電気料金・ガス料金の比較

電話で電気・ガスの切替相談

只今のお時間は弊社コールセンターの営業時間外となります。営業時間内に改めてお電話いただくか、無料の電気ガス料金比較ツールをご利用ください。

電話で電気・ガスの切替相談

只今のお時間は弊社コールセンターの営業時間外となります。営業時間内に改めてお電話いただくか、無料の電気ガス料金比較ツールをご利用ください。

新電力の解約 - 新電力から新電力への切り替え

新電力の解約 - 新電力から新電力への切り替え
新電力の解約 - 新電力から新電力への切り替え

新電力を申し込んでみたけれど、やっぱり解約したい。新電力の解約を決心したら、実際にどうやって解約して別の電力会社に切り替えるのでしょうか。新電力から新電力への切り替え手続きについて、注意点も含めて詳しく調べました。

  • 新電力の解約手続きは、新しい電力会社に申し込むだけでOKな場合がほとんどです。
  • 大手電力会社の解約と異なり、解約金がかかる新電力もあります。
  • 新電力を解約するなら、より良い電力会社を探してみましょう。

新電力の解約

新電力を契約してみたものの、やっぱり解約したくなった。そんな場合、どのような解約手続きをする必要があるのでしょうか。

新電力を解約するといっても、電気を使わなくなるわけではないので、他の電力会社に切替えをするために新電力を解約したい、という状況がほとんどだと思います。

新電力を申し込んだ時と同様、たいていの場合は新しく別の会社に電気の契約を申し込めば、前の電力会社との契約の解約は新しい電力会社の方で手続きをしてくれます。

別の新電力を申し込んでも解約の手続きが必要な電力会社もあります。(ソフトバンクでんきなど。)

電気の申込みはせずに解約手続きだけを行いたい場合は、直接現在の電力会社に連絡をして解約したい事を伝えましょう。

新電力から新電力への切り替え方法

新電力の解約方法がわかったので、次は、具体的に新しい新電力への切り替え方法を説明します。

新電力から別の新電力への切替え方法も、今の新電力を申し込んだ時とほぼ同じです。

既にスマートメーターは設置されていると思いますので、電力会社のホームページから申込みボタンをクリックして、検針票にかかれている内容を記入していきます。

  1. 希望の電力会社のホームページから申し込む。(検針票をお手元に用意しましょう。)
  2. 入力内容に問題があれば電力会社から連絡が来るので、答えます。
  3. 次の検針日に電気契約の切り替えが完了されます。
電気の切り替えに必要な情報

新電力から別の新電力への切替えの時には、下記のような情報が必要になります。

  1. 現在の電力会社名
  2. 現在の電力会社のお客さま番号。大手電力会社時代のお客様番号もあればなお良い。
  3. 供給地点特定番号
  4. 切替えの希望日
  5. 本人確認書類(自動車運転免許証、健康保険証など本人名義や住所を証明できるもの)

新電力から新電力へ電気料金プランを切り替える場合、新しく契約する電力会社の申込み画面が新電力から新電力への切替に対応している会社と対応していない会社があります。

申込み画面が新電力から新電力への切替に対応していなかったとしても切替え自体は出来ますので心配しないでください。それぞれ、見ていきましょう。

新電力から新電力への切替に申込み画面が対応している会社

LooopでんきENEOSでんき東京ガスのでんきHISでんきリミックスでんき、などは、申込画面が新電力から新電力への切替えに対応しているため、内容をきちんと入力すればスムーズに切替えが完了します。

切り替え・引越し時の新電力の対応一覧と各社の電気料金プランの特徴
新電力会社 プランの特徴
Looopでんき
公式サイト

Looopでんき

  • 基本料金がゼロ円・電力料金も一段階と最もシンプルで分かりやすいプラン
  • 極端に電気の使用が少ない方以外電気料金が安くなる
  • 北海道から沖縄まで日本全国にサービスを展開
 
リミックスでんき
公式サイト

リミックスでんき

  • 大手電力会社の従量電灯プランより5%安くなる
  • 使用量が少なくても確実に安くなるのが魅力
  • 沖縄を除く日本全国にサービスを展開
 
ジニーエナジー
公式サイト

ジニーエナジー

  • 大手電力会社の従量電灯プランと比べて基本料金が半額
  • 300kWh以上利用する家庭なら大手電力会社よりもお得になる。
  • 市場価格に応じて、毎月電気料金が変動するのが特徴。
 
HTBエナジー
公式サイト

HTBエナジー

  • 50A・60Aなら、基本料金半額で従量料金が1段階で低価格
  • 40A以下なら最大9%大手電力会社より安くなる
  • 関西・中国・四国・沖縄エリアでは、電力量料金が安くなるプランが選べる
  • 沖縄を含む全国で利用できる。
 

