価格.com の自動車保険一括見積もり 最短5分で 最大7社 無料一括見積もり

見積もり取得はこちら

40代向け安くておすすめの自動車保険ランキング

40代向け安くておすすめの自動車保険ランキング
40代向け安くておすすめの自動車保険ランキング

40代は自動車保険料が安くなる時期です。そこで40代の自動車保険料を等級・車種などに分けて安さのランキングを策定し、40代で初めての自動車保険の保険料も調べました。さらに保険料を安くするコツや、よくある質問をまとめましたのでぜひ参考にしてください。

40代の自動車保険料相場は?

40代は「子供の教育費」や「親の介護費用」などこれまであまりかからなかった支出が増える時期です。 働き盛りで収入も増える世代とはいえども、固定費である自動車保険は今の価格帯でいいものか気になるところです。

そこでセレクトラでは、自動車保険の保険料をできるだけ安くすることを指標にして ダイレクト型自動車保険会社の40代平均自動車保険料を調べました。「軽自動車(ホンダNbox)」と「普通自動車(トヨタアルファード)」と 年齢・等級別に12パターンの平均保険料を算出しました。

40代自動車保険料の相場とランキング
条件 年齢・等級 ダイレクト型保険会社
保険料平均
保険会社ランキング
20等級軽自動車
走行距離5,000km
41歳20等級 15,700円

 【41歳・45歳・48歳20等級】軽自動車保険料ランキング

45歳20等級 16,000円
48歳20等級 16,300円
20等級ファミリーカー
走行距離10,000km
41歳20等級 18,100円

 【41歳20等級】普通車保険料ランキング

45歳20等級 18,500円

 【45歳20等級】普通車保険料ランキング

48歳20等級 18,700円

 【48歳20等級】普通車保険料ランキング

初めての軽自動車
走行距離5,000km
41歳6等級 35,600円

 【41歳6等級】軽自動車保険料ランキング

45歳10等級 23,200円

 【45歳10等級】軽自動車保険料ランキング

48歳13等級 21,800円

 【48歳13等級】軽自動車保険料ランキング

初めてのファミリーカー
走行距離10,000km
41歳6等級 41,300円

 【41歳6等級】普通車保険料ランキング

45歳10等級 28,500円

 【45歳10等級】普通車保険料ランキング

48歳13等級 25,300円

 【48歳13等級】普通車保険料ランキング

車両保険は付帯せずに、自動車保険料をできるだけ安くすることを意識した場合の各社の保険料平均です。

保険料算出の諸条件はこちらの項目をチェック

 

40代の自動車保険料は安い

40代は初めての自動車保険加入で6等級であっても年間保険料は4万円台となります。 これは20代の約3分の1程度の価格です。なぜ40代の保険料は安くなるのでしょうか。

  1. 40代中盤は事故率が低い
  2. 20等級に到達する世代
  3. 保険会社の競争が激しい

理由1:40代中盤は事故率が低い

統計上で事故を起こしやすい年代である20代に比べて40代は格段に事故率が低くなります

出典 道路の交通に関する統計 3 死亡事故の状況 3-1-1 原付以上運転者(第1当事者)の年齢層別免許保有者10万人当たり死亡事故件数の推移

40-44歳の事故率は全世代でみても一番低く、保険料もそれに合わせて割安に設定されています。

理由2:20等級に到達する世代

40代は例えば20代から自動車保険に契約していて、無事故であれば最大等級である20等級に到達しています。 30代が初めての保険契約だったり、今まで一回だけ保険金を使う事故に遭った。 というような場合でも10年から20年近く等級が積み上がっていますので、高い等級である方が多いと考えられます。

理由3:保険会社の競争が激しい

40代は保険会社側から見ても魅力的な顧客です。運転にも慣れおり、事故率が低いため、 保険会社としては40代の契約者が多いと多額の保険金を支払うリスクを抑えることができます。 そのためぜひとも自社の自動車保険に加入して欲しい年代なのです。

その様子が見えるのが保険料です。 例えば40代20等級の保険料においては混戦状態といえます。9社の保険会社のうち一番安い保険料から3,000円(約13,000円から16,000円)の間に、 6社もの保険会社が固まっています。

ほとんどの保険会社が41歳20等級軽自動車の平均保険料15,700円付近の見積もりになっています。 41歳に限らず、40代で等級が高い場合は保険料はばらつきが小さく、保険会社各社共にこれ以上削れないくらいの保険料で優良顧客の獲得のために競い合っていると考えられます。

