【本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。】
【本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。】
エルピオ都市ガス

\ガス料金を今より安くしたいなら【エルピオ都市ガス】/

エルピオ都市ガス

 立春生活応援キャンペーン実施中!新規申し込みで11か月後に最大10,000円割引
(2024年2月29日までに新規申し込み&4月30日までに供給開始)

※エルピオ都市ガス「スタンダードプラン」と大手ガス会社「一般料金」 の比較

お得なガスなら【エルピオ都市ガス】

お得な都市ガスなら【エルピオ都市ガス】

 立春生活応援キャンペーン実施中!新規申し込みで11か月後に最大10,000円割引
(2024年2月29日までに新規申し込み&4月30日までに供給開始)

※「スタンダードプラン」VS大手ガス「一般料金」 の比較

【2024年2月】おすすめのガス会社はどこ?エリア別にガス料金を比較【東京ガス・大阪ガス・東邦ガス】

おすすめのガス会社はどこ?エリア別にガス料金を比較【東京ガス・大阪ガス・東邦ガス】

ガス代を節約したい東京ガス・東邦ガス・大阪ガスエリアの都市ガスユーザーに向けて、エリアごとの都市ガス会社の料金シミュレーションと比較を行いました。

 早わかり:エリア別の都市ガス会社第1位まとめ

👑1人暮らし世帯の第1位

関東(東京ガス)エリア
エルピオ都市ガス:東京ガスより年2,256円安い
中部(東邦ガス)エリア
TOKAI都市ガス:東邦ガスより年4,188円安い*
*TLCポイント2,400p還元分を含む
関西(大阪ガス)エリア
関電ガス:大阪ガスより年3,934円安い

👑2人暮らし世帯の第1位

関東(東京ガス)エリア
エルピオ都市ガス:東京ガスより年2,808円安い
中部(東邦ガス)エリア
TOKAI都市ガス:東邦ガスより年4,788円安い*
*TLCポイント2,400p還元分を含む
関西(大阪ガス)エリア
関電ガス:大阪ガスより年5,136円安い

👑3~5人暮らし世帯の第1位

関東(東京ガス)エリア
エルピオ都市ガス:東京ガスより年3,588円安い
中部(東邦ガス)エリア
エルピオ都市ガス:東邦ガスより年5,940円安い
関西(大阪ガス)エリア
関電ガス:大阪ガスより年6,444円安い

今より安い電力プラン・ガスプランをお探しなら「セレクトラのらくらく窓口」へ!電気代平均6%削減、最短5分で最適プランが見つかります。

セレクトラのらくらく窓口までご相談ください。お客様に最適な新電力探しを無料でサポートします。


セレクトラのらくらく窓口
 4.7/ 5
ご利用者様の声はこちら

電気の切り替えで電気代節約

今より安い電力プラン・ガスプランをお探しなら「セレクトラのらくらく窓口」へ!電気代平均6%削減、最短5分で最適プランが見つかります。

セレクトラのらくらく窓口までご相談ください。お客様に最適な新電力探しを無料でサポートします。

セレクトラのらくらく窓口
 4.7/ 5
ご利用者様の声はこちら

今より安い電力プラン・ガスプランをお探しなら「セレクトラのらくらく窓口」へ!電気代平均6%削減、最短5分で最適プランが見つかります。

セレクトラのらくらく窓口が、お客様に最適な新電力探しを無料でサポートします。申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。


セレクトラのらくらく窓口
 4.7/ 5
ご利用者様の声はこちら

電気の切り替えで電気代節約

今より安い電力プラン・ガスプランをお探しなら「セレクトラのらくらく窓口」へ!電気代平均6%削減、最短5分で最適プランが見つかります。

セレクトラのらくらく窓口が、お客様に最適な新電力探しを無料でサポートします。申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。

セレクトラのらくらく窓口
 4.7/ 5
ご利用者様の声はこちら

エリア別料金比較:おすすめガス会社はどこ?

都市ガスは、電気と比べると市場の自由化後に新規参入した企業の数は多くありません。広域で供給しているガス会社は少なく、エリアごとに選べる都市ガス会社は異なります。

ここでは、新規参入した企業の多い関東・中部・関西エリアにおいて、おすすめの都市ガス会社を比較します。


ランキング根拠

セレクトラではアフィリエイトプログラムを利用しており、当ページを通じて商品・サービスへの申し込みがあった場合、提携企業から広告報酬を受け取ることがあります。
ただし報酬の有無に関わらず、ランキングは同一の条件(以下)で計算されたシミュレーション結果に基づいて作成されています。

都市ガスの料金比較条件
●ひと月当たりのガス使用量:1人暮らし=20㎥/2人暮らし=30㎥/3‐5人暮らし=40㎥
●上記使用量に応じて基本料金と従量料金の合計を計算
●ただし、従量料金に原料費調整額は含まない
●キャンペーン等による割引が生じる場合は、計算に考慮したうえでその旨を明記

ランキング根拠 閉じる

プロパンガスを利用している場合は?

持ち家(戸建て)にお住まいの方であれば、プロパンガスの契約を自由に切り替えることができます。ガスのエキスパートが優良な販売店を見つけて提案してくれる「無料切替相談サービス」をご活用ください。
 サービス詳細を確認

関東エリアの都市ガス会社ランキング

関東(東京ガス)エリアでおすすめの都市ガス会社について、世帯人数ごとに「もっともお得なガス会社」「料金比較ランキング」「電気ガスセットのおすすめ」をご紹介します。

以下の世帯人数をクリックして詳細をご覧ください。

関東エリアのおすすめ都市ガス会社

1人暮らしの場合

 1人暮らしで一番安いのは「エルピオ都市ガス」!
関東エリアのガス料金比較:1人暮らしで一番お得なお得なガス会社は?

エルピオ都市ガスの「スタンダードプラン」は、東京ガスの一般料金と比べて基本料金と従量料金の合計が最大5.1%安くなります
※ただし、都市ガスの使用量が極端に少ない(月10㎥以下)場合、エルピオ都市ガスにすると割高になってしまうためご注意ください。

エルピオ都市ガスVS東京ガス:比較料金表(税込)
  東京ガス
一般ガス料金
エルピオ都市ガス
スタンダードプラン
月の使用量 基本料金
(円/月)
従量料金
(円/m³)
基本料金
(円/月)
従量料金
(円/m³)
~20m³ 759.00円 145.31円 975.00円 125.11円
20.1m³~80m³ 1056.00円 130.46円 1015.00円 124.00円
80.1m³~200m³ 1232.00円 128.26円 1232.00円 123.00円
200.1m³~500m³ 1892.00円 124.96円 1833.35円 119.84円
500.1m³~800m³ 6292.00円 116.16円 6034.03円 110.24円
800.1m³~ 12452.00円 108.46円 11941.00円 105.10円

※両社とも、従量料金単価は原料費調整制度にもとづき毎月調整されます。

エルピオ都市ガスの料金表を開く エルピオ都市ガスの料金表を閉じる

  • 基本情報
  • 最低契約期間なし、解約金ゼロ円
  • 支払い方法はクレジットカード
  • 2024年1月31日までの新規申し込みで7,000円(税込)割引!
 1人暮らし:おすすめ都市ガス会社TOP3

