電気の周波数(Hz:ヘルツ)とは?

Looopでんきの申し込み

基本料金無料の電気料金プランに切替えませんか?[Looopでんき]

  • Looopでんきなら毎月の最低料金も基本料金もゼロ円
  • 解約金・違約金もゼロ円
  • 毎月300kWh以上利用する家庭なら従量料金もさらにお得
  • 今なら電話申し込みでもれなくAmazonギフト券プレゼント!キャンペーン詳細

▶セレクトラらくらく窓口:営業時間 9時~19時(年末年始を除く)

基本料金無料の電気料金プランに切替えませんか?

  • Looopでんきなら毎月の最低料金も基本料金もゼロ円
  • 解約金・違約金もゼロ円
  • 毎月300kWh以上利用する家庭なら従量料金もさらにお得
  • 今なら電話申し込みでもれなくAmazonギフト券プレゼント!キャンペーン詳細

▶セレクトラらくらく窓口:営業時間 9時~19時(年末年始を除く)

電気の周波数(Hz:ヘルツ)とは?
電気の周波数(Hz:ヘルツ)とは?

わたしたちの生活に欠かすことができない電気の周波数とHz(ヘルツ)について知っていますか?意外と知らない電気の周波数について、あらためてご紹介します。

  • 電気の周波数(Hz)とは,交流電気の入れ替わる波の回数の事です。
  • 日本の電気は、東日本は50Hzヘルツ西日本は60Hzヘルツと、地域によって2種類あります。

電気の周波数(Hz)とは?

電気には、直流交流の2種類があることをご存知でしょうか?

例えば、乾電池のように「+(プラス)」と「-(-)」といった電極があり、電気が一定の方向に流れるものは直流です。

一方、電力会社から送られてきてコンセントを通して使用している電気は交流です。

交流電気は電気のプラスとマイナスが常に入れ替わっているもので、実際のところ1秒間に何十回も入れ替わっているのです。

この交流電気の入れ替わる波の回数のことを周波数と呼び、周波数の単位にはHzヘルツを使用しています。

日本の電気の周波数は地域によて2種類

日本の電気は、東日本は50Hzヘルツ西日本は60Hzヘルツと、地域によって2種類の異なる周波数で電力会社から供給されています。

電気器具によっては、対応している電気の周波数が50Hzヘルツ)か60Hzヘルツ)か決まっており、周波数によっては使用ができなくなるものもあるのでご注意ください!
周波数について確認したい場合は、各電力会社に問い合わせてみましょう。

今より安い電気料金プラン・ガス料金プランをお探ですか?らくらく窓口なら電気代平均6%削減、最短5分で最適プランが見つかります。
 電話で相談する(0120-410-078)
らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

電気の周波数と電力自由化

2016年4月の電力自由化によって、わたしたち一般家庭も住んでいる地域に関わらず、全国の電力会社から好きな電気を選んで買うことができるようになります。

しかし、前述の通り、日本の電気の周波数は地域ごとに異なり、2種類の周波数が存在しています。

例えば、東日本の電力会社が供給している周波数50Hzの電気は、周波数60Hzの西日本にも送電することはできるのでしょうか?

じつは、周波数を変換する変換設備を通すことでと、周波数の異なる電気を東西へ送電することが可能になります。

現在、東京電力中部電力、さらにJ-Powerの3つの電力会社が、それぞれ新信濃変電所(長野)、東清水変電所(静岡県)、佐久間周波数変換所(静岡県)と日本の東西の境目あたりに周波数変換設備を所有しています。

東日本大震災以降、日本の安定した電力供給のために東西の異なる周波数の電気を融通することの必要性があらためて認識され、今後さらに周波数変換設備を増やす計画が発表されています。

周波数の変換能力が上がれば上がるほど、電力自由化後にも周波数ヘルツHz)の異なる地域をまたぐ全国的な電力供給がより容易になっていくでしょう。

どうして日本の周波数は統一しない?

しかし、電気の周波数をわざわざ変換するよりも、東日本の周波数50Hzヘルツ)と西日本の周波数60Hzヘルツ)をどちらかに統一してしまえばいいのではないでしょうか?

じつは、これまでに日本の2つの周波数の統一については何度も議論されてきているのですが、資源エネルギー庁調べにより、周波数の統一には莫大な費用がかかることが明らかになっています。

50Hzヘルツ)用に設計された機器を60Hzヘルツ)用に変更する、またはその逆の場合にも、発電所の発電設備や変圧器をすべて取り替える必要がでてくるからです。

さらに、電力を使用する需要家である工場や一般家庭などでも、場合によっては機器の取り換えが必要と予想されており、その総額は10兆円以上にもなると見積もられています。

また、これらの取り替えが完全に終了するまでには何十年もかかると計算されています。

このようなことから、周波数50Hzヘルツ)と60Hzヘルツ)を統一するよりも、周波数変換設備を強化する方がコストも時間も少なく済むという結論に達しているのです。

今より安い電気料金プラン・ガス料金プランをお探ですか?らくらく窓口なら電気代平均6%削減、最短5分で最適プランが見つかります。
 電話で相談する(0120-410-078)
らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

そもそもなぜ日本には周波数が2つある?

ところで、そもそもなぜ日本には50Hzヘルツ)と60Hzヘルツ)という2つの異なる周波数が存在するようになったのでしょうか?

その理由は、日本に電気が到来した際、東京ではドイツ製の周波数50Hzヘルツ)の発電機、大阪ではアメリカ製の周波数60Hzヘルツ)の発電機を使用し始めたからだと考えられています。

世界の周波数の違いを見てみると、現在もアメリカ側はも60Hzヘルツヨーロッパやアフリカ側は50Hzヘルツ周波数の電気が使用されています。

【セレクトラのオススメ】

セレクトラで人気No.1の新電力

アンペア数が高くても 基本料金無料

Looopでんきの特徴

  • 電気をよく利用する家庭・店舗・事業所におすすめ
  • 基本料金が無料、電力量料金も一段階でシンプル
  • 北海道から沖縄まで全国で販売(一部離島を除く)
  • 太陽光発電など再生可能エネルギー発電を積極的に利用
公式サイト

大手電力会社から切り替えるだけで安い

従量電灯プランと比べて 10%安い* *基本料金と電力量料金の合計金額

よかエネの特徴

  • 電気使用量が少なくても確実に電気代(基本料金+電力量料金)が安くなる
  • 都市ガスとセットならさらに電気代が2%安くなる
  • オール電化住宅向けプランは3%割引
  • 北海道から沖縄まで全国で販売(一部離島を除く)
公式サイト

家族向けにおすすめ

3人家族以上なら年間 1万5千円安い *東京電力従量電灯B・月400kWhの場合

HTBエナジー・プライムプランの特徴

  • 基本料金半額だから50A・60Aにおすすめ
  • 暮らしの困ったを解決・あんしんサポート付き
  • 北海道から沖縄まで全国で販売(一部離島を除く)
公式サイト
Pontaポイントが年間で 1320P貯まる *東京電力エリア・月400kWhの場合

まちエネの特徴

  • Pontaポイントが電気代1,000円につき10Pたまる
  • 映画割引券が購入できる
  • 東北、関東、中部、関西、四国で利用できる
公式サイト
更新日