ご注意:燃料価格の高騰に伴う「燃料費調整額」の増額について 長期化する燃料価格の高騰によって、各電力会社の「燃料費調整額」も高くなっています。ご契約を検討する際には、電力会社の公式サイトにて「燃料費調整額」をご確認ください。
 燃料費調整額について詳しく見る

電話で電気・ガス切替相談

【広告】九州電力:新規申し込み・解約・お客様番号などでお困りですか?

0120-120-176 または


九州電力エリアの新電力会社への新規申し込み・解約のお手続き・ご相談を承っています。
▷営業時間・ご利用方法について確認する


セレクトラのらくらく窓口(九州電力のパートナー企業ではありません) 広告

【広告】九州電力のお手続きでお困りですか?

0120-120-176 または
  • 九州電力エリアの電気の新規申し込み・解約手続きを承ります。
  • 九州電力のお客様番号についてのお問い合わせもサポート。
  • 九州電力エリア:電力会社切り替えのご相談・ご質問もお気軽にどうぞ。


営業時間・ご利用方法についてはこちら


セレクトラのらくらく窓口(九州電力のパートナー企業ではありません) 広告

電話で電気・ガス切替相談

【広告】九州電力エリアの電気・都市ガスお申し込み


セレクトラのらくらく窓口では電気・ガス切り替え、新規お申し込みを承っています。
お申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。最適な料金プランをご案内、お申し込みまで電話1本で完了します。

【広告】九州電力エリアの電気・都市ガスお申し込み


セレクトラのらくらく窓口では電気・ガス切り替え、新規お申し込みを承っています。
お申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。最適な料金プランをご案内、お申し込みまで電話1本で完了します。

九州電力:契約アンペアの変更方法

九州電力:契約アンペアの変更方法
九州電力:契約アンペアの変更方法

アンペアとは、”同時に”に使える最大の電力量を決定する単位です。一度に使う電化製品の数が増えたならば、九州電力と契約中のアンペア容量を変更する必要があるでしょう。アンペア変更の基礎知識と九州電力の連絡先をご紹介します。

  • 九州電力へのアンペア変更の手続きは電話及びインターネットで行います。
  • 「アンペアとは?」など基本的な情報に関してもご紹介します。

九州電力 - アンペアによって基本料金が異なる

九州電力の一般的な電気料金プランである従量電灯Bは、60Aまでアンペアを選ぶことができます。このアンペアは基本料金にリンクしており、選ぶ容量によって料金が異なります。

契約アンペアによって基本料金が変わる。(税込)
契約アンペア 10A 15A 20A 30A 40A 50A 60A
九州電力 297.00円 445.50円 594.00円 891.00円 1188.00円 1485.00円 1782.00円

アンペア変更は無料ですが、季節よって容量を変えることはできません。基本的に一度変更したアンペアは1年は変更することはできませんのであらかじめ理解してから申し込む必要があります。

ちなみに、60A以上の電力が必要な場合は「従量電灯C」という電気の使用量が多い人(商店、事務所、レストラン、美容院など)向けのプランを選びます。

九州電力より安い電気料金を選ぶことができます。 電力自由化により、九州電力による地域独占は終了しました。九州電力よりも安い電力会社を選ぶ”自由”を是非生かしてみませんか?
 九州で選べる電気料金プランを探す

電話で簡単&スピーディ!引っ越し先の電気・ガスの申し込み  電話で相談する(0120-120-176)
らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

九州電力連絡先 - アンペア変更に必要な情報

アンペアの変更は、九州電力に電話、もしくはインターネットからも手続きが可能です。

 インターネットでアンペア変更する

九州電力のお客様番号がないと、インターネットでの手続きはできません。「検針票(電気の使用量のお知らせ)」でお客様番号を確認してから、申込み手続きにすすみましょう。

 電話でアンペア変更をする

九州電力の電話番号は、地域によって異なります。お住まいの県、市から該当の九州電力の営業所を探して営業時間内に電話をします。

九州電力の電話番号はこちらから検索することができます。

九州電力電話・営業時間
  • 月曜日〜金曜日(休日を除く)の9時から17時
  • 年末年始(12月29日〜1月3日)は除く
  • お引越しシーズン(3月-4月)

申し込みには、住所と名前が必要です。お客様番号が分かっているとスムーズに手続きが可能です。

どんな時に契約アンペアを変更するのか?

