モバイル回線・WiMAX(ワイマックス)とは?- WiMAXの特徴や注意点
WiMAX

工事が不要でいつでもどこでもすぐ使えるモバイルインターネット回線、WiMAX(ワイマックス)。だけど、WiMAX(ワイマックス)ってなに?気になるけど、良くわからないという方のためのWiMAX講座。

  • WiMAXは実は通信規格の名前であり商品名でもあります。
  • WiMAX(ワイマックス)は工事不要なので、費用も時間もかからずにインターネット生活を始められます。
  • WiMAX(ワイマックス)はルーターさえあれば場所を選ばす、インターネットのできる便利なモバイル回線です。

今より安いインターネットは?お引越しで新しいインターネット契約が必要?
簡単な質問に答えるだけで、ベストなプランを提案します。ご相談フォームはこちら。
電話でも受付:050-3196-9639(相談無料)までお気軽にお電話ください。

WiMAXってなに?

WiMAX(ワイマックス)とは、何でしょうか?モバイル回線の商品名だと思う方が多いとは思いますが、実は無線通信技術の規格名です。

いきなりよく分からないかもしれません。もう少しかみ砕いて説明します。

無線でデータ通信をする方法には、いろいろな方式(規格)があります。例えば、Wi-FiやBluetooth、携帯電話の通信規格でよく耳にする3G、4GやLTEもすべて無線通信の規格の種類です。

つまり、無線でインターネットや電話をするには様々な規格があり、「WiMAX(ワイマックス)はそれら通信規格のうちの1つである」、と理解していただければ良いと思います。

  • WiMAX(ワイマックス)は「無線」通信技術の名称です。

WiMAXでできることは?

モバイル回線・WiMAX(ワイマックス)とは?- WiMAXの特徴や注意点

スティックタイプのWiMAX(ワイマックス)ルーター。スタイリッシュです。

WiMAX(ワイマックス)とは何か?についてはご理解いただけましたでしょうか?通信規格の1つ、無線で通信をするための規格名の1つということが分かりました。

続いてWiMAXで何かできるのか?をチェックします。WiMAXを使うと、光回線のような工事などをせずに、家の中でも外でも、場所を選ばずインターネットができます。

具体的にはWiMAX専用のルーターを自宅に置く、または外出先に持っていくことで、ご使用の端末(スマホ・タブレット・ゲーム機・パソコン)をインターネットに接続することが可能になります。

  • WiMAX(ワイマックス)は工事などせずにすぐにインターネットをすることができます。
  • WiMAX(ワイマックス)なら、場所を選ばす、インターネットをすることがでます。

WiMAXはなぜ人気なの?- メリット

WiMAX(ワイマックス)なら場所を選ばす、インターネットができる。」は、確かに魅力的だけど、それだけですか?外でインターネットをするなら、Wi-Fiが無料のカフェに行けばいいだけじゃないの?という方のためにその他のWiMAX(ワイマックス)の人気ポイントを挙げてみます。

 WiMAXなら工事がいらない。ルーターが自宅に来たらすぐにインターネット。

例えば、光回線の場合、工事が必要ですが、WiMAX(ワイマックス)ならルーターを購入し、自宅に送ってもらえばすぐにインターネットが使用できます。

光回線は速さと安定度が魅力的なインターネットの光回線ですが、工事に立ち会わないといけないのが煩わしいと感じる人も多いでしょう、加えて光回線の工事費は結構かかります。

インターネットをすぐ使いたい、また、移動や出張、旅行が多く自宅でインターネットを使用することが少ない、もしかしたら割とすぐ引っ越しをしなくてはいけないかも、という方にはWiMAXはとっても便利なオプションです。

光回線に比べると、WiMAXの機動性の高さが際立ちます。このように場所を選ばすインターネット接続を可能にしてくれるためWiMAX(ワイマックス)はモバイル回線とも呼ばれています。

 WiMAXならケーブルやモデムがなく部屋がすっきり。

モバイルWi-Fi徹底解説・WiMAX(ワイマックス)はおすすめ?

