本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

お金の専門家200名が選んだ自動車保険ランキング

更新日
お金の専門家200名が選んだ自動車保険ランキング

マネーのプロが実際に自分の車にかけている任意保険(自動車保険)を徹底的に調査。 ファイナンシャルプランナーや税理士など、お金のプロに選ばれている保険会社はどこ?ランキング形式で紹介します。

普段私たちの家計や資産運用についてアドバイスをしてくれるお金のプロは、どのような自動車保険を何を基準に選択しているのか?セレクトラ編集部では、ファイナンシャルプランナーや税理士、公認会計士など金融関連の難関資格を保有する男女200名を対象にアンケートを実施しました。ランキング形式で結果を発表します。

専門家が加入している任意自動車保険は?

専門家が選ぶ自動車保険ランキング

\ 無料!3分で完了/
自動車保険一括見積もりへ

保険会社名の表記について:本文では()内の略称で表記しています。
・ソニー損害保険株式会社(ソニー損保)
・セゾン自動車火災保険株式会社(セゾン自動車火災保険)
・SBI損害保険株式会社(SBI損保)
・アクサ損害保険株式会社(アクサダイレクト)
・三井ダイレクト損害保険株式会社(三井ダイレクト損保)
・東京海上日動火災保険株式会社(東京海上日動)
・損害保険ジャパン株式会社(損保ジャパン)
・三井住友海上火災保険株式会社(三井住友海上)
・あいおいニッセイ同和損害保険株式会社(あいおいニッセイ同和)

アンケート調査の概要は下表のとおりです。

アンケート調査
調査期間2023年10月5日~10月10日
調査対象金融業界勤務で、金融関連の資格を保有している200名(男性100名・女性100名)
調査方法インターネット調査
調査機関アイブリッジ株式会社
設問内容1.現在加入している任意保険(自動車保険)の保険会社名をご回答ください。
※複数台所有している方は主に使用している自動車の保険会社名をご回答ください。
2.現在の保険会社に加入を決めた理由を、重要度の高い順に3位までご回答ください。
3.現在、加入している保険会社の他に比較・検討した保険会社があればご回答ください。
4.現在加入している自動車保険の、継続意向についてご回答ください。
5.現在加入している自動車保険で満足している点・不満な点があれば具体的にご回答をお願いします。

ネット販売型損保と代理店販売型損保 ネット販売型はインターネットで保険会社と直接契約できる保険会社です。代理店販売型とは、カーディーラーや修理工場、ほけんの窓口などの保険代理店を通して契約できる保険会社です。この2タイプはビジネス構造が違うため、ランキングは各販売型別に発表します。

専門家が選ぶ自動車保険アンケート回答者内訳

ネット販売型のダイレクト損害保険会社編

インターネットから直接保険会社と契約できる損害保険会社で、専門家に選ばれている保険会社のランキングを紹介します。

🥇1位 ソニー損保

ネット契約型保険会社の1位はソニー損保です。ソニーグループの保険会社でネット型保険会社の中では売上1位を長年キープしています。

無料でセコム事故現場駆けつけサービスがついてくるため、保険料が最安値でなくてもコスパが良いと感じる契約者が多いようです。

大手損保に加入している回答者の中でも、「比較検討したことのある保険会社」で多数の回答があった注目の保険会社です。

ソニー損保を選んだ理由

ソニー損保加入理由

ソニー損保に加入している回答者15名に、ソニー損保を選んだ理由として重要な理由を1位から3位までランキングしていただきました。1位の理由を3点、2位を2点、3位を1点として得点の高い理由順に紹介しています。

ソニー損保に対する専門家のコメント

安全運転にキャッシュバックがある。
(東京都、50代男性、証券外務員二種/証券アナリスト)

事故対応がスムーズ
(東京都、30代女性、証券外務員二種/FP技能士2級)

とにかく無難。
(京都府、55歳男性、 FP技能士2級)

ロードサービスもすごく早く対応してもらった。
(静岡県、20代女性、簿記1級/FP技能士1級)

