価格.com の自動車保険一括見積もり 最短5分で 最大7社 無料一括見積もり

見積もり取得はこちら

50代向け安くておすすめの自動車保険ランキング

50代向け安くておすすめの自動車保険ランキング
50代向け安くておすすめの自動車保険ランキング

50代の自動車保険は「既存契約の見直し」と「子どもの自動車保険」がポイントです。セレクトラ編集部ではこれらのポイントついてダイレクト型保険会社の保険料を調査し、リーズナブルな保険料順に保険会社のランキングを策定しました。ぜひ参考にしてみてください。

50代の自動車保険と相場

50代は還暦を前にして、今後の仕事や生活について新たなライフプランを考える時期といえます。 自動車保険に関しては、「多忙で満期のたびに同じ保険会社と同じ補償で更新してきた。」 「子どもが大学に入学して近いうちに自動車を使うかもしれない。」など見直しのチャンス到来になります。

保険比較は労力を要しますが、毎年かかる固定費を削減できれば大きな節約になります。 見直しをポジティブにとらえて、様々な保険会社を比較してみることをおすすめします。

50代の自動車保険料ランキング セレクトラ編集部では50代の自動車保険を夫婦で利用、子どもが車に乗り始めたので既存契約に子を追加、子どもに等級を引き継いで一から保険契約3つのパターンに分けて、見積条件を設定し保険料を安い順にランキングしてみました。 安さを求める方はもちろん、相場の確認などの参考にしてみてください。

50代自動車のパターン別:ダイレクト型保険会社の保険料相場
長い間無事故:夫婦限定(年間走行距離5,000km)
55歳20等級 普通車 16,670円

 保険料ランキング

55歳20等級 軽自動車 15,800円

 保険料ランキング

親子で自動車共有:被保険者追加(年間走行距離10,000km)
55歳20等級 普通車 34,190円

 保険料ランキング

55歳20等級
弁護士費用
普通車 36,770円

 保険料ランキング

55歳20等級
ファミリーバイク特約
普通車 50,170円

 保険料ランキング

55歳20等級
弁護士費用
ファミリーバイク
普通車 55,410円

 保険料ランキング

子に等級引継ぎ:7等級スタート(年間走行距離5000km)
51歳7等級 普通車 27,140円

 保険料ランキング

55歳11等級 普通車 23,450円

 保険料ランキング

58歳14等級 普通車 22,460円

 保険料ランキング

経験豊富な50代はダイレクト型保険会社がおすすめ

50代ともなれば20代で免許を取って運転を始めてからおおよそ30年。運転技術そのものや経験値も上がっており、 若いころは何回か事故を起こしたことがある方でも、40代に入ってから事故なしという方が多いかもしれません。

そのため自動車保険はお守り程度ということになっていないでしょうか。 年に一度契約満期が来ても、保険料が大きく変わっていなければよく内容を確認せずに更新をしているかもしれません。

50代は事故リスク低く保険料が割安

統計を見ても50代は全年代の中でも特に事故率が低く、保険会社にとって50代は非常に優良な契約者となります。 事故リスクが低いことが保険料にも反映され、50代は割安な保険料で自動車保険に加入することができます。

55歳無事故の自動車保険料比較:ダイレクト型保険会社

ここで実際の保険料を確認してみたいと思います。50代でずっと無事故のまま20等級となった場合、ダイレクト型保険会社の保険料はいくらになるでしょうか。
すべての保険会社の補償は完全に一致していませんが近しい契約内容の保険料を並べてみました。

見積条件対人対物無制限・人身傷害3000万円・搭乗者傷害1000万円・車両保険なし・ロードサービスありです。

自動特約のセットなどもありますので、単純には保険料を比較できません。しかしこの一覧でわかる通り、50代の無事故で基本補償(車両保険なし)の自動車保険料は各社とも16,000円から17,000円代がボリュームゾーンになっていています。10円単位の違いしかない保険会社もあり、このレンジの保険料が最安値の水準になると考えられます。

是非ご自身の自動車保険料と比較をしてみてください。いままで無事故でありながら、割高な保険料をかけ続けていた場合はまだ保険料を削減できる可能性があるかもしれません。

ダイレクト型保険会社がおすすめの理由

自動車保険は毎年かかる費用で掛け捨てです。いま入っている保険料から3万円でも削減できれば、5年で15万円も節約することが可能です。 しかし保険料を削って補償を削ってしまったら意味がありませんよね。