正しいアンペアの選び方
現在九州電力と契約のアンペア数はブレーカーを見るか、検針票でチェックすることができます。

「アンペア」は、九州電力と契約の電気を”一度”に”最大”どらくらい使うかを決定する単位です。契約中のアンペア容量を超えて一度に電気を使う(一度に複数の電化製品を使用する)とアンペアのリミッターが落ちて電気供給が一時的に遮断されます。

これを一般的にブレーカーが落ちたといいます。このようなことが頻繁に起きると不便ですから九州電力と契約しているアンペア容量をあげてもらった方が良いでしょう。

アンペア容量は、ご自宅に取り付けられているブレーカーがコントロールをしています。アンペア容量の変更には九州電力の作業員によるブレーカーの工事が必要です。

九州電力と契約のアンペア容量をあげる

すでにご説明の通り、今九州電力と契約のアンペア容量が必要より少ない場合は、一度に使える電化製品の数に制限がでることになります。家族が多いと、同時に使う電化製品も増えます。毎回ブレーカーが落ちては面倒です。このような場合はアンペア容量をあげることがベストな解決策です。

アンペア容量を下げる(アンペアダウン)

九州電力の契約アンペアに余裕があるならば、アンペア容量を下げてもらうことも可能です。もちろん、アンペア容量が多い分には何も不便はありません。しかしながら、九州電力の基本料金は、選ぶアンペア容量に関係があります。つまり、”必要以上”のアンペアを契約しているならば、”必要以上”の基本料金を支払っていることを意味します。

基本料金は、電気の使用量に関わらず毎月払う固定の料金です。毎月、必要より多めに基本料金を払うのはもったいないですから、アンペア容量を下げた方が良いかもしれませんね。

必要なアンペア容量はどのくらい?

ご家庭で必要になるアンペア容量は、同時に使う電化製品のそれぞれの消費電力を足していくことで計算することができます。

アンペア(A)の求め方
アンペア数(A)= 電化製品の消費電力(W)÷ 電圧(V)
例:消費電力が800W(ワット)のドライヤーを使った場合のアンペアは、800W ÷ 100ボルト(日本の電圧は100Vです)で、8アンペア(A)になります。

 

このように1つずつ計算してアンペア容量を把握することもできますが、日本で平均的に使用されている電化製品や家の大きさ、また世帯人数などからおおよそ必要なアンペアを知ることもできます。

一般的に30A以上は必要になります。九州の新電力は料金は九州電力よりも安く設定しているものの、20A以下の提供がないところが多くあります。

九州電力 - 契約アンペアの目安
契約アンペア 電力消費量
10A / 15A /20A

20A以下での契約も可能です。しかしながら、20A以下ですと一般的に家庭で使用される電化製品を快適につかえない可能があります。

30A ワンルームマンションで一人お住まい場合。もしくは二人暮らし。契約アンペアとしても契約件数が多いのが30Aです。
40A 家の大きさや部屋の数、家族の人数、使用する電化製品によって異なります。電化製品からアンペア容量を計算する必要があります。
50A
60A
60A以上 オール電化の家庭は、給湯・キッチンに大量の電気を使うため60Aで足りず別途増やす必要があります。

必要な契約アンペア数が知りたい セレクトラの電力消費量予測ツールで、部屋の大きさや必要な電化製品の数から、アンペア数と年間の電力消費量が予測できます。
 必要なアンペア数と消費量を計算する

九州電力より電気料金の安い電力会社を調べました。

九州電力よりも安い電気料金を提供している電力会社をいくつかセレクトしてみました。

九州電力とのアンペア契約の変更を検討中の方は、この機会に電力会社の変更自体を検討してみてはいかがでしょうか?気になる電力会社があれば、検針票を用意し一度シュミレーションをしてみることをおすすめします。

九州エリアで選べる電力会社について、それぞれの特徴をまとめました。

*リスト中の比較は九州電力従量電灯Bプランと比べたもの。燃料費調整額再エネ賦課金は除く

九州エリアで選べる新電力一覧
電力会社 特徴
オクトパスエナジー
 公式サイト

オクトパスエナジーのおすすめ度
     

  • 実質的に再生可能エネルギー100%の電気を供給
  • 実質再エネ100%なのに電力量料金が九州電力*より安い
  • 東京ガスの系列企業だから安心して利用できる

再エネ 一般家庭

 電話で詳細を確認(0120-164-006)
 
enひかり電気
 詳しく見る

enひかり電気

  • 格安光回線インターネット「enひかり」とセットで契約可能
  • 基本料金は全国どこでも390円
  • 電力量料金が一律で、電気使用量が多いほどお得
  • 燃料費調整額なし!燃料費高騰にも左右されない安心感

一般家庭

 
東京電力エナジーパートナー

東京電力エナジーパートナー

  • 申し込み完了から最短2営業日で利用開始
    (土日祝日は除く。関東エリアは除く)
  • 九州電力*と比べて電気代が2%〜3%お得
  • 大手電力会社だから電気も安定供給、安心して利用可能

一般家庭

 電話で申し込む
(0120-418-068)

 
NEXTでんき
 電話で詳細を確認
(0120-197-019)

NEXTでんき

※2022年5月から適用が開始された燃料費調整額の上限額撤廃および追加調整の導入により、NEXTでんきの燃料費調整額が大きく高騰する可能性があります。ご注意ください。

  • 正午までに申し込めば引越し当日でも電気・ガスが利用可能
    ※ただし地域や利用状況によっては不可能
  • 九州電力*と比べて基本料金が10%安い

13時までの電話申し込みで【当日開通】OK!

