ご注意:燃料価格の高騰に伴う「燃料費調整額」の増額について 長期化する燃料価格の高騰によって、各電力会社の「燃料費調整額」も高くなっています。ご契約を検討する際には、電力会社の公式サイトにて「燃料費調整額」をご確認ください。また、都市ガスも同様に「原料費調整額」が上昇しています。
 燃料費調整額について詳しく見る

おすすめのガス会社はどこ?エリア別にガス料金を比較【東京ガス・大阪ガス・東邦ガス】

おすすめのガス会社はどこ?エリア別にガス料金を比較【東京ガス・大阪ガス・東邦ガス】
おすすめのガス会社はどこ?エリア別にガス料金を比較【東京ガス・大阪ガス・東邦ガス】

関東・関西・中部のそれぞれのエリアでおすすめの都市ガス会社をご紹介します。それぞれの都市ガス会社が提供するガス料金プランの特徴や、大手都市ガス会社と比較した時の節約額をまとめています。

関東エリアのおすすめ都市ガス会社

関東エリアは、2017年の都市ガス自由化以降、もっとも多くの新都市ガス会社が誕生したエリアです。自由化が行われた年には1年でおよそ25万件の都市ガス会社の切り替えが行われました。2020年9月時点で、他社へ都市ガスの契約を変更した契約者の割合は、全体の16.1%*にのぼっています。

*参考資料「電力・ガス小売全面自由化の進捗状況について」資源エネルギー庁(2020年10月30日)

今より安い電気料金プラン・ガス料金プランをお探しですか?らくらく窓口なら電気代平均6%削減、最短5分で最適プランが見つかります。
 電話で相談する(0120-410-078)
らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

関東エリアで選べる都市ガス会社一覧

関東エリアで現在もっとも契約者数が多いのは、東京ガスの「一般契約料金」です。これは、都市ガス自由化前から存在する、規制料金に沿って作られたガス料金プランです。

都市ガス小売に新たに参入したガス会社の多くは、この「一般契約料金」よりも価格が安いプランを提供することで、顧客獲得をすすめています。東京ガスから新しい都市ガス会社に切り替えることで、およそ3%~5%ガス代を安くすることが可能です。

また、単純に価格が安いだけでなく、ガス機器修理などのサービスが付いたプランや、電気・インターネットなどとまとめて契約すると割引になるプランなど、ガス会社によって様々な特徴のプランが提供されています。

以下に、東京ガスエリアで選べるおすすめの都市ガス会社をまとめました。

東京ガスエリアで選べるガス会社について、それぞれの特徴をまとめました。

また、燃料価格が高騰している間、原料費調整額に上限を設けていないガス会社では、上限を設けている東京ガスと比べてガス代が高くなる可能性があります。申し込み前に、燃料価格の動向と原料費調整額の単価をご確認ください。

*リスト中の比較は東京ガスの一般料金と比べたもの。原料費調整額を考慮していない。2022年8月1日時点の情報

東京ガスエリアで選べる都市ガス
ガス会社 特徴
CDエナジーダイレクト
 公式サイト

CDエナジーダイレクト

  • 東京ガスの「一般料金」「暖らんぷらん」「エネファームで発電エコぷらん」に相当するプランがある
  • 電気+ガスセットにすると電気・ガス代がそれぞれ0.5%割引
  • 中部電力と大阪ガスが設立した、大手のノウハウを持つエネルギー企業
  • 原料費調整額に上限を設けていないため、燃料価格高騰時は単価を要確認
エルピオ都市ガス
 公式サイト

エルピオ都市ガス

  • 東京ガスの「一般料金」「暖らんぷらんに」相当するプランがある
  • スタンダードプラン:20㎥以下の基本料金を除いて、すべてのガス料金単価(基本料金・従量料金)が東京ガスより割安に設定*
  • 原料費調整額に上限を設けていないため、燃料価格高騰時は単価を要確認
東急ガス
 公式サイト