代理店型保険会社からダイレクト型保険会社に切り替える場合、ほぼ同一の条件で保険料を削減することが期待できます。 ただし手続きなどが代理店等がないため、オンラインなどで契約変更などの手続きは自分で対応することが必要です。

50代ですと手続きや申請などには充分な経験があると思いますし、無事故を継続されてきた方であれば特に不要な補償を削減するなど、 細かく補償をカスタマイズできる「おとなの自動車保険」などはおすすめといえます。

関連記事:
おとなの自動車保険は補償内容を自由に選べる

親・子で最適な自動車保険の設計

50代になると子どもが免許をとり、たまに親の車を運転するというパータンも増えると思います。親の立場としては感慨深いですが、 20代の自動車保険は50代とは真逆でリスクが高く保険料は割高になります。

学生もしくは社会人なりたての子供に高い保険料を負担させるのもかわいそうですので、 50代の高い等級と自動車保険を利用して、子どもの運転リスクを割安にカバーする方法を考える必要があります。

親・子の自動車保険
自動車の使い方 保険の設計
親子で1台を共有 親の契約に子を追加する
 運転者の範囲を広げる
 年齢条件を広げる
 追加補償を検討する
親子それぞれ1台所有 親の等級を引き継ぐ
 車両入替
 記名被保険者を変える
 親が新規で加入する

関連記事:
20代の自動車保険料が高い理由

親子で自動車1台を共有

子どもが頻繁に運転することがなければ、親の自動車保険の条件を広げることで子どもを保険の対象に追加することが可能です。

 運転者の範囲を広げる

運転者の範囲が「本人限定」もしくは「本人・配偶者限定」となっている場合は、既存の契約を同居(もしくは別居の未婚)の家族を運転者に含める条件へ拡大します。

 年齢条件を広げる

運転者のうち一番若い人の生年月日を確認されます。既存の契約で年齢条件を35歳以上にしている場合は、追加した子どもの年齢に合わせて年齢条件を引き下げます。

 補償の追加を検討

例えば「弁護士費用特約」や「ファミリーバイク特約」等の追加を検討します。
万が一子どもが事故を起こしてしまった場合、まだ社会経験の浅い20代の代理人として弁護士が代理人となってくれると安心です。さらに気軽に原付にのって他人を死傷させてしまったとうのリスクをカバーできるファミリーバイク特約も必要になるかもしれません。

親子それぞれ自動車1台

免許取得を機に子どもも自分用に1台自動車を購入する場合は、親の等級を子に引き継ぐという方法があります。

 車両を入れ借る

既存の契約の車両を入れ替えます。親の自動車の契約になっていますので、この車両を子の自動車に変更します。

 記名被保険者を変更する

既存契約の記名被保険者を親の氏名から、子に変更します。同時に生年月日・免許の色などの申告もします。

 新規自動車保険に加入

親の自動車が無保険になるので、親は新規で自動車保険に加入します。等級は子の自動車を1台目、親の自動車を2台目としてセカンドカー割引を使用すれば7等級からスタートできます。
50代の自動車保険料水準は割安ですので、子がゼロの状態から自動車保険に加入するよりも安く自動車保険に加入することができます。

関連記事:
自動車保険の等級を引き継ぐ方法

関連記事:
20等級を引き継いだ20代の保険料ランキング

50代向け安くておすすめ自動車保険ランキング

50代の保険会社選びの参考になるようにセレクトラ編集部では、50代の自動車保険のパターンについてダイレクト型自動車保険で見積もりを取得し、 保険料の安い順に保険会社のランキングを策定しました。

