電話で電気・ガス切替相談

毎月の電気代・ガス代を電話1本で安くしませんか?

最短5分で最適プランをご紹介。当社経由の切り替えで電気代が平均6%安くなりました。電気とガスの切り替えと新規申し込みなら、セレクトラ・ジャパンのらくらく窓口まで。

 

らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

毎月の電気代・ガス代を電話1本で安くしませんか?

最短5分で最適プランをご紹介。当社経由の切り替えで電気代が平均6%安くなりました。電気とガスの切り替えと新規申し込みなら、セレクトラ・ジャパンのらくらく窓口まで。

 


営業時間・ご利用方法についてはこちら

【関西エリアの都市ガス比較】東京電力と大阪ガス、どっちが安い?

Looopでんきの申し込み

基本料金無料の電気料金プランに切替えませんか?[Looopでんき]

  • Looopでんきなら毎月の最低料金も基本料金もゼロ円
  • 解約金・違約金もゼロ円
  • 毎月300kWh以上利用する家庭なら従量料金もさらにお得

基本料金無料の電気料金プランに切替えませんか?

  • Looopでんきなら毎月の最低料金も基本料金もゼロ円
  • 解約金・違約金もゼロ円
  • 毎月300kWh以上利用する家庭なら従量料金もさらにお得

2020年11月より東京電力が関西エリアでも都市ガスの販売を始めました。東京電力の電気とセットで利用できる都市ガスプランについて、詳しく説明します。

  • 東京電力の都市ガスは電気料金プランとのセット利用が必要
  • 都市ガス料金が大阪ガスの一般料金より3%安くなる
  • 電気とガスのセットなら「よかエネ」と「関電ガス」がおすすめ

関西エリアの都市ガス:東京電力のとくとくガスプランとは?

関東エリアの大手電力会社・東京電力は、関東以外のエリアでも新電力として電気を販売しています。また、東京ガスエリア大阪ガスエリア東邦ガスエリアでは都市ガスを販売しています。

東京電力の都市ガスプラン「とくとくガスプラン」は、東京電力の電気料金プランとセットで利用する必要があります。大阪ガスエリアで東京電力の都市ガスを利用する場合は、電気料金プランを東京電力の電気料金プラン「プレミアムプラン」もしくは「スタンダードプラン」に切り替える必要があります。

関西の大手都市ガス会社、大阪ガスも関西電力よりお得な電気料金プランを販売しています。大手電力会社の関西電力関電ガスのブランドで、電気とセット利用すると大阪ガスよりお得なガス料金プランを販売しています

このページでは、東京電力の関西エリアにおける都市ガス料金表・電気料金表が確認できます。また関西電力・大阪ガスの電気とガスのセットプランと料金比較を行います。

東京電力・関西エリアの都市ガス料金表

東京電力の都市ガスプラン「とくとくガスプラン」は大阪ガスの一般料金プランより、3%安くなります。

都市ガス料金は、使用する量に応じて、基本料金および従量料金が適用されます。ガス料金=基本料金+従量料金となります。例えばある月のガスの消費量が25㎥だった場合は、基本料金は20㎥を超え50㎥までの料金がかかります。そして従量料金は25㎥に1㎥あたりの料金単価をかけたものが適用されます。

例えば大阪ガスの一般料金で1ヶ月に25㎥利用した場合、基本料金が1364.81円、従量料金が25㎥ x 1323.87円かかります。

東京電力:とくとくガスプラン(関西エリア):基本料金
1ヶ月の使用量(㎥) 大阪ガス
一般料金
東京電力
とくとくガスプラン
20まで 759.00円 736.23円
20を超え50まで 1364.81円 1323.87円
50を超え100まで 1635.74円 1586.67円
100を超え200まで 2074.72円 1804.05円
200を超え350まで 3506.75円 3156.08円
350を超え500まで 3834.72円 3758.03円
500を超え1000まで 6981.94円 6842.30円
1000を超えるまで 7307.87円 7161.71円
東京電力:とくとくガスプラン(関西エリア):従量料金
1ヶ月の使用量(㎥) 大阪ガス
一般料金
東京電力
とくとくガスプラン
20まで 174.81円 169.57円
20を超え50まで 144.52円 140.18円
50を超え100まで 139.10円 134.93円
100を超え200まで 134.71円 131.78円
200を超え350まで 127.55円 124.78円
350を超え500まで 126.62円 122.82円
500を超え1000まで 120.32円 116.71円
1000を超えるまで 120.00円 116.40円

