ご注意:燃料価格の高騰に伴う「燃料費調整額」の増額について 長期化する燃料価格の高騰によって、各電力会社の「燃料費調整額」も高くなっています。ご契約を検討する際には、電力会社の公式サイトにて「燃料費調整額」をご確認ください。また、都市ガスも同様に「原料費調整額」が上昇しています。
 燃料費調整額について詳しく見る

電話で電気・ガス切替相談

毎月の電気代・ガス代を電話1本で安くしませんか?

0120-410-078 または


最短5分で最適プランをご紹介。当社経由の切り替えで電気代が平均6%安くなりました。電気とガスの切り替えと新規申し込みなら、セレクトラ・ジャパンのらくらく窓口まで。

らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

毎月の電気代・ガス代を電話1本で安くしませんか?

0120-410-078 または


最短5分で最適プランをご紹介。当社経由の切り替えで電気代が平均6%安くなりました。電気とガスの切り替えと新規申し込みなら、セレクトラ・ジャパンのらくらく窓口まで。


営業時間・ご利用方法についてはこちら

電話で電気・ガス切替相談

毎月の電気代・ガス代を電話1本で安くしませんか?


セレクトラのらくらく窓口では電気・ガス切り替え、新規お申し込みを承っています。
お申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。最適な料金プランをご案内、お申し込みまで電話1本で完了します。

毎月の電気代・ガス代を電話1本で安くしませんか?


セレクトラのらくらく窓口では電気・ガス切り替え、新規お申し込みを承っています。
お申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。最適な料金プランをご案内、お申し込みまで電話1本で完了します。

1kWh(キロワットアワー)の電気料金はいくら? ‐ 節電にも役立つ知識

1kWh(キロワットアワー)あたりの電気料金はいくら?
1kWh(キロワットアワー)あたりの電気料金はいくら?

1kWh(キロワットアワー)は電気の使用量を表す単位で、毎月の電気代を決める要素のひとつです。1kWhあたりの電気料金はいくらか、電気代はどうやって計算されているのか、確認しましょう。節電や電気代を安くするヒントになりますよ。

kWh(キロワットアワー)とは?

1kWh(キロワットアワー)あたりの電気料金はいくら?
月々の電気の使用量には「kWh」という単位が使用される。(出典:東京電力Webサイト)

毎月、電力会社から届く「電気ご使用量のお知らせ(検針票)」や電気料金表など、電気関連でなにかと目にすることが多い「kWh」。「キロワットアワー」と読みます。

kWhは電気の基本単位

「kWh」は、電気の使用量を表す単位です。1キロワット(kW)の電力を1時間(h)消費したときの電力量を表しています。

ご家庭で契約している電気料金プランの料金表を見るとすぐわかるとおり、電力会社は、「電気使用1kWhにつきxx円」というかたちで電気料金を設定しています。電気料金は、ひと月あたりのトータル電力消費量(kWh)に円/kWhをかけて計算されているというわけです。

電気とガスの使用量や請求額をお知らせください。らくらく窓口なら電気代平均6%削減、最短5分で最適プランが見つかります。
 電話で相談する(0120-410-078)
らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

1kWhはどのくらい?

1kWhは、だいたい電子レンジを1時間使用した場合の電力消費量に値します。

電化製品はそれぞれ、動くために必要とする電気の量が異なります。この電気の量は「消費電力」として、「W(ワット)」という単位でラベルや取扱説明書に記載されています。1,000W=1kW(キロワット)なので、電化製品に記載されている消費電力(W)の単位を「kW」に直して、使用時間(h)をかけることで、その電化製品の電力消費量を計算することができます。

 電力消費量(kWh)= 消費電力(kW)× 時間(h)

