You are here

東京電力の電気料金と坊っちゃん電力、どっちがお得?- 電気料金比較

電気料金比較
お気軽にお電話ください
セレクトラまでお電話ください!
月曜日-金曜日 9:00-13:00

日本の最大手電力会社である東京電力と四国のユニークな新電力の坊っちゃん電力、どちらの電気料金がお得でしょうか?検証してみました!

東京電力 vs 坊っちゃん電力どっちがお得?
  • 東京電力のスタンダードプランSから坊っちゃん電力の「粋な坊っちゃんプラン」に切替えるとほとんどの場合でおトクになります!
  • 東京電力のスタンダードプランLから坊っちゃん電力の「粋な赤シャツプラン 」への切替の場合は、必ずおトクになります!
  • ただし、坊っちゃん電力の「粋な坊っちゃんプラン」は契約アンペア数30以上でないと契約できないので注意!

東京電力 vs 坊っちゃん電力 どっちがお得?

2016年4月にスタートした電力自由化をきっかけに、一般家庭でも既存の大手電力会社だけでなくさまざまな電力会社の中から電気を選ぶことができるようになりました。

「電気代が安くなるなら電力会社を乗り換えたい!」とスイッチングを検討している人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、電力自由化後も依然として多くの顧客を抱えている東京電力と、関東にも進出した四国発のユニークな新電力の坊っちゃん電力を取り上げます。
関東エリアで発売されている2社の電気料金プランを比較し、どっちの電気料金がお得かを検証してみました!

坊っちゃん電力は、関東エリアでは2種類の電気料金プランを発売しています。
家庭向けの「粋な坊っちゃんプラン」と、商店・ビジネス向けの「粋な赤シャツプラン 」です。
粋な坊っちゃんプラン」は、東京電力スタンダードプランSに相当するプランで、「粋な赤シャツプラン」、東京電力のスタンダードプランLに相当します。
東京電力の電気料金プランは、関東エリア向けに6種類発売しています。さすが関東エリアが本家なので多いですね!

東京電力 vs 坊っちゃん電力 電気料金プランの特徴

まずは、東京電力坊っちゃん電力それぞれの関東エリアの電気料金プランの特徴をまとめてみました。共通点・異なる点を比べてみましょう。

東京電力の電気料金の特徴

  • 東京電力の電気料金プランの内、関東エリア向けは6種類あります。
  • スタンダードプランSの基本料金は契約するアンペア数(10Aから60A)によって変わります。
  • スタンダードプランSスタンダードプランLの電力量料金(1kWhあたりの料金単価)は、季節や時間帯によって変わらず、2段階(0-300kWhと300kWh以上)に設定されています。
  • その他、電力自由化で基本料金が過去11カ月の使用電力量によって決定されるスマート契約プラン、オール電化向けプラン、夜の時間帯がおトクなプランなども登場しています。

坊っちゃん電力の電気料金の特徴

東京電力 vs 坊っちゃん電力 電気料金の比較

電気料金プランを選ぶときに一番知りたいのは、電気代をどのくらい安くすることができるか!ですよね。

そこで、どっちの電気料金がお得か、一般的な電気の使用量の家庭向け電気料金プラン坊っちゃん電力の「粋な坊っちゃんプラン」東京電力スタンダードプランSと比べてどのような価格に設定されているのかを調べてみました。

坊っちゃん電力|粋な坊っちゃんプラン(関東エリア)電気料金
基本料金(税込)
契約アンペア数 東京電力
スタンダードプランS
東京電力ホールディングス
坊っちゃん電力
粋な坊っちゃんプラン
坊っちゃん電力
10A   ×
15A   ×
20A   ×
30A    
40A    
50A    
60A    
電力量料金・1kWhあたりの値段(税込)
電力消費量(kWh) 東京電力 
スタンダードプランS
坊っちゃん電力
粋な坊っちゃんプラン
最初の300kWhまで    
300kWh以上    

東京電力スタンダードプランS坊っちゃん電力の「粋な坊っちゃんプラン」の電気料金を比較すると、基本料金の50A以上と電力量料金は坊っちゃん電力の方が安く設定されていることがわかります。
ただし、契約アンペアが30Aと40Aの場合は、東京電力の方が安くなっています。