東京ガスエリアで選べるおすすめ都市ガス会社の料金比較結果は以下のとおりです。

関東・都市ガス会社ランキング:一人暮らし(2024年2月時点)
ガス会社 ひと月のガス料金
(プラン名)
東京ガスとの
年間差額(※)
詳細&申し込み
 エルピオ都市ガス 3,477円
(スタンダードプラン)
2,256円安い
3,519円
(わくわくプラン)
1,752円安い
3,550円
(ベーシックガス)
1,380円安い

【※比較条件】
・東京ガス「一般料金」と比較
・ガス使用量は月20㎥。基本料金+従量料金の合計で、原料費調整額は含まない
・なお、上記でご紹介しているガス会社は、東京ガスの一般料金と違って原料費調整額に上限を設けていません。原料価格が著しく高騰した場合、上記のガス会社の原料費調整額が東京ガスのそれよりも高くなり、結果として料金メリットが出ない場合があります。

 1人暮らし:電気とセットでお得なガス会社は?
関東エリアのおすすめ電気ガスセット:CDエナジーダイレクト

東京ガスエリアで選べる電気ガスセットでもっともおすすめなのは、CDエナジーダイレクト(通称CDエナジー)です。

もともとの価格設定もお得ですが、電気とガスの対象プランをセットにすると、電気代・ガス代がさらに0.5%割引*になります。

*電気のセット割は燃料費調整額を除いた基本料金と従量料金に適用される。スマートでんき・ゆかぽかガス・はつでんガスはセット割対象外

CDエナジーなら、同エリアでもっとも多い「東京電力(従量電灯B)+東京ガス(一般料金)」を契約している場合と比べて、年間で3,804円の電気+ガス代の節約※が期待できます。

1人暮らしの電気ガスセット料金比較
電気 ガス 合計
東京電力+東京ガス 7,413円
従量電灯B
3,665円
一般料金
11,078円
CDエナジーダイレクト 7,229円
ベーシックでんき
3,532円
ベーシックガス
10,761円

【※比較条件】
・電気:30A契約、月200kWh使用。基本料金+電力量料金の合計、燃料費調整額再エネ賦課金は含まない。CDエナジーはセット割適用済
・ガス:月20㎥使用。基本料金+従量料金の合計、原料費調整額は含まない。CDエナジーはセット割適用済
・東京電力の燃料費調整額、東京ガスの原料費調整額にはそれぞれ上限があるが、CDエナジーでは上限を設けていない。燃料価格が著しく高騰した場合、CDエナジーの燃・原料費調整額が東京電力・東京ガスよりも高くなり、結果として上記の料金メリットが出ない場合あり。

▷電気ガスセットのおすすめをもっと見る

2人暮らしの場合

 2人暮らしで一番安いのは「エルピオ都市ガス」!
関東エリアのガス料金比較:2人暮らしで一番お得なお得なガス会社は?

エルピオ都市ガスの「スタンダードプラン」は、東京ガスの一般料金と比べて基本料金と従量料金の合計が最大5.1%安くなります

エルピオ都市ガスVS東京ガス:比較料金表(税込)
  東京ガス
一般ガス料金
エルピオ都市ガス
スタンダードプラン
月の使用量 基本料金
(円/月)
従量料金
(円/m³)
基本料金
(円/月)
従量料金
(円/m³)
~20m³ 759.00円 145.31円 975.00円 125.11円
20.1m³~80m³ 1056.00円 130.46円 1015.00円 124.00円
80.1m³~200m³ 1232.00円 128.26円 1232.00円 123.00円
200.1m³~500m³ 1892.00円 124.96円 1833.35円 119.84円
500.1m³~800m³ 6292.00円 116.16円 6034.03円 110.24円
800.1m³~ 12452.00円 108.46円 11941.00円 105.10円

※両社とも、従量料金単価は原料費調整制度にもとづき毎月調整されます。

エルピオ都市ガスの料金表を開く エルピオ都市ガスの料金表を閉じる

  • 基本情報
  • 最低契約期間なし、解約金ゼロ円
  • 支払い方法はクレジットカード
  • 2024年1月31日までの新規申し込みで7,000円(税込)割引!
 2人暮らし:おすすめ都市ガス会社TOP3

東京ガスエリアで選べるおすすめ都市ガス会社の料金比較結果は以下のとおりです。

関東・都市ガス会社ランキング:二人暮らし(2024年2月時点)
ガス会社 ひと月のガス料金
(プラン名)
東京ガスとの
年間差額(※)
詳細&申し込み
 エルピオ都市ガス 4,735円
(スタンダードプラン)
2,808円安い
4,759円
(わくわくプラン)
2,520円安い
4,814円
(ベーシックガス)
1,860円安い

【※比較条件】
・東京ガス「一般料金」と比較
・ガス使用量は月30㎥。基本料金+従量料金の合計で、原料費調整額は含まない
・なお、上記でご紹介しているガス会社は、東京ガスの一般料金と違って原料費調整額に上限を設けていません。原料価格が著しく高騰した場合、上記のガス会社の原料費調整額が東京ガスのそれよりも高くなり、結果として料金メリットが出ない場合があります。

 2人暮らし:電気とセットでお得なガス会社は?
関東エリアのおすすめ電気ガスセット:CDエナジーダイレクト

東京ガスエリアで選べる電気ガスセットでもっともおすすめなのは、CDエナジーダイレクト(通称CDエナジー)です。

もともとの価格設定もお得ですが、電気とガスの対象プランをセットにすると、電気代・ガス代がさらに0.5%割引*になります。

*電気のセット割は燃料費調整額を除いた基本料金と従量料金に適用される。スマートでんき・ゆかぽかガス・はつでんガスはセット割対象外

CDエナジーなら、同エリアでもっとも多い「東京電力(従量電灯B)+東京ガス(一般料金)」を契約している場合と比べて、年間で6,012円の電気+ガス代の節約※が期待できます。

2人暮らしの電気ガスセット料金比較
電気 ガス 合計
東京電力+東京ガス 11,368円
従量電灯B
4,969円
一般料金
16,337円
CDエナジーダイレクト 11,046円
ベーシックでんき
4,790円
ベーシックガス
15,836円

【※比較条件】
・電気:40A契約、月300kWh使用。基本料金+電力量料金の合計、燃料費調整額再エネ賦課金は含まない。CDエナジーはセット割適用済
・ガス:月30㎥使用。基本料金+従量料金の合計、原料費調整額は含まない。CDエナジーはセット割適用済
・東京電力の燃料費調整額、東京ガスの原料費調整額にはそれぞれ上限があるが、CDエナジーでは上限を設けていない。燃料価格が著しく高騰した場合、CDエナジーの燃・原料費調整額が東京電力・東京ガスよりも高くなり、結果として上記の料金メリットが出ない場合あり。

▷電気ガスセットのおすすめをもっと見る

3-5人暮らしの場合

 3-5人暮らしで一番安いのは「エルピオ都市ガス」!
関東エリアのガス料金比較:3-5人暮らしで一番お得なお得なガス会社は?