東急ガス

  • 東京ガスの「一般料金」「暖らんぷらん」「湯ったりエコプラン」に相当するプランがある
  • 一般プラン:すべてのガス料金単価(基本料金・従量料金)が東京ガスより割安に設定*
  • 東京電力に比べて基本料金と電力量料金がそれぞれ安い電気料金プランも提供
  • 定期券割など、東急グループのサービスがお得になる特典あり
  • 原料費調整額に上限を設けていないため、燃料価格高騰時は単価を要確認
東京ガスエリアで選べる都市ガス
CDエナジーダイレクト

CDエナジーダイレクトのおすすめ度
    

  • 東京ガスの「一般料金」「暖らんぷらん」「エネファームで発電エコぷらん」に相当するプランがある
  • 電気+ガスセットにすると電気・ガス代がそれぞれ0.5%割引
  • 中部電力と大阪ガスが設立した、大手のノウハウを持つエネルギー企業
  • 原料費調整額に上限を設けていないため、燃料価格高騰時は単価を要確認
 公式サイト
 
エルピオ都市ガス

エルピオ都市ガスのおすすめ度
   

  • 東京ガスの「一般料金」「暖らんぷらんに」相当するプランがある
  • スタンダードプラン:20㎥以下の基本料金を除いて、すべてのガス料金単価(基本料金・従量料金)が東京ガスより割安に設定*
  • 原料費調整額に上限を設けていないため、燃料価格高騰時は単価を要確認
 公式サイト
 
東急ガス

東急ガス

  • 東京ガスの「一般料金」「暖らんぷらん」「湯ったりエコプラン」に相当するプランがある
  • 一般プラン:すべてのガス料金単価(基本料金・従量料金)が東京ガスより割安に設定*
  • 東京電力に比べて基本料金と電力量料金がそれぞれ安い電気料金プランも提供
  • 定期券割など、東急グループのサービスがお得になる特典あり
  • 原料費調整額に上限を設けていないため、燃料価格高騰時は単価を要確認
 公式サイト

世帯人数別:都市ガス会社の料金比較

続いて、東京ガスエリアにある都市ガス会社の料金を比較します。

都市ガスのみを契約した場合と、都市ガス+電気のセットで契約した場合それぞれでシミュレーションをしています。どのガス会社がお得なのか確認してみましょう。

東京ガスエリア:ガス料金比較
一人暮らしの場合  ランキング
二人暮らしの場合  ランキング
ファミリー世帯の場合  ランキング

都市ガス料金ランキング:一人暮らしの場合・関東

一人暮らしのご家庭では、どのガス料金プランが安くなるのでしょうか。東京ガスの一般料金を使っている場合と比べてどのくらい節約できるか計算してみました。

ガス単体で切り替えた場合
順位 ガス会社 ガス代(1ヶ月)
(プラン名)
東京ガスとの
年間差額予想
  エルピオ都市ガス
 公式サイト
3,477円
(スタンダードプラン)
2,256円安い
  東急ガス
 公式サイト
3,586円
(一般プラン)
948円安い

