ご注意:燃料価格の高騰に伴う「燃料費調整額」の増額について 長期化する燃料価格の高騰によって、各電力会社の「燃料費調整額」も高くなっています。ご契約を検討する際には、電力会社の公式サイトにて「燃料費調整額」をご確認ください。
 燃料費調整額について詳しく見る

電話で電気・ガス切替相談

【広告】北海道電力:新規申し込み・解約・お客様番号などでお困りですか?

0120-120-176 または


・北海道電力および北海道電力エリアの新電力会社への新規申し込み・解約の手続き・ご相談を承っています。
▷営業時間・ご利用方法について確認する


セレクトラのらくらく窓口(北海道電力のパートナー企業ではありません) 広告

【広告】北海道電力のお手続きでお困りなら

0120-120-176 または
  • 北海道電力エリアの電気の新規申し込み・解約手続きを承ります。
  • 北海道電力のお客様番号についてのお問い合わせもサポート。
  • 北海道電力エリア:電力会社切り替えのご相談・ご質問もお気軽にどうぞ。


営業時間・ご利用方法についてはこちら


セレクトラのらくらく窓口(北海道電力のパートナー企業ではありません) 広告

電話で電気・ガス切替相談

【広告】北海道電力エリアの電気・都市ガスの申し込み


セレクトラのらくらく窓口では電気・ガス切り替え、新規お申し込みを承っています。
お申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。最適な料金プランをご案内、お申し込みまで電話1本で完了します。

【広告】北海道電力エリアの電気・ガスの申し込み


セレクトラのらくらく窓口では電気・ガスの切り替え・新規お申し込みを承っています。
お申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。最適な料金プランをご案内、お申し込みまで電話1本で完了します。

北海道電力の電気料金:従量電灯プランB・C

北海道電力の電気料金:従量電灯プランB・C
北海道電力の電気料金:従量電灯プランB・C

北海道電力の電気料金プラン・従量電灯Bに関して解説をしています。電気料金表に加え従量電灯プランがどのような料金プランなのかこちらで確認することができます。

  • 従量電灯プランB・Cは北海道電力の最もスタンダードな料金プラン。多くの人が契約をしています。
  • 知っていましたか?北海道では必ずしも北海道電力を選ぶ必要はもうありません。他の電力会社と北海道電力の料金も比較してみます。

北海道電力・従量電灯はどんなプラン、誰が申し込む?

北海道電力を使用しているほとんどが契約しているのが従量電灯プラン

 

従量電灯は、北海道電力の電気を使用している人ならば、最も多くの人が申し込んでいるごくスタンダードな電気料金プランです。「申し込む?そんな電気料金申し込んだかな?」と思った方もいるでしょう。

北海道電力の電気の使用開始手続きをした際に、料金プランを選んだ記憶がなくてもそれは普通です。特に自分で料金を選ばない限り、ほぼ自動的に適用されるプランがこの従量電灯プランなのです。それくらい、ごく一般的な料金プランとご理解ください。

ちなみに、従量電灯プラン以外にもちろん電気料金プランは存在します。例えば、農業用の動力機器の使用が必要な方向けの農事用電力、他には、オール電化のご家庭向けの料金プランがあります。

しかしながら、冒頭でご紹介の通り、一般家庭や小規模な商店やオフィスなどでは、北海道電力・従量電灯プランを申し込むのが普通です。

本当に我が家の電気料金プランは従量電灯なのかどうかを確認をしたいならば、北海道電力から届けられる「検針票」もしくは「請求書」などを見れば必ず記載がありますのでそちらをチェックしてみましょう。

北海道電力・従量電灯プランってどんな料金なの?

従量電灯プランは一般的な料金プランという点はご理解いただけたかと思いますが、実際どんな電気料金なのか確認してみましょう。北海道電力の従量電灯プランは、「基本料金」と「電力量料金」の2つの柱でできています。

「基本料金」は固定の料金で、いったん必要なアンペア容量(どれだけの電流を流してもらうか)を選んだら料金は毎月固定になっています。一方、「電力量料金」は電気の使用量によって変わります。その月の使用量(kWh)に北海道電力の定める1kWhあたりの料金単価をかけて計算します。

詳しい情報は、北海道電力・電気料金の計算方法のページでも確認することができます。(電気料金には、これ以外にも「燃料費調整額」と「再生エネルギー発電促進賦課金」がかかります。)

電気とガスの使用量や請求額をお知らせください。今より安くなる電気料金プラン・ガス料金プランをお探しします!  電話で相談する(0120-120-176)
らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

北海道電力の従量電灯は規制料金 - 規制料金とは?

