電気料金・ガス料金の比較

電話で電気・ガスの切替相談

只今のお時間は弊社コールセンターの営業時間外となります。営業時間内に改めてお電話いただくか、無料の電気ガス料金比較ツールをご利用ください。

電話で電気・ガスの切替相談

只今のお時間は弊社コールセンターの営業時間外となります。営業時間内に改めてお電話いただくか、無料の電気ガス料金比較ツールをご利用ください。

北陸電力より安い電気料金プランは? - 北陸エリア・電気料金比較

北陸電力より安い電気料金
北陸電力より安い電気料金プランは? - 北陸エリア・電気料金比較

電力会社の切り替えを検討中の方のために、北陸電力より安い電気料金を提供している新電力について調べてみました。実際の電力会社の切り替えで気になるポイントなども解説します。

  • 最も契約者数が多い「従量電灯B」を基準に、北陸電力より安い電気料金プランを探してみました。
  • 実際の電気料金の切り替えの際に気になるポイントもチェックしていきます。

北陸電力以外の電力会社が選べるのはなぜ?

日本には北陸電力をはじめ、全国に10の大手電力会社が存在しています。そしてかつてはこのような大手電力会社は、それぞれの管轄地域の電気販売を独占していました。北陸電力ならば、富山県・石川県・福井県を中心とした決められた地域の「電気販売独占」をに行ってきたわけです。当然ながら、他の地域も同様です。例えば、東京電力ならば関東エリアの電気の販売を独占していました。

しかしながら、このような電力販売の地域独占という規制が「2016年の電力自由化」により取り払われ、大手電力会社以外でも電気の販売ができるようになりました。こうして、今までの地域の電力会社(北陸電力)に加え「新電力」と呼ばれる新しい電力会社が選べるようになったのです。

この電力自由化、「販売」が自由になったというのが”ポイント”です。発電や送電は、今まで通り大電力会社(北陸電力)が行います。電力会社を変えても電気の質は変わらないといわれるのにはこういった理由があります。

また新電力は料金設定を工夫し、北陸電力よりも魅力的な電気料金を提供しています。電気そのものは同じですから、北陸電力より安い電気料金があるならば切り替えた方がお得になることはあきらかです。

北陸電力「従量電灯プラン」と新電力の電気料金を比較

さっそく本題、北陸電力より安い電気料金を探してみましょう。

北陸電力で一般的な電気料金は、従量電灯プランと呼ばれるプランです従量電灯は契約件数も最も多く、オール電化の家庭でなければ、ほとんどの家庭で契約されている電気料金と考えられます。

このため、ここでも北陸電力の従量電灯プランと新電力の電気料金プランを実際に比較してみます。

北陸電力(従量電灯B)と新電力の電気料金の比較
基本料金
契約アンペア数 北陸電力
従量電灯B
北陸電力
Looopでんき
おうちプラン
Looopでんき
リミックスでんき
従量電灯B
リミックスでんき
HTBエナジー
プライムプラン
HTBエナジー
10A 242.00円 0円 提供なし 提供なし
15A 363.00円
20A 484.00円
30A 726.00円 689.70円
40A 968.00円 919.60円
50A 1210.00円 1149.50円 605.00円
60A 1452.00円 1379.40円 726.00円
電力量料金
電力使用量 北陸電力
従量電灯B
Looopでんき
おうちプラン
リミックスでんき
従量電灯B
HTBエナジー
プライムプラン
120kWhまで 17.85円 26.40円 16.95円 19.91円
120kWh超えて300kWhまで 21.74円 20.65円
300kWh超える 23.45円 22.27円

実際に電気料金はどのくらい安くなるの?