40代の保険料を安くするポイント

40代になると補償の要望も色とりどりになりますよね。しかしこちらの記事では基本補償をベースにして「自動車保険料をとにかく安く」したいという希望に対して、徹底的に解説していきます。

  • ダイレクト型保険会社から選ぶ
  • 15等級以上:乗り換えを積極的に検討する
  • 6等級‐14等級等級の場合:安い保険会社から選ぶ

 「ダイレクト型保険会社」から選ぶ

等級の高い低いに関係なく、全世代の中でも特に保険料が安くなる40代はダイレクト型保険から選んで保険料を抑えましょう。 忙しい40代にはダイレクト型保険の保険料以外のメリットも実感することができると思います。

ダイレクト型自動車保険の手続きメリット
  ネットで申し込める
  オンラインの問い合わせで時間を気にせず気軽
  書類等の事務作業が最小限

 「「乗り換え」を積極的に検討する

20等級に近い等級については、ダイレクト型保険会社であれば各社の保険料平均から大きく離れることはありません。 この場合のポイントは「新規」契約として保険料を算出することです。各保険会社とも新規には特別な割引を設けていて保険料にメリットが出るような料金設定になっています。 さらに全世代でも保険料率が低い「40代」の場合はより安さを享受できる時期といえます。

そのため満期の案内を目処に毎年「一括保険見積もりサイト」などで、 新規の割引を使った自動車保険への切り替えをすることも保険料節約の一つの方法です。

しかし乗り換えを繰り返す場合はデメリットもあります。

  • 補償内容に過不足がないか毎年きちんと確認する必要がある。
  • 満期のたびに見積もりを取り直す必要がある
  • 継続利用でお得になるサービスが受けられない。
    例えばSBIのロードサービスなど

保険料を徹底的に安くしたい方はこれらのデメリットを考慮しても新規の保険料割引は魅力的です。 是非見積もりをとってみてください。

 一括見積などで安い保険会社から選ぶ

40代は若い世代に比べて保険料が安いとはいえ、6等級など低めの等級の場合はやはり安い保険会社と高い保険会社の差が出てきます。 はじめての自動車保険等の場合はこちらのランキングなどを参考にして、低い等級でも保険料メリットのある保険会社を選ぶことがポイントになります。

40代安くておすすめの自動車保険会社ランキング

こちらのランキングでは、保険料の安さを重視して40代の各保険会社の保険料を調査しランキングを策定しました。 見積もりの条件は「基本補償」に絞っています。「年齢」「等級」「車種」「走行距離」で全12パターンのランキングとなっています。

軽自動車ランキングの契約者イメージ
軽自動車/年間走行距離5,000km
結婚10年目の契約者。パートナーとダブルインカムで仕事の他にも趣味ライフを楽しむ。 軽自動車ホンダNBOXを2017年1月登録の中古車で購入。妻の通勤・買い物で使用。
年間走行距離は5,000km。等級は20等級と41歳で初めての自動車保険加入の場合の2パターン。
【41歳20等級】普通車で安い自動車保険会社ランキング
【45歳20等級】普通車で安い自動車保険会社ランキング
【48歳20等級】普通車で安い自動車保険会社ランキング
【41歳6等級】普通車で安い自動車保険会社ランキング
【45歳10等級】普通車で安い自動車保険会社ランキング
【48歳13等級】普通車で安い保険会社ランキング

ファミリーカーランキングの契約者イメージ
普通自動車/年間走行距離10,000km
家族持ち(子供2人)。普通自動車ファミリーカーのトヨタアルファードを2017年1月登録の中古車で購入。 妻の通勤・買い物・遠出・帰省で使用。
年間走行距離は10,000km。等級は20等級と41歳で初めての自動車保険の場合の2パターン
【41歳・45歳・48歳20等級】軽自動車で安い自動車保険会社ランキング
【41歳6等級】軽自動車で安い自動車保険会社ランキング
【45歳10等級】軽自動車で安い自動車保険会社ランキング
【48歳13等級】軽自動車で安い保険会社ランキング

