電話で電気・ガス切替相談

お引っ越しで新規に電気の申し込みが必要ですか?

電話での申し込みを受け付けています。電気料金のエキスパート、セレクトラにご相談ください。(受付時間:午前10時 - 午後9時)

電気料金・ガス料金の比較

電話で電気・ガスの切替相談

只今のお時間は弊社コールセンターの営業時間外となります。今よりも安くなる電気・ガスをお探しの方は、オンライン比較エンジンをご利用くださいませ。

中部電力の電気料金プラン、従量電灯B・Cの違いは?

基本料金無料の電気料金プランに切替えませんか?[広告]

基本料金無料のLooopでんきに切替ませんか?中部電力の従量電灯プランで60A契約なら毎月1716.00円かかるところ、Looopでんきならゼロ円になります。
また2020年4月30日(木)までのお申込みで、2,020円分のQUOカードPayが申し込み者全員にプレゼント!!

対象プラン:おうちプラン・ビジネスプラン・動力プラン。また個人の申し込みのみ有効。(法人は対象外です。)

お申し込みには検針票をご準備ください。お客様番号が分かると申し込みがスムーズです。

※これは広告です

中部電力の電気料金プラン、従量電灯B・Cの違いは?
中部電力の電気料金プラン、従量電灯B・Cの違いは?

中部電力の電気料金プランを調べてみたら、従量電灯BとCの2種類があった!この違いは?中部電力の従量電BとC違いについてスッキリ解説します。

 
  • 中部電力の従量電灯BCの違いは、基本料金が異なると覚えておけば大丈夫です!
  • 中部電力の従量電灯Bは一般的な家庭向け、従量電灯Cは大家族や個人商店など電気をたくさん使う利用者向けです。
  • 一般家庭の場合は従量電灯Bを申し混んでいるケースがほとんです。

中部電力にはどんな電気料金プランがある?

電力自由化をきっかけにして、中部電力の電気料金プランを意識するようになった人もいるかもしれません。

今現在、中部電力で提供している電気料金プランは以下の通りです。大まかにいって、電気の使用する時間帯にかかわらず、電気の使用量によって3段階電力量料金(1kWh:キロワット当たりの料金)が変わる電気料金プラン(従量電灯プラン)と電気を使用する時間帯によって電気料金の異なるタイプの2種類があります。

中部電力の電気料金メニュー
主な電気料金
メニュー
概要
従量電灯B・C
  1. 電力小売自由化以前からあるスタンダードな電気料金メニューで、現在最も契約数の多いプランです。
  2. 電力量料金(円/kWh)は、使用する時間帯と関係なく、使用量によって3段階に設定されています。

スマートライフプラン
夜間割引時間帯料金週末祝日料金
  1. 電気を使用する時間帯によって電力量料金(円/kWh)が異なるタイプの電気料金プランです。

スマートライフプラン
(夜とく)

夜間割引時間帯料金週末祝日料金
  1. 電気を使用する時間帯によって電力量料金(円/kWh)が異なるタイプの電気料金プランです。

スマートライフプラン
(朝とく)

夜間割引時間帯料金週末祝日料金
  1. 電気を使用する時間帯によって電力量料金(円/kWh)が異なるタイプの電気料金プランです。

時間帯によって電力量料金の異なる電気料金プランは夜間の時間帯の電気料金が低めに設定されている一方で、昼間の料金が従量電灯プランより高めに設定されています。

このため、電気の使用量の少ない世帯や、電気を使用する時間帯を気にせず電気を使用したい家庭は中部電力:従量電灯プランを契約しています。事実、一般家庭のほとんどが従量電灯プランを契約しています。

それではこの中部電力の従量電灯プランはどんな電気料金プランなのでしょうか?

中部電力の従量電灯プランってどんなプラン?

中部電力で一般的な電気料金プランは従量電灯プランということがわかりました。さてこれは、どのような電気料金プランなのでしょうか?