試算条件詳細
節約額は東京ガスの一般料金と比較した場合。月ガス使用量20㎥と想定

東京ガスよりお得になりやすい
エルピオ都市ガス

エルピオ都市ガスのスタンダードプラン

 公式サイト

※なお、エルピオは電気も提供していましたが、2022年4月30日をもって電力事業を停止するため、電気とのセット契約はできなくなります。詳細はこちら

続いて、電気と都市ガスをセットで契約した場合、光熱費が一番安くなる会社を見てみます。ガスは東京ガス、電気は東京電力と比較した場合の節約額を計算しています。

関東の電気・ガスセット比較:一人暮らし
順位 新電力・新ガス 合計金額予測 電気代予測 ガス代予測 東京電力+東京ガスとの年間差額予測 燃料価格に関する注意
  東急でんき&ガス
 公式サイト
8,870円 5,284円
(従量電灯B)
3,586円
(一般プラン)
1,884円安い 燃料費調整額(電気)・原料費調整額(ガス)の上限がないため燃料価格高騰時は割高になる場合あり
  小田急でんき
 公式サイト
8,881円 5,216円
(Sプラン)
3,665円
(一般プラン)
1,752円安い 燃料費調整額(電気)・原料費調整額(ガス)の上限がないため燃料価格高騰時は割高になる場合あり
  東京電力+東京ガス 9,027円 5,362円
(従量電灯B)
3,665円
(一般料金)
- 燃料費調整額(電気)・原料費調整額(ガス)とも上限あり

試算条件詳細
ガス代:節約額は東京ガスの一般料金と比較した場合。月ガス使用量20㎥と想定
電気代:節約額は東京電力の従量電灯Bと比較した場合。30Aで契約、月電気使用量200kWhと想定

都市ガス料金ランキング:二人暮らしの場合・関東

二人暮らしのご家庭では、どのガス料金プランがお得なのでしょうか。東京ガスの一般料金を使っている場合と比べてどのくらい節約できるか計算します。

ガス単体で切り替えた場合
順位 ガス会社 ガス代(1ヶ月)
(プラン名)
東京ガスとの
年間差額予想
  エルピオ都市ガス
 公式サイト
4,735円
(スタンダードプラン)
2,808円安い
  東急ガス
 公式サイト
4,867円
(一般プラン)
1,224円安い

試算条件詳細
節約額は東京ガスの一般料金と比較した場合。月ガス使用量30㎥と想定

続いて、電気と都市ガスをセットで契約した場合、光熱費が一番安くなる会社を見てみます。ガスは東京ガス、電気は東京電力と比較した場合の節約額を計算しています。

関東の電気・ガスセット比較:二人暮らし
順位 新電力・新ガス 合計金額予測 電気代予測 ガス代予測 東京電力+東京ガスとの年間差額予測 燃料価格に関する注意
  東京ガス
 公式サイト
12,998円 8,029円
(きほんプラン)
4,969円
(一般料金)
3,204円安い 燃料費調整額(電気)・原料費調整額(ガス)の上限がないため燃料価格高騰時は割高になる場合あり
  小田急でんき
 公式サイト
13,005円 8,036円
(Sプラン)
4,969円
(一般プラン)
3,120円安い 燃料費調整額(電気)・原料費調整額(ガス)の上限がないため燃料価格高騰時は割高になる場合あり
  東京電力+東京ガス 13,265円 8,296円
(従量電灯B)
4,969円
(一般料金)
- 燃料費調整額(電気)・原料費調整額(ガス)とも上限あり

試算条件詳細
ガス代:節約額は東京ガスの一般料金と比較した場合。月ガス使用量30㎥と想定
電気代:節約額は東京電力の従量電灯Bと比較した場合。40Aで契約、月電気使用量300kWhと想定

都市ガス料金ランキング:ファミリー世帯の場合・関東

3~5人のご家族で暮らしている世帯では、どのガス料金プランがお得なのでしょうか。東京ガスの一般料金を使っている場合と比べてどのくらい節約できるか計算してみましょう。

ガス単体で切り替えた場合
順位 ガス会社 ガス代(1ヶ月)
(プラン名)
東京ガスとの
年間差額予想
  エルピオ都市ガス
 公式サイト
5,975円
(スタンダードプラン)
3,588円安い
  東急ガス
 公式サイト
6,149円
(一般プラン)
1,500円安い