【2022年9月時点】年間保険料ランキング見積り条件
    運転者の情報    
保険始期 2022年10月1日
性別 男性
婚姻状況 既婚
使用目的 通勤・通学
年間走行予定距離 軽自動車5,000km
普通車10,000km
車種 軽自動車ホンダNbox(初度登録2017年1月)
普通車トヨタアルファード(初度登録2017年1月)
    補償内容     
対人・対物賠償 無制限
人身傷害 3000万円
搭乗者傷害 1000万円
車両保険 なし
ロードサービス あり
その他の特約 自動セットの特約以外なし
    割引内容    
運転者の年齢 ・30歳以上
もしくは35歳以上
運転者の範囲 ・本人・配偶者限定
等級 1.6等級スタート
2.20等級
免許の色 ゴールド
その他の割引 ・新規インターネット割引
・証券未発行割引
    見積取得先(ダイレクト型保険会社)     
アクサダイレクト・チューリッヒ保険・SBI損保・ソニー損保・楽天損保・セコム損保
イーデザイン損保・セゾン自動車火災保険・三井ダイレクト損保

ランキングの保険料は参考に ランキングの見積もり条件は参考です。各自の契約状況によって保険料は変わりますので、自分の条件に沿った見積をかならず取得するようにしましょう。

 一括でかんたんに自動車保険見積もり powered by 価格.com[PR]

20等級/軽自動車/走行距離5000km:年間保険料ランキング

最大等級の20等級での基本補償はほぼ最低ラインの保険料になっているため、年齢による保険料の動きがない保険会社もあります。
20代から45歳頃までは年を重ねるごとに保険料は下がっていましたが、45歳を境に年齢が上がるにつれ保険料が上がり始める保険会社もでてきます。

【41歳・45歳・48歳20等級】軽自動車で安い自動車保険会社ランキング

41歳から48歳の場合は20等級で年齢以外の条件が変わらない場合、安い保険料の上位保険会社は同一保険料となります。 この状況になると、「新規割引」が保険料へ与える影響が大きいため、 乗り換えをすることが安い保険料実現のポイントになります。

ダイレクト型保険会社相場:【41歳】約15,700円(月額1,350円)
ダイレクト型保険会社相場:【45歳】約16,000円(月額1,370円)
ダイレクト型保険会社相場:【48歳】約16,300円(月額1,400円)

順位 保険会社 年間保険料
  SBI損保
 評判をチェック
12,990円
  三井ダイレクト
 評判をチェック
14,310円
  セコム損保
 評判をチェック
15,060円

年齢:41歳・45歳・48歳 等級:20 免許:ゴールド

年齢の変化による相場に大きな動きはありませんが、45歳を境に少しずつ保険料相場が上がっていることが確認できます。

20等級/ファミリーカー/走行距離10000kmの保険料ランキング

20等級でも走行距離が伸びてくると、上位保険会社の並びが変わります。「SBI損保」「セコム損保」「三井ダイレクト」「おとなの自動車保険」などは走行距離が伸びても、 割安な保険料を実現しています。50円以内の料金差はほぼ差がないため同位としています。

【41歳20等級】普通車で安い自動車保険会社ランキング

ダイレクト型保険会社相場:約18,100円(月額1,550円)

順位 保険会社 年間保険料
  SBI損保
 評判をチェック
15,160円
  セコム損保
 評判をチェック
16,230円
三井ダイレクト
 評判をチェック
16,240円
  セゾン自動車火災保険
 評判をチェック
16,960円

年齢:41歳 等級:20 免許:ゴールド

【45歳20等級】普通車で安い自動車保険会社ランキング

ダイレクト型保険会社相場:約18,500円(月額1,590円)

順位 保険会社 年間保険料
  SBI損保
 評判をチェック
15,160円
  セコム損保
 評判をチェック
16,230円
三井ダイレクト
 評判をチェック
16,240円
  セゾン自動車火災保険
 評判をチェック
17,240円

年齢:45歳 等級:20 免許:ゴールド

【48歳20等級】普通車で安い自動車保険会社ランキング

ダイレクト型保険会社相場:約18,700円(月額1,600円)

順位 保険会社 年間保険料
  SBI損保
 評判をチェック
15,160円
  セコム損保
 評判をチェック
16,230円
三井ダイレクト
 評判をチェック
16,240円
  セゾン自動車火災保険
 評判をチェック
17,650円

年齢:48歳 等級:20 免許:ゴールド

初めて/軽自動車/走行距離5000km:年間保険料ランキング

30代までレンタカー等で済ませていたけれども、転職による環境変化などで40代で初めて自動車保険に入る方もいらっしゃいます。低めの等級でも安い保険料を実現できる保険会社を調べてみました。 特に6等級などはじめての自動車保険の場合で安差を求める場合は、ランキング上位の保険会社を選ぶことをお勧めします。

