自動車保険の一括見積もり取得 最短3分で 最大20社 の見積もりを取得

見積もり取得はこちら

自動車保険の見積もりの取り方

自動車保険の見積もりの取り方
自動車保険の見積もりの取り方

自分にピッタリの自動車保険を見つけるためには数社の見積もりを比較検討したいところ。この記事では「効率よく」「お得」に自動車保険の見積もりを取る方法についてステップ毎にまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

自動車保険の見積もりのとり方

自動車を購入した。家族が免許を持った。自動車保険の契約が満期を迎えるなど自動車保険の見積もりをとるきっかけは様々です。 しかし見積もりの取り方やポイントには抑えておきたい共通点があります。

この記事ではより効率よくお得に見積もりを取る方法について、下記の時系列でポイントを説明していきます。

1.どこで自動車保険の見積もりを入手する?

自動車保険の保険料を知りたい。見積もりを取りたい。と思った場合、 あなたはどこから見積もりを取得しますか? ネットで「自動車保険 見積もり」と検索してみると、 個別の「保険会社」が出てきたり、保険会社ではなさそうだけど一括で見積もりを取ってくれる 「一括見積もりサイト」だったり様々です。

ここではいくつかある見積もり提供先の特徴をまとめました。自動車保険の見積もりを取る場合にどのような方法があるのか整理してみましょう。

見積もり入手はこの3か所

私たちの普段の生活で個人が自動車保険の見積もりをとる場合、大きく次の3つの方法に分類できます。

自動車保険の見積もりを取ろうと思ったら・・・
見積取得先 一括見積サイト 保険会社の見積サイト 保険会社代理店
取得方法 インターネット インターネット
(電話)
窓口
(メール・電話)
メリット 一回の見積もり情報入力で
複数の見積もりが取れる
手軽に早く
詳細な見積もりを確認できる
相談して見積もり
提案してもらえる

一括見積もりサイトから

運営
価格.com・インズウェブなど、インターネットにて自動車保険の記事やお役立ち情報を発信している会社

見積のながれ

  1. 「一括見積ボタン」ボタンをクリック
  2. 見積取得に必要な情報を入力して送信
  3. すぐに見積可能な保険会社の自動車保険料が提示される。
    もしくは後日保険会社から直接保険料見積がメールで届く。

メリット・デメリット
複数の保険会社の自動車保険をまとめて取れることが最大のメリットです。一方で保険会社ごとに違う条件(車両保険の免責金額や、独自補償など) 初回の見積もりで細かい条件を設定しにくいことがデメリットといえます。

 メリット

 デメリット

・一回の情報入力で複数社の見積もりが取得できる。
・保険料相場がつかみやすい。
・プレゼントがもらえる可能性ある。
・初回見積もりで細かい条件を設定しにくい。
・保険料をすぐに確認できない保険会社もある。

保険会社見積もりサイトから

運営
保険会社(代理店型・ダイレクト型)

見積のながれ

  1. 各保険会社のホームページより、「見積もり」をクリック
  2. 会社毎に見積もり取得に必要な情報を入力して送信
  3. ■ダイレクト型保険会社 → 保険料算出 → 申し込み
    ■代理店型保険会社→ 保険料算出 → 代理店経由申込

メリット・デメリット
初回の見積もりで正確な保険料をすぐに確認できることがメリットです。 一方で保険会社数社の見積もりを確認する場合は、それぞれの保険会社で見積もりを取得しなければならないため非効率といえます。

 メリット

 デメリット

・すぐに正確な保険料が確認できる。
・見積もりから申込にすぐ移行できる。
・紹介キャンペーンなどがある。
・保険料相場がわかりにくい
・一社ごとに見積情報を入力する手間がある。

保険会社代理店見積もりから

運営
自動車販売店、自動車修理工場、保険カウンター、保険会社の窓口など「保険代理店」の資格を持つ会社

見積のながれ

  1. 自動車保険に対する希望を代理店に伝える
  2. 口頭・電話・メールなどで代理店と見積に必要な情報を確認
  3. 代理店おすすめの自動車保険見積が提示される