エルピオ都市ガスの「スタンダードプラン」は、東京ガスの一般料金と比べて基本料金と従量料金の合計が最大5.1%安くなります

エルピオ都市ガスVS東京ガス:比較料金表(税込)
  東京ガス
一般ガス料金
エルピオ都市ガス
スタンダードプラン
月の使用量 基本料金
(円/月)
従量料金
(円/m³)
基本料金
(円/月)
従量料金
(円/m³)
~20m³ 759.00円 145.31円 975.00円 125.11円
20.1m³~80m³ 1056.00円 130.46円 1015.00円 124.00円
80.1m³~200m³ 1232.00円 128.26円 1232.00円 123.00円
200.1m³~500m³ 1892.00円 124.96円 1833.35円 119.84円
500.1m³~800m³ 6292.00円 116.16円 6034.03円 110.24円
800.1m³~ 12452.00円 108.46円 11941.00円 105.10円

※両社とも、従量料金単価は原料費調整制度にもとづき毎月調整されます。

エルピオ都市ガスの料金表を開く エルピオ都市ガスの料金表を閉じる

  • 基本情報
  • 最低契約期間なし、解約金ゼロ円
  • 支払い方法はクレジットカード
  • 2024年1月31日までの新規申し込みで7,000円(税込)割引!
 3-5人暮らし:おすすめ都市ガス会社TOP3

東京ガスエリアで選べるおすすめ都市ガス会社の料金比較結果は以下のとおりです。

関東・都市ガス会社ランキング:3-5人暮らし(2024年2月時点)
ガス会社 ひと月のガス料金
(プラン名)
東京ガスとの
年間差額(※)
詳細&申し込み
5,975円
(スタンダードプラン)
3,588円安い
5,998円
(わくわくプラン)
3,312円安い
6,079円
(ベーシックガス)
2,340円安い

【※比較条件】
・東京ガス「一般料金」と比較
・ガス使用量は月40㎥。基本料金+従量料金の合計で、原料費調整額は含まない
・なお、上記でご紹介しているガス会社は、東京ガスの一般料金と違って原料費調整額に上限を設けていません。原料価格が著しく高騰した場合、上記のガス会社の原料費調整額が東京ガスのそれよりも高くなり、結果として料金メリットが出ない場合があります。

 3-5人暮らし:電気とセットでお得なガス会社は?
関東エリアのおすすめ電気ガスセット:CDエナジーダイレクト

東京ガスエリアで選べる電気ガスセットでもっともおすすめなのは、CDエナジーダイレクト(通称CDエナジー)です。

もともとの価格設定もお得ですが、電気とガスの対象プランをセットにすると、電気代・ガス代がさらに0.5%割引*になります。

*電気のセット割は燃料費調整額を除いた基本料金と従量料金に適用される。スマートでんき・ゆかぽかガス・はつでんガスはセット割対象外

CDエナジーなら、同エリアでもっとも多い「東京電力(従量電灯B)+東京ガス(一般料金)」を契約している場合と比べて、年間で14,688円の電気+ガス代の節約※が期待できます。

3-5人暮らしの電気ガスセット料金比較
電気 ガス 合計
東京電力+東京ガス 17,767円
従量電灯B
6,274円
一般料金
24,041円
CDエナジーダイレクト 16,769円
ベーシックでんき
6,048円
ベーシックガス
22,817円

【※比較条件】
・電気:50A契約、月450kWh使用。基本料金+電力量料金の合計、燃料費調整額再エネ賦課金は含まない。CDエナジーはセット割適用済
・ガス:月40㎥使用。基本料金+従量料金の合計、原料費調整額は含まない。CDエナジーはセット割適用済
・東京電力の燃料費調整額、東京ガスの原料費調整額にはそれぞれ上限があるが、CDエナジーでは上限を設けていない。燃料価格が著しく高騰した場合、CDエナジーの燃・原料費調整額が東京電力・東京ガスよりも高くなり、結果として上記の料金メリットが出ない場合あり。

▷電気ガスセットのおすすめをもっと見る

中部エリアの都市ガス会社ランキング

中部エリアのおすすめ都市ガス会社

1人暮らしの場合

 1人暮らしで一番安いのは「TOKAI都市ガス」!
中部エリアのガス料金比較:1人暮らしで一番お得なお得なガス会社は?

TOKAI都市ガスの「一般料金」は、基本料金と従量料金単価が東邦ガスの一般料金と比べて3%安く設定されています。
*ただし、TOKAIの5㎥未満のガス料金は一律1,500円です。ガス使用が月3㎥以下になると東邦ガスよりも割高になりますのでご注意ください。

TOKAI都市ガスVS東邦ガス:比較料金表(税込)
  東邦ガス
一般ガス料金
TOKAI都市ガス
一般ガス料金
月の使用量 基本料金
(円/月)
従量料金
(円/m³)
基本料金
(円/月)
従量料金
(円/m³)
0m³から5m³まで 759.00円 210.52円 1500.00円 0.00円
5m³から20m³まで 736.23円 204.20円
20m³をこえ50m³まで 1588.88円 169.03円 1541.21円 163.96円
50m³をこえ100m³まで 1833.33円 164.14円 1895.33円 156.92円
100m³をこえ250m³まで 2077.77円 161.70円
250m³をこえ500m³まで 2648.14円 159.41円 2709.49円 153.71円
500m³以上 7109.25円 150.49円 7108.97円 144.92円

※両社とも、従量料金単価は原料費調整制度にもとづき毎月調整されます。

TOKAI都市ガスの料金表を開く TOKAI都市ガスの料金表を閉じる

また、TOKAI都市ガスでは、最初の12か月間、毎月200ポイントのTLCポイントを貯めることができます。貯まったポイントは銀行振込も可能なので、実質2,400円の割引になります。

TLCポイントとは

TOKAIグループ利用者が入会・年会費無料で利用できるポイントサービス。貯めたTLCポイントは、銀行振り込みのほか、WAONポイント・Tポイント・pontaポイントに変換、Amazonギフト券に交換が可能

  • 基本情報
  • 最低契約期間なし、解約金ゼロ円
  • 支払い方法はクレジットカードまたは口座振替
  • 電気とセットにすると都市ガス料金が毎月200円割引
 1人暮らし:おすすめ都市ガス会社TOP3

東邦ガスエリアで選べるおすすめ都市ガス会社の料金比較結果は以下のとおりです。

  
中部・都市ガス会社ランキング:一人暮らし(2024年2月時点)
ガス会社 ひと月のガス料金
(プラン名)
東邦ガスとの
年間差額(※)
詳細
4,620円
(一般料金)
*初年度のTLCポイント2,400p還元を節約額に含む
4,188円安い
4,804円
(スタンダードプラン)
1,980円安い
4,820円
(一般料金)
1,788円安い
4,934円
(がすてきトクトク料金)
420円安い

