【本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。】
【本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。】
電話で電気・ガス切替相談

電気・ガス代を安くしたいなら


セレクトラのらくらく窓口にお電話ください!エネルギーのエキスパートがお得な料金プラン探しをお手伝いします。契約サポートもお任せください。

セレクトラのらくらく窓口: 4.7/ 5 ご利用者様の声はこちら

電気・ガス代を安くしたいなら

電気・ガス代を安くしたいなら


セレクトラのらくらく窓口にお電話ください!エネルギーのエキスパートがお得な料金プラン探しをお手伝いします。契約サポートもお任せください。


セレクトラのらくらく窓口 9h-19h
 4.7/ 5
ご利用者様の声はこちら

東京ガスの電気

関東エリアで人気の新電力:東京ガスの電気

東京ガスの電気

 新規申込割:基本プランへの新規申し込みで基本料金1か月無料!

  • 東京電力の従量電灯よりも電力量料金が安い
  • 都市ガスとセットにすると電気料金がさらに0.5%割引
  • 電気の契約数は347.5万件を突破!*みんなから選ばれている安心感
    *2023年3月末時点

関東エリアで人気の新電力
【東京ガスの電気】

東京ガスの電気

 新規申込割:基本プランへの新規申し込みで基本料金1か月無料!

  • 東京電力の従量電灯よりも電力量料金が安い
  • 都市ガスとセットにすると電気料金がさらに0.5%割引
  • 電気の契約数は347.5万件を突破!*みんなから選ばれている安心感
    *2023年3月末時点

1か月の電気代平均は?世帯・地域・季節別にみる電気代平均

1か月の電気代平均はいくら?安くする方法は?
1か月の電気代平均はいくら?安くする方法は?

家庭における2022年の平均的な電気代はひと月10,559円です。ただし、世帯人数や地域、季節によって電気代は変動します。次で条件ごとの詳しい電気代平均と、電気代を安くする方法を紹介します。

  • 電気の切り替えで、電気代を簡単に安くすることができます。セレクトラのらくらく窓口では、お得な電力会社探しをお手伝いします。「 03-4520-9550」までお気軽にお電話ください(年末年始除く9時~19時)。

一か月の平均的な電気料金はいくら?

2022年の一か月の平均的な電気料金
参考:総務省統計局「家計調査 家計収支編 総世帯」

総務省の調査によると、2022年のひと月あたりの平均的な電気代は10,559円です。

なお、同調査における平均的なガス代は4,547円、他の光熱費(灯油など)は1,202円なので、ひと月あたりの平均的な光熱費は16,308円です。

世帯人数別の電気代平均

世帯人数別の平均的なひと月あたりの電気代は以下のとおりです。2022年の全国における年間平均を表しています。

2022年の1か月あたりの電気代平均

参考:総務省統計局「家計調査 家計収支編 総世帯」

世帯人数が増えるほど、電気代も高くなっていることがわかります。それと同時に、ある程度人数が多くなると電気代の増加は比較的緩やかになることが見て取れます。これは家庭内で共有するスペースや電化製品も多くなることが要因だと推測することができます。

最適な電気料金プランを探す

自分にぴったりな電気料金プランをお探しですか?

お住まいの電力エリアで契約できる、おすすめ新電力会社をご紹介します。


 エリア別・おすすめ電力会社を見る

最適な電気料金プランを探す

自分にぴったりな電気料金プランをお探しですか?

お住まいの電力エリアで契約できる、おすすめ新電力会社をご紹介します。

 エリア別・おすすめ電力会社を見る

地域・季節別の電気代平均

電気料金には地方ごとの傾向もあります。次の表は地方別・そして季節ごとの電気料金の平均です。世帯人数関係なく、すべての世帯の平均を表していますが、統計をとった世帯の平均的な世帯人数はおよそ2人世帯となっています。

