▷ インターネットのスピードテスト - 回線速度を測定してみよう

インターネット 通信速度

「インターネットの通信速度が遅くて困っている。」そんな場合、まずは現在お使いのインターネットの通信速度を測定してみませんか?以下のスピードテストを利用することで、光回線もしくはADSLの通信速度を簡単に調べることができます。もちろん、このページではどのように通信速度の問題を解決すべきかも具体的にご紹介します。

スピードテスト - 光回線・ADSLの通信速度を測定

インターネットに接続さえされていれば、特別な準備は不要です。通信速度の測定は、以下の環境で行うようにしてください。

  1. アップロードもしくはダウンロードをしている場合は止める。
  2. このページ以外のウェブページはすべて閉じる。
  3. すべてのプログラムやオンラインツールは閉じる。

あとは、ツールの中央の「Start test」をクリックするだけです。

スピードテストはなんのため?

光回線やADSLでも、プロバイダーのサイト上で掲載されいてる通信速度は、論理的に可能な最大の速度です。このため、実際には、提示されている値よりも通信速度は遅いというのが事実です。

この件に関しては、「通信速度はベストエフォートであり、実効速度として保証するものではありません。」といったような文言でプロバイダーのサイト上で補足説明が加えられているのが一般的です。

今利用しているインターネットの回線速度がどれくらいなのか「実行速度」を調べるには、スピードテストを利用する必要があります。

なぜ通信速度を調べるべきなのか?

通信速度を測定することで、今お使いのインターネットがなぜ遅いのか原因を特定するのに役に立ちます。

例えば、オンラインのツールを利用していて、急に速度が落ちたと感じたら、スピードテストで速度を確認してみると良いでしょう。インターネットの速度が遅いのが原因か、ツールの問題なのか、特定することができます。スピードテストで十分な結果が出ているにも関わらず、遅いと感じるならば、やみくもに回線を疑うのではなく、冷静にそれ以外の原因を追究していくことができます。

またADSLから光回線に変えた人はその速度の変化ぶりを数字で確認してみるということもできますね。

スピードテストの結果から分かることは?

このスピードテストでは、1. 下り速度(ダウンロード時の通信速度)、2. 上り速度(アップロード時の通信速度)、3. レイテンシ、4. ジッターといった4つの項目を確認することができます。

また、回線速度の測定にあたり、当然ながらIPアドレスおよびインターネットプロバイダー(回線事業者)の情報も取得され、表示されます。

Mb/s(Mbps)やGb/s(Gbps)って何?

インターネットの通信速度を表す単位です。1秒間にどれくらいのデータを送れるのか表しています。1秒に送れる情報量のによって、「速い」、「遅い」を判断しています。

M/sは、Mbps(メガビーピース)、メガビット/秒と同義です。Gb/sも速度を表す単位で、他にもGbps(ギガビーピース)やギガビット/秒が使用されています。

1000Mbpsイコール1Gbpsです。つまり、MbpsよりもGbps(メガビーピーエス)は1秒にたくさんの情報を送ることを意味ます。よって、通信速度の速い光回線には、ギガの単位(Gbps)が、そして速度で劣るADSLにはメガの単位(Mbps)が利用されています。

ビットとバイト8ビット(bit, b)の8倍が1バイト(byte, MB)です。ビットとバイトは異なるので注意しましょう。スマホのデータ容量の単位ではバイト(byte, MB)が使用されています。

下り速度と上り速度の意味・違いは?

下り速度」は、どれだけスムーズにデータが「流れて」きているかに関係します。つまり、オンラインで音楽を聴く、動画・映画を観るための速度、もちろん、オンライン上にあるファイルをダウンロードをする速度などを決定するのが「下り速度」というわけです。

一方、「上り速度」はアップロードする時の速度をつかさどります。具体的には、写真などをオンライン上にアップする、Eメールを送るといった場合の速度はこの「上り速度」が左右するのです。

ごく一般的なインターネットの使用方法を考えると、利用している回線が、いかになめらかで速度に問題がないかどうかは、主に「下り速度」がものを言うということが分かります。下り速度が良ければ、ストレスフリーでネットが利用できる環境であると言えるでしょう。

レイテンシ(Latency)とは?

回線速度に加えて、このスピードメーターでは、レイテンシを計測することが可能です。

レイテンシは、データの転送要求を出してから、データが送られてくるまでの通信の遅延時間を把握するために使用される指標です。遅延時間を計る単位ですから、レイテンシが低ければ、「通信速度」が速い、レイテンシが高い場合は「通信速度が遅い」、となります。

レイテンシはレスポンスタイム(Response Time)やピン値(Ping値)とも呼ばれることもあります。

レイテンシには単位には、ms(ミリ秒)という単位が利用されます。

ジッター(Jitter)とは?

ジッターは、電気信号の揺れやばらつきのことを指します。

ジッターも遅延時間の長さを計るものなので、値が高いと、通信がスムーズではない、値が高いとサクサク・なめらかである、ということです。

例えば、ビデオ電話などで、固まってしまったり、途切れてしまったりするならば、ジッター値が高いからかもしれません。

「通信速度の速い」インターネット回線とは?