試算条件詳細
節約額は東京ガスの一般料金と比較した場合。月ガス使用量40㎥と想定

続いて、電気と都市ガスをセットで契約した場合、光熱費が一番安くなる会社を見てみます。ガスは東京ガス、電気は東京電力と比較した場合の節約額です。

関東の電気・ガスセット比較:ファミリー世帯
順位 新電力・新ガス 合計金額予測 電気代予測 ガス代予測 東京電力+東京ガスとの年間差額予測 燃料価格に関する注意
  東京ガス
 公式サイト
18,671円 12,397円
(きほんプラン)
6,274円
(一般料金)
9,240円安い 燃料費調整額(電気)の上限がないため燃料価格高騰時は割高になる場合あり
  東急でんき&ガス
 公式サイト
18,928円 12,779円
(従量電灯B)
6,149円
(一般プラン)
6,156円安い 燃料費調整額(電気)・原料費調整額(ガス)の上限がないため燃料価格高騰時は割高になる場合あり
  東京電力+東京ガス 19,441円 13,167円
(従量電灯B)
6,274円
(一般料金)
- 燃料費調整額(電気)・原料費調整額(ガス)とも上限あり

試算条件詳細
ガス代:節約額は東京ガスの一般料金と比較した場合。月ガス使用量40㎥と想定
電気代:節約額は東京電力の従量電灯Bと比較した場合。50Aで契約、月電気使用量450kWhと想定

関西エリアのおすすめ都市ガス会社

関西エリアでは従来、大阪ガスが都市ガスの供給を担ってきました。都市ガスの自由化以降、これに加えておよそ10社程度の新しい都市ガス会社が参入し、2020年9月時点で、他社へ都市ガスの契約を変更した契約者の割合は、全体の20.6%*にのぼっています。

*参考資料「電力・ガス小売全面自由化の進捗状況について」資源エネルギー庁(2020年10月30日)

今より安い電気料金プラン・ガス料金プランをお探しですか?らくらく窓口なら電気代平均6%削減、最短5分で最適プランが見つかります。
 電話で相談する(0120-410-078)
らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

関西エリアで選べる都市ガス会社一覧

関西エリアで現在もっとも契約者数が多いのは、大阪ガスの「一般料金」です。これは、都市ガス自由化前から存在する、規制料金に沿って作られたガス料金プランです。

都市ガス小売に新たに参入したガス会社の多くは、この「一般料金」よりも価格が安いプランを提供することで、顧客獲得をすすめています。大阪ガスから新しい都市ガス会社に切り替えることで、およそ3%~5%ガス代を安くすることが可能です。

また、単純に価格が安いだけでなく、電気・インターネットなどとまとめて契約すると割引になるプランや、ガス機器修理などのサービスが付いたプランなど、ガス会社によって様々な特徴のプランが提供されています。

以下に、大阪ガスエリアで選べるおすすめの都市ガス会社をまとめました。

大阪ガスエリアで選べるガス会社について特徴をまとめました。

なお、燃料価格が高騰している間、原料費調整額に上限を設けていないガス会社では、上限を設けている大阪ガス・一般料金プランと比べてガス代が高くなる可能性があります。申し込み前に、燃料価格の動向と原料費調整額の単価をご確認ください。

大阪ガスエリアで選べる都市ガス
ガス会社 特徴

 公式サイト

eo電気(関電ガス)

  • eo電気と関電ガスをセットにすると、eo割引でガス料金が3%オフ
  • 原料費調整額に上限を設けていないため、燃料価格高騰時は単価を要確認
大阪ガスエリアで選べる都市ガス

eo電気(関電ガス)

  • eo電気と関電ガスをセットにすると、eo割引でガス料金が3%オフ
  • 原料費調整額に上限を設けていないため、燃料価格高騰時は単価を要確認
 公式サイト

世帯人数別:都市ガス会社の料金比較

続いて、大阪ガスエリアにある都市ガス会社の料金を比較します。

大阪ガスエリア:ガス料金比較
一人暮らしの場合  ランキング
二人暮らしの場合  ランキング
ファミリー世帯の場合  ランキング

都市ガス料金ランキング:一人暮らしの場合・関西

一人暮らしのご家庭では、どのガス料金プランが安くなるのでしょうか。電気と都市ガスをセットで契約した場合、光熱費が一番安くなる会社を見てみます。ガスは大阪ガス、電気は関西電力と比較した場合の節約額を計算しています。

