test

インターネットプラン、どれを選ぶ?

納得、満足のインターネットプランを見つけましょう。

引越し先でも同じインターネット契約を続けられるの?

引越し先でも同じインターネット契約を続けられるの?

引越し先でも同じインターネット契約を続けられるの?

引っ越しが決まった。さて、新居でのインターネット契約はどうしよう?引っ越し先でも現在インターネット契約は可能?どのようにすればよいのでしょうか。

光回線 - 引っ越し先でも同じインターネット契約が継続できるのか

引っ越しが決まった。ところで今使用しているインターネットの契約を継続することは可能なのでしょうか?

継続可能かどうかは、契約しているインターネットプロバイダーもしくは光回線事業者(NTT東日本NTT西日本)に確認する必要があります。

フレッツ光を契約している方は、NTT東日本エリアからNTT西日本エリア、逆にNTT西日本からNTT東日本へと管轄エリアが変わる場合は継続の契約はできません。いったん解約をする必要があります。

ちなみにお引っ越し先でも同じ契約が継続できる場合、「移転」扱いとなり、「移転」の申し込みを行います。

引越し先で光回線の契約を継続する(移転)場合

ネット契約の継続といえども、光回線を使用する場所が変われば、どうしても新たに光回線のケーブルを引く工事が必要になります。

引越し先で、すでに光ケーブルの導入が済んでいる場合は、工事費は3,000円程度で済みますが、一からまた光回線ケーブルを引くとなると再度工事費を負担する必要があります。

  1. 引越し先でも同じインターネット契約が可能か確認。(引っ越し先の住所が分かっていれば、電話やwebですぐに確認ができます。)
  2. 契約しているプロバイダーのご自身のアカウント(マイページ)で登録情報の変更を行います。
  3. 機器返却・撤去工事の連絡・手続き
  4. 引越し先での回線工事の連絡・手続き

引越し先で光回線の契約を継続する(移転)場合の注意点

光回線の契約は、継続をする場合でも、お引越し先で移転工事費がかかったり、場合によってはまた光回線の工事費がかかるという点を上記で触れました。

お引越し先でもインターネット契約を継続する場合に理解しておきたいチェックポイントをご紹介します。

借りている機器は返却を忘れずに
引越し先でも同じインターネット契約を続けられるの?

お引越し先にすでに光コンセントがあれば、立ち合いが必要な工事はしなくていい可能性大!ただし、退去の時の処理は大家さんとの契約次第です。

引越し先で契約を継続する場合でも、仮に他のプロバイダーにする場合でも、モデムや無線ルーターを返却する必要があります。

これらの機器は借り物のため返却義務があります。捨ててしまったり返し忘れると、機器の料金を支払わなくてはいけなくなります。決して忘れないようにご注意くださいね。

賃貸の場合は、撤去工事が必要かも

賃貸マンション・アパートの場合、借りていたお部屋の「原状回復」は大抵条件になっていますよね。

光回線のコンセントも退去時に撤去しなくてはならないか否かを、大家さんもしくは管理会社に確認する必要があります。

もしも、元に戻さないといけないとなれば「撤去工事」をしてもらわなくてはなりません。

ADSL - 引っ越し先でも同じ契約は継続できるのか

ADSLの契約の場合、お引越し先で契約を継続することは可能です。

ただし、ADSLは電話回線を使用したインターネット回線である都合上、お引越し先で電話回線があることが必要になります。電話回線がなくてもADSLの契約は可能ですが、月額料金が高くなり、ADSLならではの料金の安さというメリットを生かせないかもしれません。

加えて、ADSLの場合は、ご自宅がNTT収容局から遠いと、通信速度が遅くなるという特徴があり、お引越し先の立地に回線品質が左右される点も覚えておきましょう。

ADSLから光回線からの乗り換えキャンペーンや光回線の新規契約キャッシュバックキャンペーンなどを活用して、光回線にしてみるか、スピードではもはやADSLに劣らないモバイル回線WiMAXなどもお引越しの機会に検討してもよいかもしれません。

無線回線 - 引っ越し先でも同じ契約は継続できるのか

ソフトバンクの提供するSoftBank AirUQコミニュケーションズのWiMAX(ワイマックス)は無線回線の代表格ですが、該当の無線の強いエリア、弱いエリアがあるものの、ほぼ場所を問わず使用ができるのが大きなセールスポイントでもあります。

実際、引越しが多い人などから選ばれているのがSoftBank AirやWiMAX(ワイマックス)でもあります。

これのプランですと工事も不要ですから、お引越し後に契約を継続しても、光回線のように工事費などがかかることはあります。

オンライン上の自分のアカウントにて住所を更新すればあとはOKです。

継続可能な限り継続しなければ「解約金」がかかる

ちなみに、お引越し先でも同じインターネットの契約が可能である限り継続をしないと解約金がかかる可能性があります。

「可能性がある」というのは、すべて契約しているプラン・プロバイダーの適用している解約条件によるためです。

解約金や解約条件のない光回線プランを選んで契約していた方は、解約金がそもそもありませんので、引越しが理由であろうがそれ以外の理由でも解約に伴い解約金・違約金が発生することはありません。

ただし、「解約月/更新月」に解約をしない限り解約金がかかるタイプの契約(例:2年自動更新プラン)などの場合は、お引越しで解約する場合でも、更新月でない限り解約金の支払い義務があります。

もちろん、光回線の解約条件と解約金は今契約されているプランによりますので、契約書やマイページにログインして確認しましょう。

参考までに、光回線の解約に伴う違約金は、高いと11,000円ぐらいかかります。フレッツ光の回線が、戸建て向けサービスの場合9,500円、集合住宅向けサービスの場合1,500円が違約金の額となっています。

引越しでインターネット契約を解約したいなら

解約で違約金を払わないで済む方法

光回線の解約の違約金の存在について触れましたが、現在契約しているインターネットプランが「自動更新プラン」であれば、「更新月(もしくは解約月)」に解約をすれば、解約金はかかりません

ただしチャンスは2年自動更新を契約している方なら、2年に1回(1か月間)、3年自動更新なら3年に1回(1か月間)です。いつが更新月なのかは、ご自分のオンラインのアカウント(マイページ)でも調べられますし、電話などで問い合わせても確認することができます。

自動更新に関しては、インターネット契約 -「自動更新」とは?のページでも詳しく解説しています。

工事がいらない無線回線は場所を選ばない

引越し先でも同じインターネット契約を続けられるの?

WiMAXなら工事も不要。家でも外出先でもインターネットができる。引っ越しという場所の移動に左右されない強み!

光回線もADSLも固定回線です。このような固定回線の場合は、インターネットができる場所が線の繋げらているところに限定されてしまいます。

一方、速度も速く、場所を選ばずインターネットができるため、モバイル回線WiMAX(ワイマックス)SoftBank Air(ソフトバンク提供)などが近年、特に移動が多い方、単身世帯にとても人気です。

数年後の引っ越しの可能性のある方で、同じ契約が継続できるのか?また継続の手間などが気にかかるような方はこのような無線タイプのインターネットを検討してみると良いでしょう。工事が不要なことも魅力です。

更新日