地域・季節別:1か月あたりの平均的な電気料金
地域 2022年 2023年
7~9月 10~12月 1~3月 4~6月
全国 9,764円 10,201円 14,646円 9,190円
北海道 8,956円 10,389円 18,472円 9,861円
東北 8,714円 10,094円 16,960円 9,646円
関東 9,771円 10,186円 13,933円 9,512円
北陸 10,010円 10,883円 18,127円 10,968円
東海 10,109円 10,499円 15,950円 9,521円
近畿 9,743円 9,943円 13,815円 8,508円
中国 10,760円 11,419円 16,167円 9,823円
四国 9,998円 10,276円 13,486円 9,128円
九州 9,541円 9,255円 12,566円 7,390円
沖縄 10,640円 10,279円 7,663円 6,897円

参考:総務省統計局「家計調査 家計収支編 総世帯」

多くの地域において、冬の電気代の平均が高くなっていることがわかります。特に北海道や東北などでは冬の電気代の高さが顕著です。これは、エアコンなどの空調が調整しなければならない室外気温と室内気温の差が大きく、電気をたくさん消費するためです。

これと同じ原理で、温暖な沖縄では夏場の電気代が特に高い傾向があります。逆に、沖縄においては、冬場は比較的暖かいため、冬の電気代の平均が他の地域よりも低くなっていることが特徴的です。

このように気候によって地域ごとの電気料金の平均に傾向が生まれますが、電気料金は電力会社により異なり、料金体系は地域ごとに異なることにも留意しなければなりません。この地域ごとの料金傾向の違いも、電気代平均の地域ごとの差に影響を与えています。

自分に合ったお得な電力プランが知りたい!そんな方は…

セレクトラのらくらく窓口 でお客様に最適な電力会社探しを無料でサポートします。まずはお気軽にお電話ください。

セレクトラのらくらく窓口:営業時間 9時~19時(年末年始を除く)

電気の切り替えで電気代節約

自分に合ったお得な電力プランが知りたい!そんな方は…

セレクトラのらくらく窓口 でお客様に最適な電力会社探しを無料でサポートします。まずはお気軽にお電話ください。

セレクトラのらくらく窓口:営業時間 9時~19時(年末年始を除く)

自分に合ったお得な電力プランが知りたい!そんな方は…

セレクトラのらくらく窓口 が、お客様に最適な電力会社探しを無料でサポートします。申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。

電気の切り替えで電気代節約

自分に合ったお得な電力プランが知りたい!そんな方は…

セレクトラのらくらく窓口 が、お客様に最適な電力会社探しを無料でサポートします。申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。

オール電化住宅の電気代平均

オール電化住宅では、すべてのエネルギーが電気によってまかなわれているため、電気とガスを利用している家庭よりも必然的に電気代が高くなります。

オール電化住宅の平均的なひと月あたりの電気代について、関東の新電力CDエナジーダイレクトと、関西エリア大手の関西電力がそれぞれ自社実績から作成したデータを参考に見てみましょう。

オール電化住宅の平均的な電気代
世帯人数 CDエナジーダイレクト 関西電力
1人 9,125円 10,777円
2人 14,011円 13,406円
3人 15,715円 14,835円
4人 16,749円 16,533円

参考:CDエナジーダイレクト関西電力

契約している電力会社によって電気料金が異なり、また、地域によって電気使用量の傾向にも多少違いがあるため、上記2社の平均料金にも差がありますが、オール電化住宅にお住まいの場合は、一人暮らしでも月1万円ほどの電気代がかかっていることが多いと考えられます。

電気代は昔より高くなっている?

2022年は、電気代高騰のニュースがたくさん聞かれた年でした。実際に我々が支払った電気代は以前と比べてどのくらい高かったのでしょうか。

全国・全世帯の平均的な1か月あたりの電気代のここ数年の変動は以下のとおりです。

1か月あたりの平均電気料金:過去5年の変遷
2022年 10,559円
2021年 8,606円
2020年 8,974円
2019年 9,100円
2018年 9,151円

参考:総務省統計局「家計調査 家計収支編 総世帯」

2021年から2022年にかけてぐっと電気代が高くなっていることがわかります。やはり、ウクライナ情勢による燃料費の高騰、そして火力発電所の老朽化による相次ぐ廃止等に起因する電力不足が2022年の電気料金に大きく影響を及ぼしたことが伺えます。