関西エリアの電気・ガスセット比較:一人暮らし
順位 新電力・新ガス 合計金額予測 電気代予測 ガス代予測 関西電力+大阪ガスとの年間差額予測 燃料価格に関する注意
  eo電気
 公式サイト
8,164円 4,348円
(スタンダードプラン)
3,816円
(関電ガス eo割)
7,452円安い 燃料費調整額(電気)・原料費調整額(ガス)の上限がないため燃料価格高騰時は割高になる場合あり
  大阪ガス
 公式サイト
8,523円 4,409円
(ベースプランA-G)
4,114円
(まとめトク割料金)
3,144円安い 燃料費調整額(電気)の上限がないため燃料価格高騰時は割高になる場合あり
  関西電力+大阪ガス 8,785円 4,530円
(従量電灯A)
4,255円
(一般契約料金)
- 燃料費調整額(電気)・原料費調整額(ガス)とも上限あり

試算条件詳細
ガス代:節約額は大阪ガスの一般料金と比較した場合。月ガス使用量20㎥と想定
電気代:節約額は関西電力の従量電灯Aと比較した場合。月電気使用量200kWhと想定

都市ガス料金ランキング:二人暮らしの場合・関西

二人暮らしのご家庭では、どのガス料金プランがお得になるのでしょうか。電気と都市ガスをセットで契約した場合、光熱費が一番安くなる会社を見てみます。ガスは大阪ガス、電気は関西電力と比較した場合の節約額を計算しています。

関西エリアの電気・ガスセット比較:二人暮らし
順位 新電力・新ガス 合計金額予測 電気代予測 ガス代予測 関西電力+大阪ガスとの年間差額予測 燃料価格に関する注意
  eo電気
 公式サイト
12,070円 6,957円
(スタンダードプラン)
5,113円
(関電ガス eo割)
8,772円安い 燃料費調整額(電気)・原料費調整額(ガス)の上限がないため燃料価格高騰時は割高になる場合あり
  大阪ガス
 公式サイト
12,410円 6,899円
(ベースプランA-G)
5,511円
(まとめトク割料金)
4,692円安い 燃料費調整額(電気)の上限がないため燃料価格高騰時は割高になる場合あり
  関西電力+大阪ガス 12,801円 7,101円
(従量電灯A)
5,700円
(一般契約料金)
- 燃料費調整額(電気)・原料費調整額(ガス)とも上限あり

試算条件詳細
ガス代:節約額は大阪ガスの一般料金と比較した場合。月ガス使用量30㎥と想定
電気代:節約額は関西電力の従量電灯Aと比較した場合。月電気使用量300kWhと想定

都市ガス料金ランキング:ファミリー世帯の場合・関西

3~5人のご家族で暮らす世帯では、どのガス料金プランがお得になるのでしょうか。電気と都市ガスをセットで契約した場合、光熱費が一番安くなる会社を見てみます。ガスは大阪ガス、電気は関西電力と比較した場合の節約額を計算しています。

関西エリアの電気・ガスセット比較:ファミリー世帯
順位 新電力・新ガス 合計金額予測 電気代予測 ガス代予測 関西電力+大阪ガスとの年間差額予測 燃料価格に関する注意
  eo電気
 公式サイト
17,586円 11,176円
(スタンダードプラン)
6,410円
(関電ガス eo割)
11,580円安い 燃料費調整額(電気)・原料費調整額(ガス)の上限がないため燃料価格高騰時は割高になる場合あり
  大阪ガス
 公式サイト
17,835円 10,927円
(ベースプランA-G)
6,908円
(まとめトク割料金)
8,592円安い 燃料費調整額(電気)の上限がないため燃料価格高騰時は割高になる場合あり
  関西電力+大阪ガス 18,551円 11,406円
(従量電灯A)
7,145円
(一般契約料金)
- 燃料費調整額(電気)・原料費調整額(ガス)とも上限あり

