ソフトバンクのでんき料金は東京電力より安い?

ソフトバンクのでんき料金は東京電力より安い?

ソフトバンクのでんき料金は東京電力より安い?

ソフトバンクのでんき料金は東京電力より安い?

ソフトバンクでんきが東京電力エリアで展開している料金メニューは果たして東京電力よりも安いのか、調べてみました。

ソフトバンクでんきと東京電力の
料金メニュー比較

  • 東京電力エリアでソフトバンクでんきが展開している料金メニューは3種類、同等の東京電力の料金メニューと比較すると料金的には同等です。
  • オール電化向けメニューや時間帯別メニューに相当するものは無いので、これらに該当する場合は東京電力にしたほうが無難です。
  • 電力使用量が月300kWh未満の場合は、東京電力の従量電灯の方が安い可能性があります。
  • 安くなるかどうかはおうち割引が受けられるかどうかで決まります。つまり携帯電話もしくは固定通信サービス(Softbank 光など)をセットで契約していることが条件です。
  • ソフトバンクの携帯電話あるいは固定通信サービスを契約していなければメリットは無いでしょう。
  • 解約時に解約違約金(プランにより540円~5540円)がかかります。
ムッシュセレクトラ
ここに注目!

ソフトバンクでんきの電気料金の特徴

ソフトバンクでんき東京電力エリアで提供している料金メニューは、東京電力の料金メニューとほぼ同内容のものです。ソフトバンクでんきにないのは東京電力のオール電化用メニュー「スマートライフプラン」、時間帯別電灯の「夜トクプラン8/12」、そして従量電灯B・Cです。したがって、オール電化住宅に住んでいる場合や、夜の電気使用量が多い場合、あるいは電力使用量が極めて少ない場合は、それぞれ東京電力の該当する料金メニューを選んだ方がおトクといえるでしょう。

ソフトバンクでんきの料金メニューの方が料金的に安くなる可能性が出てくるのは、一日の電力使用量が時間帯にかかわらず一定していて、月300kWhを超える場合、なおかつソフトバンクおうち割引が利用できる場合です。月300kWh未満だと東京電力の従量電灯の方が安くなる可能性が高いです。

電気料金の種類と料金体系

ソフトバンクでんき東京電力エリアで以下の3種類の料金メニューを提供しています。それぞれ対応する東京電力の料金メニューと比べてみます。

に相当
ソフトバンクでんきの電気料金メニュー(東京電力エリア)
ソフトバンクでんき 特徴

スタンダードS

東京電力の
スタンダードプランS
に相当

  1. 基本料金が契約アンペア数ごとの段階性で、東京電力のスタンダードSと同額です。
  2. 電力量料金(1kWhあたりの単価)は2段階制で、東京電力のスタンダードS/Lと同額です。
  3. 電気をあまり使わない、一人暮らしや夫婦共働き向きのプランです。
  4. Tポイントが1000円につき5ポイント(1ポイント1円相当)つきます。
  5. ソフトバンクの「おうち割」が適用されます。
  6. 解約には、解約事務手数料(540円)がかかります(1年契約で自動更新)。

バリュープラン

 

  1. 基本料金が1kWごとに設定されています(スマート契約)。
  2. 電力量料金(1kWhあたりの単価)は300kWhまでの定額料金、300kWh以上の使用量に応じて2段階制になっています。
  3. 基本料金設定、電力量料金設定およびkWh当たりの単価は、スタンダードプランXと同じです。
  4. Tポイントが1000円につき5ポイント(1ポイント1円相当)つきます。
  5. ソフトバンクの「おうち割」が適用されます。
  6. 解約には、東京電力の解約金2500円に加えて解約事務手数料(540円)がかかります(2年契約で自動更新)。

プレミアムプラン

東京電力の
プレミアムプラン
に相当

  1. 基本料金が契約電力1kWあたりの料金設定になっています(スマート契約)。
  2. 電力量料金は電気使用量400kWhまでの定額制、それ以降は1kWhあたりの料金設定となっています。
  3. 基本料金設定、電力量料金区分およびkWh当たりの単価は、プレミアムプランと同じです。
  4. Tポイントが1000円につき5ポイント(1ポイント1円相当)つきます。
  5. ソフトバンクの「おうち割」が適用されます。
  6. 解約には、東京電力の解約金5000円に加えて解約事務手数料(540円)がかかります(2年契約で自動更新)。

ソフトバンクでんきの特典

東京電力エリアのソフトバンクでんきの料金メニューは、東京電力の料金メニューと、料金体系的にも料金単価的にも同等です。したがってソフトバンクでんき東京電力よりも安くなるかどうかは、ソフトバンクのセット割「おうち割引」を利用するかどうか、Tポイントを有用に活用するかどうかで決まります。利用しない場合は東京電力より高くも安くもなりませんが、契約期間や解約時の解約金などの制約がある分、不利になる可能性はあります。ソフトバンクでんきのおうち割引額は以下のとおりです。

ソフトバンクでんき料金プランにおけるおうち割の割引額
でんき料金プラン 割引額(2年間) 2年間での割引額
スタンダードS/X/L 100円/月 2,400円
バリュープラン 200円/月 4,800円
プレミアムプラン 300円/月 7,200円

「おうち割 光セット」でさらに割引! 自宅のインターネットとセットで iPhone、スマートフォン、ケータイ 、iPad またはタブレットを利用すると、利用料金から2年間毎月最大2,000円の割引が受けられるおうち割 光セットを、「おうち割 でんきセット」と一緒に利用すると、さらに割引額が大きくなります

ソフトバンクでんきは東京電力より安い?

ソフトバンクでんきはこのように、携帯電話などとのセット割引を利用したり、Tポイントを上手く使いこなせば東京電力の同等の料金メニューよりも割引分+ポイント分安くなります。しかし、そうでない場合は、安くならい可能性もあります。また、契約期間の制約や、解約金などのペナルティーのリスクを背負うことになりかねません。

現在の使用量と料金をしっかり確認して検討しましょう。

更新日