上記に実際の北陸電力と新電力の電気料金表を掲載しました。しかし、北陸電力の電気料金の計算方法を熟知している人でなければ、どれだけ実際に電気料金が安くなるのか料金表だけではわかりづらいものです。

そこでここでは実際にどのような人がどのくらい電気料金が安くなるのか、特徴・ポイントとともにを紹介します。「あ、これは電気料金プランは自分の条件にあっている」というものがあれば公式サイトでシュミレーションをしてみるのが簡単で便利です。

北陸電力以外の電力会社にするとどれくらい電気料金は安くなるの?
電力会社 節約額の目安

公式サイト

☎️03-4571-1508
40Aで520kWhなら毎月約1000円お得

Looopでんきの特徴

  • 基本料金がゼロ円。電力量料金が一段階と最もシンプルで分かりやすいプランを提供。
  • 極端に電気の使用が少ない方以外電気料金が安くなります。
  • 1時間毎の電力使用量や節約額、請求情報等をアプリで簡単にご確認できます。
 
リミックスでんき
公式サイト
30Aで200kWhなら毎月約230円お得

リミックスでんきの特徴

  • 30A以上なら基本料金・電力量料金が大手電力会社より5%安くなる。
  • 使用量が少なくても切り替えるだけで確実に安くなるのが特徴。
 
HTBエナジー(H.I.S.のでんき)
申し込み方法
60Aで700kWhなら毎月1600円お得

HTBエナジーの特徴

  • 20A・30A・40Aなら基本料金と従量料金が2%〜9%程度安くなります。
  • 50A・60Aなら基本料金が半額、電力量料金が1段階でさらにお得。

北陸電力エリアではどのような電力会社が選べるの?

北陸電力より安い電力会社を選ぶことができる事がわかりました。それでは具体的に北陸地方ではいったいどんな電力会社を選ぶことができるのでしょうか。実は北陸電力エリアにもたくさんの新電力は登場しています。特徴や申込み先も合わせて調べ、一覧にしてみました。

北陸エリアで選べる電力会社はこんなにあります。それぞれ、特徴と利用できる主な料金プランのタイプをまとめました。

マークの説明
マーク 説明
基本料金がゼロ円の料金プランがある新電力契約アンペア数が大きいと、節約できる電気代が大きくなります。
月300kWhなど決められた電気使用量の電力量料金が定額になるプランがある新電力。定額の電気使用量を超えると、大きく電気代を節約できます。
北陸電力の最も基本的な電気料金プラン、従量電灯プランに相当するプランがある新電力。ほぼ全ての新電力にこのプランがあります。
オール電化向けの、深夜料金が安くなるプランがある新電力。対応している新電力はあまり多くありません。
マンションや店舗などの、エレベーターや業務用空調機などに利用される動力プランがある新電力
北陸エリアで選べる新電力一覧
電力会社 特徴

公式サイト

Looopでんき【オススメ!】

  • 基本料金がゼロ円。電力量料金が一段階と最もシンプルで分かりやすいプランを提供。
  • 極端に電気の使用が少ない方以外電気料金が安くなる。
  • 1時間毎の電力使用量や節約額、請求情報等をアプリで簡単にご確認できる。
  • 北海道から沖縄まで全国で利用できる。(一部離島を除く)

  

 

公式サイト

ENEOSでんき

  • 120kWh以上の従量料金が安くなる。
  • ENEOSカードの利用者向けの特典がある。

 

 
出光昭和シェル
公式サイト

出光昭和シェル

  • 従量電灯プランに対応していて、従量料金が安くなる。
  • オール電化プランに対応していて、基本料金が安くなる。
  • 出光昭和シェルのガソリンが1Lあたり2円安くなる。電気自動車ユーザーにも電気料金割引特典がある。
  • 今の申し込むと電気代3ヶ月10%割引【2020年10月31日まで】

 

 

公式サイト

シン・エナジー

  • 基本プランなら基本料金が3%安くなる、従量料金も最大4.4%安い。
  • 電気を多く使う家庭・オール電化など深夜に電気を使う家庭なら【夜】生活フィットプランがお得。
  • 在宅ワークなど昼間に電気よく使う家庭なら【昼】生活フィットプランがお得。
  • 今申し込むとEJOIKAセレクトギフトカード3000円分プレゼント【2020年9月30日まで】

  