試算条件詳細
ガス代:節約額は大阪ガスの一般料金と比較した場合。月ガス使用量40㎥と想定
電気代:節約額は関西電力の従量電灯Aと比較した場合。月電気使用量450kWhと想定

中部エリアのおすすめ都市ガス会社

中部エリアでは従来、東邦ガスが都市ガスの供給を担ってきました。都市ガスの自由化以降、これに加えておよそ10社程度の新しい都市ガス会社が参入し、2020年9月時点で、他社へ都市ガスの契約を変更した契約者の割合は、全体の20.5%にのぼっています。

*参考資料「電力・ガス小売全面自由化の進捗状況について」資源エネルギー庁(2020年10月30日)

今より安い電気料金プラン・ガス料金プランをお探しですか?らくらく窓口なら電気代平均6%削減、最短5分で最適プランが見つかります。
 電話で相談する(0120-410-078)
らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

中部エリアで選べる都市ガス会社一覧

中部エリアで現在もっとも契約者数が多いのは、東邦ガスの「一般料金」です。これは、都市ガス自由化前から存在する、規制料金に沿って作られたガス料金プランです。

都市ガス小売に新たに参入したガス会社の多くは、この「一般料金」よりも価格が安いプランを提供することで、顧客獲得をすすめています。東邦ガスから新しい都市ガス会社に切り替えることで、およそ3%~5%ガス代が安くなる可能性があります。

また、価格が安くなりやすいプランはもちろんですが、電気・インターネットなどとまとめて契約すると割引になるプランや、ガス機器修理などのサービスが付いたプランなど、ガス会社によって様々な特徴のプランが提供されています。

以下に、東邦ガスエリアで選べるおすすめの都市ガス会社をまとめました。

東邦ガスエリアで選べるガス会社について、それぞれの特徴をまとめました。

また、燃料価格が高騰している間、原料費調整額に上限を設けていないガス会社では、上限を設けている東邦ガスと比べてガス代が高くなる可能性があります。申し込み前に、燃料価格の動向と原料費調整額の単価をご確認ください。

*リスト中の比較は東邦ガスの一般料金と比べたもの。原料費調整額を考慮していない。2022年8月1日時点の情報

東邦ガスエリアで選べる都市ガス
ガス会社 特徴
TOKAI都市ガス
 公式サイト

TOKAI都市ガス【おすすめ】

 電話で申し込む(0120-185-057)
 
中部電力ミライズ
 公式サイト

中部電力ミライズ

  • カテエネガスプラン1:従量料金が東邦ガスより安い(*)
  • 電気とのセットで利用するとさらにガス料金が2%安くなる
  • 原料費調整額に上限を設けていないため、燃料価格高騰時は単価を要確認
 
エルピオ都市ガス
 公式サイト

エルピオ都市ガス

  • 東邦ガスより基本料金・従量料金の合計が最大5.9%ガス代が安くなる(*)
  • 原料費調整額に上限を設けていないため、燃料価格高騰時は単価を要確認
東邦ガスエリアで選べる都市ガス
TOKAI  公式サイト
TOKAI

TOKAI都市ガス【おすすめ】

 公式サイト
電話で詳細を確認  0120-185-057
 
中部電力ミライズ

中部電力ミライズ

  • カテエネガスプラン1:従量料金が東邦ガスより安い(*)
  • 電気とのセットで利用するとさらにガス料金が2%安くなる
  • 原料費調整額に上限を設けていないため、燃料価格高騰時は単価を要確認
 公式サイト
 
