【電気供給停止にかかる重要なお知らせ】エルピオでんきあしたでんきをお使いの皆様へ

セレクトラのらくらく窓口

電気・ガス選びならお気軽にご相談ください

 0120-120-176

または

▶らくらく窓口ご利用ガイド

電気・ガス選びならお気軽にご相談ください

セレクトラのらくらく窓口

セレクトラのらくらく窓口では、エキスパートが無料でご相談を承ります。

0120-120-176 または

▶らくらく窓口ご利用ガイド

電話で電気・ガス切替相談

新居で電気・都市ガスの申し込みが必要ですか?


セレクトラのらくらく窓口では電気・ガス切り替え、新規お申し込みを承っています。
お申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。最適な料金プランをご案内、お申し込みまで電話1本で完了します。

新居で電気・都市ガスの申し込みが必要ですか?


セレクトラのらくらく窓口では電気・ガス切り替え、新規お申し込みを承っています。
お申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。最適な料金プランをご案内、お申し込みまで電話1本で完了します。

TOKAIでんき:プランの特徴、中部電力との料金比較、メリット・デメリットの解説

よかエネの申し込み

【広告】電気を使えば使うほどお得[ONEでんき]

よかエネ
  • ONEでんきは基本料金が0円
  • 解約金・違約金も0円
  • 電力量料金が1段回でシンプル
  • 二人暮らしやファミリー世帯など電気をよく使う家庭におすすめ

広告】電気を使えば使うほどお得[ONEでんき]

よかエネ
  • ONEでんきは基本料金が0円
  • 解約金・違約金も0円
  • 電力量料金が1段回でシンプル
  • 二人暮らしやファミリー世帯など電気をよく使う家庭におすすめ

TOKAIでんきは中部エリアを中心に展開する電力小売りサービスです。TOKAIでんきの電気料金プランや申し込み・解約手続きの方法、本当に電気代を節約できるのかどうかを分かりやすく解説します。

TOKAIでんきとは?

TOKAIでんきは、T&Tエナジー株式会社が提供する電力小売ブランドです。T&Tエナジー株式会社は、TOKAIグループと東京電力との共同出資で2019年に設立された会社です。

TOKAIグループは1950年から東海地方で都市ガス事業を運営しており、72万件の契約者にガスを供給しています。TOKAIグループのコンセプトは、「TLC=トータル・ライフコンシェルジュ」。毎日使う電気やガスに加えて、インターネット事業、住宅販売、リフォーム、飲料水やケーブルテレビなど生活に関わる様々なサービスを展開しています。

TOKAIでんきには誰が申し込める?

TOKAIでんきは中部電力の供給エリアで電気を販売しています。以下のエリアにお住まいであれば、基本的にTOKAIでんきに申し込むことができます。

TOKAIでんき:申し込み可能エリア 愛知県・岐阜県(一部除く)・三重県(一部除く)・長野県・静岡県の一部

ただし、建物全体で一括受電契約を結んでいるアパートやマンションにお住まいの場合は、入居者が個人で電力会社を選んで契約することはできませんので注意しましょう。

また、TOKAIでんきは東京電力と提携しているため、東京電力(関東)エリアでも利用が可能です。ただし、関東で申し込みができるプランは東京電力と同じ料金プランです。

この記事では、TOKAIでんきが中部電力エリアで販売している電気料金プランについて解説します。

TOKAIでんきの電気料金プランの特徴は?

TOKAIでんきは中部エリアで以下二つの電気料金プランを提供しています。

  • TOKAIでんき:2つの電気料金プラン
  • TOKAIでんきS:一般家庭向け(契約アンペアが10~60Aの契約者が対象)
  • TOKAIでんきL:オフィスや飲食店向け(契約容量が6kVA以上50kVA未満の契約者が対象)

それぞれの電気料金表を確認しましょう。わかりやすいように、中部電力の一番ベーシックなプランである従量電灯と並べて掲載します。

TOKAIでんき:料金表

TOKAIでんきS

TOKAIでんきS(税込)
基本料金
契約アンペア数 中部電力
従量電灯B
中部電力
TOKAIでんき
TOKAIでんきS
TOKAIでんき
10A 286.00円 286.00円
15A 429.00円 429.00円
20A 572.00円 572.00円
30A 858.00円 858.00円
40A 1144.00円 1144.00円
50A 1430.00円 1430.00円
60A 1716.00円 1716.00円
電力量料金(1kWhあたりの料金)
  中部電力
従量電灯B
TOKAIでんき
TOKAIでんきS
120kWhまで 21.04円 21.03円
120kWh超えて300kWhまで 25.51円 24.18円
300kWh超える 28.46円 27.52円

