電話で電気・ガス切替相談

新居で電気・都市ガスの申し込みが必要ですか?


セレクトラのらくらく窓口では電気・ガス切り替え、新規お申し込みを承っています。
お申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。最適な料金プランをご案内、お申し込みまで電話1本で完了します。

新居で電気・都市ガスの申し込みが必要ですか?


セレクトラのらくらく窓口では電気・ガス切り替え、新規お申し込みを承っています。
お申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。最適な料金プランをご案内、お申し込みまで電話1本で完了します。

セレクトラがオススメする

電力会社の比較方法と電力会社ランキング

電力会社ランキング【セレクトラ調べ】

電気料金比較でおなじみのセレクトラを経由して、毎月多くの方が新しい電力会社への切り替えを行なっています。セレクトラの記事を読んだ方が選んだ電力会社をランキング形式で紹介します。ユーザーが一番切り替え申し込みをした電力会社はどこでしょうか?

2021年9月の電力会社ランキング

2021年9月の電力会社ランキング

Looopでんき

mistletoe

関電ガス

mistletoe

よかエネ

mistletoe

電力会社比較ランキング1位
Looopでんき

2021年9月、セレクトラのユーザーにもっとも選ばれた電力会社はLooopでんきでした。Looopでんきは2020年に年間を通して最もセレクトラのユーザーに選ばれた電力会社です。

Q. Looopでんきは誰におすすめ?
A. Looopでんきは全国で利用可能で、電気使用量の多い方やファミリー世帯の方に特におすすめです。
Q. Looopでんきがおすすめな理由は?
A. 電気使用量の多い方やファミリー世帯の方だとLooopでんきは特にお得になります。また、Looopでんきは、サービス満足度1位を獲得するなどの実績があり、安心して切り替えることができます。

比較ポイント:電気使用量が多い人にお得な電気料金プラン

Looopでんきが電気使用量の多い方やファミリー世帯におすすめな理由は、Looopでんきの電気料金プランにあります。

大手電力会社の料金プランでは電気使用量が増えるごとに電力単価が高くなるように設計してあるのに対して、Looopでんきの料金プランは電力単価が一律で、使用量が増えても電力単価が高くならないようにデザインされています。

さらに、Looopでんきは基本料金(最低料金)がゼロ円なのも特徴です。大手電力会社の従量電灯プランでは、電気をどれだけ使用するかにかかわらず毎月一定額が基本料金として支払わなければなりません。これに対して、Looopでんきではこれが無料になるのです。またオール電化向けのプランも、基本料金がゼロ円となり、多くの方に選ばれています。

比較ポイント:大手電力会社と比較

一例として、ファミリー世帯の方が東京電力からLooopでんきに切り替えた場合にどれくらい電気代が安くなるかを確認してみましょう。このシミュレーションは、世帯人数別の平均的な電気使用量や必要アンペア数の推計に基づいています。

関東以外の地域の大手電力会社も基本的には東京電力と類似した料金プランになっているので、関東以外の型もこの比較を参考にしていただけます。

Looopでんきに切り替えたらこんなにお得
世帯人数 月間節約額 年間節約額
三人から四人世帯
月350kWh・40アンペア契約
585円 7,020円
四人から五人世帯
月450kWh・50アンペア契約
1,288円 15,456円
五人以上・大家族
月600kWh・60アンペア契約
2,199円 26,388円

2021年4月現在の料金表を元に計算。「基本料金」と「電力量料金」の合計金額(税込)を比較した。

このように、世帯人数が増え、電気使用量が増えるにしたがってLooopでんきが東京電力よりもよりお得になっていることがわかります。

比較ポイント:Looopでんきの実績と評判

Looopでんきは2021年2月には契約件数が30万契約を突破するなど、着実にシェアを伸ばしています。実際、資源エネルギー庁の調査によると、Looopでんきは独立系新電力*の中では、低圧向け電力供給実績1位**を獲得しているとされています。

* 大手ガス会社・通信関連会社・電力会社などの子会社でないこと
** 資源エネルギー庁「電力調査統計」に基づく

比較ポイント:Looopでんきの提供エリア

Looopでんきの電力エリアは北海道から沖縄まで全国(一部離島を除きます)をカバーしています。特にLooopでんきで特に選ばれているプランは一般家庭向けの「おうちプラン」、店舗・事業所向けの「ビジネスプラン」、そしてオール電化向けの「スマートタイムプラン」です。

Looopでんきが気になる?