エルピオ都市ガス

エルピオ都市ガス

  • 東邦ガスより基本料金・従量料金の合計が最大5.9%ガス代が安くなる(*)
  • 原料費調整額に上限を設けていないため、燃料価格高騰時は単価を要確認
 公式サイト

世帯人数別:都市ガス会社の料金比較

続いて、東邦ガスエリアにある都市ガス会社の料金を比較します。

都市ガスのみを契約した場合と、都市ガス+電気のセットで契約した場合それぞれでシミュレーションをしています。どのガス会社がお得なのか確認してみましょう。

東邦ガスエリア:ガス料金比較
一人暮らしの場合  ランキング
二人暮らしの場合  ランキング
ファミリー世帯の場合  ランキング

都市ガス料金ランキング:一人暮らしの場合・中部

一人暮らしのご家庭では、どのガス料金プランがお得になるのでしょうか。東邦ガスの一般料金を使っている場合と比べてどのくらい節約できるか計算してみました。

ガス単体で切り替えた場合
順位 ガス会社 ガス代(1ヶ月)
(プラン名)
東邦ガスとの
年間差額予想
  TOKAI都市ガス
(ポイント還元含む)
 公式サイト
4,620円
(一般料金)
4,188円安い
  TOKAI都市ガス
(ポイント還元含まない)
 公式サイト
4,820円
(一般料金)
1,788円安い
  中部電力
 公式サイト
4,849円
(カテエネガスプラン)
1,440円安い

試算条件詳細
節約額は東邦ガスの一般料金と比較した場合。月ガス使用量20㎥と想定

続いて、電気と都市ガスをセットで契約した場合、光熱費が一番安くなる会社を見てみます。ガスは東邦ガス、電気は中部電力と比較した場合の節約額を計算しています。

電気とガスセットで切り替えた場合
順位 ガス会社 ガス代(1ヶ月)
(プラン名)
東邦ガスとの
年間差額予想
燃料価格に関する注意
  TOKAI都市ガス
(ポイント還元含む)
 公式サイト
4,420円
(一般料金)
6,588円安い 燃料費調整額(電気)・原料費調整額(ガス)の上限がないため燃料価格高騰時は割高になる場合あり
  TOKAI都市ガス
(ポイント還元含まない)
 公式サイト
4,620円
(一般料金)
4,188円安い 燃料費調整額(電気)・原料費調整額(ガス)の上限がないため燃料価格高騰時は割高になる場合あり
  中部電力
 公式サイト
4,752円
(カテエネガスプラン)
2,604円安い 原料費調整額(ガス)の上限がないため燃料価格高騰時は割高になる場合あり

試算条件詳細
ガス代:節約額は東邦ガスの一般料金と比較した場合。月ガス使用量20㎥と想定
電気代:節約額は中部電力の従量電灯Bと比較した場合。30Aで契約、月電気使用量200kWhと想定

都市ガス料金ランキング:二人暮らしの場合・中部

二人暮らしのご家庭では、どのガス料金プランがお得なのでしょうか。中部ガスの一般料金を使っている場合と比べてどのくらい節約できるか計算します。

ガス単体で切り替えた場合
順位 ガス会社 ガス代(1ヶ月)
(プラン名)
東邦ガスとの
年間差額予想
  TOKAI都市ガス
(ポイント還元含む)
 公式サイト
6,260円
(一般料金)
4,788円安い
  エルピオ都市ガス
 公式サイト
6,265円
(スタンダードプラン)
4,728円安い
  中部電力
 公式サイト
6,305円
(カテエネガスプラン)
4,248円安い
  TOKAI都市ガス
(ポイント還元含まない)
 公式サイト
6,460円
(一般料金)
2,388円安い