【※比較条件】・東邦ガス「一般料金」と比較
・ガス使用量は月20㎥。基本料金+従量料金の合計で、原料費調整額は含まない
・なお、上記でご紹介の東邦ガス以外の新ガス会社は、原料費調整額に上限がありません。原料価格が著しく高騰した場合、これらのガス会社の原料費調整額が東邦ガスのそれよりも高くなり、結果として料金メリットが出ない場合があります。

 1人暮らし:電気とセットでお得なガス会社は?
中部エリアのおすすめ電気ガスセット:TOKAI都市ガス&でんき

東邦ガスエリアで選べる電気ガスセットでもっともおすすめなのは、TOKAI都市ガス&でんきです。

上記で見たとおり、TOKAI都市ガスは東邦ガスと比べて単価が3%安く設定されていますが、電気とセットにするとさらにガス代が毎月200円割引になります。

また、初年度は年間2,400ポイントのTLCポイントが付与されます。これも含めると、同エリアでもっとも多い 「中部電力(従量電灯B)+東邦ガス(一般料金)」を契約している場合と比べて、年間で4,704円の節約※が期待できます。

1人暮らしの電気ガスセット料金比較
電気 ガス 合計
中部電力+東邦ガス 5,514円
従量電灯B
4,969円
一般料金
10,483円
TOKAI都市ガス&でんき 5,671円
でんきS
4,420円
一般料金
*初年度のポイント還元を含む
10,091円

【※比較条件】
・電気:30A契約、月200kWh使用。基本料金+電力量料金の合計、燃料費調整額再エネ賦課金は含まない
・ガス:月20㎥使用。基本料金+従量料金の合計、原料費調整額は含まない。TOKAI都市ガスはセット割(‐200円)および月200p(=年2,400p)のTLCポイントも換算
・中部電力の燃料費調整額、東邦ガスの原料費調整額にはそれぞれ上限があるが、TOKAI都市ガス&でんきでは上限を設けていない。燃料価格が著しく高騰した場合、TOKAI都市ガス&でんきの燃・原料費調整額が中部電力・東邦ガスよりも高くなり、結果として上記の料金メリットが出ない場合あり

▷電気ガスセットのおすすめをもっと見る

2人暮らしの場合

 2人暮らしで一番安いのは「TOKAI都市ガス」!
中部エリアのガス料金比較:2人暮らしで一番お得なお得なガス会社は?

TOKAI都市ガスの「一般料金」は、基本料金と従量料金単価が東邦ガスの一般料金と比べて3%安く設定されています。

TOKAI都市ガスVS東邦ガス:比較料金表(税込)
  東邦ガス
一般ガス料金
TOKAI都市ガス
一般ガス料金
月の使用量 基本料金
(円/月)
従量料金
(円/m³)
基本料金
(円/月)
従量料金
(円/m³)
0m³から5m³まで 759.00円 210.52円 1500.00円 0.00円
5m³から20m³まで 736.23円 204.20円
20m³をこえ50m³まで 1588.88円 169.03円 1541.21円 163.96円
50m³をこえ100m³まで 1833.33円 164.14円 1895.33円 156.92円
100m³をこえ250m³まで 2077.77円 161.70円
250m³をこえ500m³まで 2648.14円 159.41円 2709.49円 153.71円
500m³以上 7109.25円 150.49円 7108.97円 144.92円

※両社とも、従量料金単価は原料費調整制度にもとづき毎月調整されます。

TOKAI都市ガスの料金表を開く TOKAI都市ガスの料金表を閉じる

また、TOKAI都市ガスでは、最初の12か月間、毎月200ポイントのTLCポイントを貯めることができます。貯まったポイントは銀行振込も可能なので、実質2,400円の割引になります。

TLCポイントとは

TOKAIグループ利用者が入会・年会費無料で利用できるポイントサービス。貯めたTLCポイントは、銀行振り込みのほか、WAONポイント・Tポイント・pontaポイントに変換、Amazonギフト券に交換が可能

  • 基本情報
  • 最低契約期間なし、解約金ゼロ円
  • 支払い方法はクレジットカードまたは口座振替
  • 電気とセットにすると都市ガス料金が毎月200円割引
 2人暮らし:おすすめ都市ガス会社TOP3

東邦ガスエリアで選べるおすすめ都市ガス会社の料金比較結果は以下のとおりです。

中部・都市ガス会社ランキング:二人暮らし(2024年2月時点)
ガス会社 ひと月のガス料金
(プラン名)
東邦ガスとの
年間差額(※)
詳細
6,260円
(一般料金)
*初年度のTLCポイント2,400p還元を節約額に含む
4,788円安い
6,265円
(スタンダードプラン)
4,728円安い
6,305円
(カテエネガスプラン1)
4,248円安い

【※比較条件】・東邦ガス「一般料金」と比較
・ガス使用量は月30㎥。基本料金+従量料金の合計で、原料費調整額は含まない
・なお、上記でご紹介の東邦ガス以外の新ガス会社は、原料費調整額に上限がありません。原料価格が著しく高騰した場合、これらのガス会社の原料費調整額が東邦ガスのそれよりも高くなり、結果として料金メリットが出ない場合があります。

 2人暮らし:電気とセットでお得なガス会社は?
中部エリアのおすすめ電気ガスセット:TOKAI都市ガス&でんき

東邦ガスエリアで選べる電気ガスセットでもっともおすすめなのは、TOKAI都市ガス&でんきです。

上記で見たとおり、TOKAI都市ガスは東邦ガスと比べて単価が3%安く設定されていますが、電気とセットにするとさらにガス代が毎月200円割引になります。

また、初年度は年間2,400ポイントのTLCポイントが付与されます。これも含めると、同エリアでもっとも多い 「中部電力(従量電灯B)+東邦ガス(一般料金)」を契約している場合と比べて、年間で6,900円の節約※が期待できます。

2人暮らしの電気ガスセット料金比較
電気 ガス 合計
中部電力+東邦ガス 8,391円
従量電灯B
6,659円
一般料金
15,050円
TOKAI都市ガス&でんき 8,415円
でんきS
6,060円
一般料金
*初年度のポイント還元を含む
14,475円

【※比較条件】
・電気:40A契約、月300kWh使用。基本料金+電力量料金の合計、燃料費調整額再エネ賦課金は含まない
・ガス:月30㎥使用。基本料金+従量料金の合計、原料費調整額は含まない。TOKAI都市ガスはセット割(‐200円)および月200p(=年2,400p)のTLCポイントも換算
・中部電力の燃料費調整額、東邦ガスの原料費調整額にはそれぞれ上限があるが、TOKAI都市ガス&でんきでは上限を設けていない。燃料価格が著しく高騰した場合、TOKAI都市ガス&でんきの燃・原料費調整額が中部電力・東邦ガスよりも高くなり、結果として上記の料金メリットが出ない場合あり。

▷電気ガスセットのおすすめをもっと見る

3-5人暮らしの場合

 >3-5人暮らしで一番安いのは「エルピオ都市ガス」!
中部エリアのガス料金比較:3-5人暮らしで一番お得なお得なガス会社は?