公式サイト

シン・エナジー

  • 大手電力会社の従量電灯プランから基本料金・従量料金がそれぞれ安くなる。
  • 電気を多く使う家庭・オール電化など深夜に電気を使う家庭なら【夜】生活フィットプランがお得。
  • 在宅ワークなど昼間に電気よく使う家庭なら【昼】生活フィットプランがお得。
 
エルピオでんき
公式サイト

エルピオでんき

  • 関東・関西・中部・東北・九州など全国で展開する
  • 定額プランが充実しており、普段から電気を多く使う家庭や店舗にオススメ
  • エルピオのLPガスを利用すると毎月100円引き
 
J:COM電力
公式サイト

J:COM電力

  • 従量電灯プランに比べて電力量料金が安くなる
  • 東京電力や関西電力のあらゆるオール電化プランに対応
  • ケーブルテレビ・インターネット・モバイル・都市ガスとセットで割引
 
CDエナジーダイレクト
公式サイト

CDエナジーダイレクト

  • 東京電力エリアで利用できて、基本料金・電力量料金が安くなる
  • Amazonプライムなどエンタメサービスが付いてくるプランがある
  • 都市ガスとのセットや、オール電化プランにも対応している
 
東京ガス
公式サイト

東京ガスの電気

  • 350kWh以上電気を使用した場合の1kWhあたりの料金単価がかなり割安
  • 東京ガスの都市ガスとセットで毎月270円お得
  • 東京電力エリアでのみ利用可能
 
ENEOSでんき
公式サイト

ENEOSでんき

  • 沖縄を除く全国で利用できる。
  • 東京電力エリアでは120kWh以上の電力量料金が安い
  • 中部電力エリアでは電力量料金が安い
  • 関西電力エリアでは基本料金(最低料金)と電力量料金が安い
 
どうぶつでんき
公式サイト

どうぶつでんき

  • 沖縄を除く全国で利用できる電気料金プラン
  • 基本料金もしくは、電力量料金の一部が従量電灯プランより安くなる
  • 使用料の一部が動物愛護団体に寄付される
切り替え・引越し時の新電力の対応一覧と各社の電気料金プランの特徴
Looopでんき 公式サイト

Looopでんき

  • 基本料金がゼロ円・電力料金も一段階と最もシンプルで分かりやすいプラン
  • 極端に電気の使用が少ない方以外電気料金が安くなる
  • 北海道から沖縄まで日本全国にサービスを展開
 
リミックスでんき 公式サイト

リミックスでんき

  • 大手電力会社の従量電灯プランより5%安くなる
  • 使用量が少なくても確実に安くなるのが魅力
  • 沖縄を除く日本全国にサービスを展開
 
ジニーエナジー 公式サイト

ジニーエナジー

  • 大手電力会社の従量電灯プランと比べて基本料金が半額
  • 300kWh以上利用する家庭なら大手電力会社よりもお得になる。
  • 市場価格に応じて、毎月電気料金が変動するのが特徴。
 
HTBエナジー 公式サイト

HTBエナジー

  • 50A・60Aなら、基本料金半額で従量料金が1段階で低価格
  • 40A以下なら最大9%大手電力会社より安くなる
  • 関西・中国・四国・沖縄エリアでは、電力量料金が安くなるプランが選べる
  • 沖縄を含む全国で利用できる。
 
公式サイト

シン・エナジー

  • 大手電力会社の従量電灯プランから基本料金・従量料金がそれぞれ安くなる。
  • 電気を多く使う家庭・オール電化など深夜に電気を使う家庭なら【夜】生活フィットプランがお得。
  • 在宅ワークなど昼間に電気よく使う家庭なら【昼】生活フィットプランがお得。
 
エルピオでんき 公式サイト

エルピオでんき

  • 関東・関西・中部・東北・九州など全国で展開する
  • 定額プランが充実しており、普段から電気を多く使う家庭や店舗にオススメ
  • エルピオのLPガスを利用すると毎月100円引き
 
J:COM電力 公式サイト

J:COM電力

  • 従量電灯プランに比べて電力量料金が安くなる
  • 東京電力や関西電力のあらゆるオール電化プランに対応
  • ケーブルテレビ・インターネット・モバイル・都市ガスとセットで割引
 
CDエナジーダイレクト 公式サイト

CDエナジーダイレクト

  • 東京電力エリアで利用できて、基本料金・電力量料金が安くなる
  • Amazonプライムなどエンタメサービスが付いてくるプランがある
  • 都市ガスとのセットや、オール電化プランにも対応している
 
東京ガス 公式サイト

東京ガスの電気

  • 350kWh以上電気を使用した場合の1kWhあたりの料金単価がかなり割安
  • 東京ガスの都市ガスとセットで毎月270円お得
  • 東京電力エリアでのみ利用可能
 
ENEOSでんき 公式サイト

ENEOSでんき

  • 沖縄を除く全国で利用できる電気料金プラン
  • 東京電力エリアでは120kWh以上の電力量料金が安い
  • 中部電力エリアでは電力量料金が安い
  • 関西電力エリアでは基本料金(最低料金)と電力量料金が安い
 