新しい電力会社は自由料金で電気料金を設定

2016年の電力自由化以降は、大手電力会社の地域独占という特権はなくなりました。つまり、管轄エリアの制限を受けずに誰でも電気の販売をすることができるようになったのです。加えて、電気料金自体も自由に設定することが可能となりました。

分りやすく言えば、営業効率をあげ、人件費は抑えて、電気料金を北海道電力よりも安く提供しようと思えば、そのように電気料金を設定することも可能となったわけです。自由料金ですから、北海道電力よりも高い料金を設定することも当然可能ですが、そんなことをしても誰も申し込みをしません。当然、北海道に登場した新電力は当然、北海道電力よりも魅力的な電気料金を提供しています。

一方、北海道電力の電気料金(従量電灯プラン)は規制料金となっています。以下に詳しく説明をします。

規制料金とは?

果たして、北海道電力の従量電灯プランの場合は、電気料金はどのように決定されているのでしょうか?実は、従量電灯プランは、国(経産省)のチェックを必要とする「規制料金」となっています。より具体的に説明すると、北海道電力が、「総括原価方式」という計算方法に従って料金を設定し、経産省に提出をして許可をもらうという流れを必ず経た、料金であり、つまり自由料金ではないのです。

「総括原価方式」では、発電所の設備費や人件費も含めた”原価”に事前に”報酬”を載せた金額が電気料金となります。「総括原価方式」の使用が義務ですので、原価が上がってしまった場合、仮に報酬を下げてでも料金を安くするということを北海道電力が望んでもできないのです。原価が上がれば電気料金も自動的にあがるのがこのしくみなのです。このため、コスト削減のインセンティブが働きにくいという短所を指摘されることもがあります。

しかしながら、北海道電力の従量電灯プランは、ご紹介した通り、規制料金であるために、北海道電力が不当に高い電気料金を設定するということを防ぐ役割を果たしています。

Qː北海道に住んでいますが、北海道電力の電気を申し込まなくてもいいのですか?

はい。電力自由化以降、大手電力会社の地域独占はなくなりました。北海道でも新しい電力会社がたくさん電気の販売をしていますから、料金を比較し選ぶことが可能です。スマホの契約を変えるように電力会社も自由に変更が可能です。電力会社の場合手続きはもっと簡単です。


 北海道で選べる電気料金プランを探す
Expert's name

北海道電力 - 従量電灯B・Cの電気料金表

さて、ここでは実際に北海道電力の従量電灯の料金表をみてみます。従量電灯プランにはBとCがありますが、電気の使用量が一定より大きい契約者向けのプランが従量電灯Cを選び、一般的な家庭であれば、世帯人数が多くても従量電灯Bを申しこみます。

従量電灯B

一度に必要となる電流が60A(アンペア)以下の一般家庭や商店や事務所向けのプランです。アンペア容量は自分で選びます。電力量料金は、使用量に合わせて3段階になっています。

北海道電力 - 従量電灯B(税込み)
基本料金
アンペア
容量
10A 341.00円
15A 511.50円
20A 682.00円
30A 1023.00円
40A 1364.00円
50A 1705.00円
60A 2046.00円
電力量料金(1kWhあたりの値段)

電力消費量(kWh)

0 - 120kWh 23.97円
120 - 280kWh 30.26円
280kWh以上 33.98円

従量電灯C

容量が6kVA(キロボルトアンペア)以上必要となる電気の使用量が多い契約者向けのプランです。

北海道電力-従量電灯C-基本料金(税込)
基本料金
1kVAあたり 341.00円
電力量料金(1kWhあたりの値段)

電力消費量(kWh)

0 - 120kWh 23.97円
120 - 280kWh 30.26円
280kWh以上 33.98円

北海道電力と新電力どちらを選ぶべきか?

北海道電力の従量電灯B・Cの電気料金プラン
北海道電力の従量電灯より安い電気料金を探してみませんか?

