九州電力より安い電気料金は? - 九州エリア・電気料金比較

Looopでんきの申し込み

基本料金無料の電気料金プランに切替えませんか?[Looopでんき]

  • Looopでんきなら毎月の最低料金も基本料金もゼロ円
  • 解約金・違約金もゼロ円
  • 毎月300kWh以上利用する家庭なら従量料金もさらにお得

基本料金無料の電気料金プランに切替えませんか?

  • Looopでんきなら毎月の最低料金も基本料金もゼロ円
  • 解約金・違約金もゼロ円
  • 毎月300kWh以上利用する家庭なら従量料金もさらにお得
九州電力より安い電気料金は? - 九州エリア・電気料金比較
九州電力より安い電気料金は? - 九州エリア・電気料金比較

九州(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県)で最も安い電力会社、最も安い電気料金プランを調べました。九州電力よりも電気代を安くしたい方は必読です。

九州電力よりも電気を安くする方法

今利用している九州電力より安い電気料金プランを見つけるにはどうしたら良いでしょうか?実は、月間の電気使用量や料金プランのタイプによって、お得な九州でお得な電気料金プランは異なります。

九州で最も多くの方に利用されている電力会社は、九州電力です。ちなみに九州電力の供給エリアは以下の通りです。

九州電力の供給エリア 青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・新潟県

九州電力では、使用量やライフスタイルに合わせた電気料金プランを選ぶことができます。その中でも最も一般的な電気料金プランが、従量電灯プランです。

契約アンペア数が60A以下の、一般家庭向けには従量電灯Bが多く利用されています。また店舗・事業所など6kVA以上の契約容量が必要な場合は、従量電灯Cが利用されています。どちらも九州電力の従量電灯プランです。

 新電力に切り替えると、九州電力の従量電灯プランより安い

この九州電力の従量電灯プランから、新電力に切り替えると電気代が安くなると言われています。

新電力とは? 新電力とは一般家庭、店舗・事業所などに電気を販売する電気小売事業者です。2016年の電力自由化によって、それまで九州電力などの大手電力会社が独占していた低圧電力の電気販売事業に、他の会社も参加できるようになりました。九州電力の規制料金(従量電灯プラン)よりも安い電気料金プランが選べるので、既に多くの方が九州電力から新電力への切り替えを行っています。
 九州で選べる新電力一覧

そこで実際に新電力の電気料金プランに切り替えた場合、どれくらい安くなるのか確認してみましょう。毎月の電気の使用量別にわけてみました。

電気の使用状況に合わせて一番安い料金プランを探す(九州電力エリア)
使用状況 九州電力の料金プラン
一人暮らし
(使用量:月200kWh、30A契約)
従量電灯B

 安くなる電気料金プラン一覧

二人暮らし
(使用量:月300kWh、40A契約)
従量電灯B

 安くなる電気料金プラン一覧

ファミリー世帯
(使用量:月450kWh、50A契約)
従量電灯B
スマートファミリープラン

 安くなる電気料金プラン一覧

オール電化プラン 電化でナイト・セレクト

 安くなる電気料金プラン一覧

九州で選べる電力会社・電気料金プラン一覧

九州エリアで選べる電力会社はこんなにあります。それぞれ、特徴と利用できる主な料金プランのタイプをまとめました。

九州エリアで選べる新電力一覧
電力会社 特徴

 公式サイト

Looopでんき【オススメ!】

  • 基本料金がゼロ円。電力量料金が一段階と最もシンプルで分かりやすいプランを提供。
  • 極端に電気の使用が少ない方以外電気料金が安くなる。
  • オール電化向けのプランも基本料金無料。
  • 北海道から沖縄まで全国で利用できる。(一部離島を除く)