TOKAIでんきL

TOKAIでんきL(税込)
基本料金
契約容量 中部電力
従量電灯C
中部電力
TOKAIでんき
TOKAIでんきL
TOKAIでんき
1kVAにつき 286.00円 286.00円
電力量料金(1kWhあたりの料金)
  中部電力
従量電灯C
TOKAIでんき
TOKAIでんきL
120kWhまで 21.04円 21.03円
120kWh超えて300kWhまで 25.51円 24.18円
300kWh超える 28.46円 26.88円

特徴 中部電力より安い価格設定

料金表を見るとわかるとおり、TOKAIでんきS・Lの二つとも、「中部電力と基本料金は同額、電力量料金が割安」という価格設定になっています。

基本料金は電気の使用量にかかわらず毎月固定でかかる金額で、電力量料金は、電気の使用量に応じてかかる電気料金です。TOKAIでんきでは、この電力量料金の単価が中部電力よりも割安に設定されています。

そのため、「電気をまったく使わない」という場合を除いて、TOKAIでんきの方が中部電力よりもお得になるというわけです。

さらに、電気使用量が増えるにつれて、TOKAIでんきの電力量料金単価の割引率も上がっていくことがわかります。つまり、電気をたくさん使う方ほど、TOKAIでんきにしたときのお得度が高くなります。

特徴 電気と都市ガスのセット割

TOKAIグループは、電気だけでなく都市ガスも販売しています。TOKAIでんきとTOKAI都市ガスをセットで利用すると、毎月ガスの基本料金から200円が割引されます。

TOKAI都市ガスの供給エリアは東邦ガスの都市ガス供給エリアと同様です。具体的には以下の地域でTOKAIでんきとTOKAI都市ガスのセット割を利用できます。

TOKAI都市ガスの利用可能エリア 愛知県・岐阜県・三重県内の都市ガス供給エリア

TOKAIでんきはどれくらいお得?中部電力との料金比較シミュレーション

TOKAIでんきと中部電力の料金表を比較すると、TOKAIでんきの方が安くなることはすでに分かりました。では、実際の電気代はどれくらいお得になるのでしょうか?

ここでは、以下の3パターンを想定して、料金のシミュレーションを行います。

一般家庭で、中部電力からTOKAIでんきに切り替えた場合  料金比較
一般家庭で、中部電力の電気+東邦ガスのガスからTOKAIの電気+ガスセットに切り替えた場合  料金比較
飲食店やオフィスなどで、中部電力からTOKAIでんきに切り替えた場合  料金比較

TOKAIでんき VS 中部電力(一般家庭)

料金比較表:TOKAIでんき VS 中部電力(一般家庭)

一人暮らし世帯

一人暮らしの電気料金
  中部電力
従量電灯B
TOKAIでんき
TOKAIでんきS
1か月の電気代 5,423円 5,316円
(107円安い)
1年間の合計 65,076円 63,792円
(1,284円安い)

比較条件
・1人世帯=契約アンペア30A、月使用量200kWh
・税込価格。燃料費調整額再エネ賦課金は含まない

二人暮らし世帯

二人暮らしの電気料金
  中部電力
従量電灯B
TOKAIでんき
TOKAIでんきS
1か月の電気代 8,260円 8,020円
(240円安い)
1年間の合計 99,120円 96,240円
(2,880円安い)

比較条件
・2人世帯=契約アンペア40A、月使用量300kWh
・税込価格。燃料費調整額再エネ賦課金は含まない

ファミリー(3~5人)世帯

ファミリー世帯の電気料金
  中部電力
従量電灯B
TOKAIでんき
TOKAIでんきS
1か月の電気代 12,815円 12,434円
(381円安い)
1年間の合計 153,780円 149,208円
(4,572円安い)

