中部電力の電気料金:従量電灯プランB・C

中部電力の電気料金:従量電灯プランB・C

中部電力の電気料金:従量電灯プランB・C

中部エリアで最も契約者の多い、中部電力の従量電灯B・Cの電気料金プランについてご紹介しています。中部電力の従量電灯の詳細だけでなく、中部電力エリアで販売されている新電力の電気料金プランについてもまとめました。

  • 中部電力エリアで最も多くの人が契約している、中部電力の従量電灯B・Cの電気料金プランについて詳しく紹介します。
  • 中部電力の従量電灯と新電力の電気料金も比べてみました。中部電力エリアで選べる新電力についても紹介しています。

中部電力の従量電灯はどんなプラン?

一般家庭で多く契約されているプランが従量電灯

中部電力の従量電灯とは、昔からある最もベーシックな電気料金プランです。「従量電灯」という名前の通り、従量制の仕組みの料金です。つまり使った電力量に応じて電気料金が上がっていきます。

普通のご家庭で特に電気料金プランを選んだわけでなければ、おそらく従量電灯Bのプランを契約しているでしょう。

ご自分の契約中の電気料金プランの名前を確認をしたい場合は、「検針票」や「電気の使用量のお知らせ」、もしくは中部電力のウェブサイト「カテエネ」で確認する事が出来ます。

従量電灯Bは一般家庭向け、従量電灯Cは電気の使用量の多い法人向け

中部電力の従量電灯のプランは、さらに「従量電灯B」と「従量電灯C」の分けられています。この2つは「一度にどれだけ電気を使うかの量(容量)」によって区別されています。

従量電灯Bは契約容量が60A(アンペア)までになっており、電気の使用が多くない一般家庭向けのプランです。「従量電灯C」は、60A以上の電流を流してもらう、つまり電気を多く使用する方向けのプランです。例えば、レストランや美容院や規模のある大きい事務所などは60Aでは足りず、従量電灯Cを契約しているでしょう。

中部電力-従量電灯B

電気の使用量の多くない方向けのプラン。一般家庭のほとんどの方が、この従量電灯Bを申し込んでいます。以下のような特徴があります。

  • 契約アンペア数によって基本料金が決まる。(10Aから60Aまで)
  • 電気を使う量によって、1kWhあたりの値段が3段階で累進する。
  • 1kWhあたりの値段は季節や時間帯によって変わらない。

中部電力-従量電灯C

主に電気をたくさん使う商店やレストランなどが契約しています。お店や法人の方でも容量が60Aまでで足りる場合は、従量電灯Bを申し込みます。

  • 契約kVA数によって基本料金が決まる。(6kVA以上50kVAまで)
  • 電気を使う量によって、1kWhあたりの値段が3段階で累進する。
  • 1kWhあたりの値段は季節や時間帯によって変わらない。

中部電力の従量電灯プランと電力自由化

中部電力の従量電灯プランは政府の規制料金

中部電力の従量電灯プランの料金とは昔からある一番基本的な電気料金プランです。実はこの電気料金は「政府の認可」を受けている規制された料金です。

2016年に電力が自由化される前は、電気料金は政府によって規制されていました。なぜなら電気は生活に必要不可欠なものなので、電力会社が勝手に値上げをして電気代を払えない人が続出するような事態には出来ないからです。どのようにして電気料金を決めていたかと言うと、「総括原価方式」という方式に従って電気料金を算出していました。その電気料金を政府が認可する流れです。このような政府の規制によって設定された料金なので、中部電力の従量電灯の電気料金は「規制料金」とも呼ばれるわけです。

中部電力の従量電灯B・Cの電気料金プラン

中部電力の従量電灯は、総括原価方式で算出された電気料金です

この「総括原価方式」とは、電気を作り送電し管理するすべてのコストの費用を「総括原価」とし、その上に一定の報酬を上乗せした金額が電気の販売収入に等しくなるような方法です。