【41歳6等級】軽自動車で安い自動車保険会社ランキング

ダイレクト型保険会社相場:約35,600円(月額3,060円)

順位 保険会社 年間保険料
  アクサダイレクト
 評判をチェック
23,040円
  チューリッヒ保険
 評判をチェック
26,410円
  三井ダイレクト
 評判をチェック
33,830円

年齢:41歳 等級:6 免許:ゴールド

【45歳10等級】軽自動車で安い自動車保険会社ランキング

ダイレクト型保険会社相場:約23,200円(月額1,990円)

順位 保険会社 年間保険料
  SBI損保
 評判をチェック
19,190円
  アクサダイレクト
 評判をチェック
19,260円
  チューリッヒ保険
 評判をチェック
21,560円

年齢:45歳 等級:10 免許:ゴールド

【48歳13等級】軽自動車で安い自動車保険会社ランキング

ダイレクト型保険会社相場:約21,800円(月額1,870円)

順位 保険会社 年間保険料
  SBI損保
 評判をチェック
18,160円
  アクサダイレクト
 評判をチェック
19,510円
  ソニー損保
 評判をチェック
21,300円

年齢:48歳 等級:13 免許:ゴールド

初めて/ファミリーカー/走行距離10000km:年間保険料ランキング

40代の低めの等級の保険料は20代に比べれば安いですが、それでも20等級の分布と違って10,000円程度の差が出ています。 低い等級になればなるほど保険料を安くおさえるためには保険会社選びが大切になるといえます。

【41歳6等級】普通車で安い自動車保険会社ランキング

ダイレクト型保険会社相場:約41,300円(月額3,540円)

順位 保険会社 年間保険料
  アクサダイレクト
 評判をチェック
28,720円
  チューリッヒ保険
 評判をチェック
31,590円
  SBI損保
 評判をチェック
36,640円

年齢:41歳 等級:6 免許:ゴールド

【45歳10等級】普通車で安い自動車保険会社ランキング

ダイレクト型保険会社相場:約28,500円(月額2,450円)

順位 保険会社 年間保険料
  SBI損保
 評判をチェック
22,420円
  アクサダイレクト
 評判をチェック
23,200円
  セコム損保
 評判をチェック
26,030円

年齢:45歳 等級:10 免許:ゴールド

【48歳13等級】普通車で安い自動車保険会社ランキング

ダイレクト型保険会社相場:約25,300円(月額2,170円)

順位 保険会社 年間保険料
  SBI損保
 評判をチェック
21,210円
  アクサダイレクト
 評判をチェック
22,220円
  チューリッヒ保険
 評判をチェック
23,580円

年齢:48歳 等級:13 免許:ゴールド

あなたの自動車保険料は?おすすめ一括見積

いかがだったでしょうか。これらのランキングで40代にとって安い自動車保険会社の傾向がつかめたと思います。

40代ともなれば子供も自分たちの生活があり、外でのリスクは増えてきます。 「自転車賠償特約」「ファミリーバイク特約」「弁護士費用特約」「車両保険」など、自動車保険でカバーできるリスクは意外と多いもの。各家庭の事情で必要な補償は様々です。

そんなときは時間も労力も削減できる一括見積をとってみてください。スマートな見積もりの取り方に関する記事もありますので是非参考にしてみてください

 一括でかんたんに自動車保険見積もり powered by 価格.com[PR]

関連記事 自動車保険の見積もりの取り方

40代の自動車保険よくある質問

40代の自動車保険に関するよくある質問をまとめました。

よくある質問一覧
質問1:40代の自動車保険の保険料相場はいくらですか?
回答1

年齢・等級によって変わりますので一概に言えませんが、 基本補償・車両保険なしの場合のダイレクト型保険会社の年間保険料相場は 下記の記事を参考にしてみてください。

▷40代の自動車保険料相場は?

質問2:40代で初めての自動車保険なのですが、やはり高くなるのでしょうか。
回答2

6等級・車両保険なしでダイレクト型保険会社ですと4万円前後の保険料となります。

この保険料は20代で初めての自動車保険の保険料と比較した場合は割安です。

▷41歳6等級軽自動車の保険料ランキング

▷41歳6等級普通車の保険料ランキング

質問3:40代で目の病気があるのですが、自動車保険に加入できますか?
回答3

運転免許証が交付されていれば加入できます。
自動車保険の加入申込に病気の有無を告知する義務はありません。

更新日