メリット・デメリット
車両金額の交渉・5等級以下・保険満期日がすでに過ぎているなど特別な要望がある場合、補償や契約、保険会社について代理店のアドバイスがもらえる点がメリットです。 代理店が取り扱っている保険会社の商品見積もりしか確認できない点は不便です。

 メリット

 デメリット

・特別な事情の相談ができる。
・補償に関して保険プロのアドバイスがもらえる。
・代理店型保険会社で代理店が取り扱っている保険会社のみの見積もりしか確認できない
・自分のペースで見積出来ない。担当者とやりとりする必要がある。

注意:インターネットで見積もりができないケース

複数の保険会社から見積もりが取れる一括見積はとても便利ですが、 下記に該当する場合は見積もりを取ることができません。 ここに挙げている条件以外にもネットでは見積できないケースがありますので、特殊事情のある方は注意してください。

状況 一括見積サイト 保険会社見積サイト
3か月以上先の契約 ×
申込は3か月先まで
本日・翌日開始契約 ×
開始時刻に条件あり
満期日を超えている × ×
1ナンバー ×
電話で引受確認
前の契約を解除されている × ×
現契約の事故回数が2回以上 × ×
中断証明で新規契約 ×
条件あり
契約期間中の解約 ×
セカンドカー ×
違法改造車 任意保険はかけられません

保険会社個別サイト・代理店・電話などで引受の確認が必要になります。

イレギュラー事項に当てはまらない場合は、一括見積もり・保険会社見積もり・代理店見積もりなどから自分のスタイルで見積もりを取ることができます。

効率よくお得に見積もりするには?

見積もりの取得先を確認したところで、次にどこからどのように見積を取るのが効率的でお得なのか考えてみたいと思います。
自動車保険は100人いれば100通りの条件がありますが、見積もりの取り方はほぼ同じです。なるべく時間をかけずしかもお得に取得できると嬉しいですよね。

効率的に:おすすめ見積もり取得先

見積結果の比較でも必要になりますが、自動車保険で何を優先するかを明確にすると効率的に見積を取ることができます。 見積もりは1カ所からしか取らなければいけないということはありません。見積もり入手先を組み合わせて比較することもできます。

一括見積もりサイトがおすすめな人

 自分の条件で一番安い保険会社が知りたい。

 自分の条件の保険料相場が知りたい。

 何度も見積もり入力したくない。

保険会社見積もりサイトがおすすめな人

 欲しい補償が決まっている。

 特定保険会社の紹介特典を使いたい。

 ロードサービスを外したいなど、細かい補償設定をしたい。

代理店見積もりがおすすめな人

 自動車保険がよくわからない。

 車両保険の保険金額を交渉したい。

 インターネットでは見積出来ない特殊な事情がある。

組み合わせがおすすめな人

 安い保険会社で、細かい補償設定をしたい。(一括見積もり→保険会社見積もり)

 保険会社は決まっているが相場も確認したい(保険会社見積もり→一括見積)

お得に:プレゼントキャンペーン情報

見積もりをとることでお得なプレゼントキャンペーンが実施されている場合があります。そこで最近の口コミをまとめてみました。お得に見積をとるためには欠かせない情報ですのでぜひチェックしてみてください。

 見積もりや申込でアイスやお米がもらえる!?という口コミ

自動車保険見積もりしました🥺
🌸保険の窓口インズウェブ
👉ハーゲンダッツ2個
https://insweb.co.jp/fr?uk=tcayAllfEZkN7E5

🌸保険スクエアbang!
👉 モスバーガーorケンチキ
https://bang.co.jp/mobile/smt/promo/landing05/index05.html?ID=abcaw00054&argument=CTsewkHS&dmai=abcaw00054&tk=DEkPkr&adid=180