つまり、原価に、事業報酬という報酬部分が上乗せされたものが、電気料金収入と同等となるように料金が設定されているのです。原価も報酬も確約されているため電力会社の経営の安定には良いのですが、コストが高くなりがちで、つまり電気料金が下がりにくいというデメリットもありました。

自由料金の電力会社は競争力の高い魅力的なプランも販売

そんな電気料金の仕組みも、2016年に電力が自由化されてからがらっと変わりました。それまでは地域独占の大手電力会社しか電気の小売りが出来なかったのが、小売電気事業者の登録が認められれば誰でも電気を販売出来るようになりました。そして、その料金も自由に設定できるようになりました。

このため、電力自由化後に登場した新電力の電気料金は「自由料金」とも呼ばれます。料金が自由とはいっても、実際に電気を販売するためには電気を発電するもしくはどこかから購入しないと売る事は出来ません。大手電力会社から電気を購入して小売りをしている新電力も多く、大手電力会社の料金体系と大きくは変えにくいものの、多くの新電力が企業努力で大手電力会社よりも安い料金プランを出しています。また、Looopでんきのように基本料金がゼロ円など、既存の料金体系にとらわれないユニークな電気料金プランを販売している電力会社も現れています。

中部電力の従量電灯のような規制料金は、2020年3月末までは経過措置期間として残り、その後は順次、料金規制は撤廃される予定です。

中部電力・従量電灯 - 電気料金の内訳(電気料金表)

それでは、一般家庭の多くで契約されている中部電力の従量電灯Bプランの電気料金の内訳を見ていきましょう。中部電力の従量電灯Bは、「基本料金」と「電力量料金」の2種類で成り立っています。それぞれの料金を見ていきます。

基本料金

中部電力の従量電灯Bでは、基本料金はアンペア毎に7段階に分かれています。つまり私達はアンペアを選ぶ必要があります。アンペアは、一度に使用できる電気の量に関係があります。

暖房と調理器具を同時など一度にたくさん電気を使う場合はアンペア数を多めにする必要があるのです。ただし、アンペア数が増えれば増えるほど基本料金は高くなります。そうは言っても少な目にすると、ブレーカーが頻繁に落ちてしまうので気をつけましょう。

中部電力-従量電灯B-基本料金
契約アンペア数 基本料金(円)(税込)
10A  
15A  
20A  
30A  
40A  
50A  
60A  

ところで、中部地方で電気を販売している新電力の中にはLooopでんきのように基本料金がゼロ円の電気料金プランもあります。基本料金を払うのがもったいなく感じたり、アンペア容量の選び方がよくわからない、という方は、このような基本料金がゼロ円のプランがオススメです。

次に、中部電力の従量電灯Bプランの電力量料金を見ていきましょう。電気の使用量に応じて払う料金部分です。電力量料金は3段階に分かれていて、使う量が多いほど料金単価は高くなります。

電力量料金

中部電力-従量電灯B-電力量料金
電力消費量(kWh) 1kWhあたりの値段(円)(税込)
  -  kWh  
  -  kWh  
 kWh以上  

中部電力-従量電灯Cの料金

基本料金

中部電力-従量電灯C-基本料金
契約kVA数 基本料金(円)(税込)
1kVAあたり  

電力量料金

中部電力-従量電灯C-電力量料金
電力消費量(kWh) 1kWhあたりの値段(円)(税込)
最初の kWhまで  
  -  kWh  
 kWh以上  

中部電力の従量電灯プランを申し込むべき?