WiMAX(ワイマックス)ならいつもケーブルが目に付く・・・ということがなくなり、お部屋がスッキリします。

光回線でもADSLも固定回線のため、ケーブルのある有線回線ですね。つまりケーブルがお部屋の片隅ににいつも存在しています。またモデムも置いておかなければなりません。

これらは、見た目があまり美しくないのに加え、ほこりが溜まっても掃除がしにくいと思っている人も多いはず。WiMAX(ワイマックス)なら手のひらサイズのルーター1台で、インターネットが可能。光回線のような有線のネットにありがちな煩わしさがないのがWiMAX(ワイマックス)の魅力でもあります。

お部屋をすっきりさせたい人、インテリアにこだわる人にもWiMAX(ワイマックス)は人気です。

 WiMAXは通信速度が速い

WiMAX(ワイマックス)は、持ち運びできるインターネット回線としては通信速度が非常に速いという特徴もあります。

最新のWiMAX2+を選べば、下りの最大速度は440Mbpsです。ただし携帯可能なモバイル回線でありながら、トータルでみても、WiMAXのスペックは固定回線のインターネット、ADSLに勝っているんですね。

 使い放題のプランもある

WiMAX(ワイマックス)では、月間データ容量が7GBまでのプランと使い放題の料金プランから選べます。データ量の上限なしのプランは、通信容量を気にせずにインターネットを使用したい人にはもってこいです。

 WiMAXはスマホを含めた通信費の節約にも効果あり

自宅のインターネットをWiMAX(ワイマックス)にしたとします。自宅のインターネット接続はWiMAX1つで済みますね。

そして同じWiMAXルーターを外出でも持っていくとします。そうすれば、スマホのインターネット接続はWiMAX経由にすることが可能ですので、スマホ契約で選んでいたデータ容量を減らすことができますから、スマホ代を安くすることができます。

月々のスマホ代が高いなと思っている方は、WiMAX(ワイマックス)を使用すればデータ容量を減らせますから、ぐっと毎月の通信費がかなりシェイプアップできます。

スマホ代を安くする方法としては、大手キャリアから格安SIMにするという方法もありますが、格安SIMの場合は時間無制限の通話オプションがほとんどありませんので携帯通話の重要度の高い方にはニーズが完全に合致しないとも言えます。

大手キャリアとの契約はそのままにデータ通信費を安くしたいという方は、WiMAX(ワイマックス)は非常にいいとこどりの利便性の高いオプションともいえます。

参考までに、光回線インターネットと大手キャリアのスマホのデータ通信とWiMAXの料金を比較してみました。

光回線インターネットとスマホのデータ通信とWiMAXの料金の比較(すべて税抜き)
回線の種類 データ容量 月額料金 初期費用 特徴
光回線インターネット契約
NURO光の場合)
無制限 4,743円
(一戸建てや7階以下のマンションの場合)
43,000円
(契約手数料 + 工事費)
  • 自宅のインターネットもスマホのデーター通信もWiMAX1つでOK
  • 両方を契約するよりもとってもお得
  • どのデータ容量で契約をしていてもWiMAX(ワイマックス)に置き換えて、スマホの契約を変更すればば月々のスマホ代が安くなります。
スマホのデータ定額料金
(ソフトバンクの場合)
ドコモと格安SIMの料金を比較
1GB 2,900円 事務手数料 3,000円
+ 端末費
2GB 3,500円
5GB 5,000円
モバイル回線のWiMAX
7GB 3,696円 事務手数料 3,000円
+ 専用ルーター代
無制限 4,380円

WiMAXのデメリットや注意点は?

 専用のWiMAXルーターが必要

WiMAXは、専用のルーターを買う必要があります。光回線の初期工事費に比べたら費用的には大きなものではありませんが、WiMAXの専用のルーターは無償ではなく、購入の必要があります。

WiMAXの契約WiMAXの契約の直前で、ルーター買わなきゃいけないの?と驚かないためにもあらかじめ理解しておきましょう。

 WiMAXは2年自動契約のプラン

WiMAX(ワイマックス)のプランのほとんどが、2年もしくは数年の自動更新のプランとなっています。

2年自動更新とは、WiMAX解約をしたい場合に「更新月(契約満了月)」に解約をしないと解約料金がかかるというものです。(課金請求日を含む月を1か月目として25か月目が契約満了月になります。)

解約月は、ご自身のマイページでも確認できます。

WiMAXの解約金は、最初の13か月は、19,000円、14-25か月は、14,000円、26か月以降は9,500円の設定になっています。

ただし、光回線のように、引越しするから解約しなくてはいけない、ということはWiMAX(ワイマックス)にはないので安心です。お引越し先でもすぐに引き続きWiMAX(ワイマックス)を利用してインターネットができるので便利です。