 
自然電力のでんき
公式サイト

自然電力のでんき

  • 実質100%自然エネルギーの電気が利用できる。
  • 市場価格と連動するため料金が30分ごとに変化する。

 
ピタでん
公式サイト

ピタでん

  • 大家族など、毎月500kWh以上使う家庭なら500kWhまでが定額になる「使いたい放題プラン」がおすすめ
  • 基本料金ゼロ円・従量料金1段階の「使った分だけ」プランもある。

  

 
親指でんき
公式サイト

親指でんき

  • 基本料金がゼロ円。従量料金も一段階でシンプルなプラン。
  • ペットがいる家庭向けのプランや、ゲーマー向けのプランがある。

   

 
ミツウロコでんき
公式サイト

ミツウロコでんき・ガス

  • 大手電力会社に比べて120kWh以上の電力量料金が安くなる。

 
HTBエナジー
公式サイト

HTBエナジー

  • 30A・40Aなら基本料金と従量料金が5%〜8%程度安くなります。
  • 50A・60Aなら基本料金が半額、電力量料金が1段階でさらにお得。

 
ジニーエナジー
公式サイト

ジニーエナジー

  • 大手電力会社の従量電灯プランと比べて基本料金が半額
  • 300kWh以上利用する家庭なら大手電力会社よりもお得になる。
  • 市場価格に応じて、毎月電気料金が変動するのが特徴。

 

 
Japan電力
詳しく見る

Japan電力

  • 基本料金がゼロ円。使用量が多いと1kWhあたりの料金が安くなる。

  

 

公式サイト

どうぶつでんき

  • ファミリープランなら、北陸電力会社より基本料金が安くなる。
  • 生活安心プランなら、従量料金が1段階で120kWh以上の料金が安くなる。
  • 動物愛護団体に収益の一部が寄付される。

 
ハルエネでんき
公式サイト

ハルエネでんき

  • 基本料金もしくは従量料金が安くなる。
  • 法人限定(店舗・事業所など)の特典がある。

 

マークの説明

基本料金がゼロ円の料金プランがある新電力契約アンペア数が大きいと、節約できる電気代が大きくなります。

月300kWhなど決められた電気使用量の電力量料金が定額になるプランがある新電力。定額の電気使用量を超えると、大きく電気代を節約できます。

北陸電力の最も基本的な電気料金プラン、従量電灯プランに相当するプランがある新電力。ほぼ全ての新電力にこのプランがあります。

オール電化向けの、深夜料金が安くなるプランがある新電力。対応している新電力はあまり多くありません。

マンションや店舗などの、エレベーターや業務用空調機などに利用される動力プランがある新電力
北陸エリアで選べる新電力一覧
公式サイト

Looopでんき【オススメ!】

  • 基本料金がゼロ円。電力量料金が一段階と最もシンプルで分かりやすいプランを提供。
  • 極端に電気の使用が少ない方以外電気料金が安くなる。
  • 1時間毎の電力使用量や節約額、請求情報等をアプリで簡単にご確認できる。
  • 北海道から沖縄まで全国で利用できる。(一部離島を除く)

  

 
公式サイト

ENEOSでんき

  • 120kWh以上の従量料金が安くなる。
  • ENEOSカードの利用者向けの特典がある。

 

 
出光昭和シェル 公式サイト

出光昭和シェル

  • 従量電灯プランに対応していて、従量料金が安くなる。
  • オール電化プランに対応していて、基本料金が安くなる。
  • 出光昭和シェルのガソリンが1Lあたり2円安くなる。電気自動車ユーザーにも電気料金割引特典がある。
  • 今の申し込むと電気代3ヶ月10%割引【2020年10月31日まで】

 

 
公式サイト

シン・エナジー

  • 基本プランなら基本料金が3%安くなる、従量料金も最大4.4%安い。
  • 電気を多く使う家庭・オール電化など深夜に電気を使う家庭なら【夜】生活フィットプランがお得。
  • 在宅ワークなど昼間に電気よく使う家庭なら【昼】生活フィットプランがお得。
  • 今申し込むとEJOIKAセレクトギフトカード3000円分プレゼント【2020年9月30日まで】