今までで説明をした測定項目の結果が良ければ、「通信速度の速いインターネットである」と判断することができます。

  • 下り速度が速い
  • 上り速度が速い
  • レイテンシが低い
  • ジッターが低い

これらのうち1つでも、十分な値が出ていなければ、インターネット利用時のイライラの原因となります。「インターネットが遅い!」と思ったら、ご自分の回線のうちどの項目にが問題あるのか、このスピードメーターで調べてみると良いでしょう。

毎日使うインターネット、どのくらいの数値ならOKと言えるの?

スピードメーターがどのくらいの数値であれば、私の今のインターネット回線はサクサクとスムーズにインターネットが使えるものであると判断することができるのでしょうか?

これは、ご自身のインターネットの使用のスタイルに大きく左右され、異なります。インターネットの使用目的が、サイトの閲覧やオンラインで記事を読んだりする程度か、それとも、頻繁に音声や画像ファイルをダウンロードする、または、ストリーミングで頻繁に映画を観る、かによって必要とする速度は異なります。

自分のインターネットの使用スタイルを振り返り、必要な速度を選ぶことが重要です。

インターネットの速度とダウンロード時間のめやす
回線タイプ 速度 サイト1ページ (250Kb) 高画質動画
(約4GB)
8メガピクセルの写真20枚 (約500MB)
ADSL 2 Mbit/s(Mbps) 1 秒 4時間45分 33分30秒
8 Mbit/s(Mbps) 0,3 秒 1時間15分 8分30秒
光回線
(VDSL配線方式)
50 Mbit/s(Mbps) < 0,1 秒以下 11分 1分30秒
光回線
(光配線方式)
500 Mbit/s(Mbps) < 0,1 秒以下 1分10秒 8秒

利用中のインターネットの通信速度を決定するもの

各プロバイダーや回線事業者がサイトで表示している「最大通信速度」が、重要な項目であることは間違いありません。ベストな環境における、論理的に出る、最高速度が提示されているとはいえ、この最大通信速度が高ければ、高いほど、実際にインターネットを利用するときに出る実効速度にも当然ながら影響を及ぼします。

しかしながら、他にも速度に関係する要素があります。代表的なものは以下のようです。

  • NTT収容局から自宅までの距離(ADSL)の場合
  • 光回線の配線方式(集合住宅の場合)
  • プロバイダによる接続サービスのキャパシティー
  • 一本の光回線ケーブルが何人の利用者でシェアされているか

インターネットの速度が遅いなと思ったら?

まずは、スピードテストで回線速度を測定してみましょう。どのような結果が出るでしょうか。

回転速度が遅い場合には取れる対策はいくつかあります。原因や理由は複合的な場合もあり、以下でご紹介する対策が100%有効というわけにはいきませんが、解決に役立つこともあるでしょう。参考にしてみてください。

ルーターの電源を一度切る

電源を入れなおすことで、通信速度の問題が解消されることがあります。

ルーター(プロバイダーによってオリジナルの名称がついていることがあります。)の電源を一度落とし、30秒ぐらい経ってからまたスイッチを入れてみましょう。

LANケーブルで直接つないでみる

Wi-Fiでインターネットをしている場合は、LANケーブルで直接パソコンをつないでみましょう。無線でつないでいることによりインターネットが遅くなっているのかもしれません。

LANケーブルにつないでから、スピードテストでパフォーマンスをチェックしてみましょう。測定結果に問題がないようであれば、Wi-Fiが理由、もしくはWi-Fiルーターの性能に問題がある可能性が出てきます。

他の回線を検討してみる

ADSLを利用している場合は、光回線を検討してみる、すでにフレッツ光の光回線を利用している場合は、フレッツ光以外の光回線(NURO光auひかりなど)を検討してみましょう。

いずれの場合も、お住まいの地域では、サービスの提供がない場合もあります。まずは各サイトで今お住まいの地域が、サービス提供エリアに入っているかをまずは調べてみましょう。

フレッツ光以外の光回線インターネット
全国対応の光回線 auひかり
J:COM
地域対応の光回線 関東/東海/関西エリア NURO光
愛知県/岐阜県/三重県/静岡県 コミュファ光
関西エリア/福井県 eo光
山口県/広島県/岡山県/島根県/鳥取県 メガ・エッグ
四国エリア ピカラ光
九州エリア BBIQ光

Wi-Fiルーターのチャンネル設定を変える

ネットのスピードが遅いと思ったら、Wi-Fiルーターの設定チャンネルを使用者の少ないものに変更してみましょう。

この方法は、住宅の密集しているエリアにお住まいの場合に有効です。何人も同じWi-Fiチャンネルを利用している場合は、速度低下の原因になっている可能性があります。

ご自身でルーターを購入して利用している場合、ご自身でルーターの管理画面に行きチャンネルの変更を行います。ルーターのメーカーによって、手続きが異なりますので詳細は各人で確認していただく必要があります。

Wi-Fiルーターをレンタルしている場合は、各プロバイダーにWi-Fiチャンネルの変更が可能か否か、そして手続き方法について問い合わせる必要があります。

インターネットプロバイダーやサービスを変更する

色々試してみても、インターネットの通信速度に満足できない場合やスピードテストを行った結果、数値が好ましくない場合は、プロバイダーの変更、または回線の種類の変更を積極的に考えてみた方が良いかもしれません。

すでに光回線の人は、IPv6(IPoE)接続サービスの提供のあるプロバイダーにする、もしくはNTTのフレッツ光を使ったインターネットを利用している場合は、独自の光回線を使っている事業者に変える、と言った方法をとることができます。

更新日