電気料金・ガス料金の比較

電話で電気・ガスの切替相談

只今のお時間は弊社コールセンターの営業時間外となります。営業時間内に改めてお電話いただくか、無料の電気ガス料金比較ツールをご利用ください。

電話で電気・ガスの切替相談

只今のお時間は弊社コールセンターの営業時間外となります。営業時間内に改めてお電話いただくか、無料の電気ガス料金比較ツールをご利用ください。

四国電力より安い電気料金は?- 四国エリア・電気料金比較

四国電力より安い電気料金
四国電力より安い電気料金は?- 四国エリア・電気料金比較

四国での電気契約は四国電力だけでなく、他の電力会社も選べるようになったのはご存知の通り。そこで、新しい電力会社と四国電力の電気料金を比較し、四国電力よりも安い電気料金を探してみました。電気料金を安くしたい方は参考にしてください。

  • 四国電力の従量電灯プランを基準に新電力と料金を比較してみました。
  • 四国電力の電気料金が四国で1番安い電気料金ではありません。

四国電力以外の電力会社も選べます

2016年の電力自由化以降、四国電力以外の電力会社も選べるようになりました。つまり、四国に住んでいるからといって必ずしも四国電力の電気を申し込む必要はないということです。

四国でも自由に電力会社を選べるようになったとはいえ、無理に他の新電力に切り替える必要はありません。もちろん、四国電力の電気契約をそのまま続けても問題ありません。

しかしながら、新電力の多くは、規制料金である「四国電力の従量電灯プランよりも安い料金設定をしています。このため、四国電力から他の電力会社にすれば、電気の使用量はそのままに毎月の電気代を今より安くすることができるのです。

このため多くの人が大手電力会社から新電力への切り替えを行っています。ここでは実際に新電力と四国電力の電気料金を実際に比較して、本当に安くなるのかチェックしてみましょう。

規制料金とは? 四国電力をはじめ、大手電力会社の電気料金(従量電灯プラン)は「総括原価方式」と呼ばれる方法で電気料金を計算することが義務付けられています。

四国電力の従量電灯プランと新電力の料金表比較

さっそく四国電力の従量電灯プランといくつかの新電力の電気料金プランを実際に比較してみます。

従量電灯は契約件数の多い最も一般的なプランです。オール電化の家庭でなければ、ほとんどの家庭で契約されている電気料金と考えられます。

この四国電力の従量電灯プランは「最低料金」プラス「電力量料金」で構成されており、下の比較表で紹介している新電力では最低料金の設定がそもそもないLooopでんき以外はどこの新電力も同じ料金構成となっていることが分かります。

四国電力・従量電灯Aとの新電力の比較
基本料金(最低料金)
  四国電力
従量電灯A
四国電力
リミックスでんき
従量電灯A
リミックスでんき
Looopでんき
おうちプラン
Looopでんき
HTBエナジー
プライムプラン
HTBエナジー
  411.40円
最低料金(最初の11kWhまでを含む)
390.83円
最低料金(最初の11kWhまでを含む)
0円 205.70円
基本料金(月額固定)
電力量料金
電力使用量 四国電力
従量電灯A
リミックスでんき
従量電灯A
Looopでんき
おうちプラン
HTBエナジー
プライムプラン
120kWhまで 20.37円
(11kWh以上120kWhまで)
19.35円
(11kWh以上120kWhまで)
24.40円 23.54円
120kWh超えて300kWhまで 26.99円 25.64円
300kWh超える 30.50円 28.97円

四国電力、リミックスでんき、HTBエナジーは電気を全く利用しない時でも、最低料金(四国電力・リミックスでんき)もしくは基本料金(HTBエナジー)を支払う必要があります。一方、Looopでんきの「おうちプラン」は、電気を使った分に対して料金を支払うので、月の消費量が0kWh(キロワットアワー)なら、月額料金もゼロ円になります。

このように「最低料金」に差がある他、「電力量料金」の各段階ごとの1kWhあたりの料金単価が異なることも分かります。つまりどれだけご自身の電気料金が安くなるかは、毎月の電気の使用量によって異なるということを意味します。