  

 
自然電力のでんき 公式サイト

自然電力のでんき

  • 実質100%自然エネルギーの電気が利用できる。
  • 市場価格と連動するため料金が30分ごとに変化する。

 
ピタでん 公式サイト

ピタでん

  • 大家族など、毎月500kWh以上使う家庭なら500kWhまでが定額になる「使いたい放題プラン」がおすすめ
  • 基本料金ゼロ円・従量料金1段階の「使った分だけ」プランもある。

  

 
親指でんき 公式サイト

親指でんき

  • 基本料金がゼロ円。従量料金も一段階でシンプルなプラン。
  • ペットがいる家庭向けのプランや、ゲーマー向けのプランがある。

   

 
ミツウロコでんき 公式サイト

ミツウロコでんき・ガス

  • 大手電力会社に比べて120kWh以上の電力量料金が安くなる。

 
HTBエナジー 公式サイト

HTBエナジー

  • 30A・40Aなら基本料金と従量料金が5%〜8%程度安くなります。
  • 50A・60Aなら基本料金が半額、電力量料金が1段階でさらにお得。

 
ジニーエナジー 公式サイト

ジニーエナジー

  • 大手電力会社の従量電灯プランと比べて基本料金が半額
  • 300kWh以上利用する家庭なら大手電力会社よりもお得になる。
  • 市場価格に応じて、毎月電気料金が変動するのが特徴。

 

 
Japan電力 詳しく見る

Japan電力

  • 基本料金がゼロ円。使用量が多いと1kWhあたりの料金が安くなる。

  

 
公式サイト

どうぶつでんき

  • ファミリープランなら、北陸電力会社より基本料金が安くなる。
  • 生活安心プランなら、従量料金が1段階で120kWh以上の料金が安くなる。
  • 動物愛護団体に収益の一部が寄付される。

 
ハルエネでんき 公式サイト

ハルエネでんき

  • 基本料金もしくは従量料金が安くなる。
  • 法人限定(店舗・事業所など)の特典がある。

 

北陸電力以外の電力会社にしても本当に大丈夫?

条件によって安くなる額は異なるものの、北陸電力より電気料金の安くなる電力会社が実際にいくつもあることが分かりました。

では、実際に切り替えに進む前に、安心して新しい電力会社への申し込みができるように、よくある疑問についてクリアにしていきましょう。

北陸電力よりも電気料金が安い理由は?

北陸電力より安い電気料金
北陸電力よりなぜ料金が安いのか、またそのような電力会社を選んでも問題ないことが分かりました。

新電力の電気料金が北陸電力より安いのは、世の中のほとんどのサービスや製品のと同様に「自由料金」だからです。つまり、お客様を増やすために、「北陸電力より安い料金を設定しよう。」と思ったならば自由に料金を決めれるのです。

一方、北陸電力の従量電灯プランは、「規制料金」であるため、「総括原価方式」という方法で料金を設定しなければなりません。仮にもっと料金を安くしたいと望んでもできないのです。

新電力は何か、”あやしい”ことをして電気料金を下げているわけではなく、コスト削減や業務効率の向上など工夫をし、北陸電力よりも安い料金設定を行っているのです。

トラブルがないか心配

北陸電力の電気料金も他の電力会社の電気料金が安い理由は理解できたけれど、電力会社を切り替えたら何かトラブルが怒ったりしないの?」と思う方もいるでしょう。技術的な点を懸念されている方ですね。

この点に関しても一切心配をする必要はありません。理由はシンプルです。たとえ電力会社を変えたとしても、発電から各家庭に電気が届くまでのすべての管理は北陸電力グループの送配電会社:北陸電力送配電株式会社が行っているためです。もちろん、電線・電柱、ご自宅に備わっている電力メーター(スマートメーター)も北陸電力送配電株式会社が引き続き担当します。

もしご自身が上記にあるような北陸電力以外の電気に契約を切り替えたとしても、変わるのは電気の”購入窓口”だけなのです。安心して安い電気料金を選んでも大丈夫です。

更新日