ビッグローブ光の解約方法・解約金はどのくらいかかる?

ビッグローブ光の解約方法・解約金はどのくらいかかる?
ビッグローブ光の解約方法・解約金はどのくらいかかる?

「ビッグローブ光を解約するにはどうしたらいいの?」「解約金はどれくらいかかるのか気になる」という方のために、ビッグローブ光の解約について詳しく解説します。解約時の注意点も分かるので、解約前にまずは目を通してみてください。

ビッグローブ光を解約する方法

ビッグローブ光を解約する方法は大きく分けて、電話・郵送の2つ方法があります。基本的には、オペレーターと直接やり取りできる電話での解約がおすすめです。

ビッグローブの解約手続きは、当月分の受付が毎月25日までとなります。26日以降に受け付けた分は翌月での解約となるため注意しましょう。

なお、ビッグローブ光には「解約」「退会」と微妙に異なる2つの手続き※がありますが、この記事ではひっくるめて解約と記述します。

※ビッグローブ光の「解約」と「退会」手続きの違い解約手続きをすると、BIGLOBEのID(籍)とメールアドレスが残ります。BIGLOBEメールは無料で30日間保存されることもあり、解約後も引き続き使うことが可能です。それに対して、退会手続きをすると完全にBIGLOBEとの関係が切れ、すべての機能が使えなくなります。

ビッグローブ光の解約方法① – 電話で申し込む

ビッグローブ光を電話にて解約するには、下記の番号にかけます。受付時間は9:00~18:00で、365日休みなく受け付けています。

BIGLOBEカスタマーサポートインフォメーションデスク
一般電話からフリーダイヤル 0120-86-0962
携帯電話・IP電話から 03-6385-0962

電話がつながると音声ガイダンスが流れます。ビッグローブ光の解約手続きに進むには次の順に番号をプッシュします。

❹(退会手続きについて)
❶(退会手続きをご検討・ご希望の方)
❷ビッグローブ光・フレッツ光

頭に入れておきたいのは、ビッグローブのカスタマーサポートは電話がつながりにくいということです。この点ではユーザーからの不満の声も見られます。

特に携帯電話からだと、待たされている間も通話料がかかってしまうので困りますよね。そこでおすすめなのが、次に紹介する方法です。

ビッグローブ光の解約方法② – 折り返し電話をもらう

ビッグローブ光の会員サポートページにある「お問い合わせフォーム」より、解約したい旨を送信して折り返し電話してもらうことができます。

このフォームから問い合わせると基本的にはメールでの返答になりますが、解約手続きは電話口で進める必要があるため、担当者に折り返し電話してもらえます。

ただし、すぐに電話がかかってこない場合もあるため、解約したい月に入ったらなるべく早めに問い合わせフォームから送信しましょう。

ビッグローブ光の解約方法③ – 郵送で申し込む

ビッグローブ光の「契約解除申込書」に必要事項を記入したうえで郵送する解約方法です。契約解除申込書はPDF形式でダウンロードして印刷するか、郵送で取り寄せることができます。

なお、郵送で手続きする場合は退会扱いとなりIDが抹消されます。また、毎月25日までに到着した分が当月扱いとなるため、郵送はそれをふまえて20日頃までには済ませるといいでしょう。

契約解除申込書の入手方法
ダウンロード 契約解除申込書(PDF)
郵送で取り寄せ 手続き用紙のお取り寄せフォーム
契約解除申込書の郵送先
宛先 住所
ビッグローブ株式会社 BIGLOB登録センター 〒980-8790 仙台中央郵便局 郵便私書箱第30号

ビッグローブ光の解約金

ビッグローブ光の解約金(違約金)は2年プラン9,500円、3年プラン20,000円です。この金額はファミリータイプ(一戸建て)、マンションタイプ(集合住宅)共に同額となります。

ビッグローブ光 – 違約金(不課税)
2年プラン(一戸建て・集合住宅) 9,500円
3年プラン(一戸建て・集合住宅) 20,000円

更新月に解約すると解約違約金が発生しない

この違約金を支払わないで解約するには、契約が満了する月(更新月)に解約手続きすることが必要です。

更新月は2年プランが24ヵ月目、3年プランだと36ヵ月目になります。更新月に解約手続きがなされないと、その翌月はまた1ヵ月目として自動的に新たな契約期間がスタートします。

ここで注意したいのは、契約1ヵ月目の定義です。これを勘違いしてしまうと、更新月をみすみす見逃すことに繋がってしまうからです。ビッグローブ光の契約期間の始まりは下記のように定められています。

ビッグローブ光の契約1ヵ月目とは
申込パターン 契約1ヵ月目の定義
・回線に新規で申し込んだ場合
・他社コラボ光から事業者変更した場合
契約開始月※の翌月が1ヵ月目
フレッツ光から転用した場合 ・毎月20日までの申し込みは翌月が1ヵ月目
・毎月21日から月末までの申し込みは翌々月が1ヵ月目
・回線工事が実施された場合は契約開始月の翌月が1ヵ月目

※契約開始月とは契約開始日を含む月のことです。

更新月は、上で案内したBIGLOBEカスタマーサポートインフォメーションデスクに電話することでも確認できます。音声ガイダンスが流れたら❷(契約内容に関する手続き・サービス内容について)→❷(ビッグローブ光・フレッツ光)をプッシュします。

