自動車保険の一括見積もり取得 最短3分で 最大20社 の見積もりを取得

見積もり取得はこちら

30代向け安くておすすめの自動車保険ランキング

30代向け安くておすすめの自動車保険ランキング
30代向け安くておすすめの自動車保険ランキング

30代はライフスタイルもさまざまで支出も増える時期です。この記事では30代が賢く安く自動車保険を選ぶコツを紹介し、ライフスタイル別保険料重視のランキングを策定しました。

30代の自動車保険選び

30代は一般的に仕事にも慣れて経済基盤も安定してきて、収入が増える時期といえます。 その一方で収入とともに出費も増える時期ですし、将来の貯蓄や投資についても真剣に考え始める方も多いと思います。 そんな中で固定費である自動車保険料はなるべく安く抑えたいところです。

30代のカーライフに合わせた自動車保険料ランキング セレクトラ編集部では30代のカーライフ別に保険会社の自動車保険料を調べ安い順にランキング形式でまとめました。

30代はどんな時期?ファミリー?独身・夫婦?

30代といっても多様なライフスタイルがありますが、その動向を確認するために人口統計を調べてみたところ、 30代の半数以上で結婚や出産のライフイベントが発生しています。

【2020年】各年代人口における有配偶者の割合
年齢 25歳 30歳 35歳 40歳 45歳
男性 14.2% 43.3% 59.1% 65.9% 67.3%
女性 21.1% 54.0% 67.9% 72.5% 72.3%

(引用)総務省「国勢調査」より男女共同参画局作成資料

結婚については有配偶者割合つまり結婚している人の割合は30歳男性で43.3%、女性で54.0%となりますので、 約半分の30代が結婚していることとなりますし、裏を返せば独身も半分ということですね。

【2020年】出産時の母親の平均年齢
第一子 第二子 第三子
30.7歳 32.8歳 33.9歳

(引用)令和4年版 少子化社会対策白書

また、2021年の第1子出産平均年齢は30.9歳、第二子32.7歳となりますので、30代になって初めて子供を持つ家庭が多いといえます。 子供の誕生は家計や生活に大きな変化がやってきますので、これまで以上に家計への意識が強くなる時期です。

30代は車に乗る機会が増える?

このようにライフスタイルが多様化する30代ですが、総じて自動車に乗る機会は増えている方が多いかもしれません。
「平成 27 年度全国都市交通特性調査結果」によりますと、地方都市圏の代表交通手段利用率では平日は58%、休日は72%が自動車を利用しているという調査結果となっています。

家族がいればレジャーや送り迎え、帰省に子供を連れて移動しやすい自動車をよく使うようになるでしょう。
独身・夫婦でも趣味を楽しんだり、旅行へ行ったりとダブルインカムなどで収入が増えただけ 行動範囲も広がり自動車に乗る機会も多くなると考えられます。

30代以降も支出は増える

総務省 2019年全国家計構造調査 家計収支に関する結果

世帯統計によると上記の図のとおり、1か月平均消費支出は1世帯当たり30歳未満が168,552円,30歳代が222,432円,40歳代 が254,475円と50歳代まで年代が上がるごとに増え続けていきます。支出の増加度合でみると30歳未満から30歳代への増加率が最も高く、さらに50歳代の283,725円までに支出が増え続けますので、将来を見据えて固定費である保険料はなるべく抑えておきたいところです。

安い保険料選びにはやはり価格を抑えた保険料を提供できる保険会社を選ぶことが最大のポイントになります。

30代の自動車保険料は高い?安い?