従量電灯はプランは電力量料金が、電気の使用量に応じて段階的に変わる料金プランです。ちなみに電気の使用量が多いと値段があがるように設定されています。

以下の料金表からも分かるように、具体的には3段階に分かれています。従量電灯Bも従量電灯Cも電力量料金(1kWhあたりの料金は同じ)ということが分かります。

もし仮にあなたが毎月120kWhまでしか電気を使用しないならば、3段階のうち一番安い電気料金で電気を使用していることになります。

このような電気料金プランを従量電灯プランといいます。

中部電力-従量電灯-電力量料金
電力消費量(kWh) 中部電力
従量電灯B

中部電力
従量電灯C

1kWhあたりの料金 1kWhあたりの料金
0 - 120kWh 21.07円 21.07円
120 - 300kWh 25.54円 21.07円
300kWh以上 28.49円 28.49円

中部電力の従量電灯を契約する人はこんな人

  • 夜間より日中、電気を使うことが多い家庭。
  • 家事を行ったり電気を使う時間帯が不規則な場合。
  • 一人暮らしや人数の少ない世帯など、あまり電気を使わない場合。
  • 生活が不規則な方。
  • 季節を気にせず電気を使用したい場合。

電気の使用量や請求額をお知らせください。今より安くなる電気料金プランをお探しします。 ☎️ 03 4571 1508 (営業時間:午前10時から午後9時/セレクトラ・ジャパンコールセンター)

電力量料金が一定の電気料金プランはないの? 電気料金が3段階になっているなんてわかりにくい。1kWhあたりの電力量料金が一定の電気料金はないのかと思って人もいるかもしれません。電力自由化以降新しく登場したLooop(るーぷ)電気は1キロワットアワーあたりの料金が1種類でわかりやすいと話題です。 詳しい電気料金はLooopでんきの中部エリアのページでチェックしてください。

中部電力の従量電灯Bと従量電灯Cの違いは?

従量電灯BとCとも1kWhあたりの電気料金は使用量によって3段階に変わることが分かりました。それでは2つの電気料金、従量電灯BとCの違いはなんでしょうか?

ずばり、2つの電気料金の違いは、契約電力の違いだけです。契約電力が60A(アンペア)までの家庭では中部電力の従量電灯Bを契約し、60A以上必要な場合は従量電灯Cのプランを申し込みます。

ちなみに1kVA(キロボルトアンペア)=10A(アンペア)です。

よほど世帯人数が多い家庭か、オール電化の家庭でない限り、60A(アンペア)以上の容量が必要な家庭はまれでしょう。このため、従量電灯Bは一般家庭向け、従量電灯Cは電気の使用の多い家庭、もしくは商店やオフィス向けとなるわけです。

中部電力-従量電灯B-基本料金
契約アンペア数 基本料金(円)(税込)
10A 286.00円
15A 429.00円
20A 572.00円
30A 858.00円
40A 1144.00円
50A 1430.00円
60A 1716.00円
中部電力-従量電灯C-基本料金
契約kVA数 基本料金(円)(税込)
1kVAあたり 286.00円

中部電力の従量電灯B・Cの違い - まとめ

中部電力の従量電灯B・Cの違いは?

中部電力:従量電灯B・Cの違いは、基本料金のしくみの違いだけです。

中部電力の一般的な電気料金プランは、従量電灯B・Cです。

この電気料金の違いは契約電力が10-60アンペアまでか、6kVA以上の1kVAあたりの契約になっているかの違いだけです。

  1. 電気契約の対象者が異なります。
  2. 従量電灯Bは電気の使用量が少ない一般家庭、つまり単身世帯や核家族向けです。
  3. 従量電灯Cは契約容量が6kVA以上、つまり電気製品の多い家庭や、業務用大型冷蔵庫などを使用する商店個人商店など電気をたくさん使う利用者向けです。
  4. 従量電灯Bは、基本料金が契約アンペア数によって決まり一定です。
  5. 従量電灯Cは、基本料金が契約する容量によって1kVAあたり286.00円で決まります。

電気契約に関してお悩みですか?エキスパートが質問にお答えします。 ☎️ 03 4571 1508  (営業時間ː午前10時から午後9時/セレクトラ・ジャパンコールセンター)

更新日