You are here

電気料金の計算方法(アンペアの場合)

毎月の電気料金、請求額はどのように計算されているのでしょうか?日本の電気料金は、ほとんどの場合「アンペア制」と「最低料金制」の2つに分類されます。ここでは、基本料金がアンペアの場合を取り上げて、電気料金の計算方法を説明します。

  • 基本料金がアンペアの場合を取り上げて、電気料金の計算方法を一から解説します。
  • 電気料金の計算方法が分かれば、電気料金の比較にも役に立ちます。

電気料金の種類を確認

電気料金のしくみと電気代の計算方法

電気料金の種類や計算方法がわかります。

日本にはいくつかの種類の電気料金プランが存在します。しかしながら、「従量電灯」という電気料金が最も一般的なプランで、実際のところオール電化を除くほとんどの家庭で、この「従量電灯プラン」が契約されています。

また、この従量電灯プランは、基本料金が「アンペア制」の場合と、「最低料金制」の2パターンに分かれています。

ちなみに「従量電灯プラン」以外には、深夜だけの電気料金プラン(私有地の街灯など)や工場など大量に電気を必要とする法人向けのプランが存在します。

今契約している電気料金プランは?

「従量電灯プラン」にアンペア制を採用している電力会社としては、以下の表にもあるように、北海道電力東北電力東京電力北陸電力中部電力九州電力が該当します。これらの電力会社で従量電灯プランを契約中の方は、アンペア容量によって基本料金が変わるタイプのプランを契約していることになります。ちなみに、同地域で電気の販売をしている新電力も、大手電力会社にならってアンペア容量を選ぶ電気料金プランを提供していることが多いようです。

今契約している電気料金プランが何か確認したい方は、各電力会社から発行されている「検針票(電気使用のお知らせ)」等を確認しましょう。

従量電灯プラン:基本料金に違いがある

アンペア制

契約しているアンペア数によって基本料金が変わる。

北海道電力東北電力東京電力北陸電力中部電力九州電力の従量電灯プランが該当します。また、同地域で電気料金を提供する新電力も同じ料金構成です。

最低料金制

基本料金の部分が「最低料金」となっており、一定の電気の使用量分が含まれている。

関西電力中国電力四国電力沖縄電力の従量電灯プランが該当します。また、同地域で電気料金を提供する新電力も同じ料金構成です。

基本料金がない 新電力の中には、基本料金がないというプランも存在します。 Looopでんき、ソフトバンクでんきなど

電気料金の計算方法:従量電灯(アンペア制)の場合

従量電灯プランのうち、アンペア制を採用している電力会社は、北海道電力東北電力東京電力北陸電力中部電力九州電力およびその地域で電気販売をしている新電力であることを確認しました。(新電力の中には、基本料金がない電気料金を提供しているところもあります。)

ここではアンペア制の「従量電灯プラン」を契約中の方を対象として、実際にどのように毎月の電気の請求額が決まるのか計算方法を確認していきます。

従量電灯プランの内訳

従量電灯プランは、基本的に「基本料金」プラス「電力量料金」でなりたっています。その他「燃料費調整額」と「再生可能エネルギー発電促進賦課金」がかかります。

これらを1つずつ計算していけば、毎月の電気料金の請求額がどのように決定されているのかが分かります。

電気料金の計算方法 - 従量電灯プランの中身
1. 基本料金
  • 契約アンペア数によって基本料金が決まります。(10Aから60Aまで)
  • 電気の使用量に関わらず毎月必ずかかる料金です。
2. 電力量料金
  • 電気の使用量(kWh)に対してかかる料金です。
  • 「1kWhあたりいくら」という料金単価になっています。
  • 使用した電気量(kWh)× 「1kWhあたりの料金」をかけて計算します。
(その他) 燃料費調整額
  1. 発電の燃料費の変動を電気料金に反映するための料金。
  2. プラスになることもマイナスになることもあります。
再生可能エネルギー発電促進賦課金
  1. 再生可能エネルギーで発電された電気を買い取る際に生じたコストを負担するための税金。