エルピオ都市ガスの「スタンダードプラン」は、東邦ガスの一般料金と比べて基本料金と従量料金の合計が最大5.9%安くなります

エルピオ都市ガスVS東邦ガス:比較料金表(税込)
  東邦ガス
一般ガス料金
エルピオ都市ガス
スタンダードプラン
月の使用量 基本料金
(円/月)
従量料金
(円/m³)
基本料金
(円/月)
従量料金
(円/m³)
~20m³ 759.00円 210.52円 714.00円 198.00円
20.1m³~50m³ 1588.88円 169.03円 1495.00円 159.00円
50.1m³~100m³ 1833.33円 164.14円 1725.00円 154.00円
100.1m³~250m³ 2077.77円 161.70円 1955.00円 152.00円
250.1m³~500m³ 2648.14円 159.41円 2491.00円 150.00円
500.1m³~ 7109.25円 150.49円 6689.00円 141.00円

※両社とも、従量料金単価は原料費調整制度にもとづき毎月調整されます。

エルピオ都市ガスの料金表を開く エルピオ都市ガスの料金表を閉じる

  • 基本情報
  • 最低契約期間なし、解約金ゼロ円
  • 支払い方法はクレジットカード
  • 2023年11月1~30日までの申し込みで8,000円(税込)割引!
 3-5人暮らし:おすすめ都市ガス会社TOP3

東邦ガスエリアで選べるおすすめ都市ガス会社の料金比較結果は以下のとおりです。

中部・都市ガス会社ランキング:3-5人暮らし(2024年2月時点)
ガス会社 ひと月のガス料金
(プラン名)
東邦ガスとの
年間差額(※)
詳細
7,855円
(スタンダードプラン)
5,940円安い
7,867円
(カテエネガスプラン1)
5,796円安い
7,899円
(一般料金)
*初年度のTLCポイント2,400p還元を節約額に含む
5,412円安い

【※比較条件】・東邦ガス「一般料金」と比較
・ガス使用量は月40㎥。基本料金+従量料金の合計で、原料費調整額は含まない
・なお、上記でご紹介の邦ガス以外の新ガス会社は、原料費調整額に上限がありません。原料価格が著しく高騰した場合、これらのガス会社の原料費調整額が東邦ガスのそれよりも高くなり、結果として料金メリットが出ない場合があります。

 3-5人暮らし:電気とセットでお得なガス会社は?
中部エリアのおすすめ電気ガスセット:TOKAI都市ガス&でんき

東邦ガスエリアで選べる電気ガスセットでもっともおすすめなのは、TOKAI都市ガス&でんきです。

上記で見たとおり、TOKAI都市ガスは東邦ガスと比べて単価が3%安く設定されていますが、電気とセットにするとさらにガス代が毎月200円割引になります。

また、初年度は年間2,400ポイントのTLCポイントが付与されます。これも含めると、同エリアでもっとも多い 「中部電力(従量電灯B)+東邦ガス(一般料金)」を契約している場合と比べて、年間で9,228円の節約※が期待できます。

3-5人暮らしの電気ガスセット料金比較
電気 ガス 合計
中部電力+東邦ガス 13,001円
従量電灯B
8,350円
一般料金
21,351円
TOKAI都市ガス&でんき 12,883円
でんきS
7,699円
一般料金
*初年度のポイント還元を含む
20,582円

【※比較条件】
・電気:50A契約、月450kWh使用。基本料金+電力量料金の合計、燃料費調整額再エネ賦課金は含まない
・ガス:月40㎥使用。基本料金+従量料金の合計、原料費調整額は含まない。TOKAI都市ガスはセット割(‐200円)および月200p(=年2,400p)のTLCポイントも換算
・中部電力の燃料費調整額、東邦ガスの原料費調整額にはそれぞれ上限があるが、TOKAI都市ガス&でんきでは上限を設けていない。燃料価格が著しく高騰した場合、TOKAI都市ガス&でんきの燃・原料費調整額が中部電力・東邦ガスよりも高くなり、結果として上記の料金メリットが出ない場合あり。

▷電気ガスセットのおすすめをもっと見る

関西エリアの都市ガス会社ランキング

関西エリアのおすすめ都市ガス会社

1人暮らしの場合

 1人暮らしで一番安いのは「関電ガス」!
関西エリアのガス料金比較:1人暮らしで一番お得なお得なガス会社は?

関電ガス(関西電力のガス)の「なっトクプラン」は、大阪ガスの一般料金と比べて基本料金と従量料金の合計が7~8%安くなる料金設定です。

関電ガスVS大阪ガス:比較料金表(税込)
  大阪ガス
一般ガス料金
関電ガス
なっトクプラン
月の使用量 基本料金
(円/月)
従量料金
(円/m³)
基本料金
(円/月)
従量料金
(円/m³)
~20m³ 759.00円 174.81円 720.29円 165.89円
20.1m³~50m³ 1364.81円 144.52円 1295.20円 137.15円
50.1m³~100m³ 1635.74円 139.10円 1568.67円 133.40円
100.1m³~200m³ 2074.72円 134.71円 1989.66円 129.19円
200.1m³~350m³ 3506.75円 127.55円 3398.04円 123.60円
350.1m³~500m³ 3834.72円 126.62円 3715.84円 122.69円
500.1m³~1000m³ 6981.94円 120.32円 6765.50円 116.59円
1000.1m³~ 7307.87円 120.00円 7081.33円 116.28円

※両社とも、従量料金単価は原料費調整制度にもとづき毎月調整されます。

関電ガスの料金表を開く 関電ガスの料金表を閉じる

  • 基本情報
  • 最低契約期間なし、解約金ゼロ円
  • 支払い方法はクレジットカードまたは口座振替
  • 電気とセットにすると「電気セット割引」でガス代さらに3%オフ!
関電ガス

関電のなっトクパックが気になる?

関電ガスのなっトクプラン・なっトクパックに関するご相談・お申し込みは、セレクトラのらくらく窓口が無料で承ります。お気軽にお電話ください。

セレクトラらくらく窓口:ご利用ガイド

関電ガスの申込

関電のなっトクパックが気になる?

関電ガスのなっトクプラン・なっトクパックに関するご相談・お申し込みは、セレクトラのらくらく窓口が無料で承ります。お気軽にお電話ください。

セレクトラらくらく窓口:ご利用ガイド

関電ガス

関電のなっトクパックが気になる?

関電ガスのなっトクプラン・なっトクパックに関するご相談・お申し込みは、セレクトラのらくらく窓口が無料で承っています。
らくらく窓口は只今営業時間外です。折返し電話をご希望の方は以下のボタンから電話番号をご入力ください。

関電ガス

関電のなっトクパックが気になる?