Looopでんきの公式サイトで、電気代がどのくらい安くなるかシミュレーションしてみませんか?申し込みも24時間受付中です。

Looopでんき

Looopでんきが気になる?

Looopでんきの公式サイトで、電気代がどのくらい安くなるかシミュレーションしてみませんか?申し込みも24時間受付中です。

電力会社比較ランキング2位
関電ガス【なっとくプラン】

2021年9月の集計で2番目に選ばれてたのは、関電ガスの「なっとくプラン」です。

Q. 関電ガス「なっとくプラン」は誰におすすめ?
A. 関電ガス「なっとくプラン」は関西で電気ガスをセットでお得に使いたい人にイチオシです。
Q. 関電ガス「なっとくプラン」がおすすめな理由は?
A. 関電ガス「なっとくプラン」は関西電力の電気と大阪ガスの都市ガスを一緒に契約するよりもお得です。

比較ポイント:お得度

関電ガスはの「なっとくプラン」は、関西電力エリア大阪ガスエリアで利用できる電気とガスのお得なセットプランです。関西エリアで関西電力の電気と大阪ガスの都市ガスを別々に契約するよりも、関電ガスでまとめる方が電気もガスもそれぞれお得になるのが特徴です。

比較ポイント:提供エリア

関電ガスのなっとくプランは関西エリア限定のプランです。このため、関西以外の地域にお住いの方はご利用いただけません。関西以外の方は、ランキング1位のLooopや3位のCDエナジーも電気ガスのセットプランを販売しているので、そちらを選ぶとよいでしょう。

電力会社比較ランキング3位
よかエネ

3位はよかエネです。よかエネは大手電力会社より10%安いのが特徴です。

Q. よかエネは誰におすすめ?
A. よかエネは、大手電力会社の従量電灯プランを利用している方におすすめです。
Q. よかエネがおすすめの理由は?
A. よかエネは大手電力会社の従量電灯プランから基本料金と電力量料金が10%安くなります

比較ポイント:一人暮らしからでも安いのが嬉しい

よかエネの魅力はなんといっても安さ。新電力の電気料金プランは、電気使用量が多いと大手電力会社よりお得になることがよくあります。しかし、よかエネは電気の使用量がすくない一人暮らしでも大手電力会社から切り替えるだけで10%お得になります(基本料金と電力量料金の合計金額)。

大手電力会社の一例として東京電力とよかエネを比較してみましょう。1人暮らしの方や2人暮らしの方でも電気料金が安くなっているのがわかります。

よかエネに切り替えたらこんなにお得
世帯人数 月間節約額 年間節約額
一人暮らし
月150kWh・20アンペア契約
375円 4,500円
二人暮らし
月250kWh・30アンペア契約
669円 8,028円

2021年4月現在の料金表を元に計算。「基本料金」と「電力量料金」の合計金額(税込)を比較した。

大手電力会社から10%安くなる電力会社

基本料金も電力量料金も10%安い

  • 基本料金: 10%オフ
  • 電力量料金: 10%オフ
  • 全国で利用可: (離島を除く)
従量電灯プランから切り替えると

10%オフ

公式サイト

比較ポイント:都市ガスとセットならさらに電気代が安い

よかエネは東京ガスエリア、東邦ガスエリア、大阪ガスエリアで都市ガスを販売しています。それぞれの大手ガス会社より3%安くなるのが特徴です。(*大手電力会社の一般料金プランの基本料金・従量料金と比較。)

さらに電気とガスをセットで利用すると、電気とガスの割引率がさらに上がります。電気は大手電力会社の従量電灯プランから12%安く、都市ガスも大手ガス会社の一般料金から5%安くなります。

電気とガスをセットで切り替えると

電気代が12%安い・ガス代が5%安い

  • 大手電力会社より: 12%安い
  • 大手ガス会社より: 5%安い
一人暮らしからファミリー世帯まで

セットで安い

公式サイト

比較ポイント:オール電化にも対応

よかエネはオール電化住宅向けの電気料金プランにも対応しています。大手電力会社の主なオール電化向けプランから、基本料金と電力量料金が3%安くなります。

大手電力会社から3%安くなる

オール電化でも電気代を安くできる

  • 基本料金: 3%オフ
  • 電力量料金: 3%オフ
  • 全国で利用可: (離島を除く)
オール電化プランから切り替えると

3%オフ

公式サイト

電力会社比較ランキング4位以下の電力会社

2021年9月の新電力1位から5位までをこちらにまとめました。

2021年9月の電力会社ランキング
順位 電力会社名 ガイド
1位 Looopでんき 詳細
2位 関電ガス 詳細
3位 よかエネ 詳細
4位 エルピオでんき 詳細
5位 東京ガス 詳細