ソニー損保回答者の継続予定は67%*

継続する47%
継続予定20%
わからない33%
乗り換え予定
乗り換える

*継続する・継続予定の合算数値を継続率としています。

参考情報:ソニー損保のインターネット評判(セレクトラ調べ)

参考:ソニー損保の主な補償とサービス

内容基本補償(*自動セット)選べるオプション補償
相手へ賠償対人賠償責任保険
対物賠償責任保険
*対物超過修理費用
-
自分の補償人身傷害保険(車内のみ補償)人身傷害保険(車内+車外)
搭乗者傷害特約(傷害一時金)
搭乗者傷害特約(死亡・後遺障害)
車の補償車両保険
*ロードサービス
新車買替特約
車対車免ゼロ特約
事故時レンタカー費用特約
その他の補償*他車運転特約
*無保険者傷害危険特約
*被害者救済費用特約
弁護士特約
個人賠償特約
おりても特約
ファミリーバイク特約
車内身の回り品特約

本表は全ての情報を網羅するものではありません。詳細は商品パンフレットや重要事項説明をご確認ください。
出典:ソニー損保公式サイト 重要事項説明書

🥈2位 セゾン自動車火災保険

ネット型保険会社の2位は「おとなの自動車保険」を販売している、セゾン自動車火災保険です。代理店販売型損保「損保ジャパン」とは同じSOMPOホールディングスのグループ会社です。

広告などで40代~50代の保険料が安くなる点をアピールしていますが、セレクトラの調査結果でも50代で特約(弁護士費用・ファミリーバイク特約)を付けると他の保険会社より安くなる傾向がみられました。

また、無料でALSOK事故現場駆けつけサービスがついてきますので、補償の充実感につながっているようです。

セゾン自動車火災保険を選んだ理由

セゾン自動車火災保険加入理由

セゾン自動車火災保険に加入している回答者11名に、セゾン自動車火災保険を選んだ理由として重要な理由を1位から3位までランキングしていただきました。1位の理由を3点、2位を2点、3位を1点として得点の高い理由順に紹介しています。

セゾン自動車火災保険に対する専門家のコメント

ネット保険にも関わらずオペレーターのフォローが良かった。
(東京都、50代男性、FP技能士2級)

価格が一番安いというわけではないが、補償と価格のバランスが良いと思う。特に不満はない。
(神奈川県、60代男性、FP技能士2級)

保険料は少しでも安いに越した事はない。 カスタマーサービスは適切な対応で問題なかったです。
(埼玉県、50代男性、 FP技能士2級)

保険料が安くて、補償が充実していた。
(大阪府、50代男性、FP技能士2級)

セゾン自動車火災保険回答者の継続予定は72%*

継続する45%
継続予定27%
わからない27%
乗り換え予定
乗り換える

*継続する・継続予定の合算数値を継続率としています。

参考:セゾン自動車火災保険のインターネット評判(セレクトラ調べ)

参考:セゾン自動車火災保険の主な補償とサービス

内容基本補償(*自動セット)選べるオプション補償
相手へ賠償対人賠償責任保険
対物賠償責任保険
対物全損時修理差額費用特約
自分の補償人身傷害保険(車内のみ補償)人身傷害保険(車内・車外ともに補償)
搭乗者傷害特約
車の補償車両保険
車両無過失事故に関する特約(車両保険付帯の場合自動セット)

車両新価保険特約
車両全損修理時特約
事故時代車費用特約
車両身の回り品補償
ロードアシスタンス
その他の補償*他車運転特約
*無保険車傷害特約
*被害者費用救済特約
個人賠償責任特約
自転車傷害特約
ファミリーバイク特約
弁護士費用特約