基本料金ゼロ円 従量電灯 オール電化 動力


 公式サイト

エルピオでんき

  • 基本料金がゼロ円。電力量料金が一段階のシンプルなプラン。
  • 従量料金は1段階で120kWh以上なら九州電力より安くなります。
  • 4人暮らし一戸建ての場合(月400kWh利用・40アンペア契約)なら、九州電力より年間14,440円お得(公式サイトより)

基本料金ゼロ円 従量電灯

ENEOSでんき
 公式サイト

ENEOSでんき

  • 九州電力の従量電灯プランより電力量料金が安くなります。
  • ENEOSカードで電気料金を支払うとガソリン代や電気料金の割引特典があります。

従量電灯


 公式サイト

イデックスでんき

  • 基本料金と従量料金が九州電力より安くなる。
  • 一般的な電気料金プランとオール電化向けのプラン両方に対応。
  • dポイントが貯まる。
  • 【セレクトラ限定】このページから切り替え申し込みでクオカード3,000円プレゼント!

従量電灯 オール電化 動力

HTBエナジー
 公式サイト

HTBエナジー

  • 一人暮らし・二人暮らしにはウルトラプランがオススメ
  • ファミリー向けには基本料金が半額のプライムプランがオススメ。
  • オール電化住宅向けには「ぜんぶでんき」がある

従量電灯 オール電化

親指でんき
 公式サイト

親指でんき

  • 基本料金がゼロ円。従量料金も一段階でシンプルなプラン。
  • ペットがいる家庭向けのプランや、ゲーマー向けのプランがある。

基本料金ゼロ円 従量電灯 オール電化 動力


 公式サイト

あしたでんき

  • 「標準プラン」なら、基本料金がゼロ円。従量料金も一段階でシンプルなプラン。
  • 月700kWh以上使うなら「たっぷりプラン」。基本料金がかかるが、従量料金が九州電力よりかなりお得。

基本料金ゼロ円 従量電灯


 公式サイト

よかエネ

  • 九州電力から切り替えるだけで電気代(基本料金・従量料金)が10%割引
  • オール電化向けのプランなら九州電力より3%割引

従量電灯 オール電化

出光昭和シェル
 公式サイト

出光昭和シェル

  • 従量電灯プランに対応していて、従量料金が安くなる。
  • オール電化プランに対応していて、基本料金が安くなる。
  • 出光昭和シェルのガソリンが1Lあたり2円安くなる。電気自動車ユーザーにも電気料金割引特典がある。

従量電灯 オール電化

マークの説明
基本料金がゼロ円の料金プランがある新電力契約アンペア数が大きいと、節約できる電気代が大きくなります。
月300kWhなど決められた電気使用量の電力量料金が定額になるプランがある新電力。定額の電気使用量を超えると、大きく電気代を節約できます。
九州電力の最も基本的な電気料金プラン、従量電灯プランに相当するプランがある新電力。ほぼ全ての新電力にこのプランがあります。
オール電化向けの、深夜料金が安くなるプランがある新電力。対応している新電力はあまり多くありません。
マンションや店舗などの、エレベーターや業務用空調機などに利用される動力プランがある新電力

▲リストに戻る

九州エリアで選べる新電力一覧
 公式サイト

Looopでんき【オススメ!】

  • 基本料金がゼロ円。電力量料金が一段階と最もシンプルで分かりやすいプランを提供。
  • 極端に電気の使用が少ない方以外電気料金が安くなる。
  • オール電化向けのプランも基本料金無料。
  • 北海道から沖縄まで全国で利用できる。(一部離島を除く)

基本料金ゼロ円 従量電灯 オール電化 動力

 
 公式サイト

エルピオでんき

  • 基本料金がゼロ円。電力量料金が一段階のシンプルなプラン。
  • 従量料金は1段階で120kWh以上なら九州電力より安くなります。
  • 4人暮らし一戸建ての場合(月400kWh利用・40アンペア契約)なら、九州電力より年間14,440円お得(公式サイトより)

基本料金ゼロ円 従量電灯

 
ENEOSでんき  公式サイト

ENEOSでんき

  • 九州電力の従量電灯プランより電力量料金が安くなります。
  • ENEOSカードで電気料金を支払うとガソリン代や電気料金の割引特典があります。

従量電灯

 
 公式サイト

イデックスでんき

  • 基本料金と従量料金が九州電力より安くなる。
  • 一般的な電気料金プランとオール電化向けのプラン両方に対応。
  • dポイントが貯まる。
  • 【セレクトラ限定】このページから切り替え申し込みでクオカード3,000円プレゼント!