大阪ガスの一般料金と東京電力のとくとくガスプランを比較すると、基本料金と従量料金どちらも東京電力の方が安くなっていることがわかりますね。

都市ガスだけ大阪ガスよりも安くするなら「よかエネ」

たしかに、とくとくガスプランに切り替えると大阪ガスよりも都市ガスが安くなることがわかりました。ただ、電気と都市ガス一緒に切り替えるのではなく、とにかくガス料金だけ大阪ガスより安くしたいという方もいるでしょう。

大阪ガスエリアでは東京電力以外にも都市ガスを販売している会社があります。よかエネ」の都市ガスなら、大阪ガスの一般料金プランを利用している場合、東京電力と同じように大阪ガスより3%安くなります。また、それ以外の特殊なガス料金プラン、例えば床暖房やエコジョーズなどのプランを利用している場合は大阪ガスから切り替えると最大9%安くなります。

よかエネは関西エリアで電気も販売していますが、都市ガスを利用したい場合は単体で切り替えることができます。セットでなくても良いので、都市ガスだけ大阪ガスより安くすることができます。

もしよかエネの電気とガスをセットで利用すると、都市ガス料金がさらに2%安くなり、合計で5%も大阪ガスより安くなります。(なお、ガス特殊契約の場合は最大9%割引です。)

東京電力・関西エリアの電気料金表

東京電力の都市ガスプラン「とくとくガスプラン」とセットで利用できる電気料金プランは「プレミアムプラン」と「スタンダードプラン」です。

東京電力:スタンダードA(関西エリア):料金表

東京電力の「スタンダードプラン」は、関西電力の従量電灯Aに相当する電気料金プランです。関西電力と同じように、15kWh(キロワットアワー)までの電力量料金が最低料金になります。そして15kWh以上電気を使用した場合の料金単価は、3段階に分かれています。

東京電力:スタンダードA(関西エリア)料金表
最低料金
  関西電力
従量電灯A
関西電力
東京電力
スタンダードA
東京電力
最初の15kWhまで
(月額固定費)
341.01円 333.72円
電力量料金(1kWhあたりの料金)
15kWh超えて120kWhまで 20.31円 20.29円
120kWh超えて300kWhまで 25.71円 24.26円
300kWh超える 28.70円 27.83円

関西電力の従量電灯プランと東京電力のスタンダードプランを比較すると、基本料金と従量料金どちらも東京電力の方が安くなっていることがわかりますね。

東京電力:プレミアムプラン(関西エリア):料金表

プレミアムプランは毎月400kWhまでの電気料金が定額になるプランです。毎月400kWh以上利用する場合は、関西電力の従量電灯プランに比べて割安になりますが、400kWhを下回ると逆に割高になってしまいます。東京電力では世帯人数が5人以上の場合にプレミアムプランの利用を推奨しています。

また契約電力に関しては、当月と過去11か月の30分ごとの使用電力量の 最大値(ピーク電力)にもとづき、 各月の契約電力が決定されます。

東京電力:プレミアムプラン:基本料金(関西エリア)
基本料金(契約電力1kWあたり)
396.00円
電力消費量(kWh) 1kWhあたりの値段
最初の400kWh 7761.11円
(定額料金)
400kWh以上 23.00円

東京電力のガスセット割について

関西エリアで東京電力の電気とガスをセットで利用すると、ガスセット割が適用されます。ガスセット割が適用されると電気代が毎月100円、年間で1200円割引になります。

東京電力・関西電力・大阪ガスの電気・ガスセットプラン、どれが安い?

関西エリアの東京電力の都市ガス料金(とくとくガスプラン)が大阪ガスの一般料金よりも安くなることがわかりました。また、関西エリアの東京電力の電気料金(スタンダードA)が関西電力の従量電灯プランよりも安くなることもわかりました。では、関西エリアで東京電力・大阪ガス関西電力の電気・ガスセットプランを利用した場合、どの料金が安くなるのでしょうか?

