test

インターネットプラン、どれを選ぶ?

納得、満足のインターネットプランを見つけましょう。

相談フォームを利用

簡単な質問にお答えください。担当者より連絡させていただきます。(フォーム記入所要時間約5分)

無線LAN・Wi-Fiってなに?

無線LAN・Wi-Fiってなに?

無線LAN・Wi-Fiってなに?

無線LAN・Wi-Fiって、なんのこと?無線LANとWi-Fiはどう違う?今さら聞けないインターネットの常識、無線LAN・Wi-Fiについて説明します!

  • 無線LANは、ケーブルの代わりに電波でパソコンやスマホなど端末同士をつなげ、インターネットに接続します!
  • Wi-Fiは、無線LANの国際標準規格をクリアしている製品という証です!

無線LAN・Wi-Fiってなに?

無線LAN・Wi-Fiってなに?

これがLANケーブル。パソコンにカチっと差して使いますね。無線LANになると”無線”だからケーブルはいらない!つまりワイヤレス。

パソコンやタブレットなどの端末へケーブルをつながずにインターネットを利用したことがある人なら、一度は使ったことがあるはずの無線LAN・Wi-Fi

LAN(ラン)とはLocal Area Network(ローカル・エリア・ネットワーク)の頭文字を並べたもので、建物内など限られた範囲で、パソコンなど複数の端末を相互に情報通信ができるように構築したネットワーク(通信網)のことです。

かつてはネットワーク内の端末同士をLANケーブルでつなぐ有線LANが一般的でしたが、現在ではケーブルを使う必要のない無線LANがごく一般的になっています。

しかし、あらためて無線LANの仕組み、無線LANとWi-Fiの違いなどについて、はっきり説明することができる人はいるでしょうか?

今さらちょっと聞きにくい、インターネットの利用に欠かせない無線LAN・Wi-Fiについて、わかりやすくイチからご説明しましょう!

無線LANはケーブルの代わりに電波でつながる

現在、無線LANが大活躍しているのは、なんといってもやはりインターネットへの接続方法です。

家庭でパソコン、タブレット、ゲーム機など複数の端末からインターネットを利用するには、インターネット回線の先にモデム、そしてルーターを設置する必要があります。

有線LANでインターネットに接続するには、ルーターとそれぞれの端末をLANケーブルでつながなくてはいけませんが、無線LANが登場したおかげで、ケーブルの煩わしさを感じずに、家の中のいろいろな場所で自由にインターネットが利用できるようになりました。

無線LANは、ケーブルの代わりに電波によって端末同士をつないでおり、インターネットであれば「親機」である無線LANルーターが送った電波を、パソコンやタブレットなどに内蔵されている無線LANの「子機」がそれぞれ受信して接続する、という仕組みになっています。

Wi-Fiは無線LAN標準規格クリアの認定証

無線LAN・Wi-Fiってなに?

Wi-Fiというのは無線の規格の種類。その機器が使用する無線の種類がWi-Fiならば、このような認証マークがついているはず。

しかし、ケーブルを使わないインターネットの接続方法なら、無線LANの他にWi-Fi(ワイファイ)というのもよく耳にしませんか? 果たして無線LANとWi-Fiは、どう違うのでしょうか?

Wi-Fiは、じつは無線LANの認定規格の一つです。つまり、無線LANという大きなくくりの中に、Wi-Fiが存在しているということです。

1990年代前半に無線LANが登場した当時には規格というものが存在しておらず、異なるメーカーの親機と子機の間では無線LANがつながりにくいなど不具合が多く発生していました。そのため、せっかくの便利な無線LANもなかなか浸透していかなかったのです。

そこで、各国のメーカーによって無線LANを普及するための団体Wi-Fi Alliance(1999年の設立当初はWECA:Wireless Ethernet Compatibility Alliance)が創立され、無線LANに接続する国際標準規格を「IEEE802.11(アイ・トリプル・イー802.11)」と定めることに。

そしてこの国際標準規格で無線LANに接続できるかどうかテストを行い、クリアした製品に対してWi-Fiというブランド名をつけることを許可。その結果、Wi-Fi認証の付いた製品同士を選べば無線LANでつながることが簡単にできるようになり、急速に無線LANが普及していきました。

現在では、パソコン、スマホ、ゲーム機などほとんどの無線LAN製品がWi-Fi認証を受けているので、無線LANWi-Fiという表現もほぼ間違いではないでしょう。

ちなみに、Wi-FiはWireless Fidelityの省略で、日本語では「高品質な無線通信が可能」というニュアンスです。

光回線で無線LAN・Wi-Fiを利用してインターネット

無線LAN・Wi-Fiってなに?

モデム、もしくはONCに無線LANルーターをつなげれば、Wi-Fiでインターネットを楽しむことができます。

それでは、実際に家庭で無線LAN・Wi-Fiでインターネットを利用するには、どんな手続きが必要なのでしょうか?

まず、現在ますます利用者が増え続けているインターネット回線・光回線で無線LAN・Wi-Fiを利用するなら、前述の通り、家庭内に無線LAN・Wi-Fiルーターを設置する必要があります。

つまり、光回線または光回線とプロバイダーが合体した光コラボを契約しただけでは、まだ家庭で無線LAN・Wi-Fiを使うことはできないのです!

光回線で無線LAN・Wi-Fiを利用してインターネットに接続するためには、アナログ回線のモデムに代わり、光回線の光信号をデジタル信号へ相互変換する役割を果たすONC(Optical Network Unit=光ネットワークユニット)にさらに無線LAN・Wi-Fiルーターをつなげる、または無線LAN・Wi-Fiカードを挿入してOCNにルーターを一体化する、ホームゲートウェイのようなONCとルーターが一体化したものを設置することが必要です。

無線LAN・Wi-Fiルーター/カード、ホームゲートウェイを用意する方法としては、別途購入する、契約先からレンタルする、契約先から提供される、などがあります。

無線LAN・Wi-Fiの製品内容、価格、レンタル費用などはそれぞれの光回線・光コラボ業者によって異なるので、よく比較検討しておトクな方法を選びましょう!

無線回線で無線LAN・Wi-Fiを利用してインターネット

でも、光回線の契約には初期工事が必要でお金も時間もかかる、もっと手軽に自宅で無線LAN・Wi-Fiを利用してインターネットすることはできないのでしょうか?

そんな無線LAN・Wi-Fiを探している人には、WiMAX(ワイマックス)SoftBank Airのような、無線回線のインターネットがおすすめです。

無線回線ということは、つまりケーブルのないインターネット回線ですが、契約後、WiMAXは専用ルーターを購入、SoftBank Airは専用ルーターを購入またはレンタルして設置するだけで、すぐにインターネットと端末が無線LAN・Wi-Fiでつながることができるようになります!

インターネット通信における安定性では有線である光回線に劣るところがありますが、無線回線ならではの手続きのシンプルさはかなり魅力的ですよね。

また、WiMAXはルーターを自宅から持ち出すと外出先でも無線LAN・Wi-Fiを利用してインターネットに接続が可能になります。

どんな風に無線LAN・Wi-Fiを利用したいか、それぞれの目的に合わせてインターネット回線を選んでくださいね!

更新日