ビッグローブ光解約時の注意点

ビッグローブ光の解約に関して前もって気を付けておきたいポイントは次の通りです。それぞれ具体的に解説します。

  1. 当月扱いの解約は毎月25日までの受付分のみ
  2. 工事費残債は一括請求される
  3. レンタル機器は返却しないといけない

①当月扱いの解約は毎月25日までの受付分のみ

ビッグローブ光の解約は、毎月25日までに手続き受付された分が当月末での解約扱いになります。26日以降に解約手続きを受け付けた分は翌月末での解約となってしまうため、特に更新月に解約したい場合は早めに手続きすることを心がけましょう。

電話がすぐにつながらない可能性もふまえて、25日ギリギリではなく遅くとも月半ばまでには解約手続きすることをおすすめします。

②工事費残債は一括請求される

ビッグローブ光に申し込んだ際に発生した工事費を分割払いしていた場合、解約時に残債があれば一括請求されます。工事費の分割払いは全31回払いなので、契約から31か月以内に解約すると残債が発生することになります。

たとえば、ファミリータイプの2年プランを契約していたとしましょう。24ヵ月目の更新月に解約すると違約金はかかりませんが、工事費残債として3,500円(500円×7ヵ月)が請求されます。

ビッグローブ光 - 新設工事費(税抜)
  ファミリータイプ(戸建て) マンションタイプ(集合住宅)
一括金額 18,000円 15,000円
分割払い金額 3,000円(初回)
500円/月×30回
3,000円(初回)
400円/月×30回

③レンタル機器は返却しないといけない

ビッグローブ光からレンタルされていた機器(モデム/ルーター/回線終端装置など)はBIGLOBEに返却しないといけません。

返却方法ですが、解約に伴って回線撤去工事がされる場合は工事業者がレンタル機器を回収します。それ以外の場合は、後日契約住所宛てに回収キットが送付されるので、それに機器を入れて返送します。

おすすめの光インターネット乗り換え先

ビッグローブ光を解約する理由によって、おすすめの乗り換え先は変わります。ここでは以下の理由別におすすめ光インターネットを紹介します。

  • ビッグローブ光の通信速度の遅さに不満がある・・・おすすめは「NURO光
  • ビッグローブ光の料金の高さに不満がある・・・おすすめは「ドコモ光/ソフトバンク光/auひかり
  • ビッグローブ光の契約の縛りに不満がある・・・おすすめは「DTI光

通信速度を重視する人には「NURO光」がおすすめ

「ビッグローブ光は通信速度が遅い」と不満の方には、NURO光(ニューロひかり)がおすすめです。

NURO光は、最大2Gbpsとビッグローブ光の2倍の通信速度を誇る光インターネットです。ビッグローブ光は利用者が非常に多いフレッツ光回線ですが、NURO光は独自の回線なので混雑が少ないのもポイント。

データ通信量の大きいオンラインゲームや、大容量ファイルをダウンロードする人などは、NURO光なら快適そのものといえます。

ただし、NURO光は地域によっては対応していないため、お住いの地域が対応しているかどうか公式ページでまず確認してみることをおすすめします。

NURO光のお申込み

独自回線のNURO光で通信速度の悩みを解決 - 📞お申込みはこちらから

NURO光は戸建てはもちろんマンションでも申し込みが可能です。

今すぐ電話でお申込み?(受付時間:午前10時 - 午後9時)
もしくはこちらから指定のお時間にコールバックいたします。

料金の安さを重視する人には「ドコモ光/ソフトバンク光/auひかり」がおすすめ

「ビッグローブ光は料金が高い」と感じている方には、スマホ・ケータイのセット割が適用されるキャリア系の光インターネットがおすすめです。

ドコモのスマホ・ケータイを使用している・・・ドコモ光
ソフトバンクのスマホ・ケータイを使用している・・・ソフトバンク光
auのスマホ・ケータイを使用している・・・auひかり

上記の光インターネットでセット割が適用されると、携帯電話一台当たり最大1,000円割引されます。家族全員同じキャリアであれば、家族の人数分お得になるわけです。

なお、ビッグローブ光とドコモ光/ソフトバンク光は同じフレッツ光回線なので、回線工事費も基本的に発生せず簡単に乗り換えられます。auひかりは回線が異なるため工事が必要ですが、新規申込特典を活用すれば工事費無料やキャッシュバックなどでお得になります。

契約に縛られたくない人には「DTI光」がおすすめ

「ビッグローブ光は2年や3年の契約縛りがあるのがイヤ」という方には「DTI光」がおすすめです。

DTI光の最大の特長は、契約期間の縛りがないということ。最低利用期間もないので、いつ解約しても違約金がかかりません。好きな時にパッと乗り換えられるので、契約に拘束されるのが嫌な人にはぴったりです。

DTI光もビッグローブ光と同じくフレッツ光回線なので、手続きは事業者変更となり工事も不要です。さらに月額料金も戸建て4,800円、マンション3,600円と、ビッグローブ光より安くなります。auセット割を適用すればこの金額からさらに1,200円安くなるのも見逃せません。

更新日