関西電力と大阪ガスの電気料金を比較してみました。

関西電力と大阪ガスの電気料金を比較してみました。

関西電力と大阪ガスの電気料金を比較してみました。

電力自由化以降、電気の販売も開始した大阪ガス、そしてかつて、関西での電気の販売を独占してた関西電力。この2社の電気料金を比較してみました。また他にもっと安くなる電気料金プランはないのかも調べてみました。

  • 大阪ガスと関西電力の電気料金は、料金体系がちょっと異なります。
  • 大阪ガスのベースプランAと関西電力の従量電灯Aを比較してみました。

大阪ガスでも電気契約ができる

2016年4月に電力自由化が、さらに2017年4月から都市ガスの自由化がはじまったことにより、わたしたち一般家庭でも電力会社・ガス会社という垣根なしにおトクな電気を選べるようになりました。

「電力会社を変えて、電気代を節約したい。」と考えている人も多いのではないでしょうか?今回は関西エリアで電気のスイッチングを検討している人のために、関西最大手の電力会社である関西電力と大阪ガスの電気料金を比較してみました。

また、近畿地方では、関西電力と大阪ガス以外にも選べる電力会社がありますから、あわせてチェックしてみましょう。

関西電力と大阪ガス 電気料金の比較

では、実際に、大阪ガスと関西電力の電気料金を比較してみましょう。それぞれの電力会社で一番契約者数が多い、大阪ガスのベースプランAと関西電力の従量電灯Aを比べてみます。

どちらの電気料金も「最低料金(基本料金)」と「電力量料金」で成り立っています。「最低料金(基本料金)」は、固定の料金です。一方、「電力量料金」は、実際に使用した電力量(kWh)に応じてかかる料金です。「1kWhの電気の使用につきいくら」料金が設定がされています。

  • 関西電力「従量電灯プランA」
  1. 「最低料金」に15kWhまでの電気の使用が含まれる。(仮に、15kWhまでしか電気を使用しなかった場合は最低料金のみの支払いになります。)
  2. よって、「電力量料金」は、15kWh以上の電気の使用からの計算になります。
  • 大阪ガス「ベースプランA」
  1. 固定料金の部分が、1契約ごとの「基本料金」になっています。電気の使用量に関わらずかかる料金です。
  2. よって、「電力量料金」は、1kWhあたりの使用からかかります。
  3. 大阪ガスの都市ガスも契約していると、さらに1%電気料金が安くなります。
関西電力「従量電灯A」と大阪ガス「ベースプランA」の 電気料金の比較
最低料金
(基本料金)
関西電力
従量電灯プランA

関西電力
大阪ガス
ベースプランA

大阪ガス
15kWhまで   1契約につき  

電力量料金
(1kWhあたりの料金単価)

15 -  kWh   0 - 120kWhまで  
  -  kWh   120-200kWh  
  -  kWh   200-300kWh  
 kWh以上   300kWh以上  

大阪ガスと関西電力、どちらの電気料金を選べばいい?

上記に実際に、大阪ガスのベースプランAと関西電力の従量電灯Aの料金を比較してみました。

基本料金と最低料金で差があったり、電力量料金の部分の3段階の区切りも異なることが分かります。このため、実際にどれだけ電気を使用するかで、どれだけ安くなるかが異なります。このため、電気料金比較シュミレーションがよく活用されているのです。

電気の使用量が多い家庭は?

もう一度比較表を見てみましょう。基本料金(最低料金)は、関西電力より大阪ガスのほうが少し高いですね。しかも大阪ガスの基本料金には、15kWhまでの使用分は含まれていません。一方、電力量料金はひと月の電力消費量が120kWから300kWhまで、200k-300Whまでの電気の使用の場合1kWhあたりの料金がで関西電力よりも大阪ガスの方が安いことが分かります。

つまり、毎月の電気の使用量が多いなら、関西電力から大阪ガスへ乗り換えたときの電気料金が今よりも安くなる、ということが分かります。

大阪ガスの電気料金は、都市ガスとセットにすると、わずかではありますがさらに1%電気料金が安くなります。(長期2年割りも用意されていますが、途中解約すると2,160円の違約金がかかります。)

電気の使用量が少ない家庭は?