これらの新電力の特徴をもう少し詳しく見ていきましょう。

 基本料金(最低料金)がゼロ円のLooopでんき

Looopでんき

Looopでんき:おうちプラン(関西エリア)は、基本料金がなんとゼロ円です。さらに、Looopでんきは、解約金もゼロ円です。

また従量料金(電力量料金)に注目すると、四国電力が3段階なのに対して1段階で120kWh以上だと安くなります。毎月300kWh以上利用するるような家庭ですと、四国電力から切り替えるだけでとてもお得です。

 電気の使用量が少なくても5%安くなるリミックスでんき

リミックスでんき

リミックスでんきは、四国電力に比べて最低料金も従量料金(電力量料金)もそれぞれ一律で5%安くなります。電気使用量が少ない家庭でも切り替えるだけで確実に安くなるのが最大のメリットです。

月々の使用量が300kWh未満の方などは、着実に安くする手段として有効です。

 消費量が多いとお得な幅も広がるHTBエナジー

HTBエナジー

HTBエナジーには大きく分けて二つのプランがあります。単身・二人暮らしなど消費量が少ない家庭向けのウルトラプランと、3人家族以上など消費量が多い家庭向けのプライムプランです。

ウルトラプランの場合は基本料金と従量料金(電力量料金)がそれぞれ四国電力よりも安くなり、最大9%お得になります。

プライムプランの場合は、上の比較表にもあるように、基本料金が半額になります。また従量料金(電力量料金)も1段階となり120kWh以上では、他の新電力と比べても安くなっています。

HTBエナジーでは四国電力エリア向けのプランとして、この他にも1日のうち2時間の電気料金が無料になる「ママとくプラン」があります。

 オール電化住宅なら出光昭和シェル

上記では、四国電力の一般的な電気料金プラン:従量電灯Aとの比較を行いました。ただ、現在オール電化住宅の方は四国電力オール電化プラン「でんきeプラン」を利用されている方も多いでしょう。

この四国電力の「でんきeプラン」から基本料金が安くなるのが、出光昭和シェルの深夜におトクな「オール電化」プランです。

出光昭和シェルの電気は、この他にもカーオプションでガソリン代1リッターあたり2円割引(月100Lまで)なったり、電気自動車ユーザーでも毎月200円割引になるカーオプションがあります。

実際どれくらい電気料金は安くなるの?

上の料金表の比較を見るだけではどこの新電力が四国電力よりどれだけ安くなるのか分かりにくいかもしれません。

ここでは、実際に電力会社を切り替えると、四国電力の従量電灯プランよりもどんな人がどれだけ電気料金を安くすることができるのか、まとめてみました。そして、それぞれの電気料金の特徴もチェックしてみましょう。

より具体的な節約額を知りたい場合は、各新電力の公式サイトでご自身の電気使用量(kWh)を入力してシュミレーションをしてみるという方法があります。また、四国電力の電気料金の計算方法を理解し、自分で計算するという方法もあります。

四国エリアの電力会社、安くなる料金の目安と公式サイト
電力会社 節約額の目安

公式サイト

☎️03-4571-1508
月520kWh電気を使う人は年間18,000円安くなります。

Looopでんきの特徴

  • 基本料金がゼロ円。電力量料金が一段階と最もシンプルで分かりやすいプランを提供。
  • 極端に電気の使用が少ない方以外電気料金が安くなります。
  • 1時間毎の電力使用量や節約額、請求情報等をアプリで簡単にご確認できます。
 
リミックスでんき
公式サイト
電気代が毎月約10,000円の人は毎月約500円安くなります。

リミックスでんきの特徴

  • 基本料金(最低料金)・電力量料金が大手電力会社より5%安くなる。
  • 使用量が少なくても切り替えるだけで確実に安くなるのが特徴。
 
HTBエナジー(H.I.S.のでんき)
申し込み方法
月700kWhなら年間約22,000円お得

HTBエナジーの特徴

  • 単身・二人暮らし家庭ならウルトラプランで最大9%安くなる。
  • 3人以上の家庭ならプライムプランで、従量料金が1段階で使えば使うほどぐっと安くなる。

新電力の中ではどこが人気?

上記に紹介した中にも、新電力はたくさんあります。それでは新電力の中で人気でシェアの高いところにはどのようなところがあるのでしょうか?

全国のランキングを見ると、東京ガスや大阪ガスといったすでに都市ガス事業で顧客ある大企業のシェアが高めです。電力自由化が始まって日が浅いということもあり、他の新電力はシェア(パーセント)で見ると横並びです。

しかしながら、申込み件数に見てみると、例えば、Looopでんきは契約件数が20万件を超えており、すでに多くの人に選ばれていることが分かります。

やはり、知名度も高くもともと顧客のあるところが今のところ有利なようですが、それ以外の新電力も料金やサービスに工夫を加え顧客数を伸ばしていることが分かります。

四国電力から新電力に切り替えて後悔しない?