1. 基本料金

基本料金は、選ぶアンペア数によって異なります。従量電灯(アンペア制の場合は)アンペア数が上がると基本料金もあがるしくみとなっています。

以下の具体的な料金表(東京電力・従量電灯B)で確認をしてみましょう。アンペア容量が増えるごとに基本料金もあがっていることが分かりますね。

ここでは、東京電力の場合を掲載しましたが、もちろん他の電力会社で同じようにアンペア容量があがると基本料金もあがるしくみとなっています。具体的な料金は、各電力会社の料金表のページからご確認下さい。

東京電力 従量電灯プラン : 基本料金 - アンペア制(税込)
契約アンペア容量 基本料金
  • アンペア容量が増えると基本料金があがる。
  • 東京電力以外の基本料金は以下でチェック。

北海道電力 - 従量電灯プラン
東北電力 - 従量電灯プラン
北陸電力 - 従量電灯プラン
中部電力 - 従量電灯プラン
九州電力 - 従量電灯プラン

10A  
15A  
20A  
30A  
40A  
50A  
60A  

基本料金の部分は、電気の使用量とは関わらず必ずかかる固定の料金ですから、必要以上に高いアンペア容量を契約している場合はアンペアダウンする、アンペア容量の高い人はLooopでんきのような基本料金が0円の電気料金プランに切り替えるといった方法で効果的に電気料金を安くすることができます。

2.電力量料金

従量電灯は、電気の使用量(キロワットアワー)に対してかかる料金です。電気の使用量が多い月は、この「電力量料金」の料金の部分が増え、トータルの請求額もあがります。

電力量料金(従量料金)は、どこの大手電力会社でも電気の使用量(kWh)によって3段階制になっています。このためこの項目は計算方法がやや複雑です。

従量電灯プラン : 電力量料金(税込)
電力消費量 1kWhあたりの料金単価
  • 電気の使用量によって1kWhあたりの料金が3段階であがる。
  • 東京電力以外の電量量料金は以下でチェック。

北海道電力 - 従量電灯プラン
東北電力 - 従量電灯プラン
北陸電力 - 従量電灯プラン
中部電力 - 従量電灯プラン
九州電力 - 従量電灯プラン

  -  kWh  
  -  kWh  
 kWh以上  

電気料金は基本的に、上記までで紹介した「基本料金」と「電力量料金」を合計したものがその月の請求額になります。以下では具体的な計算方法をより詳しくチェックしていきます。

東京電力:電気料金の計算方法

電気料金を実際に計算すると節約のポイントが見えます。

実際に電気料金を計算してみよう

従量電灯プラン(アンペア制)の電気料金の中身を、料金表を実際に見ながら確認してきました。

ここでは、具体的にどのように電気料金を計算するのか1つずつ見ていきましょう

1. 基本料金がいくらかチェック

まずは、基本料金を確認します。仮に、30A(アンペア)を契約しているとします。東京電力の従量電灯の場合は、30Aの場合の「基本料金」は、 円かかることが料金表から読み取れます。

ご自宅の契約容量は何アンペア? → 検針票で契約アンペアがいくつか確認。 → 各電力会社の基本料金で該当アンペアの基本料金がいくらかを確認します。ちなみに、Looopでんきのようにアンペア容量に関わらず基本料金が0円のプランもあります。

2. 電力量料金がいくらか計算

電気代の計算方法

電気料金の計算を1つずつ確認していきます。

次に、「電力量料金」を計算しましょう。ここでは仮に今月360kWh(キロワットアワー)を消費したとしましょう。

まずは、1段階目、120kWhに1段階目の1kWhあたりの料金単価 円を掛けます。次に、2段階目部分は180kWh(=300-120)ですから、これに2段回目の1kWhあたりの料金単価 円を掛けます。そして最後3段階目は、残りの60kWh(=360-300)に3段階目の料金単価 円を掛けます。これを全部足したものが、「電力量料金の合計」です。