電力会社ランキング注目の会社
東京ガス

今月の注目電力会社はランキング5位の東京ガスです。

Q. 東京ガスは誰におすすめ?
A. 関東エリアで電気と都市ガスを利用している方にオススメです。
Q. 東京ガスがおすすめの理由は?
A. 新電力としての電気の販売量が全国1位。東京電力よりしっかり電気代が安いのに大手エネルギー企業の安心感がありあmす。

東京ガスのずっとも電気・基本プランは、関東エリアで最も有名な電気料金プランの一つです。それもそのはず、東京ガスは新電力として一般家庭など低圧向けに最も多くの電気を販売しています。

すでに東京ガスのガスを使っている人なら、もちろんガスと電気のセットプランがお得。毎月の電気代が0.5%安くなります。

さらに東京ガスなら業界でも最高水準のポイント還元率1.5%(パッチョポイント)が貯まるので、電気代の支払いに利用したり、dポイントなど好きなポイントや商品券に交換して利用することができます。

東京ガスの電気
universe

関東で最も有名な新電力
「東京ガスの基本プラン」

公式サイト

電力会社を比較する

さまざまな角度から電力会社の比較ができるように、気になる比較テーマをまとめてみました。

電力会社を電気料金で比較する

電力会社をどこにするか迷った時、真っ先に比較するのは電気料金ではないでしょうか?電力会社の電気料金を比較するには、電気料金の構成を理解する必要がありますね。

電気料金は契約内容によって毎月固定の基本料金(最低料金)と、毎月の使用量によって支払う料金が変わる電力量料金の二つがあります。電気料金で電力会社を比較するときは、それぞれの料金の合計がどのくらい違うのか確認する必要があります。また基本料金と電力量料金の他に、燃料費調整額と再生可能エネルギー発電促進賦課金が使用量に応じてかかります。

 電気料金のしくみと電気代の計算方法について詳しく確認する

毎月の使用量や契約しているアンペア数によってお得になる電気料金プランが異なるので注意が必要です。アンペア数が高すぎると毎月多くの基本料金を払い過ぎてしまいますし、アンペア数が少なすぎるとブレーカーが落ちて停電しやすくなってしまいます。世帯人数や使用する電化製品に合わせて適切なアンペア数を契約することが大事です。

 アンペア容量の選び方について詳しく確認する

  

また同じ電力会社の同じ電気料金プランでも、電力エリアによって料金が異なるので、電気を使用する電力エリアごとに電気料金を比較する必要があります。電力エリアはそれぞれの大手電力会社の管轄エリア(北海道電力エリア東北電力エリア東京電力エリア中部電力エリア北陸電力エリア関西電力エリア中国電力エリア四国電力エリア九州電力エリア沖縄電力エリア)となります。

 電力エリアごとに電気料金を比較する

今利用している電力会社と料金プラン、また毎月の電気使用量から、より安くなる電力会社と電気料金プランを見つけるなら、セレクトラの電気料金比較エンジンがおすすめです。今お使い電力会社の料金プランとそのほかの電力会社の料金プランを比較し、切り替えた場合の年間節約額がランキング形式で分かります。

 セレクトラの電気料金比較エンジンを試してみる

また、セレクトラのらくらく窓口0120-120-176)ならお電話一本でお得なプランのご提案から切り替えお申し込みまで受付けています。セレクトラのらくらく窓口経由で切り替えた方は、平均6%電気代を削減しています。また引っ越し直前や引っ越し当日の電気のお申し込みも、セレクトラのらくらく窓口にお任せください。

電力会社を電力エリアごとの料金で比較する

電気料金は同じ電力会社・料金プランでも全国に10ある電力エリアごとに金額が異なります。セレクトラが電力エリアごとの電気料金を比較したところ、最も電気料金が高いのは北海道電力エリアで、最も安いのは北陸電力エリアということがわかりました。