従量電灯 オール電化 動力

 
親指でんき  公式サイト

親指でんき

  • 基本料金がゼロ円。従量料金も一段階でシンプルなプラン。
  • ペットがいる家庭向けのプランや、ゲーマー向けのプランがある。

基本料金ゼロ円 従量電灯 オール電化 動力

 
 公式サイト

あしたでんき

  • 「標準プラン」なら、基本料金がゼロ円。従量料金も一段階でシンプルなプラン。
  • 月700kWh以上使うなら「たっぷりプラン」。基本料金がかかるが、従量料金が九州電力よりかなりお得。

基本料金ゼロ円 従量電灯

 
HTBエナジー  公式サイト

HTBエナジー

  • 一人暮らし・二人暮らしにはウルトラプランがオススメ
  • ファミリー向けには基本料金が半額のプライムプランがオススメ。
  • オール電化住宅向けには「ぜんぶでんき」がある

従量電灯 オール電化

 
 公式サイト

よかエネ

  • 九州電力から切り替えるだけで電気代(基本料金・従量料金)が10%割引
  • オール電化向けのプランなら九州電力より3%割引

従量電灯 オール電化

 
出光昭和シェル  公式サイト

出光昭和シェル

  • 従量電灯プランに対応していて、従量料金が安くなる。
  • オール電化プランに対応していて、基本料金が安くなる。
  • 出光昭和シェルのガソリンが1Lあたり2円安くなる。電気自動車ユーザーにも電気料金割引特典がある。

従量電灯 オール電化

マークの説明

基本料金がゼロ円の料金プランがある新電力契約アンペア数が大きいと、節約できる電気代が大きくなります。

▲リストに戻る

月300kWhなど決められた電気使用量の電力量料金が定額になるプランがある新電力。定額の電気使用量を超えると、大きく電気代を節約できます。

▲リストに戻る

九州電力の最も基本的な電気料金プラン、従量電灯プランに相当するプランがある新電力。ほぼ全ての新電力にこのプランがあります。

▲リストに戻る

オール電化向けの、深夜料金が安くなるプランがある新電力。対応している新電力はあまり多くありません。

▲リストに戻る

マンションや店舗などの、エレベーターや業務用空調機などに利用される動力プランがある新電力

▲リストに戻る

九州で一人暮らしするなら、この電気料金プランが一番安い

一人暮らしの平均的な月別の電気使用量を200kWh、契約アンペア数を30Aとした場合、九州電力の従量電灯Bと比べてどの新電力が安くなるのか調べてみました。

九州電力従量電灯Bと比較
順位 電力会社 電気代(1ヶ月)
(プラン名)
従量電灯Bとの
年間差額予想
  よかエネ
 公式サイト
4,347円
(従量電灯B)
5,808円安い
  ピタでん
 公式サイト
4,532円
(使った分だけ)
3,588円安い
  HTBエナジー
 公式サイト
4,541円
(ウルトラ30)
3,480円安い

セレクトラがオススメする新電力の料金プランを比較した。電気代は最低料金と電力量料金の合計金額(税込)。燃料費調整額および再エネ賦課金は含まれていません。2021年7月時点の料金表から作成した。小数点以下は切り捨て。