都市ガス料金を比較する

比較するのは東京電力のとくとくガスプラン、大阪ガスの一般料金、関電ガスのなっトクプランです。毎月10㎥から50㎥利用した場合の料金を比較してみました。なお、2020年11月時点の料金単価を元に計算、小数点以下は切り捨てで表示します。また関電ガスのなっトクプランは、電気セット割引3%を適用しています。

ガス料金を比較する(東京電力・関電ガス・大阪ガス)
1ヶ月の使用量 東京電力
とくとくガスプラン
関電ガス
なっトクプラン
大阪ガス
一般料金
10㎥ 2,432円 2,277円 2,507円
20㎥ 4,128円 3,816円 4,255円
30㎥ 5,529円 5,114円 5,700円
40㎥ 6,931円 6,411円 7,146円
50㎥ 8,333円 7,707円 8,591円

3社で比較すると関電ガスのなっトクプランの都市ガス料金が最も安くなることがわかりました。最も使用量が少ないケースでも月間数百円程度の他社よりも関電ガスの方が安くなっています。

電気料金を比較する

比較するのは東京電力のスタンダードA、大阪ガスのベースプランA-G、関電ガスのなっトクプランです。毎月200kWh、300kWh、400kWh、500kWh利用した場合を比較してみました。なお、2020年11月時点の料金単価を元に計算、小数点以下は切り捨てで表示します。また東京電力のスタンダードAには、セットによる割引を適用しています。

電気料金を比較する(東京電力・関電ガス・大阪ガス)
1ヶ月の使用量 東京電力
スタンダードA
関電ガス
なっトクでんき
大阪ガス
ベースプランA-G
200kWh 4,305円 4,346円 4,410円
300kWh 6,731円 6,756円 6,900円
400kWh 9,514円 9,536円 9,536円
500kWh 12,297円 12,316円 12,319円

3社を比較した場合、かろうじて東京電力が一番安くなることがわかりました。

電気とガスのセットでは関電ガスが一番安い

確かに東京電力の電気料金が関電ガスのなっトクでんきよりやすいものの、価格差は100円以下となりほぼ差がありません。またガスと電気をセットで利用する場合、関電ガスの方が100円以上他社よりも安くなっているいます。ですので電気とガスのセットプランなら東京電力・大阪ガス・関電ガスの中で、関電ガスが最も安くなります。

たしかに東京電力・大阪ガス・関電ガスでは関電ガスが最も安くなります。関西エリアで他にもっと安くなる、電気とガスとセットプランはないのでしょうか?

関西エリアで電気とガスを安くするなら「よかエネ」がオススメ

よかエネ」なら電気とガスをセットで利用すると、ガス料金が大阪ガスの5%割引、電気料金が関西電力の12%割引になります。

では、関電ガスの電気・ガスセットプランとよかエネのどちらが安いか比較してみましょう。

ガス料金を比較する(関電ガス・よかエネ)
1ヶ月の使用量 関電ガス
なっトクプラン
よかエネ
一般料金
10㎥ 2,277円 2,382円
20㎥ 3,816円 4,042円
30㎥ 5,114円 5,415円
40㎥ 6,411円 6,788円
50㎥ 7,707円 8,161円
電気料金を比較する(関電ガス・よかエネ)
1ヶ月の使用量 関電ガス
なっトクでんき
よかエネ
従量電灯A
200kWh 4,346円 3,987円
300kWh 6,756円 6,249円
400kWh 9,536円 8,775円
500kWh 12,316円 11,300円

ガス料金は関電ガスの方が安く、電気料金はよかエネの方が安くなっています。光熱費におけるガス料金の比重が大きい家庭、ガスをよく使う家庭の場合は関電ガスの方がお得です。一方、電気をよく使う家庭ならどちらもよかエネに変えた方がお得です。

どちらの方が最適かは、それぞれの電気とガスの使用状況によって異なります。関電ガスよかエネもそれぞれ公式サイトで料金シミュレーションが行えます。気になった方はシミュレーションを行っていましょう。

 よかエネ公式サイトで確認する     関電ガス公式サイトで確認する
更新日