  • 30代の自動車保険料は20代に比べたら安い。
  • 20代に比べて事故率が低い
  • 無事故であれば高い等級・ゴールド免許を持っている

30代は20代に比べて事故率が低い

統計上で事故を起こしやすい年代である20代に比べて30代は事故率が低くなります。 そのため保険会社でも年齢条件を適用して30代のみが運転する場合は割引が発生します。 割引となる年齢条件は「30歳以上」、「35歳以上」と保険会社によって違いがあるのですが、 30代以降はほぼすべての保険会社で年齢条件の割引を適用することができます。

無事故であれば高い等級・ゴールド免許を持っている

20代の自動車保険加入を6等級からスタートして、無事故で30代を迎えた場合は10等級以上の割引率の高い等級を持っている方も出てくる世代です。 無事故の場合14等級から保険料の割引率は50%を超えますので、高い等級で自動車保険に加入できることは大きなメリットになります。

またゴールド免許の所有率も20代に比べたら高くなりますので、 ゴールド免許割引で自動車保険料が安くなるメリットを受けることができます。

30代が賢く自動車保険料を抑える方法

  • スマートに自動車保険料を抑えるには
  • 安くて便利な保険会社を選ぶ
  • 補償内容を最低限に、プラス補償はリーズナブルな保険会社から選ぶ

安くて便利な保険会社を選ぶ

 自動車保険は「ダイレクト型保険会社」から選ぶ。

ダイレクト型保険会社をお勧めする理由は保険料が代理店型保険会社に比べて安い点はもちろんですが、 その他にも忙しい30代にはメリットがあります。

ダイレクト保険会社の料金以外のメリットオンラインで申し込める
時間を気にしないでオンライン問い合わせ
書類や面談などが最小限

忙しい30代にとってネットで申込を完結できるサービスはもはや当たり前です。 また契約の問い合わせをするにしても営業時間を気にしたり、 子供が昼寝をしている貴重な時間に電話をするのはストレスですよね。 その点、子育てに一息ついた深夜や、通勤途中などに時間を気にせず保険会社とやり取りできるダイレクト型保険会社は魅力的です。

プラス補償は基本補償の見積もり後

30代の自動車保険は自分だけの最低限補償だけではなく、それぞれのライフスタイルに合った補償が求められます。 例えば大事な新車・愛車に対しての補償や、家族に対しての手当ても厚くしたいなど、カバーしたいリスクは自動車保険の特約で補償することをおすすめします。

  • 最低限の基本補償でとにかく安い自動車保険
  • ライフスタイルに合った補償で安い自動車保険

 まずは基本補償で「一括見積」リーズナブルな保険会社をチェック
ダイレクト型保険会社でも9社ほどはありますので、 まずは自分の条件かつ基本補償で一括見積もりを取ってみてください。基本的な補償で安い保険料を提供できる保険会社を 3、4社に絞ることをおすすめします。
この記事では基本補償で保険料のランキングを策定していますのでぜひ参考にしてみてください。

 チェックした保険会社で必要なプラス補償を見積もり
保険料が安い保険会社に絞って「弁護士費用」、「車両保険」、「新車特約」など自分に必要なプラスアルファの補償を追加してみましょう。 その際に保険料・補償内容を比較すると効率的です。
さらに保険会社の組織や事故対応なども確認して最終的に決定することで、料金も補償面も納得の自動車保険契約とすることができます。

30代自動車保険会社保険料ランキング

まずはリーズナブルな保険会社をマークできるように、 どのような保険会社が基本補償で安い保険料を提供しているのかざっと確認してみましょう。 セレクトラ編集部ではライフスタイル別に「年齢」「等級」「車種」「走行距離」を分けて調べてみました。

【2022年9月時点】年間保険料ランキング見積り条件
    運転者の情報    
保険始期 2022年10月1日
性別 男性
世帯 家族 独身・夫婦
年間走行予定距離 13,000km 8,000km
車種 トヨタアルファード(初度登録2021年1月) 軽自動車ホンダNbox(初度登録2021年1月)
使用目的 通勤・通学
運転者範囲 本人限定(保険会社によっては本人・配偶者限定)
    補償内容     
対人・対物賠償 無制限
人身傷害 3000万円
搭乗者傷害 1000万円
車両保険 なし
ロードサービス あり
その他の特約 自動セットの特約以外なし
    割引内容    
運転者の年齢 30歳、35歳以上割引
※保険会社によって割引区分異なる。
運転者の範囲 本人・配偶者限定
等級 【初めての自動車保険】
31歳6等級-35歳10等級-38歳13等級
【20代から無事故】
31歳14等級-35歳18等級-38歳20等級
免許の色 【初めての自動車保険】
31歳35歳ブルー・38歳ゴールド
【20代から無事故】
ゴールド
その他の割引 ・新規インターネット割引
・証券未発行割引 ・新車割引
・子育て割引(アクサダイレクト)
・新車割引
    見積取得先(ダイレクト型保険会社)     
アクサダイレクト・チューリッヒ保険(スーパー自動車保険)・SBI損保・ソニー損保・楽天損保・セコム損保
イーデザイン損保・セゾン自動車火災保険・三井ダイレクト損保