関電ガスのなっトクプラン・なっトクパックに関するご相談・お申し込みは、セレクトラのらくらく窓口が無料で承っています。
らくらく窓口は只今営業時間外です。折返し電話をご希望の方は以下のボタンから電話番号をご入力ください。

 1人暮らし:おすすめ都市ガス会社TOP3

大阪ガスエリアで選べるおすすめ都市ガス会社の料金比較結果は以下のとおりです。

関西・都市ガス会社ランキング:一人暮らし(2024年2月時点)
ガス会社 ひと月のガス料金
(プラン名)
大阪ガスとの
年間差額(※)
詳細&申し込み
 関西電力のガス
(関電ガス)
3,477円
(なっトクプラン)
3,852円安い  03-4540-6704
電話で詳細確認
 エルピオ都市ガス 4,037円
(スタンダードプラン)
2,616円安い  公式サイト
4,170円
(まじめなガス)
1,020円安い

【※比較条件】・大阪ガス「一般料金」と比較
・ガス使用量は月20㎥。基本料金+従量料金の合計で、原料費調整額は含まない
・なお、上記でご紹介しているガス会社は、大阪ガスの一般料金と違って原料費調整額に上限を設けていません。原料価格が著しく高騰した場合、上記のガス会社の原料費調整額が大阪ガスのそれよりも高くなり、結果として料金メリットが出ない場合があります。

 1人暮らし:電気とセットでお得なガス会社は?
関西エリアのおすすめ電気ガスセット:関電のなっトクプラン

大阪ガスエリアで選べる電気ガスセットでもっともおすすめなのは、関西電力の「なっトクパック」です。

上記で見たとおり、「なっトクプラン」は単体でも大阪ガスと比べてお得な価格設定です。しかし、電気「なっトクでんき」とセットで契約(なっトクパック)すると、そこからさらに3%ガス代が安くなります

なっトクパックなら、同エリアでもっとも多い「関西電力(従量電灯A)+大阪ガス(一般料金)」を契約している場合と比べて、年間で7,488円の電気+ガス代の節約※が期待できます。

1人暮らしの電気ガスセット料金比較
電気 ガス 合計
関西電力+大阪ガス 7,413円
従量電灯A
3,665円
一般料金
11,078円
関西電力 7,229円
なっトクでんき
3,532円
なっトクプラン
10,761円

【※比較条件】
・電気:月200kWh使用。基本料金+電力量料金の合計、燃料費調整額再エネ賦課金は含まない
・ガス:月20㎥使用。基本料金+従量料金の合計、原料費調整額は含まない。なっトクプランはセット割適用済
・関西電力従量電灯Aの燃料費調整額、大阪ガスの原料費調整額にはそれぞれ上限があるが、なっトクパックでは上限を設けていない。燃料価格が著しく高騰した場合、なっトクパックの燃・原料費調整額が関西電力従量電灯A・大阪ガスよりも高くなり、結果として上記の料金メリットが出ない場合あり。

関電ガス

関電のなっトクパックが気になる?

関電ガスのなっトクプラン・なっトクパックに関するご相談・お申し込みは、セレクトラのらくらく窓口が無料で承ります。お気軽にお電話ください。

セレクトラらくらく窓口:ご利用ガイド

関電ガスの申込

関電のなっトクパックが気になる?

関電ガスのなっトクプラン・なっトクパックに関するご相談・お申し込みは、セレクトラのらくらく窓口が無料で承ります。お気軽にお電話ください。

セレクトラらくらく窓口:ご利用ガイド

関電ガス

関電のなっトクパックが気になる?

関電ガスのなっトクプラン・なっトクパックに関するご相談・お申し込みは、セレクトラのらくらく窓口が無料で承っています。
らくらく窓口は只今営業時間外です。折返し電話をご希望の方は以下のボタンから電話番号をご入力ください。

関電ガス

関電のなっトクパックが気になる?

関電ガスのなっトクプラン・なっトクパックに関するご相談・お申し込みは、セレクトラのらくらく窓口が無料で承っています。
らくらく窓口は只今営業時間外です。折返し電話をご希望の方は以下のボタンから電話番号をご入力ください。

▷電気ガスセットのおすすめをもっと見る

2人暮らしの場合

 2人暮らしで一番安いのは「関電ガス」!
関西エリアのガス料金比較:2人暮らしで一番お得なお得なガス会社は?

関電ガス(関西電力のガス)の「なっトクプラン」は、大阪ガスの一般料金と比べて基本料金と従量料金の合計が7~8%安くなる料金設定です。

関電ガスVS大阪ガス:比較料金表(税込)
  大阪ガス
一般ガス料金
関電ガス
なっトクプラン
月の使用量 基本料金
(円/月)
従量料金
(円/m³)
基本料金
(円/月)
従量料金
(円/m³)
~20m³ 759.00円 174.81円 720.29円 165.89円
20.1m³~50m³ 1364.81円 144.52円 1295.20円 137.15円
50.1m³~100m³ 1635.74円 139.10円 1568.67円 133.40円
100.1m³~200m³ 2074.72円 134.71円 1989.66円 129.19円
200.1m³~350m³ 3506.75円 127.55円 3398.04円 123.60円
350.1m³~500m³ 3834.72円 126.62円 3715.84円 122.69円
500.1m³~1000m³ 6981.94円 120.32円 6765.50円 116.59円
1000.1m³~ 7307.87円 120.00円 7081.33円 116.28円

※両社とも、従量料金単価は原料費調整制度にもとづき毎月調整されます。

関電ガスの料金表を開く 関電ガスの料金表を閉じる

  • 基本情報
  • 最低契約期間なし、解約金ゼロ円
  • 支払い方法はクレジットカードまたは口座振替
  • 電気とセットにすると「電気セット割引」でガス代さらに3%オフ!
関電ガス

関電のなっトクパックが気になる?

関電ガスのなっトクプラン・なっトクパックに関するご相談・お申し込みは、セレクトラのらくらく窓口が無料で承ります。お気軽にお電話ください。

セレクトラらくらく窓口:ご利用ガイド

関電ガスの申込

関電のなっトクパックが気になる?

関電ガスのなっトクプラン・なっトクパックに関するご相談・お申し込みは、セレクトラのらくらく窓口が無料で承ります。お気軽にお電話ください。

セレクトラらくらく窓口:ご利用ガイド

関電ガス

関電のなっトクパックが気になる?

関電ガスのなっトクプラン・なっトクパックに関するご相談・お申し込みは、セレクトラのらくらく窓口が無料で承っています。
らくらく窓口は只今営業時間外です。折返し電話をご希望の方は以下のボタンから電話番号をご入力ください。

関電ガス

関電のなっトクパックが気になる?