🌸楽天自動車保険
👉ハーゲンダッツ2個orサーティーワンレギュラーシングルorコシヒカリ750g
https://insurance.rakuten.co.jp

— ちりつもん@投資×ポイ活×節約 2022年5月11日

無料の自動車保険一括見積もりでハーゲンダッツ2個を全員にプレゼント!初めての一括見積もりの利用で平均3万円も保険料を節約!1000万人が利用している自動車保険一括見積もりです。
https://insweb.co.jp/fr?uk=3LQKkQMqpChH69G

29日満期の保険を「おとなの自動車保険」に乗換🚙

補償厚くしても1.3万お得になった🎊

— つみたてNISAとiDeCoで老後資金確保(願望)@km6OtDUzDq8ckau 2022年9月19日

【節約】
最近自動車を買い替えました🚗
その時に自動車保険を継続せず、違う会社にすることにしました。

すでに保険会社は決めていたけれど、プレゼント目当てで自動車保険一括見積もり‼️

そのプレゼントのお米が届きました🎁

是非皆さんも一括見積もり&プレゼント貰える会社で個々に見積もりを😊

[email protected]@yuu_yuu_192022年9月17日

お得情報の応募条件はしっかり確認を お得なプレゼントがもらえるのは「申込契約」が条件になっているキャンペーンもあります。見積もりだけでは手に入らないこともありますので、 プレゼントの前提条件はしっかりチェックしましょう。

2.見積もりで確認される4つの情報

見積もり先がどこであっても、自動車保険料の算出基準として確認する情報は基本的に同じです。 見積取得の前にどんなことが聞かれるか、なぜ確認されるのかざっくり情報を整理しておきましょう。

 契約情報

保険会社は何をチェックしている?
 「等級」「事故歴」です。この二つは保険料算出基準でとても大事な要素です。
すでに自動車保険に加入している場合は、前の保険会社から自動車保険等級の引き継ぎをする必要がありますので、スムーズな移行ができるように保険会社も必ず確認されます。

見積もり確認事項 ポイント
満期日 / 始期日 前の契約がある場合は全契約の満期日。
新規の場合は車に乗り始める納車日をとなります。
契約年数 ネット申込の場合は1年契約です。
現契約の保険会社 等級引継ぎのために確認しています
ノンフリート等級 現時点の等級が確認されます。
・無事故であれば1等級上がって見積もりが算出されます。
※ノンフリートとは個人契約で使われる等級です。
事故有係数適用期間 現在時点の事故有係数適用期間を1-6年から選びます。
・満期案内に事故有係数適用期間が記載されている場合があります。
・わからない場合は0年として「概算」で見積もられます。申込時には必ず確認されます
事故有無 前契約で事故で保険を使用した場合が「有り」です。
・保険未使用の事故は「事故なし」
・ロードサービス使用は「事故なし」
・等級ノーカウントの補償は「事故なし」

 自動車情報

保険会社は何をチェックしている?
 契約する「車種のリスク」です。自動車保険料の算出には型式別料率クラスというものが使用されており、 型番でその車の両立がある程度決まっているのです。
この料率は1年ごとに見直されますし、新車が出ればかならず料率が設定されます。

見積もり確認事項 ポイント
型式 型式は車検証などに記載があります。
メーカー・車名 型式がわからない場合はメーカー・車名から推測します。
初度登録年月 車の経過年数を保険料に加味します。
車両保険金額の算出データになります。
ナンバー 不明でも見積もりできますが、一部確認されることがあります。
・ナンバ‐種類
・運輸局
保険申込にはナンバ-情報必須です。
自動ブレーキ 設置されている場合は安全とみなされ割引が適用されます。
家族(配偶者・同居家族)で
すでに自動車保険に加入している車はあるか?
セカンドカー割引の確認です。
1台目の車が11等級以上であり、もう1台の車が一定の条件を満たす場合
通常6等級から始まる等級を7等級から契約することができます。

 運転情報

保険会社は何をチェックしている?
 契約の車を「誰が・どのくらい運転をするのか」。 特に「年齢」は過去の事故データから年齢よる事故率が明確になっているため重要な情報です。