「気になる新電力をみつけてシュミレーションをしてみた。やっぱり、四国電力かなり安くなることが分かった。だけど本当に新しい電力会社に切り替えてもいいのか心配。」そんな人も当然いることでしょう。

ここでは、本当に四国電力から新電力に切り替えても大丈夫なのか?なにかあとで後悔することはないのかを考えてみます。

四国の人がみな新電力に切り替えたら四国電力はどうなってしまう?

四国電力より安い電気料金
なるほど。四国電力より安い電力会社を選んでも問題ないことが分かって安心。

慣れ親しんだ四国電力がどうなるかは当然気になることでもあります。しかしながら、今後も「発電」を担うのは四国電力です。四国電力の有する60以上の発電所は今後も電気を作り続き、管理もすべて四国電力です。

新電力は四国電力の発電する電気や電気の卸取引から電気を購入して皆さん販売を行います。確かに、四国電力は各家庭や商店といった直接の小売り顧客の数は減っていき、小売り部門は縮小するかもしれません。しかし電気の販売先が皆さんと言う小売りから新電力に変わるだけで、販売する量でいえばさらに増えていくかもしれません。

新電力に申し込みをしても、皆さんにとっての電気の契約・購入窓口が四国電力でなくなるだけで、今後も大部分が四国電力の発電された電気であることには変わりありません。

新しい電力会社にしてもちゃんと送電される?トラブルがあった場合は?

発電はこれからも四国電力だから安心と上記でご説明しました。そして、変電や送電、配電など、発電所から各契約者のご自宅まで電気を運ぶという業務の担当も四国電力グループの四国電力送配電株式会社が行います。電線や電力メーター(スマートメーター)といったインフラの管理も同じく四国電力グループの四国電力送配電株式会社です。つまり、今まで通り技術的な部分は四国電力ですので、何も心配することはありません。

新電力は、電気の販売を行う小売店です。業務効率あげる等の企業の工夫により電気料金を安く設定しています。今までと使っている電気は同じですから四国電力よりも安い新電力にした方がお得ということが分かりますね。

四国で選べる電力会社

このように、四国電力よりも安くなる電気料金プランがあることや、切り替えても電気の質が変わったりしないことがわかりました。上記ではオススメの電力会社を数社ピックアップしましたが、四国電力エリアではこの他にも数多くの新電力があります。使用状況やライフスタイルに合わせて、四国で選べる最適な電気料金プランを探してみましょう。

四国エリアで選べる電力会社はこんなにあります。それぞれ、特徴と利用できる主な料金プランのタイプをまとめました。

マークの説明
マーク 説明
基本料金(最低料金)がゼロ円の料金プランがある新電力契約アンペア数が大きいと、節約できる電気代が大きくなります。
月300kWhなど決められた電気使用量の電力量料金が定額になるプランがある新電力。定額の電気使用量を超えると、大きく電気代を節約できます。
四国電力の最も基本的な電気料金プラン、従量電灯プランに相当するプランがある新電力。ほぼ全ての新電力にこのプランがあります。
オール電化向けの、深夜料金が安くなるプランがある新電力。対応している新電力はあまり多くありません。
マンションや店舗などの、エレベーターや業務用空調機などに利用される動力プランがある新電力
四国エリアで選べる新電力一覧
電力会社 特徴

公式サイト

Looopでんき【オススメ!】

  • 基本料金がゼロ円。電力量料金が一段階と最もシンプルで分かりやすいプランを提供。
  • 極端に電気の使用が少ない方以外電気料金が安くなる。
  • 1時間毎の電力使用量や節約額、請求情報等をアプリで簡単にご確認できる。
  • 北海道から沖縄まで全国で利用できる。(一部離島を除く)

  

 

公式サイト

ENEOSでんき

  • 120kWh以上の従量料金が安くなる。
  • ENEOSカードの利用者向けの特典がある。

 

 

公式サイト

エルピオでんき

  • 基本料金(最低料金)がゼロ円で、従量料金が1段階のシンプルなプランが魅力。

  