関電ガスのなっトクプラン・なっトクパックに関するご相談・お申し込みは、セレクトラのらくらく窓口が無料で承っています。
らくらく窓口は只今営業時間外です。折返し電話をご希望の方は以下のボタンから電話番号をご入力ください。

 2人暮らし:おすすめ都市ガス会社TOP3

大阪ガスエリアで選べるおすすめ都市ガス会社の料金比較結果は以下のとおりです。

関西・都市ガス会社ランキング:二人暮らし(2024年2月時点)
ガス会社 ひと月のガス料金
(プラン名)
大阪ガスとの
年間差額(※)
詳細&申し込み
 関西電力のガス
(関電ガス)
5,272円
(なっトクプラン)
5,136円安い  03-4540-6704
電話で詳細確認
 エルピオ都市ガス 5,409円
(スタンダードプラン)
3,492円安い  公式サイト
 HTBエナジー 5,586円
(まじめなガス)
1,368円安い  公式サイト

【※比較条件】・大阪ガス「一般料金」と比較
・ガス使用量は月30㎥。基本料金+従量料金の合計で、原料費調整額は含まない
・なお、上記でご紹介しているガス会社は、大阪ガスの一般料金と違って原料費調整額に上限を設けていません。原料価格が著しく高騰した場合、上記のガス会社の原料費調整額が大阪ガスのそれよりも高くなり、結果として料金メリットが出ない場合があります。

 2人暮らし:電気とセットでお得なガス会社は?
関西エリアのおすすめ電気ガスセット:関電のなっトクプラン

大阪ガスエリアで選べる電気ガスセットでもっともおすすめなのは、関西電力の「なっトクパック」です。

上記で見たとおり、「なっトクプラン」は単体でも大阪ガスと比べてお得な価格設定です。しかし、電気「なっトクでんき」とセットで契約(なっトクパック)すると、そこからさらに3%ガス代が安くなります

なっトクパックなら、同エリアでもっとも多い「関西電力(従量電灯A)+大阪ガス(一般料金)」を契約している場合と比べて、年間で11,196円の電気+ガス代の節約※が期待できます。

2人暮らしの電気ガスセット料金比較
電気 ガス 合計
関西電力+大阪ガス 7,193円
従量電灯A
5,700円
一般料金
12,893円
関西電力 6,847円
なっトクでんき
5,113円
なっトクプラン
11,960円

【※比較条件】
・電気:月300kWh使用。基本料金+電力量料金の合計、燃料費調整額再エネ賦課金は含まない
・ガス:月30㎥使用。基本料金+従量料金の合計、原料費調整額は含まない。なっトクプランはセット割適用済
・関西電力従量電灯Aの燃料費調整額、大阪ガスの原料費調整額にはそれぞれ上限があるが、なっトクパックでは上限を設けていない。燃料価格が著しく高騰した場合、なっトクパックの燃・原料費調整額が関西電力従量電灯A・大阪ガスよりも高くなり、結果として上記の料金メリットが出ない場合あり。

関電ガス

関電のなっトクパックが気になる?

関電ガスのなっトクプラン・なっトクパックに関するご相談・お申し込みは、セレクトラのらくらく窓口が無料で承ります。お気軽にお電話ください。

セレクトラらくらく窓口:ご利用ガイド

関電ガスの申込

関電のなっトクパックが気になる?

関電ガスのなっトクプラン・なっトクパックに関するご相談・お申し込みは、セレクトラのらくらく窓口が無料で承ります。お気軽にお電話ください。

セレクトラらくらく窓口:ご利用ガイド

関電ガス

関電のなっトクパックが気になる?

関電ガスのなっトクプラン・なっトクパックに関するご相談・お申し込みは、セレクトラのらくらく窓口が無料で承っています。
らくらく窓口は只今営業時間外です。折返し電話をご希望の方は以下のボタンから電話番号をご入力ください。

関電ガス

関電のなっトクパックが気になる?

関電ガスのなっトクプラン・なっトクパックに関するご相談・お申し込みは、セレクトラのらくらく窓口が無料で承っています。
らくらく窓口は只今営業時間外です。折返し電話をご希望の方は以下のボタンから電話番号をご入力ください。

▷電気ガスセットのおすすめをもっと見る

3-5人暮らしの場合

 3-5人暮らしで一番安いのは「関電ガス」!
関西エリアのガス料金比較:3-5人暮らしで一番お得なお得なガス会社は?

関電ガス(関西電力のガス)の「なっトクプラン」は、大阪ガスの一般料金と比べて基本料金と従量料金の合計が7~8%安くなる料金設定です。

関電ガスVS大阪ガス:比較料金表(税込)
  大阪ガス
一般ガス料金
関電ガス
なっトクプラン
月の使用量 基本料金
(円/月)
従量料金
(円/m³)
基本料金
(円/月)
従量料金
(円/m³)
~20m³ 759.00円 174.81円 720.29円 165.89円
20.1m³~50m³ 1364.81円 144.52円 1295.20円 137.15円
50.1m³~100m³ 1635.74円 139.10円 1568.67円 133.40円
100.1m³~200m³ 2074.72円 134.71円 1989.66円 129.19円
200.1m³~350m³ 3506.75円 127.55円 3398.04円 123.60円
350.1m³~500m³ 3834.72円 126.62円 3715.84円 122.69円
500.1m³~1000m³ 6981.94円 120.32円 6765.50円 116.59円
1000.1m³~ 7307.87円 120.00円 7081.33円 116.28円

※両社とも、従量料金単価は原料費調整制度にもとづき毎月調整されます。

関電ガスの料金表を開く 関電ガスの料金表を閉じる

  • 基本情報
  • 最低契約期間なし、解約金ゼロ円
  • 支払い方法はクレジットカードまたは口座振替
  • 電気とセットにすると「電気セット割引」でガス代さらに3%オフ!
関電ガス

関電のなっトクパックが気になる?

関電ガスのなっトクプラン・なっトクパックに関するご相談・お申し込みは、セレクトラのらくらく窓口が無料で承ります。お気軽にお電話ください。

セレクトラらくらく窓口:ご利用ガイド

関電ガスの申込

関電のなっトクパックが気になる?

関電ガスのなっトクプラン・なっトクパックに関するご相談・お申し込みは、セレクトラのらくらく窓口が無料で承ります。お気軽にお電話ください。

セレクトラらくらく窓口:ご利用ガイド

関電ガス

関電のなっトクパックが気になる?

関電ガスのなっトクプラン・なっトクパックに関するご相談・お申し込みは、セレクトラのらくらく窓口が無料で承っています。
らくらく窓口は只今営業時間外です。折返し電話をご希望の方は以下のボタンから電話番号をご入力ください。

関電ガス

関電のなっトクパックが気になる?

関電ガスのなっトクプラン・なっトクパックに関するご相談・お申し込みは、セレクトラのらくらく窓口が無料で承っています。
らくらく窓口は只今営業時間外です。折返し電話をご希望の方は以下のボタンから電話番号をご入力ください。

 3-5人暮らし:おすすめ都市ガス会社TOP3

大阪ガスエリアで選べるおすすめ都市ガス会社の料金比較結果は以下のとおりです。

関西・都市ガス会社ランキング:3-5人暮らし(2024年2月時点)
ガス会社 ひと月のガス料金
(プラン名)
大阪ガスとの
年間差額(※)
詳細&申し込み
6,608円
(なっトクプラン)
6,444円安い
6,781円
(スタンダードプラン)
4,368円安い
7,002円
(まじめなガス)
1,716円安い

【※比較条件】・大阪ガス「一般料金」と比較
・ガス使用量は月40㎥。基本料金+従量料金の合計で、原料費調整額は含まない
・なお、上記でご紹介しているガス会社は、大阪ガスの一般料金と違って原料費調整額に上限を設けていません。原料価格が著しく高騰した場合、上記のガス会社の原料費調整額が大阪ガスのそれよりも高くなり、結果として料金メリットが出ない場合があります。