 
ONEでんき
 詳しく見る

ONEでんき

※2022年5月から適用が開始された燃料費調整額の上限額撤廃および追加調整の導入により、ONEでんきの燃料費調整額が大きく高騰する可能性があります。ご注意ください。

  • 基本料金0円、電力量料金が一律のシンプルなプラン
  • 電気使用量が多い家庭向け

基本料金ゼロ円 一般家庭

マークの説明
基本料金がゼロ円の料金プランがある新電力契約アンペア数が大きいと、節約できる電気代が大きくなります。
月300kWhなど決められた電気使用量の電力量料金が定額になるプランがある新電力。定額の電気使用量を超えると、大きく電気代を節約できます。
再生可能エネルギーを利用した電気を利用できる新電力
オール電化向けの、深夜料金が安くなるプランがある新電力。対応している新電力はあまり多くありません。
一般家庭向けの料金プランに対応した新電力
マンションや店舗などの、エレベーターや業務用空調機などに利用される動力プランがある新電力

▲リストに戻る

九州エリアで選べる新電力一覧
オクトパスエナジー  公式サイト
オクトパスエナジー

オクトパスエナジーのおすすめ度
     

  • 実質的に再生可能エネルギー100%の電気を供給
  • 実質再エネ100%なのに電力量料金が九州電力*より安い
  • 東京ガスの系列企業だから安心して利用できる

再エネ 一般家庭

 公式サイト
電話で詳細を確認  0120-164-006
 
enひかり電気

enひかり電気

  • 格安光回線インターネット「enひかり」とセットで契約可能
  • 基本料金は全国どこでも390円
  • 電力量料金が一律で、電気使用量が多いほどお得
  • 燃料費調整額なし!燃料費高騰にも左右されない安心感

一般家庭

 詳しく見る
 
東京電力エナジーパートナー

東京電力エナジーパートナー

  • 申し込み完了から最短2営業日で利用開始
    (土日祝日は除く。関東エリアは除く)
  • 九州電力*と比べて電気代が2%〜3%お得
  • 大手電力会社だから電気も安定供給、安心して利用可能

一般家庭

申し込み専用電話番号  0120-418-068
 
NEXTでんき

NEXTでんき

※2022年5月から適用が開始された燃料費調整額の上限額撤廃および追加調整の導入により、NEXTでんきの燃料費調整額が大きく高騰する可能性があります。ご注意ください。

  • 正午までに申し込めば引越し当日でも電気・ガスが利用可能
    ※ただし地域や利用状況によっては不可能
  • 九州電力*と比べて基本料金が10%安いと>

13時までの電話申し込みで【当日開通】OK!

電話で詳細を確認  0120-197-019
 
ONEでんき

ONEでんき

※2022年5月から適用が開始された燃料費調整額の上限額撤廃および追加調整の導入により、ONEでんきの燃料費調整額が大きく高騰する可能性があります。ご注意ください。

  • 基本料金0円、電力量料金が一律のシンプルなプラン
  • 電気使用量が多い家庭向け

基本料金ゼロ円 一般家庭

 詳しく見る
マークの説明

基本料金がゼロ円の料金プランがある新電力契約アンペア数が大きいと、節約できる電気代が大きくなります。

▲リストに戻る

月300kWhなど決められた電気使用量の電力量料金が定額になるプランがある新電力。定額の電気使用量を超えると、大きく電気代を節約できます。

▲リストに戻る

再生可能エネルギーを利用した電気を利用できる新電力

▲リストに戻る

オール電化向けの、深夜料金が安くなるプランがある新電力。対応している新電力はあまり多くありません。

▲リストに戻る

一般家庭向けの料金プランに対応した新電力

▲リストに戻る

マンションや店舗などの、エレベーターや業務用空調機などに利用される動力プランがある新電力

▲リストに戻る

電気とガスの使用量や請求額をお知らせください。今より安くなる電気料金プラン・ガス料金プランをお探しします!  電話で相談する(0120-120-176)
らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

更新日