一般的な電子レンジの消費電力は1,000W程度なので、これを1時間使用した場合「1kW(1,000W)× 1h = 1kWh」と計算できるというわけです。

消費電力(W)の大きい電化製品を長時間(h)使えば、消費電力量(kWh)も多くなり、結果電気代も増えることになります。

kWhと電気料金:電気料金の構成を確認

上で説明したとおり、電気料金は「1kWhあたりいくら」という風に設定されていて、毎月の電気代は電気使用量(kWh)の大きさに左右されます。

ただし、毎月の電気代を決定する要素はそれだけではありません。電気料金プランの構成要素を確認しましょう。

  1. 基本料金
  2. 電力量料金(従量料金)
  3. 燃料費調整額
  4. 再生可能エネルギー発電促進賦課金

 基本料金

基本料金は、電気の使用量の大きさにかかわらず、毎月固定でかかる料金です。(ただし、全く電気を使わなかった場合に、基本料金をいくらか割り引く電力会社もあります。)

基本料金の決められ方は大きく分けてふたつあります。契約するアンペア容量の大きさによって料金が決められている場合(アンペア制)と、アンペア容量に関係なく一律の料金が決められている場合(最低料金制)です。

基本的には、地域によってアンペア制か最低料金制かが分かれています。

アンペア制 北海道エリア、東北エリア、関東エリア、中部エリア、北陸エリア、九州エリア
最低料金制 関西エリア、中国エリア、四国エリア、沖縄エリア

なお、アンペア制の場合、以下の例のように、契約アンペアの大きさに比例して基本料金は高くなります。

東京電力|従量電灯B|基本料金
契約アンペア数 基本料金(円・税込)
10A 286.00円
15A 429.00 円
20A 572.00円
30A 858.00 円
40A 1144.00円
50A 1430.00円
60A 1716.00円

ですが、電力自由化以降は、Looopでんきのように基本料金が0円という新しい電気料金プランも登場して人気を博しています。

 電力量料金(従量料金)

電力消費量(kWh)に関係するのがこの電力量料金(従量料金)です。

つまり、電力量料金は、その月に使用した電力消費量(kWh)に応じてかかる料金で、消費量の合計に料金単価(円/kWh)を掛けて計算されます。

日本の多くの電力会社は、電力量料金の単価(円/kWh)を、電力使用量に応じて段階的に(3段階制)設定しています。そのため、電力量料金は計算が少々ややこしくなっています。

電気料金の三段階制とは?

三段階料金制とは、「最初の120kWhまでが第一段階料金、120kWhを超えて300kWhまでが第二段階料金、300kWhを超えると第三段階料金」というように、使用量が増えるにつれ、電力料金単価(円/kWh)が高くなるものを指します。

東京電力の従量電灯プランBを例として電力量料金を見てみると、以下のように三段階制になっていることがわかります。

東京電力|従量電灯B|電力量料金
電力消費量(kWh) 1kWhあたりの値段
(円・税込)
120kWhまで 19.88円
120kWhを超えて300kWhまで 26.48円
300kWh以上 30.57円

なぜ電気料金は3段階制なのか?

この制度は、省エネルギー推進などの目的から、1970年代から採用されているものです。平たく言うと、電気をあまり使わない家庭は、最低生活水準にあるであろう(ナショナルミニマム)という仮定のもと、電力使用量の使用が低い場合は1kWhあたりの電気料金も安く設定されているというものです。

しかしながら、最低生活水準で生活をしている家庭が電気をあまり使わないとは必ずしもいえません。このため、この電気料金の3段階制は、実体に則していないとも言えます。新電力の中には、分かりやすく1kWhあたりの電気料金を1段階に設定しているところもあります。

ただし、今のところは多くの電力会社において電力量料金の3段階制が適用されています。

三段階料金制の料金単価設定基準
第一段階料金 国が保証すべき最低生活水準と考え、料金単価を安く設定
第二段階料金 標準的な一般家庭の電力使用量に基づいて平均的な電力料金単価に設定
第三段階料金 割高に設定

今より安い電気料金プラン・ガス料金プランをお探しですか?らくらく窓口なら電気代平均6%削減、最短5分で最適プランが見つかります。
 電話で相談する(0120-410-078)
らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