どうぶつでんき 公式サイト

どうぶつでんき

  • 沖縄を除く全国で利用できる電気料金プラン
  • 基本料金もしくは、電力量料金の一部が従量電灯プランより安くなる
  • 使用料の一部が動物愛護団体に寄付される

新電力から新電力への切替に申込み画面が対応していない会社

ソフトバンクでんきauでんき、などの申込画面は、新電力からの切替に対応していません。でも、今現在わかる情報を入力すれば大丈夫です。備考欄があればそこに現在契約中の電力会社を書き込むと良いでしょう。

その後申し込んだ電力会社から問い合わせが来るので、それに回答すれば問題なく切替えは出来ますので安心してください。

新電力を解約する時の注意点

Looopでんき

新電力を解約する時の注意点を挙げます。

解約手数料がかかる電力会社もあります。

今までの大手電力会社では電気をいつ解約しても解約手数料はありませんでした。新電力の中には、解約手数料がかかる電力会社もあります。

解約手数料がかかるといっても、電気の場合は自動更新契約ではなく、大抵の場合は1年など決められた期間を過ぎれば解約手数料はかかりません。

また引越しの場合は解約手数料がかからない事がほとんどです。

また、逆に大手電力会社の中でも、「東京電力のプレミアムプラン」など、解約手数料がかかるプランも今は発売されています。

新電力の申込をする前に、解約金がかからないかどうかを確認してみてくださいね。

また、セット割りを利用している場合、電気の解約には解約金がかからなくてもインターネットなどの解約には解約金がかかる事があるので注意しましょう。

大手電力会社から新電力へ切替えた時と手順が少し異なります。

大手電力会社から新電力へ切替えた時と手順が少し異なります。

まず、新電力に切り替えた時に電力メーターをスマートメーターに交換した人も多いと思いますが、このメーターはそのまま使えます。スマートメーターを新たに設置する必要ありません。

少しやっかいなのが、私達の電気の使用場所を特定する供給地点特定番号です。

これは現在契約中の電力会社が管理しているわけではなく、送電や配電を行う一般送配電事業者という事業者(つまり大手電力会社の事。東京電力の場合は「東京電力パワーグリッド」)が管理しています。

そのため、新電力に問い合わせてもわからない場合があります。送配電と電気の小売りを全部やっている大手電力会社からの切替えと、新電力からの切替えで少し手順が異なるのはこのためです。

また、電気契約の切替にはお客様番号が必要になる事が多いのですが、これも、基本的には現在契約中の新電力のお客様番号を入力しますが、大手電力会社時代のお客様番号を求められている場合もあります。

大手電力会社と契約していた時の検針票が残っていれば、そちらも用意して切替手続きをするのがベストでしょう。

いずれにしても、わからない事があればとりあえずわかる範囲の情報を入力しておきましょう。必ずその後に新しい契約先の電力会社から問い合わせが来ますので、それに回答すれば問題ありません。

新居の供給地点特定番号がわからない場合は?新居の供給地点特定番号がわからない場合は、不動産会社や大家さんに問い合わせてみましょう。地域の大手電力会社や切替先の電力会社で調べてくれる事もあります。

まとめ - 新電力の解約と新電力の電気切り替え

電力小売りの自由化が始まった直後は、当然ながら今まで全ての人が契約していた「大手電力会社」から「新電力」への切替え、がほとんどでしたが、電力小売りの自由化が浸透していた現在、「新電力」から「新電力」への切替えも増えてきました。

新電力も大手電力会社も切替え手続きは同じだと思いがちですが、電気料金が違うのと同様、解約方法や切替え手続きにいろいろ違いがある事がわかりました。

これは、電気の小売りだけをやっているか送配電など他の業務もやっているか、という違いが背景にあったり、それぞれの会社の方針の違いからも来ています。

新電力には、大手電力会社より一律で安かったり、基本料金がゼロ円だったり、セット割りがあったり、様々な魅力的な電気料金プランを出しているところが多いです。

例えば、現在契約しているアンペア(A)が大きい方は、基本料金が0円のLooop(るーぷ)でんきのプランにするとその分安くなります。1kWhあたりの電気料金は一律になり、30A以上のご家庭は確実に安くなります。

毎月の電気の使用量が多い方は、ENEOSでんきならば東京電力エリアで300kWh以上の電力量料金がぐっと安いです。エネオスカードを持っていると更に特典があります。さらに、中部電力エリアなら電力量料金がいずれも中部電力の従量電灯プランよりお得になります。また、関西電力エリアだと、最低料金(基本料金)・電力量料金がそれぞれ関西電力よりお得になります。

基本料金も電力量料金も大手電力会より5%安いのはリミックスでんきです。契約アンペア30A(アンペア)以上なのが条件です。

新電力から新電力の電気切り替えを考えるなら、ぜひこれらの情報をチェックしたり、セレクトラの電気料金比較シュミレーターで比較してみてくださいね。

更新日