一人暮らしの人が九州電力から切り替えて最も安くなるのは、「よかエネ」でした。

よかエネは九州電力より基本料金と電力量料金が10%安くなるのが特徴です。九州電力の従量電灯Bから切り替えると、 年間約5,800円安くなります。

大手電力会社から10%安くなる電力会社

基本料金も電力量料金も10%安い

  • 基本料金: 10%オフ
  • 電力量料金: 10%オフ
  • 全国で利用可: (離島を除く)
従量電灯プランから切り替えると

10%オフ

公式サイト

九州で二人暮らしするなら、この電気料金プランが一番安い

二人暮らしの平均的な月別の電気使用量を300kWh、契約アンペア数を40Aとした場合、九州電力の従量電灯Bと比べてどの新電力が安くなるのか調べてみました。

九州電力従量電灯Bと比較
順位 電力会社 電気代(1ヶ月)
(プラン名)
従量電灯Bとの
年間差額予想
  よかエネ
 公式サイト
6,690円
(従量電灯B)
8,928円安い
  ピタでん
 公式サイト
6,798円
(使った分だけ)
7,632円安い
  HTBエナジー
 公式サイト
6,839円
(ウルトラ30)
7,140円安い

セレクトラがオススメする新電力の料金プランを比較した。電気代は最低料金と電力量料金の合計金額(税込)。燃料費調整額および再エネ賦課金は含まれていません。2021年7月時点の料金表から作成した。小数点以下は切り捨て。

一人暮らしと同じく、二人暮らしでも「よかエネ」が最も安くなることがわかりました。九州電力から「よかエネ」に切り替えると、二人暮らしなら年間およそ8,900円節約することができます。

大手電力会社から10%安くなる電力会社

基本料金も電力量料金も10%安い

  • 基本料金: 10%オフ
  • 電力量料金: 10%オフ
  • 全国で利用可: (離島を除く)
従量電灯プランから切り替えると

10%オフ

公式サイト

九州でファミリー世帯なら、この電気料金プランが一番安い

ファミリー世帯(3人から5人程度)の平均的な月別の電気使用量を450kWh、契約アンペア数を50Aとした場合、九州電力の従量電灯Bと比べてどの新電力が安くなるのか調べてみました。

九州電力従量電灯Bと比較
順位 電力会社 電気代(1ヶ月)
(プラン名)
従量電灯Bとの
年間差額予想
  HTBエナジー
 公式サイト
9,999円
(プライム50)
19,692円安い
  ピタでん
 公式サイト
10,197円
(使った分だけ)
17,316円安い
  エルピオでんき
 公式サイト
10,309円
(使った分だけSプラン)
15,972円安い

ファミリー世帯向けで九州電力から切り替えると最も安くなるのは「HTBエナジー」のプライムプランでした。プライムプランの特徴は、基本料金が半額で電力量料金も1段階ですっきりなのが特徴です。

HTBエナジー(HISでんき):プライム50・60(九州エリア)料金表
基本料金
契約アンペア数 九州電力
従量電灯B
九州電力
HTBエナジー(HISでんき)
プライム50・60
HTBエナジー(H.I.S.のでんき)
50A 1485.00円 742.50円
60A 1782.00円 891.00円
電力量料金(1kWhあたりの料金)
  九州電力
従量電灯B
HTBエナジー(HISでんき)
プライム50・60
120kWhまで 17.46円 20.57円
120kWh超えて300kWhまで 23.06円
300kWh超える 26.06円

120kWh以上の電力量料金が九州電力よりも安いので、電気をよく使う家庭ほど九州電力よりお得になります。

ただし、契約アンペア数が40アンペア以下の場合は利用することができないので注意が必要です。

ファミリー世帯におすすめの電気料金プラン

基本料金が半額で電気を多く利用しても安い

  • 基本料金: 半額
  • 電力量料金: 業界最安レベル
  • 全国で利用可: (離島を除く)
九州電力と比較して

年間19,000以上安い(450kWh・50A)