 燃料費調整額

燃料費調整額は、電気を作るために必要な燃料(原油・石炭など)の価格変動を電気代に迅速に反映させるための料金です。

燃料費調整額は、電力量料金と同じように、「1kWhあたりいくら」と単価が設定されています。燃料費調整額は毎月変動し、燃料の価格が上がれば燃料費調整額もあがり、逆に燃料の価格が下がれば燃料費調整額はマイナスになります。

燃料の仕入れは電力会社によって異なるため、燃料費調整額は電力会社によって異なります。ただし実際のところ、多くの新電力は地域の大手電力会社と同じ価格を設定しています。例えば、関西エリアで電気を販売している新電力の燃料費調整額は関西電力と同額、というような具合です(※)。

※ただし、2022年8月現在はやや状況が変わってきています。現在ウクライナ情勢などを受けて燃料価格が高騰したことを受けて、新電力会社が地域の大手電力会社よりも燃料費調整額を高く設定するケースも出てきました。
新電力会社の契約をご検討される場合は、燃料費調整額の料金設定を確認されることをおすすめします。

燃料費調整制度は、事業者の効率化努力のおよばない燃料価格や為替レートの影響を外部化することにより、事業者の経営効率化の成果を明確にし、経済情勢の変化を出来る限り迅速に料金に反映させると同時に、事業者の経営環境の安定を図ることを目的とし、1996年1月に導入されました。
出典:経済産業省資源エネルギー庁

燃料費調整制度は、何度か見直しが行われており、現在では、燃料価格の3カ月平均値(平均燃料価格)に基づいて2カ月後の燃料費調整額が算定され、毎月の電気料金に燃料価格上昇時は加算、燃料価格低下時は差し引きしています。

 再生可能エネルギー発電促進賦課金

最後は、再生可能エネルギー発電促進賦課金(再エネ賦課金)です。これは一言でいうなら、日本における再生可能エネルギーの割合を増やすために国民が負担している税金です。そのため、どこの電力会社の電気量料金プランを選んでも、再エネ賦課金の金額は同じです。

再エネ賦課金も1kWhあたりの単価が設定されています。単価は年度ごとに代わり、国が価格を決定しています。ここ数年、再エネ賦課金の単価は上昇が続いています。

再エネ賦課金・過去5年の推移
2021年度 2020年度 2019年度 2018年度 2017年度
3.36円 2.98円 2.95円 2.90円 2.64円

電気とガスの使用量や請求額をお知らせください。らくらく窓口なら電気代平均6%削減、最短5分で最適プランが見つかります。
 電話で相談する(0120-410-078)
らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

実際に電気代を計算してみる

電気料金プランの構成を理解したところで、実際にひと月当たりの電気代を計算してみましょう。

ここでは、東京電力のスタンダードなプラン、「従量電灯B」を例にとって計算します。

なお、東京電力にかかわらず、大手電力会社において「従量電灯」はもっとも契約者の多いプランです。料金体系も大きく変わる部分はないため、この計算方法がわかればご自身で契約している電気料金プランの計算に簡単に応用可能です。

  • 前提条件
  • 電気料金プラン:東京電力 従量電灯B
  • 契約容量:40A(アンペア)
  • 電気使用量:350kWh(キロワットアワー)
東京電力 従量電灯B(税込)
契約アンペア数 基本料金(円/月)
10A 286.00円
15A 429.00円
20A 572.00円
30A 858.00円
40A 1144.00円
50A 1430.00円
60A 1716.00円
電力消費量 電力量料金(円/kWh)
~120kWh 19.88円
121~300kWh 26.48円
300kWh以上 30.57円
2021年5月時点
燃料費調整額 -3.64円/kWh
再エネ賦課金 3.36円/kWh

上記の数字をあてはめて、電気代を計算すると以下のようになります。

  1. 基本料金 = 1144円
  2. 電力量料金 = 19.88円 x 120kwh + 26.48円 x 180kWh + 30.57円 x 50kWh = 8680.5円
  3. 燃料費調整額 = -3.64円 x 350kwh = ‐1274円
  4. 再エネ賦課金 = 3.36円 x 350kwh = 1176円

  +   +   +   = 9726円(小数点以下切り捨て)