北海道電力の従量電灯と新電力とではどちらの電気料金を選ぶべきでしょうか?答えは簡単です。電気そのものは電力会社を変えても同じですから、電気料金を安くしたい方は新電力を選ぶべきです。別に電気料金は気にならない、このまま北海道電力でも構わないという人はそのまま北海道電力の契約を続ければ良いでしょう。

どのくらい安くなるのか調べてから他の電力会社にしてみたいという方は、まず電気料金のシュミレーションを活用してみることをおすすめします。毎月の電気の使用量(kWh)を入力すればだいたいどれだけ安くなるのか分かります。また、以下にも料金表を比較してどれくらい料金の差があるのか見てみましょう。

今より安い電気料金プラン・ガス料金プランをお探しなら、セレクトラまでご相談ください。  電話で相談する(0120-120-176)
らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

北海道電力と新電力の電気料金を比較

北海道電力・従量電灯B」と北海道で選ぶことのできる電力会社を2社をピックアップして実際にどのくらい料金に差があるのか比較してみます。

北海道電力・従量電灯Bとの料金比較
基本料金
契約アンペア数 北海道電力
従量電灯B
北海道電力
エネワンでんき
エネワンスタンダード
エネワンでんき
オクトパスエナジー
グリーンオクトパス
オクトパスエナジー
10A 341.00円 提供なし 341.00円
15A 511.50円 511.50円
20A 682.00円 640.80円 682.00円
30A 1023.00円 961.20円 1023.00円
40A 1364.00円 1281.60円 1364.00円
50A 1705.00円 1602.00円 1705.00円
60A 2046.00円 1922.40円 2046.00円
電力量料金
電力使用量 北海道電力
従量電灯B
エネワンでんき
エネワンスタンダード
オクトパスエナジー
グリーンオクトパス
20A 30A-60A
120kWhまで 23.97円 23.25円 22.53円 23.06円
120kWh超えて280kWhまで 30.26円 29.35円 28.44円 28.30円
280kWh超える 33.98円 32.96円 31.94円 30.70円

どちらの電力会社も、北海道電力の従量電灯よりも電気料金が割安になります。

エネワンでんき 公式サイト
オクトパスエナジー 公式サイト

北海道の新電力一覧

北海道で選べる電力会社について、それぞれの特徴を一覧にしてまとめました。

*リスト中の比較は北海道電力従量電灯Bプランと比べたもの。燃料費調整額再エネ賦課金は除く

北海道で選べる新電力一覧
電力会社 特徴
オクトパスエナジー
 公式サイト

オクトパスエナジーのおすすめ度
     

  • 実質再エネ100%の電気を供給
  • 実質再エネ100%なのに電力量料金が北海道電力*より安い
  • 東京ガスの系列企業だから安心して利用できる

再エネ 一般家庭

 電話で詳細を確認(0120-164-006)
 
いちたかガスワン
 公式サイト

エネワン(いちたかガスワン)のおすすめ度
    

  • 基本料金・電力量料金どちらも北海道電力*より安い
  • 都市ガスや灯油とセットにすると、電気料金プランの割引率が上がる

再エネ 都市ガス 一般家庭

 
enひかり電気
 詳細を見る

enひかり電気

  • 格安光回線インターネット「enひかり」とセットで契約可能
  • 基本料金は全国どこでも390円
  • 電力量料金が一律で、電気使用量が多いほどお得
  • 燃料費調整額なし!燃料費高騰にも左右されない安心感

一般家庭

 
東京電力エナジーパートナー

東京電力エナジーパートナー

  • 申し込み完了から最短2営業日で利用開始
    (土日祝日は除く。関東エリアは除く)
  • 北海道電力*より電気代が2%〜3%お得
  • 大手電力会社だから電気も安定供給、安心して利用可能

一般家庭

 電話で申し込む
(0120-418-068)

 
NEXTでんき
 電話で申し込む
(0120-197-019)

NEXTでんき

※2022年5月から適用開始された燃料費調整額の上限額撤廃および追加調整の導入により、NEXTでんきの燃料費調整額が大きく高騰する可能性があります。ご注意ください。

  • 正午までに申し込めば引越し当日でも電気・ガスが利用可能
    ※ただし地域や利用状況によっては不可
  • 北海道電力*と比べて基本料金が10%安い

13時までの電話申し込みで【当日開通】OK!