ただし、2023年の動向を見ると、1~3月の電気代は昨年と比べて高いものの、4月以降は昨年よりも下がっていることがわかります。ここに見られるとおり、燃料価格は昨年と比べて安く、落ち着いてきているため、2023年の電気代は2022年に比べて安くなることが予想されます。

2022年 VS 2023年:1か月あたりの平均的な電気料金
  1~3月 4~6月
2023年 14,646円 9,190円
2022年 12,301円 9,904円

参考:総務省統計局「家計調査 家計収支編 総世帯」

最適な電気料金プランを探す

自分にぴったりな電気料金プランをお探しですか?

お住まいの電力エリアで契約できる、おすすめ新電力会社をご紹介します。


 エリア別・おすすめ電力会社を見る

最適な電気料金プランを探す

自分にぴったりな電気料金プランをお探しですか?

お住まいの電力エリアで契約できる、おすすめ新電力会社をご紹介します。

 エリア別・おすすめ電力会社を見る

平均よりも電気代が高い。どうすれば安くなる?

1か月の電気代平均を確認して、「うちの電気代は平均より高い!どうしよう」と思った方もいるかもしれません。

電気代を安くするには、以下の2つの方法があります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

  1. 電気の使い方の見直し
  2. 今より安い電力会社に切り替え

電気の使い方の見直し

電気代の大部分を占める「電力量料金」は、電気の使用量(kWh)に応じてかかる料金です。つまり、電気の使用量が多ければ多いほど、電気代は高くなります。

電気料金の構成
電気料金の構成

ご自宅における電気の使い方を今一度見直して、無駄な消費があればそれを省くようにしましょう。

  • 電気消費が大きい家電に関する節電チェックポイント
  • エアコンの設定温度を下げすぎて/上げすぎていないか?
  • エアコンのフィルターはこまめに掃除しているか?
  • カーテンなどで断熱をしているか?
  • 冷蔵庫まわりに隙間はあるか?
  • 照明はこまめに消しているか?

詳しい節電の方法は、以下の記事でご紹介しています。

今より安い電力会社に切り替え

また、すでに上記でも触れたとおり、電気料金は電力会社によって異なります。ですから、今よりも価格設定が安い電力会社を見つけて契約を切り替えれば、簡単に電気料金を安くすることができます。

例えば、TERASELでんきは全国(沖縄・一部離島を除く)で電気を販売している電力会社です。TERASELでんきは、それぞれの地域で一番契約者の多い大手電力会社(東京電力、関西電力など)の従量電灯プランよりも、お得な価格設定の電気料金プランを販売しています。

TERASELでんき

TERASELでんきがお得!

テラセルでんき

 今なら契約時の「選べる特典」でもらえるポイントが2倍!
(2024年2月29日まで)

  • 大手電力会社の従量電灯より基本料金・電力量料金が安い「TERASELでんき」
  • 電気料金200円につき楽天ポイントが1ポイント貯まる
  • 楽天ポイント、Amazonギフト券など、契約時に2,000円相当の選べる特典がもらえる

※電気の切り替え申し込み時には「供給地点特定番号」が必要となります。(調べ方はこちら

 

TERASELでんきがお得!

 今なら契約時の「選べる特典」でもらえるポイントが2倍!(2024年2月29日まで)

  • 大手電力会社の従量電灯より基本料金・電力量料金が安い「TERASELでんき」
  • 電気料金200円につき楽天ポイントが1ポイント貯まる
  • 楽天ポイント、Amazonギフト券など、契約時に2,000円相当の選べる特典がもらえる

※電気の切り替え申し込み時には「供給地点特定番号」が必要となります。(調べ方はこちら

また、それぞれの地域でさまざまな電力会社がお得な電気料金プランを販売しています。

電気の切り替えは簡単! 電気契約を変えたいと思ったら、今の契約情報(お客様番号・供給地点特定番号等)を準備したうえで、新しく契約したい会社に切り替え申し込みをするだけです。契約中の電力会社への解約申し込みは不要です。大きな工事も発生しません。

以下で、料金比較のセレクトラおすすめの新電力会社をご紹介します。

*リスト中の比較は各地域の大手電力会社従量電灯プランと比べたもの。燃料費調整額再エネ賦課金は除く

料金比較のセレクトラおすすめの新電力会社
電力会社 特徴
Looopでんき
 公式サイト

Looopでんき

 新規申し込みで電気代最大8,000円割引キャンペーン実施中!