【2022年10月時点】年間保険料ランキング見積り条件
    運転者の情報    
保険始期 2022年11月1日
性別 男性
婚姻状況 既婚
使用目的 通勤・通学
年間走行予定距離 5,000km
⇒子を追加:10,000km
車種 普通車トヨタプリウス(初度登録2017年1月)
軽自動車ホンダNbox(初度登録2017年1月)
⇒子を追加:普通車ヴィッツ(初度登録2017年1月)
    補償内容     
対人・対物賠償 無制限
人身傷害 3000万円
搭乗者傷害 1000万円
車両保険 なし
ロードサービス あり
その他の特約 なし
⇒子を追加:弁護士費用特約・ファミリーバイク特約
    割引内容    
運転者の年齢 30歳~35以上
⇒子を追加:21歳以上
運転者の範囲 本人・配偶者限定
⇒子を追加:本人配偶者とその家族、もしくは限定なし
等級 20等級
⇒子に等級引継:7等級スタート
免許の色 ゴールド
その他の割引 ・新規インターネット割引
・証券未発行割引
⇒子に等級引継:セカンドカー割引
    見積取得先(ダイレクト型保険会社)     
アクサダイレクト・チューリッヒ保険・SBI損保・ソニー損保・楽天損保・セコム損保
イーデザイン損保・セゾン自動車火災保険・三井ダイレクト損保

ランキングの保険料は参考に ランキングの見積もり条件は参考です。各自の契約状況によって保険料は変わりますので、自分の条件に沿った見積をかならず取得するようにしましょう。

 一括でかんたんに自動車保険見積もり powered by 価格.com[PR]

長い間無事故で20等級:走行距離5000km

長い間無事故で20等級に達した自動車保険契約について、普通自動車と軽自動車の場合それぞれについて保険料を調査しました。
50歳でも58歳でも保険料に大きな違いはないため、年齢は55歳を基準にしています。運転対象は本人と配偶者のみです。車両保険は付帯していません。

【55歳20等級】普通車で安い自動車保険ランキング

ダイレクト型保険会社相場:約16,670円

順位 保険会社 年間保険料
  SBI損保
 評判をチェック
13,230円
  三井ダイレクト
 評判をチェック
14,880円
  セコム損保
 評判をチェック
16,120円

運転範囲:本人・配偶者 年齢:55歳 等級:20 免許:ゴールド 普通車:プリウス(車両保険なし)

【55歳20等級】軽自動車で安い自動車保険ランキング

ダイレクト型保険会社相場:約15,800円

順位 保険会社 年間保険料
  SBI損保
 評判をチェック
12,620円
  三井ダイレクト
 評判をチェック
13,780円
  セコム損保
 評判をチェック
14,890円

運転範囲:本人・配偶者 年齢:55歳 等級:20 免許:ゴールド 軽自動車:Nbox(車両保険なし)

親子で自動車1台共有:走行距離10,000km

親子で自動車を共有することになった場合です。子はたまにしか運転せず、記名費保険者は親のままで子どもを追加した場合の保険料を調査しました。
運転対象は「本人・配偶者と同居の親族、別居の未婚の子」です。保険会社によっては運転者限定に「家族」の選択肢がなく「運転者限定なし」としています。自動車は子も使いやすいコンパクトカーのヴィッツで、車両保険は付帯していません。

【55歳20等級】親子で安い自動車保険ランキング

ダイレクト型保険会社相場:約34,190円

順位 保険会社 年間保険料
  アクサダイレクト
 評判をチェック
26,330円
SBI損保
 評判をチェック
26,720円
  三井ダイレクト
 評判をチェック
26,880円
イーデザイン損保
 評判をチェック
26,945円
  セゾン自動車火災保険
 評判をチェック
31,560円

運転範囲:別居未婚の子・限定なし 年齢:55歳 等級:20 免許:ゴールド 普通自動車:ヴィッツ(車両保険なし)

【55歳20等級+弁護士費用】親子で安い自動車保険ランキング

弁護士費用は「自動車事故」に起因した事故に対する弁護となります。アクサダイレクトは「自動車」に加えて「日常生活」に発生した事故に起因して特約を使用することが可能です。
ダイレクト型保険会社相場:約36,770円

順位 保険会社 年間保険料
  アクサダイレクト
 評判をチェック
29,440円
  三井ダイレクト
 評判をチェック
31,140円
  イーデザイン損保
 評判をチェック
31,777円

運転範囲:別居未婚の子・限定なし 年齢:55歳 等級:20 免許:ゴールド 普通自動車:ヴィッツ(車両保険なし)

関連記事:
弁護士費用特約とは

【55歳20等級+ファミリーバイク】親子で安い自動車保険ランキング

ファミリーバイク特約は「自損型」と「人身型」があり、「人身型」で保険料を確認しました。アクサダイレクトは「自損型」のみの販売となるためこちらのランキング対象外としています。
ダイレクト型保険会社相場:約50,130円