 
ONEでんき
 詳細を見る

ONEでんき

※2022年5月から適用開始された燃料費調整額の上限額撤廃および追加調整の導入により、ONEでんきの燃料費調整額が大きく高騰する可能性があります。ご注意ください。

  • 基本料金0円、電力量料金が一律のシンプルなプラン
  • 電気使用量が多い家庭向け

基本料金ゼロ円 一般家庭

マークの説明
基本料金がゼロ円の料金プランがある新電力契約アンペア数が大きいと、節約できる電気代が大きくなります。
月300kWhなど決められた電気使用量の電力量料金が定額になるプランがある新電力。定額の電気使用量を超えると、大きく電気代を節約できます。
再生可能エネルギーを利用した電気を利用できる新電力
オール電化向けの、深夜料金が安くなるプランがある新電力。対応している新電力はあまり多くありません。
北海道ガスエリアで都市ガスの販売も行なっている新電力。多くの新電力会社で電気とガスをセットにすることで、割引特典がつきます。
一般家庭向けの料金プランに対応した新電力
マンションや店舗などの、エレベーターや業務用空調機などに利用される動力プランがある新電力

▲リストに戻る

北海道で選べる新電力一覧
オクトパスエナジー  公式サイト
オクトパスエナジー

オクトパスエナジーのおすすめ度
     

  • 実質再エネ100%の電気を供給
  • 実質再エネ100%なのに電力量料金が北海道電力*より安い
  • 東京ガスの系列企業だから安心して利用できる

再エネ 一般家庭

 公式サイト
電話で詳細を確認  0120-164-006
 
いちたかガスワン

エネワン(いちたかガスワン)のおすすめ度 
   

  • 基本料金・電力量料金どちらも北海道電力*より安い
  • 都市ガスや灯油とセットにすると、電気料金プランの割引率が上がる

再エネ 一般家庭

 公式サイト
 
enひかり電気

enひかり電気

  • 格安光回線インターネット「enひかり」とセットで契約可能
  • 基本料金は全国どこでも390円
  • 電力量料金が一律で、電気使用量が多いほどお得
  • 燃料費調整額なし!燃料費高騰にも左右されない安心感

一般家庭

 詳細を見る
 
東京電力エナジーパートナー

東京電力エナジーパートナー

  • 申し込み完了から最短2営業日で利用開始
    (土日祝日は除く。関東エリアは除く)
  • 北海道電力*より電気代が2%〜3%お得
  • 大手電力会社だから電気も安定供給、安心して利用可能

一般家庭

申し込み専用電話番号  0120-418-068
 
NEXTでんき

NEXTでんき

※2022年5月から適用開始された燃料費調整額の上限額撤廃および追加調整の導入により、NEXTでんきの燃料費調整額が大きく高騰する可能性があります。ご注意ください。

  • 正午までに申し込めば引越し当日でも電気・ガスが利用可能
    ※ただし地域や利用状況によっては不可
  • 北海道電力*と比べて基本料金が10%安い

13時までの電話申し込みで【当日開通】OK!

申し込み専用電話番号  0120-197-019
 
ONEでんき

ONEでんき

※2022年5月から適用開始された燃料費調整額の上限額撤廃および追加調整の導入により、ONEでんきの燃料費調整額が大きく高騰する可能性があります。ご注意ください。

  • 基本料金0円、電力量料金が一律のシンプルなプラン
  • 電気使用量が多い家庭向け

基本料金ゼロ円 一般家庭

 詳しく見る
マークの説明

基本料金がゼロ円の料金プランがある新電力契約アンペア数が大きいと、節約できる電気代が大きくなります。

▲リストに戻る

月300kWhなど決められた電気使用量の電力量料金が定額になるプランがある新電力。定額の電気使用量を超えると、大きく電気代を節約できます。

▲リストに戻る

再生可能エネルギーを利用した電気を利用できる新電力

▲リストに戻る

オール電化向けの、深夜料金が安くなるプランがある新電力。対応している新電力はあまり多くありません。

▲リストに戻る

一般家庭向けの料金プランに対応した新電力

▲リストに戻る

マンションや店舗などの、エレベーターや業務用空調機などに利用される動力プランがある新電力

▲リストに戻る

更新日