 室内で電波が届きにくいことも

WiMAXは高速での通信を可能にするため、周波数の高い電波を使用しています。周波数が高いと通常の無線回線よりも障害物に弱いという弱点があります。

障害物のたくさんある室内(壁やドアがたくさんある)の場合は、電波が弱くなる可能性もあります。そのような場合は、WiMAXのルーターを窓側におくか、室内での使用をサポートしてくれるアクセサリーを使用してカバーするという方法あります。

 データ容量を使いすぎると速度制限がある

WiMAXの場合は、データ通信量使い放題の料金プランを選んでいても、3日間で10GB以上の通信をすると、速度が遅くなるという速度制限があります。

このような制限はスマホの場合もありますが、固定タイプのインターネット回線にはない違いなので注意が必要です。

ただし、速度制限される時間帯は、夕方から夜中までです。昼間には影響はありません。

もし、自宅にWiMAX(ワイマックス)の電波があまり入らなかった、速度制限は嫌だ、インターネット回線はもっと高速な光回線が良い、というなら光回線のNURO光がオススメです。

NURO光は下り最大2Gbpsの超高速がウリの光回線サービスで、無線LAN・セキュリティサービスも月額料金の中に含まれています。

サービス提供エリアも徐々に広がっており、キャッシュバックキャンペーンもやっているので、光回線を契約する方などは検討してみてはいかがでしょうか。

WiMAX契約までのプロセスと費用

WiMAXルーターを購入+希望するWiMAX料金選ぶ→ルーターが届いたら、すぐインターネット

WiMAX契約までに必要なプロセスは、有線のインターネットに比べてもとっても簡単です。まず、WiMAXのルーターを選び購入します。その後、希望するWiMAXの料金プランを選びます。契約が済んだら、WiMAXのルーターがご自宅に送られてきます。お手もとに届いたらすぐにWiMAXでインターネット生活のスタートです!

  1. WiMAXルーターを購入
  2. WiMAXの料金プランを選ぶ
  3. 郵送されるWiMAXルーターを受け取ってインターネットの使用開始!

WiMAXの使用にかかる費用

WiMAXの契約には必ずWiMAXルーターの購入が必要です。そして、登録手数料が3,000円(税抜き)がかかります。あとは、月々の料金です。この3点がWiMAXライフのスタートに必要な費用です。

WiMAXルーターは、2,800円から5,400円(税抜き)という価格帯になっています。

  1. WiMAXルーターの購入代金
  2. 登録手数料が3,000円(税抜き)
  3. WiMAXの月間手数料

WiMAXってどんなインターネット回線? - まとめ

モバイルWi-Fi徹底解説・WiMAX(ワイマックス)はおすすめ?

WiMAXなら、お気に入りのカフェだけど無料のWi-Fiがなくても大丈夫。どこでもインターネットできるのがWiMAXの魅力です。

おうちの中でも外出先でも使えるWiMAX(ワイマックス)をご紹介しました。有線のインターネットにはない魅力的な特徴がたくさんです。

インターネット開通のために特別な工事も一切不要ですから、開通までの煩わしさもありません。

通信の安定性に関しては、光回線の安定性には、「持ち歩く=インターネットを使用する場所が変わる」を前提としたWiMAXはかないません。家族の人数が多く、同時にそれぞれ高画質の動画を観る、そんな家庭ならば光回線の方が良いかもしれません。

しかしながら、工事も不要、気軽に場所を選ばずインターネットを始められる、という点においては、光回線はWiMAX(ワイマックス)かないません。単身世帯やカップルなどにはかなり利便性の高いプランです。

「あれ?意外に家でインターネットしないかも?」「光回線の料金が結構高いなぁ」という人はWiMAX(ワイマックス)はおすすめです。

逆に意外に外でインターネットはほとんどしない、外出先でスマホでデータ通信もしないという方はNURO光などの光回線の方がいいでしょう。自分のインターネット使用状況と予算に合わせてベストなインターネットを選ぶ必要があります。

WiMAX(ワイマックス)の公式サイト で、WiMAXキャンペーンやプランの詳細などを、ご覧いただけます。

公式サイトへ

更新日

ガイド - モバイル回線・WiMAX(ワイマックス)とは?- WiMAXの特徴や注意点