公式サイト

九州でオール電化なら、この電気料金プランが一番安い

九州電力の代表的なオール電化プランは「電化でナイト・セレクト」です。どんな電気料金プランなのかまずは料金表を確認してみましょう。

九州電力の電化でナイト・セレクト料金表
基本料金
契約容量が10kW以下の場合 1650.00円(1契約あたり)
契約容量が10kWをこえる場合 15kWまで 4400.00円(1契約あたり)
15kW超過分 550.00円(1kWあたり)
電力量料金(1kWhあたり)
平日昼間 夏冬 26.84円
春秋 23.95円
休日昼間 夏冬 21.22円
春秋 17.82円
夜間 13.21円
  • 「夏」は毎年7月1日から9月30日までの期間をいい、「冬」とは毎年12月1日から翌年2月末日までの期間をいいます。
  • 「春」は毎年3月1日から6月30日までの期間をいい、「秋」とは毎年10月1日から11月30日までの期間をいいます。

九州電力の電化でナイト・セレクトは夜間が割安になる料金プランです。安くなる時間帯は3つのパターンから選ぶことができます。

九州電力:電化でナイトプラン一覧
セレクト21
  • お得な夜間時間帯は21時~翌7時
  • 就寝時間が遅い等、夜型の生活の利用者の方におすすめです。
セレクト22
  • お得な夜間時間帯は22時~翌8時
  • 従来から設定されている標準的な夜間時間帯の利用者の方におすすめです。
セレクト23
  • お得な夜間時間帯は23時~翌9時
  • 朝に家事をされる等、朝型の生活の利用者の方におすすめです。

昼間、オフピーク、夜間と時間帯ごと電力量料金が異なります。また冬季と夏季、それ以外の季節でも料金が異なります。ヒートポンプ機器を使用するオール電化住宅向けの電気料金プランです。

九州で選べる新電力は、この「電化でナイト・セレクト」よりも基本料金や電力量料金が安くなる料金プランを提供しています。

基本料金無料のオール電化プラン
universe

春秋の昼間料金が業界最安水準
「Looopでんきのスマートタイムプラン」

公式サイト

Looopでんきのスマートタイムプランは基本料金無料のオール電化向け料金プランです。オール電化向けのプランは、一般的な電気料金プランに比べて基本料金が高くなりがちです。でもLooopでんきの「スマートタイムプラン」なら、毎月固定の基本料金をゼロ円にすることができます。

またスマートタイムプランは、高くなりがちな昼間の電力量料金を九州電力よりも低く設定しています。特に春・秋季の昼間の電力量料金が、九州電力に比べて44%も安くなります。

春・秋季節の昼間の電力量料金を比較
九州電力
電化でナイト・セレクト
Looopでんき
スマートタイムプラン
23.95円

13.4円

セレクトラのおすすめオール電化向け電気料金プラン

基本料金がゼロ円で昼間の電気代も安いオール電化向け電気料金プラン

  • 業界初: オール電化向け
  • 基本料金: ゼロ円
  • 昼間の電気代も: 安くなる
  • 全国で利用可: (沖縄・離島を除く)
スマートタイムプラン

03-4578-0406 公式サイト

九州電力のオール電化プランより一律3%安い「よかエネ」

よかエネなら、「電化でナイト・セレクト」から切り替えるだけで、基本料金と電力量料金がそれぞれ3%安くなります。

安くなる時間帯や季節の条件は同じで、電気代だけ安くできるのが特徴です。プラン内容は変えたくないけど九州電力より安くしたい方にオススメです。

大手電力会社から3%安くなる

オール電化でも電気代を安くできる

  • 基本料金: 3%オフ
  • 電力量料金: 3%オフ
  • 全国で利用可: (離島を除く)
オール電化プランから切り替えると

3%オフ

公式サイト

九州で最も人気の電気料金プランは?