 電気が一番高い電力エリアと一番低い電力エリア

またLooopでんきのように全国で選べる電力会社がある一方で、関東エリア(東京電力エリア)でのみ利用できるCDエナジーダイレクトなど、一部の電力エリアでしか利用できない電力会社があります。電力会社を比較する時は、どの電力エリアで利用するか確認して、その電力エリアで利用できる電力会社から比較することをお勧めします。

電力会社をポイント還元で比較する

Tポイント、Ponta、楽天スーパーポイント、dポイントなど電力会社ではさまざまなポイント還元を行なっています。中部電力・CDエナジーダイレクトのカテエネポイントなど電力会社によっては独自のポイントを採用しているところもあります。

普段利用しているポイントが電気を使うことで貯まると、何かと便利ですよね。また電気料金の支払いに直接利用できるポイント還元もあるので、ポイント還元率が高ければその分実質的な電気料金の節約につながります。電力会社を比較するときは、電気料金とあわせて利用できるポイントやポイント還元率も比較してみましょう。

ポイント還元で電力会社を比較する
電気料金で貯まるポイント ポイントがたまるおすすめの電力会社
Tポイントで電力会社を比較する

東京ガス「ずっとも電気」プラン

  • 電気(ずっとも電気)料金1,000円につきパッチョポイント15P付与
  • ポイント還元率は1.5%で、一般的なポイント還元率0.5%の3倍

 公式サイト

Pontaポイントで電力会社を比較する

東京ガス「ずっとも電気」プラン

  • 電気(ずっとも電気)料金1,000円につきパッチョポイント15P付与
  • ポイント還元率は1.5%で、一般的なポイント還元率0.5%の3倍

 公式サイト

楽天スーパーポイントで電力会社を比較する

CDエナジーダイレクトのポイントでんき

  • 電気料金の1%から最大6%までがポイント還元される

 公式サイト

dポイントで電力会社を比較する

CDエナジーダイレクトのポイントでんき

  • 電気料金の1%から最大6%までがポイント還元される

 公式サイト

 ポイントが貯まる電気料金プランを確認する

電力会社を支払い方法で比較する

2016年の電力自由化までのは、電気料金の支払い方法は、毎月送られてくる振り込み用紙もしくは口座振替による引き落としが一般的でした。電力自由化以降に参入した新電力の多くはクレジットカード支払いを主な支払い方法としています。

 クレジットカードと口座振替どっちがお得?

また電力会社によっては、電子マネーの対応をはじめたところもあります。クレジットカードや電子マネーによっては公共料金の支払いに利用することで、ポイントが付与されることもあるので、ポイント還元でさらに電気料金を削減することもできます。電力会社を比較するときは、選べる支払い方法も確認すると良いでしょう。

電力会社をプラン内容で比較する

電力会社を電気料金で比較するときに気をつけないといけないのは、電力料金プランのタイプです。最も一般的な電気料金プランは従量電灯プランです。従量電灯プランは大手電力会社が電力自由化以前より販売しているプランで、規制料金とも言われます。

 基本の電気料金プラン「従量電灯プラン」とは?

電力自由化後に進出した電力会社、いわゆる新電力はこの従量電灯プランに準じた電気料金プランを販売しています。なので、多くのご家庭、または店舗・事業所の場合は電力会社を比較する時にこの従量電灯プラン新電力の電気料金プランを比較することになります。

また従量電灯プランは使用量が少ないかたから使用量が多い方まで料金の条件は変わりませんが、新電力や大手電力会社の新しい料金プランでは同じ従量電灯型の電気料金プランでも一人暮らしや電気の使用量が少ない方向けとのプランと、家族世帯や電気の使用量が多い方向けのプランがわかれている場合があります。ですので、電力会社を比較する時は世帯数や毎月の電気使用量に合わせて電気料金を比較する必要があるでしょう。

電力会社を電気とガスのセットプランで比較する

さらに、新電力の中には東京ガス大阪ガス東邦ガスなどの大手都市ガスエリアでガスを販売している会社もあり、電気とガスをセットで利用することでよりお得になる電気料金プランがあります。大手都市ガスをご利用中の場合は、電気とセット利用できる電力会社を選ぶと良いでしょう。また選べる電力会社は都市ガスの供給エリアによって異なるので、利用する都市ガスエリアごとに電力会社を比較しましょう。