比較条件
・3~5人世帯=契約アンペア50A、月使用量450kWh
・税込価格。燃料費調整額再エネ賦課金は含まない

中部電力からTOKAIでんきに切り替えると、一人暮らしの方は年間約1,300円ほど節約できることが分かりました。さらに電気をたくさん使うと1kWhあたりの差額が大きくなるため、節約できる金額も大きくなります。ファミリー世帯では、年間4,500円以上節約できることが予想されます。

TOKAIでんき+TOKAI都市ガス VS 中部電力+東邦ガス(一般家庭)

TOKAIでんきとTOKAI都市ガスをセットで利用した場合の光熱費を、地域で 一番契約者数の多い電気(中部電力の従量電灯B)+都市ガス(東邦ガスの一般料金)を利用している場合と比較してみます。

TOKAIのガス代は、セット割(基本料金から200円割引)が適用された価格を表示しています。

料金比較表:TOKAIでんき+TOKAI都市ガス VS 中部電力+東邦ガス

一人暮らし世帯

一人暮らしの光熱費
会社名 中部電力+東邦ガス TOKAIでんき+TOKAI都市ガス
1か月の電気代 5,423円 5,316円
1か月のガス代 4,969円 4,820円
1か月の光熱費 10,392円 9,936円
(456円安い)
1年間の合計 124,704円 119,232円
(5,472円安い)

比較条件
・1人世帯=ガス:20m3、電気:30A・200kWh
・税込価格。都市ガス・電気の燃料費調整額再エネ賦課金は含まない

二人暮らし世帯

二人暮らしの光熱費
会社名 中部電力+東邦ガス TOKAIでんき+TOKAI都市ガス
1か月の電気代 8,260円 8,020円
1か月のガス代 6,659円 6,260円
1か月の光熱費 14,919円 14,280円
(639円安い)
1年間の合計 17,9028円 171,360円
(7,668円安い)

比較条件
・2人世帯=ガス:30m3、電気:40A・300kWh
・税込価格。都市ガス・電気の燃料費調整額再エネ賦課金は含まない

ファミリー(3~5人)世帯

ファミリー世帯の光熱費
会社名 中部電力+東邦ガス TOKAIでんき+TOKAI都市ガス
1か月の電気代 12,815円 12,434円
1か月のガス代 8,350円 8,099円
1か月の光熱費 21,165円 20,333円
(832円安い)
1年間の合計 253,980円 243,996円
(9,984円安い)

比較条件
・3~5人世帯=ガス:40m3、電気:50A・450kWh
・税込価格。都市ガス・電気の燃料費調整額再エネ賦課金は含まない

電気とガスをTOKAIグループにまとめると、一人暮らしの方は年間約5,500円、二人暮らしなら年間約7,700円、ファミリー世帯なら年間約10,000円の節約になります。

さらにTOKAI都市ガスを申し込むと最初の12か月間は毎月TCLポイントが200ポイント、合計2,400ポイントもらえます。つまり、電気とガスをTOKAIグループにすると、初年度は実質さらに2,400円割引になるということです。

TCLポイントとは? TOKAIグループ独自のポイントサービスです。貯まったポイントはWAONポイント・Tポイント・pontaポイントに変換したり、Amazonギフト券に交換することもできます。TCLポイントの入会・利用はもちろん無料です。

TOKAIでんき VS 中部電力(飲食店・オフィス)

店舗や事務所など、電気をたくさん使う方がTOKAIでんきに切り替えた場合の節約額についても計算してみます。契約容量8kVA、10kVA、12kVAの3つのパターンで比べてみましょう。

料金比較表:TOKAIでんき VS 中部電力(飲食店・オフィス)

契約容量8kVA・1000kWh使用

契約容量8kVA・1000kWh使用した場合の電気料金
  中部電力
従量電灯C
TOKAIでんき
TOKAIでんきL
1か月の電気代 29,326円 27,980円
(1,346円安い)
1年間の合計 351,912円 335,760円
(16,152円安い)

比較条件
・契約容量8kVA、月使用量1000kWh
・税込価格。燃料費調整額再エネ賦課金は含まない

契約容量10kVA・2000kWh使用

契約容量10kVA・2000kWh使用した場合の電気料金
  中部電力
従量電灯C
TOKAIでんき
TOKAIでんきL
1か月の電気代 58,358円 55,432円
(2,926円安い)
1年間の合計 700,296円 665,184円
(35,112円安い)