ポイント整理:自動車保険の登場人物 【契約者】自動車保険契約の主体。保険料を支払う人。
【記名被保険者】契約の車を主に運転する人。等級・免許の色を確認される。
【被保険者】記名被保険者以外に同じ車を運転する人。
【車両所有者】車の名義人。

見積もり確認事項 ポイント
主な運転者 記名被保険者の確認です。
契約する車を一番運転する人です。
契約者からみた主な運転者の続柄 記名被保険者は契約者の家族である必要があります。
主な運転者の生年月日 年齢に応じた保険料率が適用されます
免許の色 ゴールド免許には割引があります。
免許取得日 見積もりでは確認されない場合が多いです。
運転する人の範囲 契約の車を運転する人。つまり被保険者を決めます。
本人のみ・配偶者・家族から選ぶことができます。
運転する最も若い方の年齢 被保険者の中で一番リスクが高い年少者
年齢を保険料に加味します。
車両の所有者 自動車検査証などの所有者欄に記載されている方。
車両保険の保険請求・受取人になります
用途 日常・通勤・業務など自動車を使う頻度を確認します。
過去1年間の走行距離 予定ではありません。過去の走行距離です。
今後1年間の予定走行距離 走行距離距離の目安は見積もり時に説明があります。
※「予定」「過去」のどちらを確認するか会社によって違います。

 補償情報

保険会社は何をチェックしている?
 「契約者がどのような補償をいくらの保険金額までカバーしてほしいのか」意向を確認しています。 それぞれの補償には保険が使われる頻度に応じて料率がありますので、契約内容に応じて最終見積もりを出します。

事故 補償名称 内容 保険金額例
相手の死傷 対人賠償責任保険 事故相手を死亡・ケガさせた場合の賠償 無制限
相手の物損 対物賠償責任保険 事故相手の車など財物を壊した場合の賠償 無制限
自分・同乗者の死傷 人身傷害補償保険 自分や同乗者の入院治療費補償 3000万円や5000万円など
搭乗者傷害保険 あらかじめ定められた金額の補償 1000万円など
車の損害 車両保険 契約の車が損害や盗難にあった場合の補償。
補償範囲は「一般」か「エコノミー」から選択
保険会社提示の「車両保険金額」と「免責金額」から選択
プラスアルファの補償 ロードサービス 自動車の故障応急処置 通常無料で付帯
一部の保険会社は選択制
特約 弁護士費用特約・新価特約・ファミリーバイク特約など 各自の必要に応じて選択

わかりにくい人身傷害と搭乗者傷害について 人身傷害は「治療にかかった費用」が過失割合に関係なく支払われます。搭乗者傷害は支払い事項に該当すれば「定められた金額」が支払われるのため、事故に遭ったらすぐに一定額もらえるというメリットがあります。

3.見積結果の比較方法

見積もりを取得するとわかると思いますが、各社の見積もりのフォーマットはバラバラです。さらに保険会社によっては希望せずとも自動で付いてくる特約などもあって、必ずしも同じ条件で保険料比較ができず頭が痛くなってしまいます。

ここでは「自動車保険の価値」について確認し、「何を基準に比較」をしたらよいのか整理してみます。

「良い」自動車保険とは?

「良い」自動車保険、つまり自動車保険の価値は人によって基準が違うので一言では表せません。しかし次に挙げる3つの要素について、自分が何を重視するか考えるとその人にとって「良い」自動車保険が明確になります。

  • 「良い」自動車保険の3要素
  • 保険料
  • 事故・トラブル対応などのサービス
  • プラスアルファの補償

これらの3要素について、一要素だけを重視する方やバランスよく平均以上を求める方などいらっしゃるかもしれません。 すべてを100%満たす保険会社が見つかればよいのですが、それはなかなか叶いません。見積もりの結果を眺めながら、この3要素を自分がどのようなバランスで重視するかを考えて 最適な保険契約を見つけてみましょう。