本表は全ての情報を網羅するものではありません。詳細は商品パンフレットや重要事項説明をご確認ください。
出典:セゾン自動車火災保険公式サイト 補償内容

🥉3位 SBI損保

ネット契約型保険会社の3位はSBIグループのSBI損保です。

圧倒的な保険料の安さで支持されているSBI損保。セレクトラの保険料調査ではSBI損保の保険料は全年代、各等級で安くなる傾向がみられました。

保険料が安いからといって、補償で他社に劣るということはありません。ロードサービスは3年目からグレードアップしますので、継続すればより充実したプレミアムロードサービスをうけられます。

SBI損保を選んだ理由

SBI損保加入理由

SBI損保に加入している回答者10名に、SBI損保を選んだ理由として重要な理由を1位から3位までランキングしていただきました。1位の理由を3点、2位を2点、3位を1点として得点の高い理由順に紹介しています。

SBI損保に対する専門家のコメント

補償内容に対して保険料が安い点が満足。但し、車両保険で中古部品特約があれば尚良い。
(山形県、40代男性、簿記1級/FP技能士1級)

今のままでよい。
(京都府、30代男性、証券外務員二種/FP技能士1級)

SBI損保回答者の継続予定は50%*

継続する40%
継続予定10%
わからない40%
乗り換え予定
乗り換える10%

*継続する・継続予定の合算数値を継続率としています。

参考:SBI損保-インターネット評判(セレクトラ調べ)

参考:SBI損保-主な補償とサービス

内容基本補償(*自動セット)選べるオプション補償
相手へ賠償対人賠償責任保険
対物賠償責任保険
対物差額修理費用補償特約
自分の補償人身傷害保険(契約自動車搭乗中のみ補償)
*自傷損害保険
人身傷害保険(自動車事故補償)
搭乗者傷害保険
車の補償*ロードサービス車両保険
全損時諸費用保険金特約
自宅・車庫修理費用補償特約
車内外身の回り補償特約
車両損害に関するレンタカー費用補償特約
その他の補償*他の自動車運転危険補償特約
* 無保険車傷害保険
*被害者費用救済特約
個人賠償責任危険補償特約
自転車事故補償特約
ファミリーバイク特約
弁護士費用特約

本表は全ての情報を網羅するものではありません。詳細は商品パンフレットや重要事項説明をご確認ください。
出典:SBI損保公式サイト 補償内容

4位 アクサダイレクト

ネット契約型保険会社の4位はアクサグループのアクサダイレクトです。

ライフスタイルに合わせた合理的な保険料を提供していて、子育て応援割引などが特徴的です。

さらに新規インターネット割引が無事故割引と合わせて最大22,000円とネット型損保では一番大きい割引があります。そのため新規の保険料は割安になります。

補償については、通常の補償に加えて「地震・津波」による損害がカバーされる特約も選ぶことができます。

アクサダイレクトを選んだ理由

アクサダイレクト加入理由

アクサダイレクトに加入している回答者9名に、アクサダイレクトを選んだ理由として重要な理由を1位から3位までランキングしていただきました。1位の理由を3点、2位を2点、3位を1点として得点の高い理由順に紹介しています。

アクサダイレクトに対する専門家のコメント

保険料は他社比安い。総合的に満足している
(広島県、30代男性、証券外務員二種)

丁寧だった
(愛知県、30代女性、証券外務員二種/ FP技能士2級)

手続きが分かりやすく保険料も納得している。 
(福岡県、40代女性、FP技能士1級)

アクサダイレクト回答者の継続率は78%*

継続する56%
継続予定22%
わからない21%
乗り換え予定
乗り換える

*継続する・継続予定の合算数値を継続率としています。

参考:アクサダイレクトの主な補償とサービス

内容基本補償(*自動セット)選べるオプション補償
相手へ賠償対人賠償責任保険
対物賠償責任保険
対物全損時修理差額費用補償特約
自分の補償人身傷害保険人身傷害搭乗中のみ補償特約
搭乗者傷害保険
車の補償車両保険
*ロードサービス
地震・噴火・津波「車両全損時一時金」特約
鍵交換費用補償特約
レンタカー費用補償特約
車両新価特約
その他の補償*他車運転危険補償特約
*無保険車傷害保険
*被害者救済費用補償特約