それでは、電気の使用量があまり多くない場合は、どうすればいいでしょうか、関西電力エリアで他に安くなる電気料金はあるのでしょうか。ご心配なく、関西エリアでも色々選べる電気料金があります。

例えば、H.I.S.のでんき(HTBエナジー)ならば、最低料金は関西電力と同じで120kWh以上電気を使用した場合の1kWhあたりの料金が安くなっています。120kWhの使用までなら電気料金が関西電力よりも高くなることは決してないというのが安心です。⇒ H.I.S.でんきの公式サイトで電気料金を比較してみる。

電気の使用量が少ない、ということは現在の電気料金がある程度抑えられているということですが、それでも「今よりも少しでも電気料金を安くしたい」という方は、ぜひこれらの新しい電力会社をチェックしてみてはいかがでしょうか。

大阪ガスvs関西電力 - 都市ガス料金

なんと大阪ガスが電気を販売しているのと同様に、関西電力も都市ガスの販売を行っています。どちらが安いのでしょう?もちろん気になりますね。

エコジョーズや床暖房を使用していなければ、関西電力の都市ガスは、大阪ガスの都市ガスよりも安く設定されています。

また、嬉しいことに、関西電力の都市ガスは、関西電力の電気契約をしていなくても契約が可能なのです。ですから、都市ガスだけ「誰でも大阪ガスよりも安くなる」関西電力の都市ガスを選んで契約してもOKなのです。

とりあえず、ガスの使用量に関わらず、関西で大阪ガスの都市ガスを契約している人はガスだけでも関西電力に切り替えた方が必ずお得ということになります。

我が家はLPガスを使っているのだけど・・・?

持ち家、一軒家でLPガスを使用している方なら、LPガスの販売店は自由に選ぶことが可能です。現在契約のLPガスは見積もりをとり、複数社の料金を比較して決めましたか?LPガス料金の見直しは一括見積りサービスが便利です。

Expert's name

関西での光熱費節約のテクニック

大阪ガスの電気料金(ベースプランA)と関西電力の従量電灯Aの電気料金を比較しました。料金構成が違うため、単純にどちらが安いか比べることができないということが分かりました。

しかし、120kWから300kWhまで、200k-300Whまでの電気の使用の場合1kWhあたりの料金が大阪ガスの電気料金よりも大阪ガスの方が安いので、電気の使用量が多ければ大阪ガスへの切り替えで電気料金が安くなる可能性が高いことが分かりました。

一方、都市ガスならば電気の使用量に限らず、関西電力の都市ガスの方が安いので、これは迷わず関西電力の都市ガスに切りかえることができます。

そうなると、家計全体の光熱費を下げるならば、今より安くなる電力会社を選ぶことがポイントということなります。

繰り返しとなりますが、大阪ガスの電気料金は、使用量によってお得度が変わります。他にも安くなるプランは色々ありますから、大阪ガスと関西電力だけでなく、他の電力会社を比べて安くなるものを探してみるのが、ご自宅の光熱費を安くする最善の方法になります。

  • 都市ガスは関西電力の都市ガスを選びましょう。
  • 電気料金は、大阪ガスだけでなく、他の電力会社を探してみましょう。
関西エリアで選べる電気料金プラン
 電力会社 特徴 電力会社 特徴
Looopでんき
  1. 基本料金がゼロ円。電力量料金も1段階のみ。
  2. 30分毎の電気の使用量の分かるアプリを無料で提供。
H.I.S.のでんき
(HTBエナジー)
HTBエナジー
  1. 電気の使用量が少なくても安くなる可能性があります。

ミツウロコ
グリーンエネルギー

ミツウロコ

  1. 関西電力の電気料金に準じたプランを提供しています。
洸陽電機
洸陽電機
  1. 関西発の新電力。

丸紅新電力
丸紅新電力

  1. 森林保護に貢献できるプランなども提供

楽天・まちでんき
楽天エナジー

  1. 楽天ポイントが貯まる。
更新日