 
出光昭和シェル
公式サイト

出光昭和シェル

  • 従量電灯プランとオール電化プランに対応していて、それぞれ基本料金(最低料金)が安くなる。
  • 出光昭和シェルのガソリンが1Lあたり2円安くなる。電気自動車ユーザーにも電気料金割引特典がある。
  • 今の申し込むと電気代3ヶ月10%割引【2020年10月31日まで】

 

 

公式サイト

シン・エナジー

  • 基本プランなら基本料金(最低料金)が約27%安くなる、従量料金も最大8.8%安い。
  • 電気を多く使う家庭・オール電化など深夜に電気を使う家庭なら【夜】生活フィットプランがお得。
  • 在宅ワークなど昼間に電気よく使う家庭なら【昼】生活フィットプランがお得。
  • 今申し込むとEJOIKAセレクトギフトカード3000円分プレゼント【2020年9月30日まで】

  

 
自然電力のでんき
公式サイト

自然電力のでんき

  • 実質100%自然エネルギーの電気が利用できる。
  • 市場価格と連動するため料金が30分ごとに変化する。

 
ピタでん
公式サイト

ピタでん

  • 大家族など、毎月500kWh以上使う家庭なら500kWhまでが定額になる「使いたい放題プラン」がおすすめ
  • 基本料金ゼロ円・従量料金1段階の「使った分だけ」プランもある。

  

 
ソフトバンクでんき
公式サイト

ソフトバンクでんき

  • 「おうちでんき」は大手電力会社の従量電灯プランより1%安くなる。
  • ソフトバンク・ワイモバイルユーザーならおうちでんき割で毎月100円割引
  • 「自然でんき」は基本料金ゼロ円・電力量料金が1段階のシンプルなプラン。
  • 今申し込むと初月電気代無料キャンペーン【終了日未定】

 

 

公式サイト

エネワンでんき

  • 四国電力に比べて基本料金(最低料金)・従量料金が安くなる。
  • 今申し込むと基本料金が6ヶ月間半額【2020年9月30日まで】

 

 
親指でんき
公式サイト

親指でんき

  • 基本料金(最低料金)がゼロ円。電力量料金も一段階でシンプルなプラン。
  • ペットがいる家庭向けのプランや、ゲーマー向けのプランがある。

   

 
ミツウロコでんき
公式サイト

ミツウロコでんき・ガス

  • 大手電力会社に比べて120kWh以上の電力量料金が安くなる。

 
HTBエナジー
公式サイト

HTBエナジー

  • 単身や2人暮らし向けのウルトラプランなら四国電力より最大9%安くなります。
  • 3人以上のファミリープランなら、四国電力と比べて最低料金が半額で、従量料金がぐっと安くなります。

 
ジニーエナジー
公式サイト

ジニーエナジー

  • 大手電力会社の従量電灯プランと比べて基本料金(最低料金)が半額
  • 300kWh以上利用する家庭なら大手電力会社よりもお得になる。
  • 市場価格に応じて、毎月電気料金が変動するのが特徴。

 

 
Japan電力
詳しく見る

Japan電力

  • 基本料金がゼロ円。使用量が多いと1kWhあたりの料金が安くなる。

  

 

公式サイト

どうぶつでんき

  • ファミリープランなら、大手電力会社より基本料金(最低料金)が安くなる。
  • 生活安心プランなら、従量料金が1段階で120kWh以上の料金が安くなる。
  • 動物愛護団体に収益の一部が寄付される。

 
ハルエネでんき
公式サイト

ハルエネでんき

  • 基本料金(最低料金)もしくは従量料金が安くなる。
  • 法人限定(店舗・事業所など)の特典がある。

 

マークの説明

基本料金(最低料金)がゼロ円の料金プランがある新電力契約アンペア数が大きいと、節約できる電気代が大きくなります。

月300kWhなど決められた電気使用量の電力量料金が定額になるプランがある新電力。定額の電気使用量を超えると、大きく電気代を節約できます。

四国電力の最も基本的な電気料金プラン、従量電灯プランに相当するプランがある新電力。ほぼ全ての新電力にこのプランがあります。

オール電化向けの、深夜料金が安くなるプランがある新電力。対応している新電力はあまり多くありません。

マンションや店舗などの、エレベーターや業務用空調機などに利用される動力プランがある新電力
四国エリアで選べる新電力一覧
電力会社 特徴
公式サイト

Looopでんき【オススメ!】

  • 基本料金がゼロ円。電力量料金が一段階と最もシンプルで分かりやすいプランを提供。
  • 極端に電気の使用が少ない方以外電気料金が安くなる。
  • 1時間毎の電力使用量や節約額、請求情報等をアプリで簡単にご確認できる。
  • 北海道から沖縄まで全国で利用できる。(一部離島を除く)

