【電気供給停止にかかる重要なお知らせ】エルピオでんきあしたでんきをお使いの皆様へ

ソフトバンクのでんき料金は東京電力より安い?

東京ガスのお申し込み

基本料金が3ヶ月無料[東京ガスの電気]

  • 東京ガスの電気(基本プラン・ずっとも電気3)新規お申し込みで基本料金3ヶ月無料
  • 二人暮らし(月300kWh)なら東京電力と比べて年間約2,700円安い
  • ファミリー世帯(月450kWh)なら東京電力と比べて年間約8,000円安い
  • 電気とガスのセットでさらに電気代が0.5%安い
  • さらに業界最高水準のポイント還元率1.5%(パッチョポイント)

今なら電気の基本料金が3ヶ月無料

  • 東京ガスの電気に新規お申し込みで基本料金3ヶ月無料
  • 二人暮らしなら東京電力と比べて年間約2,700円安い
  • ファミリー世帯なら東京電力と比べて年間約8,000円安い
  • ガスとセットでさらに電気代が0.5%安い
  • 業界最高水準のポイント還元率1.5%(パッチョポイント)

基本料金3ヶ月無料キャンペーンは「基本プラン・ずっとも電気3」が対象。キャンペーンの内容は予告なく変更されることがあります。二人暮らしは月平均300kWh使用する場合を想定。ファミリー世帯は月平均450kWh使用する場合を想定。東京電力の従量電灯Bの基本料金・従量料金の合計金額との差額を計算。

初月の電気代全額0円【キャンペーン中!】

今、ソフトバンクの「おうちでんき」に切り替えると、初月の電気代が全額ゼロ円に!
ソフトバンク・ワイモバイルユーザーなら「おうち割でんきセット」でスマホ代もお得に

\春の電気代を無料にするチャンス!/
今すぐ申し込む

個人契約のみ。加入中のプランによりお申し込みできない場合があります。

※これは広告です

東京電力とおうちでんき
ソフトバンクのおうちでんきは東京電力よりも安い?

ソフトバンクの提供する電気料金プラン - おうちプランは、果たして東京電力の電気料金よりも安いのか?オトクなのか具体的に調べてみました。どのような特典やまた注意すべき点があるのかも、まとめてここで確認することができます。

ソフトバンクでんきと東京電力の料金メニュー比較

おうちでんき

ソフトバンクの電気料金、「おうちでんき」は東京電力の従量電灯Bもしくは従量電灯Cに相応するプランです。

電気料金は、「基本料金」と「従量料金」の2つで構成されています。そしてソフトバンクの「おうちでんき」では、そのうちの「従量料金」が東京電力よりも1%安く設定されています。 ただし、「基本料金」の部分は東京電力と同額設定です。

ソフトバンクでんきには、「おうち割」という特典があり、ソフトバンクと回線契約をしている場合は、回線料金が2年間毎月110円引きになります。(3年目以降は55円)

電気料金の割引額としては、控えめであるものの、東京電力よりもソフトバンクの方が安いことが分かりました。具体的に料金表を見ながら確認をしてみましょう。

東京電力の従量電灯Bプランは、契約アンペアが60Aまで(一般家庭の場合、従量電灯Bを契約しているケースがほとんどです。)、従量電灯Cはそれ以上の容量を必要とする方を対象としたプランです。

1%となると、金額は僅かにはなってしまいますが、東京電力よりは安いことが確認できます。

 
東京電力(従量電灯B) vs おうちでんき 電気料金比較
基本料金
契約アンペア数 東京電力
従量電灯B
東京電力
ソフトバンクでんき
おうちでんき
ソフトバンクでんき
10A 286.00円 -円
15A 429.00円 -円
20A 572.00円 -円
30A 858.00円 -円
40A 1144.00円 -円
50A 1430.00円 -円
60A 1716.00円 -円
電力量料金(1kWhあたりの料金)
  東京電力
従量電灯B
ソフトバンクでんき
おうちでんき
120kWhまで 19.88円 -円
120kWh超えて300kWhまで 26.48円 -円
300kWh超える 30.57円 -円
 
東京電力(従量電灯C) vs おうちでんき 電気料金比較
基本料金
契約アンペア数 東京電力
従量電灯B
東京電力
ソフトバンクでんき
おうちでんき
ソフトバンクでんき
10A 286.00円 286.00円
15A 429.00円 -円
20A 572.00円 -円
30A 858.00円 -円
40A 1144.00円 -円
50A 1430.00円 -円
60A 1716.00円 -円
電力量料金(1kWhあたりの料金)
  東京電力
従量電灯B
ソフトバンクでんき
おうちでんき
120kWhまで -円 19.68円
120kWh超えて300kWhまで -円 26.21円
300kWh超える -円 30.26円

ソフトバンクでんきの電気料金の特徴と特典

ソフトバンクのおうちでんきは、東京電力の従量電灯プランに該当するプランです。料金の構成は変わりありません。ソフトバンクでんきでは、東京電力の提供するようなオール電化用メニューの提供はありません。

ソフトバンクの電気の場合、サイト上で自分の30分毎の電気の使用量をチェックすることのできるサービスの提供もあります。また、東京電力からおうちでんきに切り替えても、TEPCOおうちレスキューサービスのサービスがついてきます。東京電力に比べて、サービス面で落ちるということもないと言えるでしょう。

今より安い電気料金プラン・ガス料金プランをお探しですか?らくらく窓口なら電気代平均6%削減、最短5分で最適プランが見つかります。
 電話で相談する(0120-410-078)
らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

ただし、ソフトバンクでんきは1年ごとの自動更新プランであり、解約には解約事務手数料(550円)がかかる点だけ理解しておきましょう。

おうちでんき

ソフトバンクでんきのおうち割

ソフトバンクの電気ならではの特典として、「おうち割」があります。固定通信サービス10回線まで割引が可能です。家族みんながソフトバンク、仕事で従業員が使用しているスマホがソフトバンク、という方には魅力的な特典と言えるでしょう。

対象の機種は、iPhone、SoftBank スマートフォン、SoftBank 携帯電話、あんしんファミリーケータイ、みまもりケータイ、キッズフォン、iPad (Wi-Fi + Cellular モデル)、タブレット、さらにソフトバンク光や、Wi-Fiルーターなども含まれます。

ソフトバンクでんき料金プランにおけるおうち割の割引額(税込)
最初の2年間 110円/月(1回線あたり) 2,640円(1回線あたり)
3年目以降 55円/月(1回線あたり) 1,320円(1回線あたり)

ソフトバンクでんき - 切り替えまでの流れ

おうちでんきへの切替の手続きはとてもシンプルです。公式サイトから申し込みを行い、その後は、ハガキで、いつからソフトバンクのでんきに切り替わるのか(供給開始されるのか)お知らせが来ますので、そちらを確認するだけです。

もし、自宅の電力メーターが「スマートメーター」への取り換えが完了していない場合は、切替に先立ち、まずは電力メーターの交換が行われます。ただし、立ち合いや費用などもかかりません。また、交換作業を担当するのは、東京電力パワーグリッドになります。

基本的に申し込みを行って以降は、何も特別なことをする必要はありません。東京電力への解約の手続も不要です。

【セレクトラのオススメ】

電気使用量が多いほどお得

アンペアの大きさにかかわらず 基本料金0円

ONEでんきの特徴

  • 基本料金が0円
  • 電力量料金が一律なので、電気使用量が多い人ほどお得
  • 沖縄・一部離島を除く全国で販売
公式サイト
更新日