電力会社をオール電化住宅向けのプランで比較する

基本の電気料金プランである従量電灯プランの場合、季節や曜日・時間帯によって電気料金が変化するということはありません。しかし、オール電化住宅など夜間にまとめて電気を利用する家庭向けに、夜間時間の電気料金が安くなる料金プランがあります。現在大手電力会社でこのようなオール電化住宅向けの電気料金プランをご利用中の方は、新電力のオール電化向けの料金プランと比較してみましょう。

 オール電化向け料金プランを比較する

電力会社を供給エリアの広さ・供給量で比較する

電力自由化以降の電力会社は、これまで全国10の電力エリアに分かれており、大手電力会社が他の電力エリアで一般家庭向けの電気を販売することはありませんでした。

電力自由化以降は複数の電力エリアで電気を販売したり、全国に展開する新電力がでてきました。大手電力会社も他の電力エリアで電気を販売するようになりました。ただし全国展開している新電力でも一部離島地域は対象外になるので、注意が必要です。以下に北海道電力エリアから沖縄電力エリアまで、全ての電力エリアで電気を販売している新電力をリストアップしました。

  
全電力エリアで電気を販売する電力会社
電力会社名 リンク
Looopでんき  電気料金プランを確認する
よかエネ  電気料金プランを確認する
HTBエナジー  電気料金プランを確認する
楽天でんき  電気料金プランを確認する
auでんき  電気料金プランを確認する
ハルエネでんき  電気料金プランを確認する

電力会社を供給量で比較する

電力会社の電力供給量は経済産業省 資源エネルギー庁の電力調査統計で毎月確認することができます。季節の変化によって毎月の電気の需要は変化するので、電力会社が各家庭に供給した電力量は毎月変動します。以下の表は2020年12月の低圧電力の電力需要実績を参照に作成しました。

 最新のデータを確認する(電力調査統計)

電力需要ランキング上位10社のうち、東京ガスを除く9社が大手電力会社(旧一般電気事業者)であることがわかります。また新電力だけに注目して比較すると、東京ガス・大阪ガスなどの大手ガス会社、ソフトバンク、au、楽天モバイルなどの通信事業者が上位にいることがわかります。

  
電力需要ランキング(2020年12月・低圧)
順位 電力会社名 タイプ
1位 東京電力EP
2位 関西電力
3位 中部電力ミライズ
4位 九州電力
5位 東北電力
6位 中国電力
7位 北海道電力
8位 東京ガス
9位 北陸電力
10位 四国電力
11位 大阪ガス
12位 auでんき(KDDI)
13位 ソフトバンクでんき(SBパワー)
14位 J:COM電力*
15位 ENEOSでんき
16位 沖縄電力
17位 ハルエネでんき
18位 東邦ガス
19位 楽天でんき(楽天モバイル)
20位 Looopでんき

*J:COM電力は(株)ジェイコム東京、(株)ジェイコムウエスト、(株)ジェイコム湘南・神奈川、(株)ジェイコム埼玉・東日本、(株)ジェイコム千葉、(株)ジェイコム九州、(株)ジェイコム札幌の合計

出典:資源エネルギー庁電力調査統計電力需要実績(2020年12月分)から作成

電力会社を自然環境へ取り組みで比較する

再生可能エネルギーと言われる太陽光・風力・水力・地熱・バイオマスといった、温室効果ガスを排出しないエネルギーで作られた電気を積極的に取り入れる電力会社が増えています。また電力会社によっては、発電で排出されてしまったCO2(二酸化炭素)を、発電とは異なる分野で排出削減に取り組み、実質的に排出量を削減する取り組み、いわゆるカーボンオフセットを行うところも出てきました。電力会社を自然環境への取り組みで比較すれば、電気を使うだけで自然環境に優しい活動ができるメリットがありますね。

 環境にやさしい料金プランがある電力会社を確認する

 

電力会社を比較する前に注意すること?