  • 基本料金も解約料金もゼロ円!「スマートタイムONE」
  • 電気料金はJEPXの取引価格に連動して30分ごとに変動。晴れた日中などは0.01円/kWhになることも
  • 電気料金はアプリ「でんき予報」で簡単に確認できて、安い時間もすぐわかる

▷料金プランの詳細はこちら

 
オクトパスエナジー
 公式サイト

【全国(沖縄・離島を除く)
オクトパスエナジー

 今なら5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

  • 沖縄を除く全国で供給
  • 実質再エネ100%の電気を供給
  • 電力量料金(1kWhあたりの料金)が大手電力会社の従量電灯プランよりお得
  • 東京ガスの系列企業、世界で300万件超の供給実績あり

燃料費調整額の設定について:
関西・中部・九州エリア:燃料費調整額に上限がないため、燃料価格高騰時は単価を要確認
それ以外のエリア:各地域の大手電力会社の旧算定基準を維持(タイプb

 電話で詳細を確認(03-4540-6687)
 
CDエナジーダイレクト
 公式サイト

【関東エリア】
CDエナジーダイレクト

 カテエネポイント最大10,000円分プレゼント!
(2024年2月1日~3月31日にWEB申し込み&WEB会員「カテエネ」登録者対象)

  • 一人暮らしから大家族まで、ぴったりのプランが見つかる
  • 電気もガスもお得な料金設定料金プラン詳細はこちら
  • セットにすると電気もガスもさらに0.5%割引!*
  • 中部電力×大阪ガスの共同経営
  • 燃料費調整額は東京電力と同じ算定基準(タイプa

*電気・ガスともに対象プランを同一名義・支払方法で契約した場合。スマートでんき・ゆかぽかガス・はつでんガスは対象外。電気の割引対象となるのは基本料金+電力量料金(燃料費調整額を除く)の合計

 
東京ガス
 公式サイト

【関東エリア】
東京ガス

 新規申込割:基本プランへの新規申し込みで基本料金1か月無料!

  • 東京電力*より電力量料金が安い
  • 電気+ガスセットにすると電気代がさらに0.5%割引
  • 燃料費調整額は東京電力と同じ算定基準(タイプa
 電話で詳細を確認/申し込み(03-4540-6705)
 
大阪ガス
 公式サイト
(引越しの方向け)
または 公式サイト
(切替の方向け)

【関西エリア】
大阪ガスの電気

  • 大阪ガスは関西エリアの新電力で契約件数No.1*!
  • 大阪ガスで都市ガスと電気をセットでまとめれば、光熱費もまとめて管理ですっきり
  • 都市ガス「まとめトク料金」とセットにすると、セット割で都市ガス料金が3%オフ
  • 約200拠点にも及ぶお近くのガスのお店やコールセンター等で、地域密着の丁寧なカスタマーサポートを提供
  • 燃料費調整額に上限がないため、燃料価格高騰時は単価を要確認

*出典:電力・ガス取引監視等委員会「制度設計専門会合」第74回 配布資料(2022年3月末時点)。新電力とは旧一般電気事業者以外の小売電気事業者

 電話で詳細を確認(03-4540-6681)
 
TOKAI
 公式サイト

【中部エリア】
TOKAI

  • 中部電力*と比べて基本料金は割高だが、電力量料金が割安。電気使用量が多いとお得になりやすい料金設定
  • ガスとセットがおすすめ!東邦ガスの一般料金より3%安いガスとセットで使うと毎月200円お得
  • 燃料費調整額に上限がないため、燃料価格高騰時は単価を要確認
 電話で詳細を確認/申し込み(03-4540-6690)
料金比較のセレクトラがおすすめする新電力会社
 

Looopでんき
Looopでんき
(おすすめ度:   
▷料金プランの詳細はこちら

 新規申し込みで電気代最大8,000円割引キャンペーン実施中!