ランキングの保険料は参考に ランキングの見積もり条件は参考です。各自の契約状況によって保険料は変わりますので、自分の条件に沿った見積をかならず取得するようにしましょう。

自分に合った条件で安い自動車保険会社を探す

家族編:30代に安くておすすめの自動車保険ランキング

家族編:ランキングの契約者イメージ 世帯:30歳で第一子。33歳で第二子誕生。
自動車ファミリーカー/2台ベビーシート設置した上に、実家の両親も同乗できる新車に近い中古車。
用途:普段は通勤・送り迎え・帰省・買い物・レジャーで頻繁利用。
年間走行距離13,000km

【31歳6等級:家族】はじめての加入で安い自動車保険会社ランキング

ダイレクト型保険会社相場:約51,000円

順位 保険会社 年間保険料
  チューリッヒ
 評判をチェック
38,630円
  アクサダイレクト
 評判をチェック
41,540円
  イーデザイン損保
 評判をチェック
45,762円

年齢:31歳 等級:6 免許:ブルー 車種:普通乗用車

【35歳10等級:家族】ブルー10等級で安い自動車保険会社ランキング

ダイレクト型保険会社相場:約36,000円

順位 保険会社 年間保険料
  セコム損保
 評判をチェック
28,660円
  アクサダイレクト
 評判をチェック
30,690円
  SBI損保
 評判をチェック
32,470円

年齢:35歳 等級:10 免許:ブルー 車種:普通乗用車

【38歳13等級:家族】ゴールド13等級で安い保険会社ランキング

ダイレクト型保険会社相場:約27,000円

順位 保険会社 年間保険料
  セコム損保
 評判をチェック
22,020円
  アクサダイレクト
 評判をチェック
23,100円
  SBI損保
 評判をチェック
23,710円

年齢:38歳  等級:13 免許:ゴールド 車種:普通乗用車

【31歳14等級:家族】20代から無事故継続で安い自動車保険会社ランキング"

ダイレクト型保険会社相場:約26,000円

順位 保険会社 年間保険料
  セコム損保
 評判をチェック
23,000円
  SBI損保
 評判をチェック
23,250円
  アクサダイレクト
 評判をチェック
23,540円

年齢:31歳 等級:14 免許:ゴールド 車種:普通乗用車

【35歳18等級:家族】高い等級で安い自動車保険会社ランキング

ダイレクト型保険会社相場:約24,000円

順位 保険会社 年間保険料
  セコム損保
 評判をチェック
19,590円
  SBI損保
 評判をチェック
21,450円
  アクサダイレクト
 評判をチェック
22,140円

年齢:35歳 等級:18 免許:ゴールド 車種:普通乗用車

【38歳20等級:家族】最大等級で安い自動車保険会社ランキング

ダイレクト型保険会社相場:約19,000円

順位 保険会社 年間保険料
  セコム損保
 評判をチェック
14,870円
  SBI損保
 評判をチェック
16,940円
  セゾン自動車火災保険
 評判をチェック
17,440円

年齢:38歳 等級:20 免許:ゴールド 車種:普通乗用車

独身・夫婦編:30代に安くておすすめの自動車保険ランキング

独身・夫婦編:ランキングの契約者イメージ 世帯:独身→夫婦。
自動車軽自動車/パートナーとダブルインカムで仕事の他にも趣味ライフを楽しむ。車に強いこだわりはなく維持費を抑えたい。2021年1月登録の中古車。
用途:妻の通勤・買い物・遠出レジャー。
年間走行距離8,000km