ファミリーバイク特約
弁護士費用特約
日常生活賠償責任保険特約
EV充電設備補償特約

本表は全ての情報を網羅するものではありません。詳細は商品パンフレットや重要事項説明をご確認ください。

出典:アクサダイレクト公式サイト自動車保険の補償内容一覧

5位 三井ダイレクト損保

ネット型保険会社の5位は三井ダイレクト損保です。「MS&ADインシュランスグループ」で、大手損保の三井住友海上・あいおいニッセイ同和とはグループ会社になります。

ネット型で唯一ドライブレコーダーが貸し出される特約があるため、運転に不安がある場合はより充実したサービスを受けることができます。

三井ダイレクト損保を選んだ理由

三井ダイレクト損保加入理由

三井ダイレクト損保に加入している回答者5名に、三井ダイレクト損保を選んだ理由として重要な理由を1位から3位までランキングしていただきました。1位の理由を3点、2位を2点、3位を1点として得点の高い理由順に紹介しています。

三井ダイレクト損保に対する専門家のコメント

対応が早い。
(兵庫県、30代女性、証券外務員二種)

価格が手頃。
(滋賀県、40代男性、アクチュアリー準会員)

具体的な指摘事項はない。継続予定
(愛媛県、40代男性、中小企業診断士、税理士)

三井ダイレクト損保回答者の継続予定は80%*

継続する
継続予定80%
わからない20%
乗り換え予定
乗り換える

*継続する・継続予定の合算数値を継続率としています。

三井ダイレクト損保-インターネット評判(セレクトラ調べ)

三井ダイレクトの主な補償とサービス

内容基本補償(*自動セット)選べるオプション補償
相手へ賠償対人賠償責任保険
対物賠償責任保険
*対物超過修理費用補償特約
-
自分の補償人身傷害保険人身傷害保険搭乗中のみ補償特約
ファミリー傷害特約(アウトドア・ワイド)
搭乗者傷害
搭乗者傷害Wケア
搭傷死亡等対象外特約
車の補償車両保険
*ロードサービス
新車特約
車両危険限定補償特約
車対車免責ゼロ特約
身の回り品補償特約
レンタカー費用特約
その他の補償*他車運転危険補償特約
*被害者救済費用特約
*無保険車傷害特約
ファミリーバイク特約
弁護士費用補償特約
日常生活賠償特約
ドラレコ特約

本表は全ての情報を網羅するものではありません。詳細は商品パンフレットや重要事項説明をご確認ください。
出典:三井ダイレクト公式サイト重要事項説明書

代理店販売型の大手損害保険会社編

保険代理店を通して保険会社と契約するタイプの大手損害保険会社で、専門家に選ばれている保険会社のランキングを紹介します。

🥇1位 東京海上日動

日本国内の損害保険会社の最大手、東京海上日動が安定の1位です。

自動車保険料はネット型損保に比べて割高です。ただし交通事故でのケガの出費をカバーする特約が基本契約に付いているなどの補償の厚さと、保険会社への安心感が選ばれている理由につながっているようです。

東京海上日動を選んだ理由

東京海上日動加入理由

東京海上日動に加入している回答者37名に、東京海上日動を選んだ理由として重要な理由を1位から3位までランキングしていただきました。1位の理由を3点、2位を2点、3位を1点として得点の高い理由順に紹介しています。

東京海上日動に対する専門家のコメント

保険料は高いが信頼できる会社である。
(大阪府、30代女性、証券外務員二種/FP技能士2級)

ドラレコがいい。
(福岡県、40代男性、FP技能士2級)

定期的に面談してくれる
(神奈川県、40代男性、証券外務員二種/FP技能士2級)

補償内容などは満足だが、保険料が高い。ネット保険で十分だと思うので乗り換える予定。
(埼玉県、40代女性、FP技能士2級)

東京海上日動回答者の継続予定は84%*:

継続する57%
継続予定27%
わからない11%
乗り換え予定5%
乗り換える

*継続する・継続予定の合算数値を継続率としています。

参考:東京海上日動-インターネット評判(セレクトラ調べ)

参考:トータルアシスト自動車保険-主な補償とサービス

内容基本補償(*自動セット)選べるオプション補償
相手へ賠償対人賠償責任保険
対物賠償責任保険
*対物超過修理費用
自分の補償人身傷害保険
*入院時選べるアシスト
人身傷害乗用具事故補償特約
車の補償車両保険
*ロードアシスト
*レンタカー等諸費用アシスト
 
レンタカー費用等補償特約(事故時30日)
ドライブレコーダー特約
車両全損時諸費用補償特約
車両新価保険特約
車両全損時復旧費特約
地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約
その他の補償*無過失事故に関する特約
*被害者救済費用等補償特約 
*他車運転危険補償特約
車内携行品補償特約
ファミリーバイク特約
弁護士費用特約
個人賠償責任補償特約
自転車傷害補償特約(一時金払)

本表は全ての情報を網羅するものではありません。詳細は商品パンフレットや重要事項説明をご確認ください。
出典:東京海上公式サイト補償とサービス自動車保険

🥈2位 損保ジャパン

2位は損保ジャパンです。ビッグモーターの事件で会社への信頼が揺らいでいるといったコメントもみられましたが、 家族や友人に勧められての契約が加入理由のトップでした。

自動車保険会社で唯一、自分の車の故障を修理する費用がカバーできる特約があります。対応については代理店に満足感があるという評価がありました。

損保ジャパンを選んだ理由

損保ジャパン回答者加入理由

損保ジャパンに加入している回答者29名に、損保ジャパンを選んだ理由として重要な理由を1位から3位までランキングしていただきました。1位の理由を3点、2位を2点、3位を1点として得点の高い理由順に紹介しています。

損保ジャパンに対する専門家のコメント

保険料はそれ程高くない。補償内容は十分だと思う。顧客対応も良好でした。事故対応もスピーディーで丁寧でした
(茨城県、50代男性、宅地建物取引士)

保険料は他と変わらないが、事故対応が早かった
(神奈川県、50代男性、FP技能士2級)

保険料には特に不満がない。 基本的な補償がなされているので満足。 
(兵庫県、50代女性、FP技能士1級/CFP)

保険料が安い点は満足しているが、昨今の不祥事より会社に対する信頼度は低下している。 
(大阪府、30代女性、FP技能士2級)

損保ジャパン回答者の継続予定は79%*

継続する48%
継続予定31%
わからない13%
乗り換え予定7%
乗り換える

*継続する・継続予定の合算数値を継続率としています。

参考:損保ジャパン-インターネット評判(セレクトラ調べ)

参考:THEクルマの保険の主な補償とサービス

内容基本補償(*自動セット)選べるオプション補償
相手へ賠償対人賠償責任保険
対物賠償責任保険
*対物全損時修理差額費用特約
-
自分の補償人身傷害保険
 
人身傷害交通乗用具事故特約
人身傷害死亡・後遺障害定額給付金特約
人身傷害入通院定額 給付金対象外特約
人身傷害入院時諸費用特約
車の補償車両保険
*ロードアシスタンス
車両新価特約
車両全損修理時特約
全損時諸費用再取得時倍額特約
故障運搬時車両損害特約
地震・噴火・津波車両全損時一時金特約
代車等諸費用特約
ドライブレコーダー特約
 
その他の補償*無過失事故の特則
*無保険車傷害特約
*被害者救済費用特約
*他車運転特約
車内携行品補償特約
ファミリーバイク特約
弁護士費用特約
個人賠償責任特約

本表は全ての情報を網羅するものではありません。詳細は商品パンフレットや重要事項説明をご確認ください。
出典:損保ジャパン公式サイト個人用自動車保険「THEクルマの保険」(2023年5月版)