 3-5人暮らし:電気とセットでお得なガス会社は?
関西エリアのおすすめ電気ガスセット:関電のなっトクプラン

大阪ガスエリアで選べる電気ガスセットでもっともおすすめなのは、関西電力の「なっトクパック」です。

上記で見たとおり、「なっトクプラン」は単体でも大阪ガスと比べてお得な価格設定です。しかし、電気「なっトクでんき」とセットで契約(なっトクパック)すると、そこからさらに3%ガス代が安くなります

なっトクパックなら、同エリアでもっとも多い「関西電力(従量電灯A)+大阪ガス(一般料金)」を契約している場合と比べて、年間で14,592円の電気+ガス代の節約※が期待できます。

3-5人暮らしの電気ガスセット料金比較
電気 ガス 合計
関西電力+大阪ガス 11,498円
従量電灯A
7,145円
一般料金
18,643円
関西電力 11,017円
なっトクでんき
6,410円
なっトクプラン
14,592円

【※比較条件】
・電気:月450kWh使用。基本料金+電力量料金の合計、燃料費調整額再エネ賦課金は含まない
・ガス:月40㎥使用。基本料金+従量料金の合計、原料費調整額は含まない。なっトクプランはセット割適用済
・関西電力従量電灯Aの燃料費調整額、大阪ガスの原料費調整額にはそれぞれ上限があるが、なっトクパックでは上限を設けていない。燃料価格が著しく高騰した場合、なっトクパックの燃・原料費調整額が関西電力従量電灯A・大阪ガスよりも高くなり、結果として上記の料金メリットが出ない場合あり。

関電ガス

関電のなっトクパックが気になる?

関電ガスのなっトクプラン・なっトクパックに関するご相談・お申し込みは、セレクトラのらくらく窓口が無料で承ります。お気軽にお電話ください。

セレクトラらくらく窓口:ご利用ガイド

関電ガスの申込

関電のなっトクパックが気になる?

関電ガスのなっトクプラン・なっトクパックに関するご相談・お申し込みは、セレクトラのらくらく窓口が無料で承ります。お気軽にお電話ください。

セレクトラらくらく窓口:ご利用ガイド

関電ガス

関電のなっトクパックが気になる?

関電ガスのなっトクプラン・なっトクパックに関するご相談・お申し込みは、セレクトラのらくらく窓口が無料で承っています。
らくらく窓口は只今営業時間外です。折返し電話をご希望の方は以下のボタンから電話番号をご入力ください。

関電ガス

関電のなっトクパックが気になる?

関電ガスのなっトクプラン・なっトクパックに関するご相談・お申し込みは、セレクトラのらくらく窓口が無料で承っています。
らくらく窓口は只今営業時間外です。折返し電話をご希望の方は以下のボタンから電話番号をご入力ください。

▷電気ガスセットのおすすめをもっと見る

ガス会社の比較:失敗しないためのコツ

都市ガスを切り替えたいと思ったら、以下の3点を確認したうえで契約先を決定することが大切です。

自分の家のガス使用量はどのくらい?

都市ガスの料金を構成する基本料金と従量料金の単価は、使用量に応じて段階的に変わります

例:東京ガスの料金表

一般料金(税込)
月のガス使用量 基本料金(円/月) 従量料金(円/㎥)
20㎥まで 759.00円 145.31円
20㎥から80㎥ 1056.00円 130.46円
80㎥から200㎥ 1232.00円 128.26円
200㎥から500㎥ 1892.00円 124.96円
500㎥から800㎥ 6292.00円 116.16円
800㎥を超える場合 12452.00円 108.46円

※従量料金単価は原料費調整制度にもとづき毎月調整されます

当ページでは平均的な使用量を目安にシミュレーションを行っていますが、ご自宅でガス代を知りたい場合は、実際のひと月あたりの使用量をあてはめて計算してみましょう。

原料費調整額はいくら?

都市ガスの従量料金は、「原料費調整制度」によって単価が毎月変化します。これは、ガスの原料を仕入れる際のコストの変動をガス料金にコンスタントに反映させる制度です。

原料費調整単価は原料価格が上がればプラスに、下がればマイナスになります。

都市ガスの従量料金単価の構成

基本的に、原料費調整単価の計算方法はエリアごとに同じです。つまり、同じエリア内なら単価は同額ということです。

ただし、各エリアの大手ガス会社(上記で見た中では東京ガス・東邦ガス・大阪ガス)の一般家庭向けのプラン「一般料金」では単価に上限を設けているのに対して、他のガス会社では上限を設けていません。

そのため、原料価格が著しく高騰した場合、大手以外のガス会社の原料費調整単価が高くなり、結果としてガス料金がお得にならない場合があります。

ですので、大手からそれ以外にガス契約を切り替える際は、原料費調整単価が高くなっていないかどうか確認するようにしましょう。

契約・解約条件はある?

数は多くありませんが、中には、契約・解約時に事務手数料がかかる、または最低契約期間内に解約をすると解約料が発生する、といった条件を設けているガス会社もあります。

ガス料金以外に余計な費用を支払いたくない、という方は、これらの条件を忘れずにチェックしましょう。

また、中にはお得なキャンペーン中に申し込みをするつもり、という方もいるでしょう。

キャンペーンにもよりますが、中には最低契約期間等の条件を設けている場合もあります。特典を享受できるように、事前にキャンペーンの適用条件をしっかり確認しましょう。

簡単!ガス会社の切り替え手順

今の家のガス契約を切り替える場合

ガスの切り替え手続きには、住所・氏名などの一般的な情報以外に「ガス供給地点特定番号」や「契約中のガス会社のお客さま番号」が必要となります。

これらの情報は契約中のガス会社から送られてくる「検針票(ガスご使用量のお知らせ)」や、ガス会社のマイページなどで確認することができます。

ガスの切り替えに必要となるのは以下のような情報です。

ガスの切り替え手続きに必要な情報
・契約を希望する料金プラン
・現在契約中のガス会社名
・現在のお客さま番号
・供給地点特定番号
・契約者氏名
・住所・連絡先
・支払い方法

なお、切り替えに必要なのは新しいガス会社への契約申し込みのみです。契約中のガス会社との解約手続きは新しいガス会社が代行してくれます。また、切り替えに伴った工事の発生は原則としてありません。

ガス会社が切り替わるタイミングは、基本的に「申し込み手続きが完了した後の検針日の翌日」からとなります。

引越し先で新しくガスを契約する場合

引っ越し先でガスを契約する場合に必要な情報は以下のとおりです。

引越し先のガスの申し込みに必要な情報
・契約を希望する料金プラン
・利用開始希望日時
・契約者氏名
・連絡先・住所
・支払い方法

新居でガスを使用開始するためにはガス会社の作業員の訪問による開栓作業が必要です。希望の日時に来てもらえるように、引っ越し日の2週間~10日前までを目安に手続きを行うようにしましょう。

なお、開栓作業には立ち会いが必要です。作業時間は30分から1時間程度です。作業が済んだらガスを使い始めることができます。

電話で5分。お引っ越し先の電気・都市ガスのお申し込み。  電話で相談する(03-4520-9550)
らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

更新日