このようにして、ひと月当たりの電気代が計算されます。内訳をみてみると、電気代のおよそ9割を電力量料金が占めていることがわかりますね。

今より安い電気料金プラン・ガス料金プランをお探しですか?らくらく窓口なら電気代平均6%削減、最短5分で最適プランが見つかります。
 電話で相談する(0120-410-078)
らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

1kWhあたりの電気料金は電力会社によって異なる

ここまでで、kWhが毎月の電気代にどのように、どのくらいかかわっているのかを確認してきました。

その中で、ひとつの電気料金プランの中でも1kWhあたりの電気料金(電力量料金単価)は変動するということがわかりました。使用量に基づく段階制が設けられているためです。実際に、上で確認した東京電力の従量電灯Bプランでは、3つの異なる電力量料金単価が設けられていますね。

したがって、「1kWhあたりの電気料金はxx円」と一概に言うことはできません。

また、電気料金プランはそれぞれの電力会社が独自に設定しますから、電力会社によっても1kWhあたりの電力量料金は異なります。電力会社が違うとどのくらい差がでるのか、次で確認してみましょう。

1kWhあたりの電気料金を比較

それでは、1kWhあたりの電気料金が電力会社ごとにどのくらい違うのか、実際に見てみましょう。これまで参考にしてきた東京電力の従量電灯Bと、新電力でそれに相当する電気料金プランを比較します。

なお、関東エリア以外にお住まいの方は、以下のボタンをクリックすると、該当地域の大手電力会社と新電力の料金比較をご覧いただけます。

 
東京電力・従量電灯Bと新電力の料金比較
基本料金
契約アンペア数 東京電力
従量電灯B
東京電力
オクトパスエナジー
グリーンオクトパス
オクトパスエナジー
CDエナジーダイレクト
ベーシックでんき
CDエナジーダイレクト
東京ガス
基本プラン
東京ガス
10A 286.00円 286.00円 267.66円 286.00円
15A 429.00円 429.00円 401.49円 429.00円
20A 572.00円 572.00円 535.32円 572.00円
30A 858.00円 858.00円 802.98円 858.00円
40A 1144.00円 1144.00円 1070.64円 1144.00円
50A 1430.00円 1430.00円 1338.30円 1430.00円
60A 1716.00円 1716.00円 1605.96円 1716.00円
電力量料金
電力使用量 東京電力
従量電灯B
オクトパスエナジー
グリーンオクトパス
CDエナジーダイレクト
ベーシックでんき
東京ガス
基本プラン
120kWhまで 19.88円 19.68円 19.78円 19.78円
120kWh超えて300kWhまで 26.48円 24.35円 25.47円 25.29円
300kWh超える 30.57円 26.50円 26.38円 27.36円

東京電力とオクトパスエナジー・CDエナジーダイレクト・東京ガスとを比べてみると、新電力の3社とも、東京電力より1kWhあたりの電気料金がすべての段階で安くなっていることがわかります。(※)

(※)ただし、実際の電気料金には、上記の基本料金と電力量料金の他に、燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます。オクトパスエナジーやCDエナジーダイレクト、東京ガス(電気料金プラン)の燃料費調整額には上限がないため、燃料価格が高騰している間は東京電力・従量電灯(上限あり)に比べて電気代が高くなる可能性があります。

オクトパスエナジー
CDエナジーダイレクト  公式サイト
東京ガス  公式サイト

まとめ:1kWhあたりの電気料金比較

関東エリアの1kWhあたりの電気料金を比べてみて、大手電力会社である東京電力よりも、新電力の方が割安な価格を設定していることがわかりました。なお、「新電力の方が安い」という傾向は、関東エリアに限らず全国で同様です。

価格設定の仕方は電力会社によって異なり、オクトパスエナジーCDエナジーダイレクトのように「使用量が増えるほど割引率が高い」という新電力もあれば、Looopでんきのように、「電力量料金は1段階、基本料金0円」とする、シンプルでユニークなプランを提供する新電力も登場しています。