中部電力の従量電灯B・Cの電気料金プラン

中部電力の従量電灯以外の電気料金を選べるようになりました。

いいえ、必ずしも中部電力を申し込まなくてもいけないということはありません。

もしあなたが中部地方にお住まいで特に電気料金プランを選ばなければ、中部電力の従量電灯Bプランを自動的に契約する事になります。しかしながら、前の項目で説明したように、電力自由化により多くの会社が電気の小売り事業に参入しているため、電力会社も電気料金も自由に選べるようになっています。

日本で有数の大都市である名古屋のある中部エリアには、中部電力の従量電灯プランだけでなく、中部電力よりも安い電気料金を提供している電力会社もたくさんありますし、自然エネルギーの利用に熱心なエコで自然に優しい電気料金プランもあります。

新しい電力会社では不安、と思われる方もいるかもしれませんね。でも、電気を送電・配電しているのは引き続き中部電力です。つまり、電気自体は中部電力と全く同じ電気が届きます。1か月の電気の使用量(kWh)が分かれば電気料金比較シュミレーションで簡単に比較して申し込む事が出来ますよ。

中部エリアの新電力一覧

それでは、中部電力で従量電灯を契約している方は他にどのような電力会社に切替えが出来るのでしょうか。中部電力よりも安い電気料金を提供している電力会社もたくさんあります。そんな中部の電力会社を一覧にしました。

中部電力の従量電灯Bと新電力を比べてみました

中部エリアで選べる電力会社がたくさんありましたね。でも、中部電力の従量電灯プランと具体的にはどれくらい電気料金が変わるのでしょうか。

電気料金プランを選ぶ時には、やはり金額は大きなポイントです。多くの新電力の電気料金は中部電力の従量電灯プランよりも安く設定されています。

ここでは具体的に、中部電力の従量電灯B(最も一般的な料金プラン)と中部エリアで選べる新電力3社の電気料金プランを比較して表にまとめてみました。

                             
中部電力・従量電灯Bと各新電力との料金比較
契約
アンペア数
基本料金
中部電力
従量電灯B
H.I.S.でんき
しゃちほこプラン

HTBエナジー
エネワンでんき
Looop(るーぷ)
でんき

10A   × × 0円
15A   × ×
20A   × ×
30A      
40A      
50A      
60A      
1kWh
あたりの料金
電力量料金
中部電力
従量電灯B
H.I.S.でんき
しゃちほこプラン

HTBエナジー

エネワンでんき

Looop(るーぷ)
でんき

最初の120kWhまで        
120-300kWh以上      
300kWh以上      

太字は最も安い料金。

基本料金

中部エリアの電力会社の基本料金を比べてみると、全ての新電力が中部電力よりも安くなっています。最も安いのは基本料金ゼロ円のLooopでんき。次に安いのは大手電力会社より5%オフのH.I.S.でんきですね。ただし、H.I.S.でんきエネワンでんきは30A以上からの契約になります。

Looop(るーぷ)でんきは基本料金がないので、アンペアを選ぶ必要がありません。元々のアンペア数がどれだけあっても基本料金が0円です。アンペア数が多いほど安くなる事がわかります。

電力量料金

続いて、中部エリアの電力会社の電力量料金を比べてみましょう。1kWhあたりの料金である電力量料金は電力会社によってかなり差がありますが、300kWh以上だと全ての新電力が中部電力より安くなっています。

Looopでんきでんきは電力量料金が一種類なので、わかりやすい方が良いという方にはオススメでしょう。H.I.S.でんきも一律5%オフなのでわかりやすいですね。プロパンガス会社の電気であるエネワンでんきは、300kWh以上の料金が最安値です。

毎月電気を300kWh(キロワットアワー)以上使用しているご家庭なら、上記3つのどの新電力でも、中部電力より電気料金が安くなる事がわかりました。

  • 電気の使用量が少なければ、H.I.S.でんきがどの電力量料金でも中部電力より電気料金が安くなるのでオススメです
  • 300kWh以上電気を使用するなら、3段階目の料金が最安値のエネワンでんきや、基本料金も合わせて計算すると安いLooopでんきがオススメです。

中部エリアでは従量電灯プラン以外にもたくさんの電気料金がある事がわかりました。自分の好みや生活にあった電気料金プランを電気料金比較シュミレーションを上手に利用して選んでくださいね。

更新日