比較条件
・契約容量10kVA、月使用量2000kWh
・税込価格。燃料費調整額再エネ賦課金は含まない

契約容量12kVA・2500kWh使用

契約容量12kVA・2500kWh使用した場合の電気料金
  中部電力
従量電灯C
TOKAIでんき
TOKAIでんきL
1か月の電気代 73,160円 69,444円
(3,716円安い)
1年間の合計 877,920円 833,328円
(44,592円安い)

比較条件
・契約容量12kVA、月使用量2500kWh
・税込価格。燃料費調整額再エネ賦課金は含まない

TOKAIでんきLは300kWh超えの電力量料金がグッと安くなるため、中部電力との差額も大きくなります。契約容量12kVAで月に2,500kWh使う場合であれば、年間約45,000円の節約になります。電力会社を切り替えるだけでこれだけ節約できるのであれば、ぜひ実施したいですね。

評判から見るTOKAIでんきのメリット・デメリット

電力会社の切り替えは、自分に合った会社を選ぶことが大切です。申し込みの前に評判からTOKAIでんきのメリット・デメリットを確認しておきましょう。

 TOKAIでんきの良い評判・メリット

 電気代が節約できた

現在中部電力の従量電灯Bを利用している方なら、TOKAIでんきSに切り替えることで電気代は必ず安くなります。なぜなら、TOKAIでんきの電力量料金は、すべての範囲で中部電力の従量電灯Bよりも安く設定されているからです。

基本料金はTOKAIでんきと中部電力で同額ですので、差は電力量料金に表れます。TOKAIでんきでは電気をたくさん使うほど中部電力との差額が広がるため、ファミリー世帯は特に節約できる額が大きくなるでしょう。

 TOKAIグループなので安心

TOKAIグループは東海エリアで1950年からエネルギー事業に携わってきました。長年の歴史と生活に関わる様々なサービスをすでに提供していることから、安心できると感じる方も多いようです。

さらにTOKAI都市ガスをセットで利用することにより、毎月200円のセット割引も適用されます。

 解約金や違約金が無いから安心して申し込みできた

毎月の電気代が安くなっても、解約金や違約金があると総合的に見て節約できたとは言えません。TOKAIでんきには解約金や違約金、事務手数料の設定はありません。万が一引っ越しするときや、他の電力会社に切り替えたいと思った時にも余計な費用がかからないので安心です。

 TOKAIでんきの悪い評判・デメリット

 支払い方法がクレジットカード支払い限定だった

TOKAIでんきでは、支払いは原則としてクレジットカードを利用します。振り込み用紙でも支払いは可能ですが、その場合は手数料として毎月税込220円かかります。

口座振替を利用できないことで不便を感じる方もおられるかもしれませんが、クレジットカード支払いならば付帯するポイントを貯めることもできます。この機会に電気代をクレジットカード払いにしてみるのも良いかもしれません。

 紙の請求書郵送が有料

TOKAIでんきでは、紙の請求書は原則発行されません。もし紙の請求書で確認したい場合は、郵送料として毎月税込110円がかかります。紙の請求書は発行されないものの、まったく請求書が確認できないというわけではありません。TOKAIでんきのマイページで毎月の使用電力量や電気代が確認できます。

TOKAIでんきがおすすめなのはどんな人?

料金やプランの特徴を総合的に考えて、TOKAIでんきがおすすめできる方の特徴をリストにまとめました。

  • TOKAIでんきが向いている方
  • 電気をたくさん使う
  • 安心できる会社を利用したい
  • 解約金や事務手数料は無い方が良い

TOKAIでんき:申し込み方法・解約方法

TOKAIでんきの申し込みは電話または公式WEBサイトから行うことができます。中部電力など他の電力会社からの切り替え申し込みの場合は、以下の情報を用意しておきましょう。

  • TOKAIでんきの切り替え申し込みに必要な情報
  • 現在契約中の電力会社名
  • 建物種別(戸建て/集合・持ち家/賃貸)
  • 契約者氏名
  • 郵便番号・住所
  • 電話番号
  • 生年月日
  • メールアドレス
  • お客様番号
  • 供給地点特定番号
  • 希望の契約プラン

