円
(dポイント還元)
1年で1,788円お得
3~5人暮らしの場合 12,064円 11,823円
(dポイント還元)
1年で2,892円お得

※上記の計算には燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金は含まれていません。ただし、両社とも同額の設定です。

<比較条件>
・一人暮らし:月使用量200kWh
・二人暮らし:月使用量300kWh
・3~5人暮らし:月使用量450kWh

ドコモでんき VS 九州電力従量電灯

料金比較:ドコモでんき VS 九州電力
  九州電力
従量電灯B
ドコモでんき
ドコモでんきベーシック
一人暮らしの場合 4,831円 4,734円
(dポイント還元)
1年で1,164円お得
二人暮らしの場合 7,434円 7,285円
(dポイント還元)
1年で1,788円お得
3~5人暮らしの場合 11,640円 11,407円
(dポイント還元)
1年で2,796円お得

※上記の計算には燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金は含まれていません。ただし、両社とも同額の設定です。

<比較条件>
・一人暮らし:30A契約、月使用量200kWh
・二人暮らし:40A契約、月使用量300kWh
・3~5人暮らし:50A契約、月使用量450kWh

しかしながら、このように燃料費調整額に上限を設けている新電力はあまり多くありません。それと同時に、上限を超えない限りはこれら新電力の燃料費調整単価も大手と同額です。
新電力は基本的に大手電力会社よりも割安な料金プランを設定していますから、お住まいの地域の燃料費の動向、ご自身の電気使用量によっては、上限を設けていない新電力でも電気代がお得になる可能性が大いにあると言えます。

これらの新電力の中で、沖縄を除く全国でお得な電気料金プランを提供している新電力と言えば、オクトパスエナジーです。

実質再エネ100%のお得な電気

実質的に再生可能エネルギー100%で電気代もお得になりやすい

  • 電気料金: 東京電力より安くなりやすい(※1)
  • 環境に配慮: 実質再生可能エネルギー100%
  • 安心感: 東京ガスのグループ企業
グリーンオクトパス:ひと月300kWhの電気使用量

東京電力より年間約4,900円お得!(※2)

公式サイト

基本料金は大手電力会社の従量電灯と同額ですが、電気の使用に応じてかかる電力量料金が、従量電灯よりも割安に設定されています。つまり、電気をまったく使用しない場合を除いては、オクトパスエナジーの方が電気代が安くなる、というわけです。

さらに、オクトパスエナジーのグリーンオクトパスは非化石証書を利用しており、実質再エネ100%の電気を使うことができます。再エネに積極的な電気料金プランを選ぶことは、燃料費に電気代を左右されない未来を作る一歩になりますね。

オクトパスエナジー

オクトパスエナジーが気になる?

オクトパスエナジーの料金プランに関するご相談・お申し込みは、セレクトラのらくらく窓口が無料で承ります。お気軽にお電話ください。

 今なら5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

セレクトラらくらく窓口:ご利用ガイド

オクトパスエナジーの申込

オクトパスエナジーが気になる?

オクトパスエナジーの料金プランに関するご相談・お申し込みは、セレクトラのらくらく窓口が無料で承ります。お気軽にお電話ください。今なら5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

セレクトラらくらく窓口:ご利用ガイド

オクトパスエナジー

オクトパスエナジーが気になる?

オクトパスエナジーの公式サイトで、電気代がどのくらい安くなるかシミュレーションしてみませんか?申し込みも24時間受付中です。

 今なら5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

オクトパスエナジー

オクトパスエナジーが気になる?

オクトパスエナジーの公式サイトで、電気代がどのくらい安くなるかシミュレーションしてみませんか?申し込みも24時間受付中です。今なら5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

更新日