🥉3位 三井住友海上

3位はMS&ADインシュグループの三井住友海上です。あいおいニッセイ同和と横並びの3位でした。

保険会社の安心感や補償については、さらに保険料についても他大手損保と同水準といえます。

特徴の一つに「プレミアムドラレコ」特約があり、1つのカメラで365度撮影できる高性能のドラレコが貸し出されて、ドラレコの使用年数で割引を受けることもできます。

三井住友海上を選んだ理由

三井住友海上回答者加入理由

三井住友海上に加入している回答者24名に、三井住友海上を選んだ理由として重要な理由を1位から3位までランキングしていただきました。1位の理由を3点、2位を2点、3位を1点として得点の高い理由順に紹介しています。

三井住友海上に対する専門家のコメント

全体的に満足しています。 
(栃木県、50代女性、簿記1級)

保険料は高めですが、その他は満足 
(沖縄県、50代男性、FP技能士2級)

担当者やカスタマーサービスの事故対応が早くてとても信頼出来た。 補償内容も良かったが、保険料が高いので他社への切り替えを考えている。
(北海道、50代女性、簿記1級)

三井住友海上回答者の継続予定は79%*

継続する58%
継続予定21%
わからない17%
乗り換え予定4%
乗り換える

*継続する・継続予定の合算数値を継続率としています。

参考:三井住友海上-インターネット評判(セレクトラ調べ)

参考:GKクルマの保険-主な補償とサービス

内容基本補償(*自動セット)選べるオプション補償
相手へ賠償対人賠償責任保険
対物賠償責任保険
*対物超過修理費用
自分の補償人身傷害保険
*入院・後遺障害における諸費用特約
自動車事故特約
傷害一時金特約
搭乗者傷害(死亡・後遺障害)特約
車の補償車両保険
車両保険無過失事故特約(車両保険付帯で自動セット)
全損時諸費用特約(車両保険付帯で自動セット)
*ロードサービス
新車特約
車両全損時復旧費用特約
車両超過修理費用特約
レンタカー費用特約
全損時諸費用倍額払特約
地震・噴火・津波「車両全損時定額払」特約
ドライブレコーダー特約
その他の補償*他車運転特約
*臨時代替自動車特約
*無保険車傷害特約
*不正アクセス等による事故の被害者救済費用特約
*心神喪失等による事故の被害者救済費用特約
車内手荷物等特約
ファミリーバイク特約
弁護士費用特約
日常生活賠償特約
自転車賠償特約
自転車・車いす・ベビーカー・シニアカー事故傷害定額払特約

本表は全ての情報を網羅するものではありません。詳細は商品パンフレットや重要事項説明をご確認ください。
出典:三井住友海上公式サイトGK クルマの保険補償概要

🥉3位 あいおいニッセイ同和

三井住友海上と並ぶ3位はあいおいニッセイ同和です。三井住友海上と同じ「MS&ADインシュアランスグループ」です。

特にトヨタグループとパートナー関係にあり、あいおいニッセイ同和が販売している保険の中でも、 特に自動車保険に強みがあります。

あいおいニッセイ同和を選んだ理由

あいおいニッセイ同和回答者加入理由

あいおいニッセイ同和に加入している回答者23名に、あいおいニッセイ同和を選んだ理由として重要な理由を1位から3位までランキングしていただきました。1位の理由を3点、2位を2点、3位を1点として得点の高い理由順に紹介しています。

あいおいニッセイ同和に対する専門家のコメント

契約している代理店窓口の対応が非常に良い。 事故時も代理店へ連絡するが、いつでも迅速かつ適切に対応してくれて、とても助かっている。
(新潟県、40代男性、証券外務員二種/FP2級)

保険料には満足している 補償内容は分かりやすく不安不満無し カスタマーセンターがしっかりしているので不安は無い
(千葉県、40代女性、FP技能士1級/証券アナリスト)

フロントガラスが飛び石により何度か割れてしまったが、保険料の請求が簡単で迅速に対応していただけたので簡単でよかった。
(静岡県、30代女性、証券外務員二種)