TOKAIでんきへの切り替え申し込みの場合は、これまで利用していた電力会社への解約手続きは必要ありません。TOKAIでんきへの申し込み手続きを行うと、TOKAIでんきが解約を代行してくれます。

TOKAIでんきは引っ越し先でもすぐに利用することができます。引っ越しに伴う申し込みの場合には、使用開始希望日の4営業日前までに申し込みを行いましょう。

  • TOKAIでんきの引っ越しに伴う申し込みに必要な情報
  • 建物種別(戸建て/集合・持ち家/賃貸)
  • 契約者氏名
  • 郵便番号・住所
  • 電話番号
  • 生年月日
  • メールアドレス
  • 使用開始希望日
  • 希望の契約プラン

引っ越しする場合には、元の家で契約していた電力契約の解約手続きが必要です。引越し前にもTOKAIでんきを利用していた場合には、公式WEBサイトの「お引越しに伴う利用停止のお申し込み」フォームまたは電話から手続きが可能です。

解約手続きとともに新居での利用申し込みもまとめて行うことができます。TOKAIでんきの解約手続きには、以下の情報を用意しておきましょう。

  • TOKAIでんきの解約に必要な情報
  • お客様番号
  • 契約者氏名
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 郵便番号・住所
  • 使用開始希望日(引っ越し先でも継続利用の場合)
  • 希望の契約プラン(引っ越し先でも継続利用の場合)

TOKAIでんき:問い合わせ連絡先

TOKAIでんきへの各種問い合わせは、電話またはお問い合わせフォームから行うことができます。

TOKAIでんき:カスタマーセンター
電話番号 0120-100-828
受付時間 9:00~17:45(土日祝日を除く)

TOKAIでんき:会社概要

TOKAIでんきのサービスを提供するT&Tエナジー株式会社と出資元である株式会社TOKAIの会社情報をまとめました。

T&Tエナジー株式会社の会社概要
会社名 T&Tエナジー株式会社(英文名 T&T Energy Co.,Ltd.)
代表取締役社長 酒井 浩史
本社所在地 愛知県名古屋市西区名西 2-33-10
資本金 2.5億円
設立 2019年10月1日
出資比率 東京電力エナジーパートナー株式会社:50%
株式会社TOKAI:50%
事業内容 東海3県における都市ガス小売事業、中部エリアにおける電力小売事業
株式会社TOKAIの会社概要
会社名 株式会社TOKAI(登記名称 株式会社ザ・トーカイ)
代表取締役社長 小栗 勝男
本社所在地 静岡県静岡市葵区常磐町2-6-8
資本金 140億4百万円
設立 1950年12月23日

【まとめ】TOKAIでんきに関するよくある質問

質問1:TOKAIでんきには誰が申し込める?
回答1

中部電力エリアにお住いの方なら、どなたでも申し込むことができます。また、アパート・マンションなどの集合住宅にお住いの方もTOKAIでんきに切り替えが可能です。

▷申し込み条件をもっと詳しく調べる

質問2:TOKAIでんきの料金プランは?
回答2

一般家庭向けのTOKAIでんきSと事業所向けのTOKAIでんきLの2つがあります。料金の仕組みは中部電力の従量電灯B・Cと同様です。

▷TOKAIでんきの料金表を確認する

質問3:TOKAI都市ガスをセットで利用すると安くなる?
回答3

TOKAIでんき・都市ガスのセット利用で、ガスの基本料金から毎月200円割引されます。TOKAI都市ガスは東海3県(愛知県・岐阜県・三重県)にお住まいで東邦ガスの都市ガスを利用している方が申し込めます。

▷セット割引についてもっと調べる

質問4:TOKAIでんきにするとどれくらい安くなる?
回答4

一人暮らしの方なら年間約1,300円、ニ人暮らしの方なら年間約2,900円、ファミリー世帯なら年間約4,600円節約することができます。

▷中部電力との料金比較シミュレーションを見てみる

質問5:申し込みの前に確認しておいた方が良い点はある?
回答5

TOKAIでんきの料金は原則クレジットカード支払いです。また、紙の請求書が必要な場合には、発行料として毎月税込110円かかります。

▷TOKAIでんきのメリット・デメリットを確認する

更新日