1か月の電気料金の平均はどのくらい?

1か月の電気料金の平均はどのくらい?

1か月の電気料金の平均はどのくらい?

1か月の電気代の平均はどれくらいなのでしょうか?総務省の統計をもとに、一か月の電気代の平均を探ることは可能です。電気料金のからくりを理解しながら電気料金を減らすためのヒントも学びましょう。

  • 1か月の電気料金の平均は?他の人はどれくらい払っているのかデータを確認します。
  • しかしながら、電気料金は家庭によってやはり様々です。電気料金を左右するものはなにかを理解しましょう。
目次:

1か月の電気料金の平均 - 総務省のデータをチェック

1か月の電気代、他の家庭ではどれくらい払っているのだろう?そんな風に気になったなら、総務省のデータを参考にしてみると良いでしょう。世帯人数や地方別に家庭の支出に関するデータを誰でも見ることができます。

ここでは、世帯人数別の一世帯あたりの1か月の電気代がいくらぐらいか、また地方別で、1か月の電気料金の平均を見てみることにします。

世帯人数別にみる1か月の電気料金の平均

それでは、世帯人数別にどれくらい1か月に電気代を払っているかを見ます。ここでは、地方別の情報はありません。住んでいる地域や、季節によっても電気料金は異なりますが、それら含めて、平均にしたものが以下になります。

世帯人数別の一カ月の電気料金
  2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
二人世帯 8,811円 9,275円 9,830円 9,763円 8,933円 9,176円
三人世帯 10,210円 10,849円 11,406円 11,296円 10,321円 10,485円
四人世帯 11,130円 11,819円 12,152円 11,843円 10,867円 11,239円
世帯平均 10,198円 10,674円 11,203円 11,060円 10,100円 10,312円

出典:総務省統計局(2017年のデータ)

こちらの表を見ると、世帯人数が増えると電気料金も増えることが分かります。しかしながら、世帯人数が多くても家族であれば共有する電化製品やスペースも多いので、人数が増えても一定を過ぎると電気料金の増加率は通常、緩やかなものになります。

地方別にみる1か月の電気料金の平均

続いて、地方別の一か月の電気料金の平均を一覧にしました。表をみていただくくと、地方によって1か月の電気料金の平均にばらつきがあることがわかります。しかしながら、表の最後、全国平均をみると、10,312円となっていますね。これが、1か月の電気料金の全国平均となります。

1世帯(2人以上)あたりの一カ月の電気料金 - 地方別
  電気料金
北海道 10,843円
東北 11,143円
関東 9,629円
北陸 12,627円
東海 10,258円
近畿 10,729円
中国 10,290円
四国 11,582円
九州 10,148円
沖縄 10,024円
全国平均 10,312円

ご覧の通り、それぞれ地方によって電気料金に差が出ることが上記の表からも読み取ることができます。

ただし、少し注意が必要です。ここで採用しているデーターは2人以上の世帯の電気代の平均です。一人暮らしの場合や、ご自宅の人数によっても電気料金は異なるということは理解してきたいポイントです。

地方によって1か月の電気料金の平均が異なるのはなぜ?

電気は冬の方が多く使用します。調整しなくてはいけない温度差が大きいため、そのため必要とされる電力も大きくなります。このため、冬が厳しい、長い地域は電気料金に影響を及ぼします。また、全国にある大手電力会社10社はそれぞれ独立して電気料金を設定していることも関係しています。

電気料金を高い・安いを決定する要因

1か月の電気代の平均はだいたいわかった。私の払っている電気代は平均よりは安いけど、果たして私が毎月払っている電気代は適正なのか?逆に平均より高いけど、大丈夫なのか?そんな風に思っている方もいるかもしれません。

毎月支払う電気料金の額は、「毎月どれくらい電気の使用量(kWh)があるか」と「各電力会社の設定している電気料金」によって決定されます。基本的なこのしくみが分かっていれば、自宅の電気代が適正かどうか払いすぎていないかどうか判断しやすくなります。

もう少し詳しくみてみましょう。

電気の使用量(kWh)はどうやって決まる?

ご自宅の電気の使用量は、一軒一軒に取り付けられいてる電力メーターが、その家庭の電気の使用量を測定しています。毎月検針日になると、各電力会社の検針員がメーターを読み取って、電気料金使用のお知らせ(検針票)を発行して、各契約者に請求のお知らせをしています。

(最近は、スマートメーターと呼ばれる、遠隔地で電気の使用量の把握できるメーターも普及しています。)

そして、電気消費量(kWh)が多ければ、当然1か月の電気代も高くなります。それでは、電気の消費量の多い少ないには何が関係しているのでしょうか。

  • 世帯人数 ... 世帯人数が増えれば、当然使用する電化製品も増えますし、使う時間帯も増えます。
  • 在宅時間 ...自宅にいる時間と人数が多い家庭ほど、電気の消費量(kWh)は増えます。
  • ご自宅内の冷暖房を必要とする面積 ... 特に暖房は電気を多く使用します。このため暖房を必要とする面積が多いと電気の消費量(kWh)も増えます。
  • 家の密封性 ... 断熱性・断冷性の高い家は効率よく暖房器具が使えます。木造の家か否かなども、電気の使用量(kWh)に関係します。
  • 電気器具の数やその消費電力(W) ... 使用している電化製品の数や、その電化製品を動かすの必要とする消費電力(W)ももちろん、電気の消費量に関係します。IHクッキングヒーターを使っている家庭とそうでない家庭では電気の使用量も大きく変わります。

