Looopでんきのデメリットは?

Looopでんきのデメリットは?

Looopでんきのデメリットは?

新電力の中でも人気の「Looop(るーぷ)でんき」。契約件数も10万件突破でシェアを伸ばしています。でも本当にLooopでんきはいいことばかりなの?そんな慎重派の方のためにLooopでんきには何かデメリットがないのか調べてみました。

  • メリットだけでなく、Looop(るーぷ)でんきのデメリットもきちんと確認したいという方のために情報を集めました。
  • Looop(るーぷ)でんきのお申し込み前の最終チェックにお役立てください。
 

Looop(るーぷ)でんきには何かデメリットがある?

「基本料金(最低料金)が0円」が魅力のLooopでんき。アンペア契約の方で容量が大きい人はもちろん、電気を使わない月もある別荘やセカンドハウスをお持ちの方まで、幅広く多くの人に選ばれ契約件数を伸ばしています。

事実、Looopでんきの契約件数も10万件(公式ページより)を超えています。そんな新電力の中でも人気のLooopでんき、でも何かネガティブな点や問題点はないのでしょうか?

あまりいい話ばかりだと、かえって怪しいような気がするという慎重派の方のためにLooopでんきのデメリットをあげて、検証してみます。

Looopでんきのデメリット - 支払いはクレジットカードのみ

Looopでんきの場合は、電気料金の支払い方法として選べるのはクレジットカードのみです。大手電力会社では、クレジットカード、口座振替、支払い票の3つの選択肢がありましたが、Looopでんきの場合は口座振替等は選べません。

絶対に「口座振替」でしか電気料金は払いたくないという人がいれば、この点はLooopでんきの大きなデメリットになるかもしれません。

しかしながら、クレジットカードにはポイントなどの特典もあり、むしろなるべくクレジットカードで支払いたいという人も増えています。ですから、Looopでんきはクレジットカードでの支払いのみというポイントがはネックになる人は少数ではないでしょうか?。

Looopでんきのデメリット - セット割りやまとめ割りはない

Looopでんき・デメリット

セット割りがないのはLooopでんきのデメリット? - でも、無料で便利なアプリが使えます。

新電力の中には都市ガス、LPガスとのセット割り、もしくはスマホやインターネットとのセット割りを提供しているところもいくつかあります。しかしながら、Looopでんきでは、セット割りやまとめ割りはありません。

このようなLooopでんきの特徴をマイナス点とみる方もいるかもしれませんが、まとめ割りやセット割りの多くはトータルで見るとさほど安くなっていないことも多く、加えて「実際のところいくら、何が安くなっているのか」割引額がよく分からないといった短所もあります。

その点、Looopでんきは、電気だけに集中し、「シンプルな料金設定」で分かりやすく「安価」にサービスを提供しようという姿勢が見受けられます。

Looopでんきのデメリットというよりも、サービスや料金設定が複雑化する昨今においては、むしろ評価したいポイントのように思われます。

Looopでんきには、便利な無料アプリの特典が。 Looopでんきでは、毎月の使用量をはじめ、1時間ごとの電気の使用量の分かる無料アプリを提供しています。過去の請求書も簡単にチェック可能です。Looopでんきを契約中の方で、スマホをお使いの方は誰でもダウンロードできます。

 

Looopでんきのデメリット - 電気の使用量が少ない人・省エネさんはあまり安くならない

Looopでんきのデメリット"

電気の使用量が一定以上あれば、Looopでんきでかなり電気料金が安くなります。

Looopでんきでは、一定以上の電気の使用がない場合は、電気料金が安くならないのは事実です。ただ、この傾向はLooopでんきに限ったことではありません。もともと、毎月の電気料金の支払額が少ない人は、電力消費量(kWh)自体も少ないため安くなる幅もあまりありません。

しかしながら、逆にファミリー世帯などではLooopでんきにすることにより、大幅な料金ダウンが期待されます。電気の使用量があまり多くない方(一人暮らしの方など)は、安くなるのは5%までですが、一律大手電力会社の電気料金よりも5%安いH.I.S.でんきも併せてチェックしてみると良いでしょう。

Looopでんきのデメリット - 知名度が低い・大手企業ではない

さらに”しつこく”Looopでんきのデメリットを探してみましょう。Looopでんきは、大手企業に比べると知名度は劣ります。「歴史ある大企業がやはり安心」という方にはマイナス点になるかもしれませんね。

大手企業が良いという方であれば、ENEOSでんきや丸紅新電力などいわゆる大手企業提供する電気料金サービスを検討することをおすすめします。

Looopでんきはどんな人がどれだけ安くなる?

どれだけ安くなるかという具体的な額については、毎月の使用量により異なり、一概に言えません。しかしながら、条件を設定した上で具体的な数字を出すことはできます。

例えば、アンペア容量が40Aで520kWh/月(東京電力・従量電灯B)使用の場合は、年間で約14,700円Looopでんきにすることで安くなります。関西電力で従量電灯Aを契約、同じく520kWh(キロワットアワー)電気を使う場合は約27,100円安くなります。年間でかなりお得になるこが分かります。

電気料金の計算方法を見ながら、ご自身で計算をするか、もしくはシミュレーションで電気料金がどれくらい安くなるのかを一度チェックしてみるのが一番です。

Looop(るーぷ)でんきのおうちプラン料金表
エリア 基本料金 従量料金

Looopでんきの公式サイト
電気料金を比べてみる。

北海道エリア 0円  円/kWh
東北エリア 0円  円/kWh
北陸エリア 0円  円/kWh
関東エリア 0円  円/kWh
中部エリア 0円  円/kWh
関西エリア 0円  円/kWh
四国エリア 0円  円/kWh
中国エリア 0円  円/kWh
九州エリア 0円  円/kWh

Looopでんきへの”良いところ”も紹介

Looopでんきの”悪いところ(デメリット)”と思われる点を取り出してご紹介しました。仮に、クレジットカードをお持ちでない方がいたら、残念ながらLooopでんきを申し込むことはできません。しかしそれ以外には、特に致命的な問題となる点はなかったのではないでしょうか。

もちろんLooopでんきには、デメリット以上にメリットもありますので、ここでいくつか紹介します。

  • 電気料金が分りやすい。
  • FIT電気(再生可能エネルギー)の割合の高い電気を提供しようとしている。
  • 解約金・違約金がない。

【Looopでんき】の公式サイトはこちらからご覧いただけます。 

更新日