あいおいニッセイ同和回答者の継続率は75%*

継続する54%
継続予定21%
わからない21%
乗り換え予定4%
乗り換える

*継続する・継続予定の合算数値を継続率としています。

あいおいニッセイ同和-インターネット評判(セレクトラ調べ))

タフ・クルマの保険-主な補償とサービス

内容基本補償(*自動セット)選べるオプション補償
相手方への賠償

対人賠償
*対人臨時費用特約
*対歩行者等傷害特約

対物賠償
*対物超過修理費用特約

自分の補償人身傷害
*入院・後遺障害時における人身傷害諸費用特約
 
傷害一時金特約
搭乗者傷害(死亡・後遺障害)特約
犯罪被害事故特約
車の補償車両保険
車両保険無過失事故特約(車両保険付帯で自動セット)
全損時諸費用特約(車両保険付帯で自動セット)
*ロードアシスタンスサービス
全損時諸費用倍額払特約
新車特約車両全損時復旧特約
車両超過修理費用特約
地震噴火・津波「車両全損時定額払」特約
「ハートフルリサイクル」
その他の補償*他車運転特約
*臨時代替自動車特約
*被害者救済費用特約
日常生活賠償特約
自転車賠償特約
車内外身の回り品特約
ファミリーバイク特約
弁護士費用特約
ドラレコ型

本表は全ての情報を網羅するものではありません。詳細は商品パンフレットや重要事項説明をご確認ください。
出典:あいおいニッセイ同和公式サイトタフ・クルマの保険商品の特長

番外編:他に比較した保険会社

今回のアンケートでは、加入先の保険会社アンケートに加えて、現在加入している保険会社の他に検討した保険会社があれば3つまで教えてくださいというアンケートで取得しました。

代理店販売型保険会社の加入者は同カテゴリの別保険会社、ネット販売型損保加入者は同じくネット型の別保険会社を挙げている回答者が多い傾向がありました。一方で、どちらの加入者も「ソニー損保」を比較対象として挙げており、ソニー損保の注目の高さがうかがえます。

🥇1位ソニー損保
🥈2位損保ジャパン
🥉3位東京海上日動

まとめ:任意保険の選択基準「保険料が安かった」とは?

いかがでしたでしょうか。マネーのプロ200名へのアンケートでしたが、どの保険会社でも加入の決め手で保険料が安かったからという理由が加入理由の上位に入っていました。

「安い」という感覚は「どの保険会社と比較したのか。」「自分の基準に比べて安かった。」といったように回答者によって基準が違います。 セレクトラ編集部では、近い補償条件で純粋に保険料の比較調査をしており、本当に安い保険会社を確認できる情報も紹介しています。

 \保険料徹底調査 本当に安い保険会社ランキング/

また、代理店販売型損保とネット販売型損保の保険料は条件によっては数万円違うことがあります。セレクトラ編集部が2023年9月18日~25日にかけて実施した「保険会社の乗り換え調査*」では年間保険料が万円単位で安くなっていたのは、代理店販売型損保からネット販売型損保への乗り換えでした。*調査機関|株式会社マクロミル

あいおいニッセイ同和からセゾン自動火災保険 7万円安くなった MP|鳥取県、30代女性、専業主婦

・損保ジャパンからセゾン自動車火災保険 2万円安くなった superfix|千葉県、50代男性、 ソフトウェア・情報サービス業

まずは自分の条件で一括見積もりを取得してみて、保険料や補償など重視するポイントで任意保険(自動車保険)を選んでみてください

自動車保険ランキング記事

自動車保険ランキング

自動車保険徹底比較

セレクトラが独自の総合おすすめランキングを作成。3位はチューリッヒ保険、2位は三井ダイレクト損保/ソニー損保、そして気になる1位は...

おすすめランキング
安くておすすめの自動車保険ランキング

保険料が安いランキング

年代別ダイレクト型保険会社の保険料を年代・車種・等級・免許別に比較しました。安い自動車保険の決定版!

安いランキング