電気料金の請求額はどうやって決まる?- 電気料金は各電力会社によっても異なる。

最終的な1か月の電気の請求額を決定する要因としては、電気消費量(kWh)に加え、以下のようなものがあります。

  • 契約しているアンペア容量 ... 電気料金の「基本料金」の部分にアンペア制を設定しているところであれば、契約アンペアの容量を増やすと基本料金もあがります。
  • 電力会社の設定している電気料金単価 ... 電力会社によって1kWhあたりの電気料金は異なります。1kWhあたりの電気料金が高ければ、当然請求額も高くなります。

上記の「アンペア容量(もしくは基本料金)」は毎月の固定でかかる電気料金に関係があります。そして、1kWhあたりの料金単価に前述の電気消費量(kWh)にをかけて「電力量料金の部分」が決定されます。

基本料金と電力量料金の合計で最終的な電気料金の請求額が決定されるのですが、実は、これらの「基本料金(最低料金)」および、「1kWhあたりの料金単価」は電力会社によって異なります。また、地方によってもこれらの電気料金が異なります。

実際に具体的な例を以下にあげますので、確認してみましょう。

電気の使用量・料金単価によってどれくらい請求額が変わるか計算

実際に電気料金を左右するのは、電気の使用量(kWh)と各電力会社の設定している電気料金(基本料金や1kWhあたりの料金単価)であることを説明しました。

この2つのポイントによってどれだけ電気料金が変わるのか、実際に見てみましょう。電気料金は地方によって異なります。また料金構成も多少変わります。このため、ここでは関東エリアの電気料金を取り上げることにします。

以下の表を、左から右にみていきましょう。電気の消費量が増えると、電気料金が増えていることがわかりますね。

次に、上下に見て電力会社ごとに電気料金を比べてみましょう。同じ電気の使用量でも電気料金が変わることが分かります。どこの新電力も東京電力より安い料金設定をしていることが分かりますね。また、Looop(るーぷ)でんきでは、電気の使用量が少ないとそれほどでもありませんが、使用量が増えるとかなり割安になっていることが分かります。

世帯人数別、電力会社別の一カ月の電気料金
電力消費量 200kWh 350kWh 780kWh
世帯タイプ 電気の使用量が少ない
場合や一人暮らし
二人暮らしの場合 世帯人数が多い
東京電力
東京電力ホールディングス
5,394円 9,164円 22,836円
Looopでんき
5,330円 9,100円 20,280円
ENEOSでんき
5,242円 8,700円 20,442円
H.I.S.でんき
HISでんき・HTBエナジー
5,125円 8,706円 2,1631円

200kWhと350kWhはアンペア容量を30A、780kWhは50Aで計算をしています。それぞれの電力会社の電気料金は、以下の料金に基づいて計算をしています。東京電力・従量電灯BLooop(るーぷ)でんきENEOSでんきH.I.S.のでんき

電気料金を下げる効果的な方法

一か月電気料金平均

30分毎の電気の使用量の分かるアプリが便利な、Looopでんき

一か月の電気料金の全国の平均はどれくらいなのか?という問いから始まり、政府のデータを参照しながら、電気料金のしくみも確認しました。ここまでの説明を理解していただけたらならば、電気料金を下げるためには、「電気の使用量」を下げるそして「安い電気料金を申し込む」この2つが必要ということにも納得いただけるはずだと思います。

電気の使用量を減らすには、こまめに電気を消す、電気の使用量の増える冬場の暖房を工夫する、待機電力も意識するといった方法があげられます。ちょっとした努力が必要になりますね。

一方、電力会社を変える、安い電気料金プランにするのはとっても簡単です。毎月の電気の使用量(kWh)が分かっていれば、気になる新電力があれば、そのサイトで直接シュミレーションをするのでももちろん良いでしょう。

どんな電力会社が良いのかさっぱり分からないという人ならば、とりあえず、大手電力会社よりも5%は安くなるというH.I.S.でんきをチェックするのが良いかもしれません。電気の使用量が少ない一人暮らしでも安くなる可能性があります。

また、基本料金が0円Looopでんきならば、アンペア容量が大きい(基本料金が高い)人はかなり節約が期待できるでしょう。

電力会社を変えるためのプロセス

  1. 切り替えたい電力会社を探す。(⇒地域ごとにみつけられる電力会社一覧
  2. 電気の使用量を入れてシュミレーションをしてみる。
  3. オンラインフォームに必要事項入れて申し込む。(検針票に記載のある「供給地点特定番号」を準備しておきましょう。)
  4. 切り替え完了です。(いつから電力会社が変わったか連絡が来ます。)
  5. 新電力に切り替えた場合は、今の電力会社に対して電気使用停止の手続きは不要です。
更新日