360kWh使用したなら、段階別に3回計算する必要があります。

  • 1段階目(120kWhまで)を計算 ... 120kWhに1kWhあたりの料金単価をかける
  • 2段階目(120kWhから300kWhまで使用分)を計算 ... 180kWh(300-120)に1kWhあたりの料金単価をかける
  • 1段階目(300kWh以上の使用分)を計算 ... 60kWh(360-300)に1kWhあたりの料金単価をかける

今月は、何キロワットアワーの電気を使用しましたか?電気の使用量に合わせて、それぞれの段階の1kWhあたりの料金を掛けて金額を出します。

もし仮に一か月の電力消費量が120kWh未満だったならば1段階目だけを、300kWh未満だったならば1段階目と2段階目だけを計算します。

そして「基本料金」とこの「電力量料金の合計」を足して電気料金は計算されます。

  1. 基本料金 (アンペアごとに決まった金額)
  2. 電力量料金(1段階目を計算、2段階目を計算、3段階目を計算)

「燃料調整額」と「再生可能エネルギー発電促進賦課金」とは?

電気料金には、上記以外にも「燃料調整額」と「再生可能エネルギー発電促進賦課金」も必ずかかります。どこの電力会社のどの電気料金プランを契約していても2つは必ずかかかります。

もし、より正確に毎月の電気料金を計算したいならば、これらも計算に含める必要があります。燃料費調整額は、燃料費調整単価 (円/kWh)× その月の電気使用量(kWh)で算出します。燃料費調整は、電力会社により異なり、しかも3カ月ごとに異なります。マイナスになったりプラスになることもあります。

一方、再生可能エネルギー発電促進賦課金は、税金のようなもので、日本全国どこの電力会社を契約していても、一律同じ金額がかかります。再エネ発電促進賦課金単価(円/kWh)× その月の電気使用量(kWh)で算出します。

 

電気料金を安くする方法

電気料金のしくみと電気代の計算方法・電気代の計算方法・アンペア制

従量電灯プラン(アンペア制)の電気料金の計算方法を確認しました。

電気料金の計算方法を「従量電灯プラン(アンペア容量)」を例に具体的に紹介しました。

もし、電気料金を安くしたいとお考えならば、電気料金のうち「基本料金」および「電力量料金」が大手電力会社(北海道電力東北電力東京電力北陸電力中部電力九州電力)よりも安くなっている電力会社を選べば当然、電気の消費量は同じでも毎月の請求額は下がることになります。

新電力の電気料金には、「基本料金」を特に安くしているところ、「電力量料金」を特に安く設定しているところなど、料金設定が特徴豊かです。どこも大手電力よりも電気料金が安く設定はされていてるもの、「いくら安くなるか」は各契約者のの電気の使用量によって異なります。

例えば、Looopでんきのような基本料金が0円のプランであれば、現在契約しているアンペア容量が小さい人よりも大きい人の方が毎月安くなる額が大きくなります。また、H.I.S.のでんきのように、「基本料金」も「電力量料金」も一律5%安くなるというプランは、同じマイナス5%でももとの請求額によって安くなる額が異なりますね、

ここまでで確認した電気料金の計算方法を使用して、ご自身でどれくらい安くなるか計算してみると良いでしょう。とりあえず、どのくらい安くなるのか知りたい場合は書く新電力の公式ページでシュミレーションをしてみるという方法もアリですね。

 

「電気・ガス料金比較サイト セレクトラ」ご利用上の注意
セレクトラが掲載する情報は、各電力・ガス会社がホームページ等にて公にしている時点の情報になります。利用者様が閲覧される時点での料金をセレクトラが保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する電気・ガス料金に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
また、セレクトラでは各電力・ガス会社の料金プラン/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各電力・ガス会社に直接お問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。また、最新・詳細な情報は直接電力・ガス会社のサイトでご確認ください。

電気・ガス事業者のご担当者様へ
セレクトラでは、情報の正確性確保や充実のため、小売電気事業者様または小売ガス事業者様より掲載情報のご確認、訂正のご依頼等を随時受け付けております。
小売電気事業者様または小売ガス事業者様からのご連絡はこちらより承っております。ぜひご利用ください。
セレクトラの公平・中立性を確保するため、内容によっては訂正のご依頼にお応えしかねる場合がございますのでご了承ください。