順位 保険会社 年間保険料
  三井ダイレクト
 評判をチェック
40,940円
  SBI 損保
 評判をチェック
47,470円
  イーデザイン損保
 評判をチェック
49,441円

運転範囲:別居未婚の子・限定なし 年齢:55歳 等級:20 免許:ゴールド 普通自動車:ヴィッツ(車両保険なし)

関連記事:
ファミリーバイク特約とは

【55歳20等級+弁護士+バイク】親子で安い自動車保険ランキング

ダイレクト型保険会社相場:約55,410円

順位 保険会社 年間保険料
  三井ダイレクト
 評判をチェック
45,200円
  イーデザイン損保
 評判をチェック
52,273円
  セコム損保
 評判をチェック
53,220円

運転範囲:別居未婚の子・限定なし 年齢:55歳 等級:20 免許:ゴールド 普通自動車:ヴィッツ(車両保険なし)

親子それぞれ自動車1台:走行距離5,000km

親子でそれぞれ自動車を所有することになった場合です。子に親の高い等級を引継ぐことで、親の自動車は無保険となりますので新規加入が必要です。
親の自動車を家族で2台目のセカンドカーとみなし、割引を適用し7等級からスタートした場合の保険料ランキングを策定しました。運転者の範囲は本人・配偶者限定、年齢条件は30歳もしくは35歳以上です。

【51歳7等級】新規加入で安い自動車保険ランキング

ダイレクト型保険会社相場:約27,140円

順位 保険会社 年間保険料
  SBI損保
 評判をチェック
22,850円
  アクサダイレクト
 評判をチェック
23,740円
  チューリッヒ保険
 評判をチェック
25,340円

運転範囲:本人・配偶者 年齢:51歳 等級:7 免許:ゴールド 普通自動車:プリウス(車両保険なし)

【55歳11等級】普通車で安い自動車保険ランキング

ダイレクト型保険会社相場:約23,450円

順位 保険会社 年間保険料
  SBI損保
 評判をチェック
18,440円
  アクサダイレクト
 評判をチェック
22,660円
  チューリッヒ保険
 評判をチェック
22,820円

運転範囲:本人・配偶者 年齢:55歳 等級:11 免許:ゴールド 普通自動車:プリウス(車両保険なし)

【58歳14等級】普通車で安い自動車保険ランキング

ダイレクト型保険会社相場:約22,460円

順位 保険会社 年間保険料
  SBI損保
 評判をチェック
17,750円
  チューリッヒ保険
 評判をチェック
21,030円
  アクサダイレクト
 評判をチェック
22,040円

運転範囲:本人・配偶者 年齢:58歳 等級:14 免許:ゴールド 普通自動車:プリウス(車両保険なし)

あなたの自動車保険料は?おすすめ一括見積もり

いかがでしたでしょうか。これらのランキングで50代の様々なパターンでどのような自動車保険会社が安い保険料を提示しているか傾向がつかめたと思います。

今回9種類の見積もり条件から各ランキングを出しましたが見積もりの条件は人それぞれです。 是非あなたの自動車保険の条件で見積をとってみてください。

 一括でかんたんに自動車保険見積もり powered by 価格.com[PR]

関連記事:
自動車保険の見積もりの取り方

50代の自動車保険よくある質問

50代の自動車保険に関するよくある質問をまとめました。

よくある質問一覧
質問1:50代の自動車保険で車両保険を外しました。年間保険料が30,000円なのですが高いでしょうか?
回答1

自動車保険は「等級」や「補償条件」によって保険料が変わりますので、質問の情報だけでは判断できません。
ただし参考情報として、基本補償・車両保険なしの場合の年間保険料相場(ダイレクト型保険会社)については下記の記事を参考にしてください。

▷50代の自動車保険料相場は?

質問2:50代女性です。来月から自動車を20代の娘と共有するのですが、自動車保険料は高くなりますか。
回答2

現在の自動車保険契約に「35歳以上の年齢条件」、「本人限定の運転者範囲」などを設定している場合は高くなります。 20代の方が契約に加わることで、これらの割引条件を外すことが要因となり保険料が上がります。

保険料の上がり方は見積条件によって変わりますが、下記2つのランキングも参考してみてください。

▷55歳20等級で運転者を「35歳以上限定」「本人・配偶者限定」の場合の保険料

▷55歳20等級で被保険者に21歳を加えた場合の保険料

更新日