  

 
公式サイト

ENEOSでんき

  • 120kWh以上の従量料金が安くなる。
  • ENEOSカードの利用者向けの特典がある。

 

 
公式サイト

エルピオでんき

  • 基本料金(最低料金)がゼロ円で、従量料金が1段階のシンプルなプランが魅力。

  

 
出光昭和シェル 公式サイト

出光昭和シェル

  • 従量電灯プランとオール電化プランに対応していて、それぞれ基本料金(最低料金)が安くなる。
  • 出光昭和シェルのガソリンが1Lあたり2円安くなる。電気自動車ユーザーにも電気料金割引特典がある。
  • 今の申し込むと電気代3ヶ月10%割引【2020年10月31日まで】

 

 
公式サイト

シン・エナジー

  • 基本プランなら基本料金(最低料金)が約27%安くなる、従量料金も最大8.8%安い。
  • 電気を多く使う家庭・オール電化など深夜に電気を使う家庭なら【夜】生活フィットプランがお得。
  • 在宅ワークなど昼間に電気よく使う家庭なら【昼】生活フィットプランがお得。
  • 今申し込むとEJOIKAセレクトギフトカード3000円分プレゼント【2020年9月30日まで】

  

 
自然電力のでんき 公式サイト

自然電力のでんき

  • 実質100%自然エネルギーの電気が利用できる。
  • 市場価格と連動するため料金が30分ごとに変化する。

 
ピタでん 公式サイト

ピタでん

  • 大家族など、毎月500kWh以上使う家庭なら500kWhまでが定額になる「使いたい放題プラン」がおすすめ
  • 基本料金ゼロ円・従量料金1段階の「使った分だけ」プランもある。

  

 
ソフトバンクでんき 公式サイト

ソフトバンクでんき

  • 「おうちでんき」は大手電力会社の従量電灯プランより1%安くなる。
  • ソフトバンク・ワイモバイルユーザーならおうちでんき割で毎月100円割引
  • 「自然でんき」は基本料金ゼロ円・電力量料金が1段階のシンプルなプラン。
  • 今申し込むと初月電気代無料キャンペーン【終了日未定】

 

 
公式サイト

エネワンでんき

  • 四国電力に比べて基本料金(最低料金)・従量料金が安くなる。
  • 今申し込むと基本料金が6ヶ月間半額【2020年9月30日まで】

 

 
親指でんき 公式サイト

親指でんき

  • 基本料金(最低料金)がゼロ円。電力量料金も一段階でシンプルなプラン。
  • ペットがいる家庭向けのプランや、ゲーマー向けのプランがある。

   

 
ミツウロコでんき 公式サイト

ミツウロコでんき・ガス

  • 大手電力会社に比べて120kWh以上の電力量料金が安くなる。

 
HTBエナジー 公式サイト

HTBエナジー

  • 単身や2人暮らし向けのウルトラプランなら四国電力より最大9%安くなります。
  • 3人以上のファミリープランなら、四国電力と比べて最低料金が半額で、従量料金がぐっと安くなります。

 
ジニーエナジー 公式サイト

ジニーエナジー

  • 大手電力会社の従量電灯プランと比べて基本料金(最低料金)が半額
  • 300kWh以上利用する家庭なら大手電力会社よりもお得になる。
  • 市場価格に応じて、毎月電気料金が変動するのが特徴。

 

 
Japan電力 詳しく見る

Japan電力

  • 基本料金がゼロ円。使用量が多いと1kWhあたりの料金が安くなる。

  

 
公式サイト

どうぶつでんき

  • ファミリープランなら、大手電力会社より基本料金(最低料金)が安くなる。
  • 生活安心プランなら、従量料金が1段階で120kWh以上の料金が安くなる。
  • 動物愛護団体に収益の一部が寄付される。

 
ハルエネでんき 公式サイト

ハルエネでんき

  • 基本料金(最低料金)もしくは従量料金が安くなる。
  • 法人限定(店舗・事業所など)の特典がある。

 

更新日