具体的に、何アンペアでどれくらい電気を使用していたら、坊っちゃん電力の方が安くなるのでしょうか。

  • 契約アンペア数が30Aの時、
    坊っちゃん電力・1,000(基本料金) + 120kWh × 22.00(電力量料金) = 3640.00円
    東京電力ホールディングス  ・842.40(基本料金) + 120kWh × 23.40(電力量料金) = 3650.40円

    電力使用量が120kWh以上から、坊っちゃん電力の方が安くなります。
    30A契約の場合、一般的な電力使用量が300kWhですので、電気の使用量がすごく少ない、というわけでなければ、坊っちゃん電力の方が安くなります。


  • 契約アンペア数が40Aの時、
    坊っちゃん電力・1,200(基本料金) + 120kWh × 22.00(電力量料金) = 2520.00円
    東京電力ホールディングス ・1,123.20(基本料金) + 120kWh × 23.40(電力量料金) = 2527.20円

    電力使用量が60kWh以上から、坊っちゃん電力の方が安くなります。
    60kWh以下ではまず生活できませんので、40Aでは坊っちゃん電力の方が安くなると考えて良いでしょう。

注意点として、坊っちゃん電力の「粋な坊っちゃんプラン」は東京電力のスタンダードプランSに相当するプランですが、契約アンペア数が30A以上でなければ契約することができません。

東京電力 vs 坊っちゃん電力 どっちがお得かというと、現在、東京電力のスタンダードプランSを30A以上で契約されている方は、坊っちゃん電力の「粋な坊っちゃんプラン」に切り替えると電気料金が節約できそうです!

次に、坊っちゃん電力の「粋な赤シャツプラン東京電力のとスタンダードプランLどっちの電気料金がお得か、比較しましょう。

坊っちゃん電力・粋な赤シャツプラン(関東エリア)電気料金
基本料金(契約容量1kVAにつき)
東京電力
スタンダードプランL
東京電力ホールディングス
坊っちゃん電力
粋な坊っちゃんプラン
坊っちゃん電力

 円/kVA

266.70円/kVA
電力量料金・1kWhあたりの値段(税込)
電力消費量(kWh) 東京電力
スタンダードプランL
坊っちゃん電力
粋な赤シャツプラン
最初の300kWh    
300kWh以上    

坊っちゃん電力の「粋な赤シャツプラン」は、基本料金、電力量料金ともに全て東京電力のスタンダードプランLよりも安くなっているので、スタンダードプランLを契約されている方は、坊っちゃん電力の「粋な赤シャツプラン」に切り替えるだけで電気料金が節約できます!

東京電力 vs 坊っちゃん電力 どっちがお得? まとめ

東京電力と坊っちゃん電力 どっちがお得?について検証してきました。

東京電力と坊っちゃん電力のどちらかの電気料金を選ぶ際は、以下のポイントに注意してみましょう。

  1. 東京電力スタンダードプランSを契約の場合は、基本料金が一部坊っちゃん電力の方が高いものの、計算するとほぼ坊っちゃん電力の「粋な坊っちゃんプラン」が安いです。
  2. 東京電力スタンダードプランLを契約の場合は、基本料金・電力量料金ともに坊っちゃん電力の「粋な坊っちゃんプラン」が安い!
  3. 東京電力は、スタンダードプランSの他にスマート契約やオール電化向けプランも選ぶことができます。

電力会社を乗り換える前に、セレクトラの電気料金比較シュミレーターでもぜひ確認してみてください!

 

「電気・ガス料金比較サイト セレクトラ」ご利用上の注意
セレクトラが掲載する情報は、各電力・ガス会社がホームページ等にて公にしている時点の情報になります。利用者様が閲覧される時点での料金をセレクトラが保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する電気・ガス料金に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
また、セレクトラでは各電力・ガス会社の料金プラン/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各電力・ガス会社に直接お問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。また、最新・詳細な情報は直接電力・ガス会社のサイトでご確認ください。

電気・ガス事業者のご担当者様へ
セレクトラでは、情報の正確性確保や充実のため、小売電気事業者様または小売ガス事業者様より掲載情報のご確認、訂正のご依頼等を随時受け付けております。
小売電気事業者様または小売ガス事業者様からのご連絡はこちらより承っております。ぜひご利用ください。
セレクトラの公平・中立性を確保するため、内容によっては訂正のご依頼にお応えしかねる場合がございますのでご了承ください。