北陸電力より安い電気料金プランは? - 北陸エリア・電気料金比較

北陸電力より安い電気料金

北陸電力より安い電気料金プランは? - 北陸エリア・電気料金比較

電力会社の切り替えを検討中の方のために、北陸電力より安い電気料金を提供している新電力について調べてみました。実際の電力会社の切り替えで気になるポイントなども解説します。

  • 最も契約者数が多い「従量電灯B」を基準に、北陸電力より安い電気料金プランを探してみました。
  • 実際の電気料金の切り替えの際に気になるポイントもチェックしていきます。

北陸電力以外の電力会社が選べるのはなぜ?

日本には北陸電力をはじめ、全国に10の大手電力会社が存在しています。そしてかつてはこのような大手電力会社は、それぞれの管轄地域の電気販売を独占していました。北陸電力ならば、富山県・石川県・福井県を中心とした決められた地域の「電気販売独占」をに行ってきたわけです。当然ながら、他の地域も同様です。例えば、東京電力ならば関東エリアの電気の販売を独占していました。

しかしながら、このような電力販売の地域独占という規制が「2016年の電力自由化」により取り払われ、大手電力会社以外でも電気の販売ができるようになりました。こうして、今までの地域の電力会社(北陸電力)に加え「新電力」と呼ばれる新しい電力会社が選べるようになったのです。

この電力自由化、「販売」が自由になったというのが”ポイント”です。発電や送電は、今まで通り大電力会社(北陸電力)が行います。電力会社を変えても電気の質は変わらないといわれるのにはこういった理由があります。

また新電力は料金設定を工夫し、北陸電力よりも魅力的な電気料金を提供しています。電気そのものは同じですから、北陸電力より安い電気料金があるならば切り替えた方がお得になることはあきらかです。

北陸電力「従量電灯プラン」と新電力の電気料金を比較

さっそく本題、北陸電力より安い電気料金を探してみましょう。

北陸電力で一般的な電気料金は、従量電灯プランと呼ばれるプランです従量電灯は契約件数も最も多く、オール電化の家庭でなければ、ほとんどの家庭で契約されている電気料金と考えられます。

このため、ここでも北陸電力の従量電灯プランと新電力の電気料金プランを実際に比較してみます。

                             
北陸電力(従量電灯B)と新電力の電気料金の比較
  北陸電力
従量電灯B

北陸電力
H.I.S.でんき

HTBエナジー
auでんき

auでんき
Looopでんき
アンペア容量 基本料金
(契約アンペアが増えるごとに基本料金もあがります。)
基本料金なし
10A   ×  

 

15A   ×  
20A   ×  
30A      
40A      
50A      
60A      
電力使用量 電力量料金(1kWhあたりの料金単価)
電気の使用量により3段階 一段階のみ

0-120kWhまで
 
       

120-300kWh以上
 
     

300kWh以上
 
     

実際に電気料金はどのくらい安くなるの?

上記に実際の北陸電力と新電力の電気料金表を掲載しました。しかし、北陸電力の電気料金の計算方法を熟知している人でなければ、どれだけ実際に電気料金が安くなるのか料金表だけではわかりづらいものです。

そこでここでは実際にどのような人がどのくらい電気料金が安くなるのか、特徴・ポイントとともにを紹介します。「あ、これは電気料金プランは自分の条件にあっている」というものがあれば公式サイトでシュミレーションをしてみるのが簡単で便利です。

北陸電力以外の電力会社にするとどれくらい電気料金は安くなるの?
電力会社 特徴・どれくらい安くなる? シュミレーション
申し込み
H.I.S.でんき
HISでんき・HTBエナジー
  • 北陸電力の電気料金よりも「最低料金」も「電力量料金も」5%安く設定されています。
  • このため、電気の使用量が少なくても常に毎月北陸電力よりも5%まで電気料金が安くなります。
H.I.S.のでんきの公式サイト

Looopでんき

  • アンペア容量に関わらず基本料金が0円です。契約アンペアが大きい人は、お得度が高くなります。
  • 「電力量料金」が電気の使用量にかかわらず一定ですから、電気の使用量が多い人ほどより北陸電力よりも電気料金が安くなります。
  • 例えば、毎月520kWh電気を使用している方ならば、年間12,400円北陸電力よりも電気料金が安くなります。
  • 自分の毎月の電気の使用量が分かればシュミレーションが簡単にできます。

Looopでんきの公式サイト

auでんき
auでんき
  • 電気料金自体は北陸電力の従量電灯と変わりありません。
  • キャッシュバックの特典がありますが、毎月の電気料金の支払いが8000円以上で5%分がキャッシュバックされます。
  • H.I.S.のでんき、Looopでんきの方が安くなることが分かります。
0120-925-881

北陸電力以外の電力会社にしても本当に大丈夫?

条件によって安くなる額は異なるものの、北陸電力より電気料金の安くなる電力会社が実際にいくつもあることが分かりました。

では、実際に切り替えに進む前に、安心して新しい電力会社への申し込みができるように、よくある疑問についてクリアにしていきましょう。

北陸電力よりも電気料金が安い理由は?

北陸電力より安い電気料金

北陸電力よりなぜ料金が安いのか、またそのような電力会社を選んでも問題ないことが分かりました。

新電力の電気料金が北陸電力より安いのは、世の中のほとんどのサービスや製品のと同様に「自由料金」だからです。つまり、お客様を増やすために、「北陸電力より安い料金を設定しよう。」と思ったならば自由に料金を決めれるのです。

一方、北陸電力の従量電灯プランは、「規制料金」であるため、「総括原価方式」という方法で料金を設定しなければなりません。仮にもっと料金を安くしたいと望んでもできないのです。

新電力は何か、”あやしい”ことをして電気料金を下げているわけではなく、コスト削減や業務効率の向上など工夫をし、北陸電力よりも安い料金設定を行っているのです。

トラブルがないか心配

北陸電力の電気料金も他の電力会社の電気料金が安い理由は理解できたけれど、電力会社を切り替えたら何かトラブルが怒ったりしないの?」と思う方もいるでしょう。技術的な点を懸念されている方ですね。

この点に関しても一切心配をする必要はありません。理由はシンプルです。たとえ電力会社を変えたとしても、発電から各家庭に電気が届くまでのすべての管理は北陸電力が行っているためです。もちろん、電線・電柱、ご自宅に備わっている電力メーター(スマートメーター)も北陸電力が引き続き担当します。

もしご自身が上記にあるような北陸電力以外の電気に契約を切り替えたとしても、変わるのは電気の”購入窓口”だけなのです。安心して安い電気料金を選んでも大丈夫です。

更新日