  • 基本料金も解約料金もゼロ円!「スマートタイムONE」
  • 電気料金はJEPXの取引価格に連動して30分ごとに変動。晴れた日中などは0.01円/kWhになることも
  • 電気料金はアプリ「でんき予報」で簡単に確認できて、安い時間もすぐわかる

 
オクトパスエナジー  公式サイト
オクトパスエナジー

【全国(沖縄・離島を除く)
オクトパスエナジー

 今なら5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

  • 沖縄を除く全国で供給
  • 実質再エネ100%の電気を供給
  • 電力量料金(1kWhあたりの料金)が大手電力会社の従量電灯プランよりお得
  • 東京ガスの系列企業、世界で300万件超の供給実績あり

燃料費調整額の設定について:
関西・中部・九州エリア:燃料費調整額に上限がないため、燃料価格高騰時は単価を要確認
それ以外のエリア:各地域の大手電力会社の旧算定基準を維持(タイプb

 公式サイト
電話で詳細を確認/申込  03-4540-6687
 
CDエナジーダイレクト

【関東エリア】
CDエナジーダイレクト

 カテエネポイント最大10,000円分プレゼント!
(2024年2月1日~3月31日にWEB申し込み&WEB会員「カテエネ」登録者対象)

  • 一人暮らしから大家族まで、ぴったりのプランが見つかる
  • 電気もガスもお得な料金設定料金プラン詳細はこちら
  • セットにすると電気もガスもさらに0.5%割引!*
  • 中部電力×大阪ガスの共同経営
  • 燃料費調整額は東京電力と同じ算定基準(タイプa

*電気・ガスともに対象プランを同一名義・支払方法で契約した場合。スマートでんき・ゆかぽかガス・はつでんガスは対象外。電気の割引対象となるのは基本料金+電力量料金(燃料費調整額を除く)の合計

 公式サイト
 
東京ガス  公式サイト
東京ガス

【関東エリア】
東京ガス

 新規申込割:基本プランへの新規申し込みで基本料金1か月無料!

  • 東京電力*より電力量料金が安い
  • 電気+ガスセットにすると電気代がさらに0.5%割引
  • 燃料費調整額は東京電力と同じ算定基準(タイプa
 公式サイト
電話で詳細を確認/申込  03-4540-6705
 
大阪ガス

【関西エリア】
大阪ガスの電気

  • 大阪ガスは関西エリアの新電力で契約件数No.1*!
  • 大阪ガスで都市ガスと電気をセットでまとめれば、光熱費もまとめて管理ですっきり
  • 都市ガス「まとめトク料金」とセットにすると、セット割で都市ガス料金が3%オフ
  • 約200拠点にも及ぶお近くのガスのお店やコールセンター等で、地域密着の丁寧なカスタマーサポートを提供
  • 燃料費調整額に上限がないため、燃料価格高騰時は単価を要確認

*出典:電力・ガス取引監視等委員会「制度設計専門会合」第74回 配布資料(2022年3月末時点)。新電力とは旧一般電気事業者以外の小売電気事業者

供給件数160万件突破!
*2022年2月時点
 
TOKAI  公式サイト
TOKAI

【中部エリア】
TOKAI

  • 中部電力*と比べて基本料金は割高だが、電力量料金が割安。電気使用量が多いとお得になりやすい料金設定
  • ガスとセットがおすすめ!東邦ガスの一般料金より3%安いガスとセットで使うと毎月200円お得
  • 燃料費調整額に上限がないため、燃料価格高騰時は単価を要確認
 公式サイト
電話で詳細を確認/申し込み  03-4540-6690
更新日