「一人暮らしで電気使用が少ない」「大家族で電気使用が多い」など、ご家庭の電気使用状況によって、どの電力会社のプランが一番お得かが変わってきます。ご家庭のひと月あたりの電力使用量(kWh)を確認して、どの電力会社が一番安くなるか、シミュレーションしてみましょう。

電気とガスの使用量や請求額をお知らせください。らくらく窓口なら電気代平均6%削減、最短5分で最適プランが見つかります。
 電話で相談する(0120-410-078)
らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

おすすめの新電力

上の比較で登場した3つの新電力についてご紹介します。

オクトパスエナジー

オクトパスエナジーは、イギリス発の新電力です。日本では2021年2月に大手ガス会社である東京ガスとの合弁会社を設立し、東京電力エリアと中部電力エリアで大手電力会社よりも安価な電気を提供しています。

オクトパスエナジーは、東京電力の従量電灯プランと比べ、使用量によって4%~10%も割安になる料金プランを提供しています。基本料金は東京電力と同一ですが、電力量料金のすべてが割安に設定されているため、東京電力の従量電灯プランからの切り替えによって電気代が安くなりやすい料金設定になっています(※)。

(※) ただし、電気料金に加味される燃料費調整額」に注意が必要です。発電する際に必要となる燃料費が高騰した場合、オクトパスエナジーの「燃料費調整単価」が東京電力の従量電灯プランよりも高くなる場合があります。その場合は電気料金が必ずしも東京電力の従量電灯より安くなるとは限りません。オクトパスエナジーの契約をご検討の際は「燃料費調整単価」の料金設定を確認されることをおすすめします。

CDエナジーダイレクト

関東エリアの人気No1電力・ガス会社といえば、CDエナジーダイレクトです。中部電力と大阪ガスが共同で設立した会社で、大手電力会社・大手ガス会社の安心安定サービスながら、東京電力・東京ガスよりもお得になりやすい値段設定で人気があります(※)。

(※) ただし、電気料金に加味される燃料費調整額」に注意が必要です。発電する際に必要となる燃料費が高騰した場合、CDエナジーダイレクトの「燃料費調整単価」が東京電力や東京ガスよりも高くなる場合があります。その場合は電気料金が必ずしも東京電力より安くなるとは限りません。CDエナジーダイレクトの契約をご検討の際は「燃料費調整単価」の料金設定を確認されることをおすすめします。

上記で見たベーシックでんき以外にも、CDエナジーダイレクトは毎月の使用量やライフスタイルに合わせて選べる電気料金プランが豊富にそろっています。また電気料金の1%がポイントとして還元され、ほかのポイントに交換して利用したり、電気料金の支払いに利用することもできます、。Amazonプライムがついた料金プランやゲームユーザー向けのプランなど、選べる料金プランの多さも関東No1と言えるでしょう。

CDエナジーダイレクトに申し込みたい CDエナジーダイレクトの公式サイトから24時間新規申込受付中。CDエナジーダイレクトに変えて本当に安くなるか、シミュレーションで簡単に確認できますよ!
 公式サイトはこちら

東京ガス

東京ガスの電気料金プラン「基本プラン」は、基本料金は東京電力の従量電灯プランと同額です。しかし、電力量料金がすべての段階で東京電力よりも安く設定されています。

特に、300kwhを超えると電力量料金が各段に安くなるため、電気の使用量が多いご家庭が東京電力の従量電灯プランから東京ガスに電気を切り替えるだけで、年間約8,000円も電気代を節約することができます(*月450kWh・50A契約の場合)。(※)

(※) ただし、電気料金に加味される燃料費調整額」に注意が必要です。発電する際に必要となる燃料費が高騰した場合、東京ガスの「燃料費調整単価」が東京電力の従量電灯プランよりも高くなる場合があります。その場合は電気料金が必ずしも東京電力より安くなるとは限りません。東京ガスの契約をご検討の際は「燃料費調整単価」の料金設定を確認されることをおすすめします。

また、電気とガスのセットでさらに電気代が0.5%安くなるため、東京ガスのガスとセットで契約することで電気代がさらに安くなります。

更新日