【31歳6等級:独身】はじめての加入で安い自動車保険会社ランキング

ダイレクト型保険会社相場:約43,000円

順位 保険会社 年間保険料
  チューリッヒ保険
 評判をチェック
30,410円
  アクサダイレクト
 評判をチェック
31,110円
  ソニー損保
 評判をチェック
41,300円

年齢:31歳 等級:6 免許:ブルー 車種:軽自動車

【35歳10等級:独身】ブルー10等級で安い自動車保険会社ランキング

ダイレクト型保険会社相場:約28,000円

順位 保険会社 年間保険料
  チューリッヒ保険
 評判をチェック
25,030円
  アクサダイレクト
 評判をチェック
25,160円
  セゾン自動車火災保険
 評判をチェック
26,540円

年齢:35歳 等級:10 免許:ブルー 車種:軽自動車

【38歳13等級:独身】ゴールド13等級で安い保険会社ランキング

ダイレクト型保険会社相場:約22,000円

順位 保険会社 年間保険料
  アクサダイレクト
 評判をチェック
19,070円
  チューリッヒ保険
 評判をチェック
19,810円
  SBI損保
 評判をチェック
19,970円

年齢:38歳 等級:13 免許:ゴールド 車種:軽自動車

【31歳14等級:独身】20代から無事故継続で安い自動車保険会社ランキング"

ダイレクト型保険会社相場:約22,000円

順位 保険会社 年間保険料
  アクサダイレクト
 評判をチェック
19,390円
  チューリッヒ保険
 評判をチェック
19,420円
  SBI損保
 評判をチェック
19,590円

年齢:31歳  等級:14 免許:ゴールド 車種:軽自動車

【35歳18等級:独身】高い等級で安い自動車保険会社ランキング

ダイレクト型保険会社相場:約20,000円

順位 保険会社 年間保険料
  チューリッヒ保険
 評判をチェック
17,460円
  SBI損保
 評判をチェック
18,070円
  セゾン自動車火災保険
 評判をチェック
18,500円

年齢:35歳  等級:18 免許:ゴールド 車種:軽自動車

【38歳20等級:独身】最大等級で安い自動車保険会社ランキング

ダイレクト型保険会社相場:約16,000円

順位 保険会社 年間保険料
  SBI損保
 評判をチェック
14,280円
  セゾン自動車火災保険
 評判をチェック
14,400円
  セコム損保
 評判をチェック
14,420円

年齢:38歳  等級:20 免許:ゴールド 車種:軽自動車

あなたの自動車保険料は?おすすめ一括見積

ランキングから30代の基本的な条件で、安い保険料を提供する自動車保険会社の傾向がつかめたと思います。しかし、このランキングではあなたの等級・年齢・割引条件など全く同じものはないと思いますので、 自分の条件に合った保険会社を探してみましょう。

一括見積は「インズウェブの一括見積」がおすすめです。見積もりフォームから、無料で見積もりを取得して自分にあった安い保険契約を見つけてください。

▷自動車保険一括見積もり(インズウェブ)

30代が安い自動車保険会社(よくある質問)

30代の自動車保険に関するよくある質問をまとめました。

よくある質問一覧
質問1:30代の任意保険で一番安い保険会社はどこ?
回答1

契約者の条件によって異なります。セレクトラがおすすめする保険料が安くなる項目を参考に、一括見積で自分の条件で見積もりを取ってみましょう。

▷自動車保険を一括見積

質問2:30代の自動車保険の保険料相場はいくら?
回答2

年齢・等級の条件によって変わりますので一概に言えませんが、軽自動車で年間走行距離8000kmのランキングの年間保険料相場を下記にまとめました。

31歳6等級
年間48,000円(月々4,000円)

35歳10等級
年間28,000円(月々2,400円)

38歳13等級
年間22,000円(月々1,900円)

2022年9月時点の見積もりです。月間相場は年間一括払い保険料から3%上乗せして12ヵ月で割った保険料としています。見積もりの前提条件はこちらの記事をご確認ください。

更新日