保険料で比較

数字で確認できますので一番比較がしやすい要素はとにかく「保険料」です。 保険料の安さで比較する場合は基本補償の「保険金額」はそろっているか「補償範囲」は同じか等の「補償条件」をきちんとチェックしてみてください。
ただし、すべての保険会社を全く同じ補償にそろえることは難しいです。基本補償以外は近しい補償で有れば良しとして、基本補償(対人賠償・対物賠償・人身傷害・車両保険)に注意してみてください。

たとえば、車両保険については補償条件が一つ違うだけで保険料は大きく変わりますので、安さだけで飛びつかずに冷静に確認してみてください。

基本補償(車両保険なし)の保険料ランキング記事

 補償内容を揃えた保険料ランキング【20代】

 補償内容を揃えた保険料ランキング【30代】

事故対応などのサービスで比較

事故対応については契約してみないとわからないことも多く、客観的には保険会社の事故拠点ネットワークや組織の大きさなどで判断できます。 一方で主観的には契約者の口コミや評判などで総合的に確認することができます。

各保険会社の評判・ランキング一覧記事

 各社の口コミや評判のまとめ

 満足度や拠点数のランキング

評判チェックここに注意 支払うべき保険金を支払わない。つまり払い渋りなどの保険契約に違反するような場合は金融庁などが厳しく取り締まっています。 個人の意見をどこまで信頼するのかは参考程度にしましょう。 一方で、ロードサービス対応や事務手続きのやりやすさ等、契約者の実体験は参考になると思います。

プラスアルファの補償で比較

保険商品には金融庁の審査があり、基本補償についてはどの保険会社も同じ条件です。ですので、比べる場合は特約やサービスなどで魅力的なものがあるかということになります。

たとえば、ドライブレコーダーがつけられる。事故現場にアルソックが駆けつける。ロードサービスのレッカーけん引距離が長いなど、魅力的なものがあれば保険契約の決定要因になります。

無料でALSOKが駆けつけるダイレクト保険会社

 セゾン自動車火災保険:おとなの自動車保険

 楽天損保:ドライブアシスト

よくある質問:自動車保険の見積もりについて

よくある質問

車検証がなくても見積もりできる?

見積もりには不要です。申込には登録番号など必要になるので探しておきましょう。
■見積もりに必要な情報
型式・仕様
初度登録年月

■申し込みに必要な情報
積算走行距離計(オドメータ)の値
登録番号
車台番号
車両所有者名

告知事項を間違えた?

見積もりの段階で気づいた場合は正しく修正して再見積もりしましょう。
契約後に気づいた場合や、状況が変わった場合は保険会社に連絡しましょう。内容によっては追加保険料が発生することもあります。
たとえば予定走行距離を10000kmオーバーするなど、虚偽申告とされた場合は保険契約違反になります。保険金の支払いを断られる可能性がありますので、 間違いのないように申告しましょう。

納車日間近!即日見積もり申込はできない?

保険会社見積もりサイトからそのまま申込をしましょう。本日中の契約の場合は注意点がありますので、各社の条件は必ず確認してください。
もしくはカーディーラー、車検修理工場等の保険代理店に確認してみましょう。

一括見積もりサイトの見積もり内容でどうやって申し込んだらいい?

保険会社によって詳細は違いますが、保険会社の見積もりに「ID」や「パスワード」があります。
申し込みたい保険会社のサイトにこれらの情報を使ってアクセスし、手続きを進めてください。

スマホでも見積もり申込できるの?

ダイレクト型保険会社であれば、スマホで各種手続き可能です。
特殊事情がある場合は電話等が必要になります。

まとめ:効率よくお得に見積もりを取るとり方

 「一括見積もりサイト」「保険会社見積サイト」「代理店」のメリット・デメリットを見て特徴をつかむ。
  お得情報が気になる方は、「保険会社」や「一括見積もりサイト」のキャンペーン情報をチェック。
  見積もりで聞かれることは基本的に同じ。
  保険の価値を決める3要素(保険料・サービス・補償)の何を重視するか明確に。
  自分にピッタリの自動車保険を選択。

更新日