試算条件詳細
節約額は東邦ガスの一般料金と比較した場合。月ガス使用量30㎥と想定

続いて、電気と都市ガスをセットで契約した場合、光熱費が一番安くなる会社を見てみます。ガスは東邦ガス、電気は中部電力と比較した場合の節約額を計算しています。

電気とガスセットで切り替えた場合
順位 ガス会社 ガス代(1ヶ月)
(プラン名)
東邦ガスとの
年間差額予想
燃料価格に関する注意
  TOKAI都市ガス
(ポイント還元含む)
 公式サイト
6,060円
(一般料金)
7,188円安い 燃料費調整額(電気)・原料費調整額(ガス)の上限がないため燃料価格高騰時は割高になる場合あり
  中部電力
 公式サイト
6,178円
(カテエネガスプラン)
5,772円安い 原料費調整額(ガス)の上限がないため燃料価格高騰時は割高になる場合あり
  TOKAI都市ガス
(ポイント還元含まない)
 公式サイト
6,265円
(一般料金)
4,728円安い 燃料費調整額(電気)・原料費調整額(ガス)の上限がないため燃料価格高騰時は割高になる場合あり

試算条件詳細
ガス代:節約額は東邦ガスの一般料金と比較した場合。月ガス使用量30㎥と想定
電気代:節約額は中部電力の従量電灯Bと比較した場合。40Aで契約、月電気使用量300kWhと想定

都市ガス料金ランキング:ファミリー世帯の場合・中部

3~5人のご家族で暮らしている世帯では、どのガス料金プランがお得なのでしょうか。東邦ガスの一般料金を使っている場合と比べてどのくらい節約できるか計算してみましょう。

ガス単体で切り替えた場合
順位 ガス会社 ガス代(1ヶ月)
(プラン名)
東邦ガスとの
年間差額予想
  エルピオ都市ガス
 公式サイト
7,855円
(スタンダードプラン)
5,940円安い
  中部電力
 公式サイト
7,867円
(カテエネガスプラン)
5,796円安い
  TOKAI都市ガス
(ポイント還元含む)
 公式サイト
7,899円
(一般料金)
5,412円安い
  TOKAI都市ガス
(ポイント還元含まない)
 公式サイト
8,099円
(一般料金)
3,012円安い

試算条件詳細
節約額は東邦ガスの一般料金と比較した場合。月ガス使用量40㎥と想定

続いて、電気と都市ガスをセットで契約した場合、光熱費が一番安くなる会社を見てみます。ガスは東邦ガス、電気は中部電力と比較した場合の節約額です。

電気とガスセットで切り替えた場合
順位 ガス会社 ガス代(1ヶ月)
(プラン名)
東邦ガスとの
年間差額予想
燃料価格に関する注意
  TOKAI都市ガス
(ポイント還元含む)
 公式サイト
7,699円
(一般料金)
7,812円安い 燃料費調整額(電気)・原料費調整額(ガス)の上限がないため燃料価格高騰時は割高になる場合あり
  中部電力
 公式サイト
7,710円
(カテエネガスプラン)
7,680円安い 原料費調整額(ガス)の上限がないため燃料価格高騰時は割高になる場合あり
  TOKAI都市ガス
(ポイント還元含まない)
 公式サイト
7,899円
(一般料金)
5,412円安い 燃料費調整額(電気)・原料費調整額(ガス)の上限がないため燃料価格高騰時は割高になる場合あり

試算条件詳細
ガス代:節約額は東邦ガスの一般料金と比較した場合。月ガス使用量40㎥と想定
電気代:節約額は中部電力の従量電灯Bと比較した場合。50Aで契約、月電気使用量450kWhと想定

試算条件について セレクトラがおすすめするガス・電力会社の料金プランを比較しています。ガス代・電気代は、基本料金と従量料金の合計金額(税込)で、原料費調整額・燃料費調整額・再エネ賦課金は含みません。2022年8月時点の料金表から作成しています。小数点以下切り捨て。電気とガスのセット料金については、セット割を適用した価格を表示しています。年間の差額は月額の差額を12倍にしたものです。

更新日