セレクトラの記事を見て、電気料金プランに切り替える人が増えています。九州でも多くの人がセレクトラの記事を参考に、電気の切り替え先を選んでいます。そこで電気料金プランの切り替え先として九州で最も選ばれたのはどの会社になるのか、調べてみました。

 九州で最も人気の電気料金プランは「Looopでんき」

セレクトラの記事を見て電気を切り替えた人の中で最も人気の料金プランは、Looopでんきの「おうちプラン」でした。

Looopでんきは基本料金が0円、電力量料金が1段階のシンプルな電気料金プランです。電気使用量が多いファミリー世帯なら、九州電力の従量電灯プランより電気代を*年間約10,500円節約することができます。(*月450kWh平均・50A契約)

基本料金が無料の電気料金プラン

基本料金がゼロ円だからアンペア数が高くても心配無用

  • 基本料金: ゼロ円
  • 電力量料金: 1段階でシンプル
  • 選ばれて: 30万件突破
  • 全国で利用可: (一部離島を除く)
おうちプラン・ビジネスプラン

03-4578-0406 公式サイト

既にLooopでんきは全国30万世帯以上で利用されている人気の電力会社です。シンプルな料金体系に加えて、解約金や手数料も0円なのも特徴です。また太陽光発電への取り組みや、再生可能エネルギー発電の電気を積極的に取り入れています。

九州電力から新電力に切り替えて大丈夫?

「九州電力から新電力に切り替えて大丈夫かな?」と不安に思っている方もいるでしょう。どれくらいの人が実際に新電力に切り替えているのか、調べてみました。

九州電力エリアの一般家庭・店舗・事業所向けの低圧電力のうち、約13%(*2021年3月の低圧電力・電灯の販売電力量)が新電力の電気を利用しています。

つまり九州で10軒に1軒は新電力の電気を利用しているのです。そして今後も新電力の電気を利用する割合は増えていくと予想されています。

でも九州電力より安くなったせいで電気の質が変わったり、停電しやすくなるんじゃないのか?と不安になっている方もいるでしょう。

 電気の質は変わりません

九州電力から新電力に切り替えて電気の「質」が変わることはありません。新電力の多くは九州電力が利用しているのと同じ発電所で作られた電気を利用しています。また九州電力では積極的に利用していない、再生エネルギー発電を新電力では積極的に取り入れていますが、発電方法が変わっても電気の「質」が変わることはありません

 停電しやすくなることもありません

また、九州の送電網を管理しているのは九州電力送配電です。九州で電気を販売する新電力は、この九州電力送配電の電柱や電線などの送配電設備を利用して電気を供給しています。つまり電線や電柱などでトラブルがあれば、九州電力でもそれ以外の新電力を利用していても等しく停電が起きます。

なので、安心して九州電力よりも安い新電力を選び、電気代を節約しましょう。

九州で電力会社・電気料金選びに迷ったら?

九州で一番安い電力会社・電気料金プランや、九州で人気の電気料金プランについて解説しました。でも、たくさんあってどれを選んで良いのかわからないと困っていませんか?

セレクトラのらくらく窓口(0120-410-078)では、電話1本で今より安くなる電力会社のご案内をしています。新しい電力会社への切り替えも電話1本で完了します。電力会社選びに困っている方、申込方法がわからない方、ぜひセレクトラのらくらく窓口(0120-410-078)をご利用ください。

九州にお引っ越し、すぐ申し込めるお得な電気料金プランは?

引っ越し先で利用できる電力会社・電気料金プランをお探しなら、セレクトラのらくらく窓口(0120-410-078)にお任せください。

セレクトラのらくらく窓口(0120-410-078)なら、引っ越し直前でも申し込める電力会社・電気料金プランをお探します。またお申し込みも電話1本でOKです。

引っ越し先の電気の申し込みを忘れていたという方も、セレクトラのらくらく窓口(0120-410-078)にご連絡ください。

更新日