電力会社を比較する前に、おさらいをしておいた方が良いのが、「大手電力会社」と「新電力」の違いです。

2016年の電力自由化以前は、全国10の電力エリアにそれぞれ一つの大手電力会社(旧一般電気事業者)が存在し、一般家庭の場合はこの大手電力会社の料金プラン(特に従量電灯プラン)を契約する必要がありました。

2016年の電力自由化以降は、電気を販売するビジネスの規制が撤廃され、大手電力会社以外の会社も参入をはじめました。これがいわゆる新電力と言われる電気の小売業者です。新電力は大手電力会社の一般的な料金プランよりも価格を下げたプランや、曜日や時間帯などライフスタイルに合わせた多様な料金プランを提供することで、大手電力会社との差別化をはかってきました。

一方、大手電力会社もそれぞれの電力エリアで電気の販売を続けながら、新電力と同じ様に他の電力エリアでも電気を販売したり、新電力と同じ様にライスタイルにあわせた自由料金プランの提供をはじめました。このように新電力も大手電力会社もそれぞれのお得な料金プラン、付加サービスを提供をはじめ、電力自由化の目的であった価格競争・サービス競争が生まれています。

大手電力会社と新電力の違いとは?

では今2021年現在、大手電力会社と新電力では何が違うのでしょうか?

大手電力会社の場合、そのグループ企業が発電事業、送配電事業を行っています。例えば、関東エリアの大手電力会社である東京電力グループの場合を例にとってみましょう。電気の小売販売を行うのは、東京電力エナジーパートナーになります。また電気の発電を行うのは、中部電力と共同で設立したJERAになります。また関東エリアの送配電事業を行なっているのは、東京電力パワーグリッドになります。

東京電力が関東エリアで電気を販売する場合は、グループ企業で電気の発電・送配電・販売の全てを行うことになります。一方、東京電力が関東エリア以外で電気を販売する場合は、発電と送配電は別の発電会社や送配電会社が行い、東京電力は電気の販売のみを行うことになります。例えば、東京電力が関西エリアで電気を販売する場合は、発電は関西電力など関西エリアの発電所が行い、送配電は関西電力のグループ企業が担当し、電気の販売を東京電力エナジーパートナーが行います。

多くの新電力は電気の販売に特化しているので、電気をそれぞれの電力エリアの発電所から購入し、それぞれの電力リアの送配電を利用して供給しています。またガス会社などが電気の販売に参入する場合は、自前の発電所で発電された電気を供給しているケースもあります。

新電力と大手電力会社の競争がなるべく平等な立場から行えるよう、大手電力会社の小売部門・発電部門・送配電部門は分社化が進められてきました。ですから大手電力会社であっても新電力であっても、電気を販売する会社は、発電会社から直接または電気の卸売市場を通じて電気を購入し、エリアごとの送配電会社を通じて電気を販売しています。

つまり、大手電力会社であっても、新電力であっても同じような発電所の電気を利用しているので電気の質はかわりません。また同じ送配電を利用しているので、停電しやすくなるといった違いもありません。やはり大手電力会社と新電力を比較して大きく違いが出るのは、その料金プランそして電気1kWhあたりの電気料金になります。また電気料金を比較する時は同じタイプの電気料金プラン同士で電力会社を比較する必要があります。同じ電力会社、同じ電気料金プランでも電力エリアによっても料金単価が異なるので、電力エリアごとに電力会社を比較する必要がありますね。

電気料金で電力会社を比較する時に一緒に検討したいのが、電気を利用することで得られるポイント特典や付帯サービス、また切り替えキャンペーン内容です。例えば1kWhあたりの同じ電気料金が同じなら、ポイントの還元率が高い電力会社の方がよりお得になります。

また電気料金の支払い方法で、電力会社を比較することができます。新電力では支払い方法がクレジットカードのみの場合があります。一方、他の電力会社では従来の振り込み用紙・口座振替・クレジットカード支払いに加えて、電子マネーでの支払いにも対応しているところもあります。

電気料金以外にも電力会社を比較するポイント

大手電力会社と新電力では料金の違いが比較の大きなポイントになることがわかりました。しかしながら、電気は絶えず途切れることなく安定して利用できること求められるので、簡単に倒産しない大企業が供給するサービスの方が安心できるという意見もあるでしょう。そういった意味で、電気料金だけではなく全国でどれくらい供給実績があるのか、比較対象になるでしょう。またエネルギー企業には環境にどれだけ配慮しているか社会的な責任が問われる自体になりました。再生可能なエネルギーを利用した発電を積極的に活用しているのか、という視点から電力会社を比較することもできます。

よくある質問(電力会社の比較)

どうやったら簡単に電力会社を比較できるの?

セレクトラ・ジャパンのらくらく窓口なら電話で簡単に今のお使いの電力会社とおすすめの電力会社の比較ができます。

電話番号:0120-120-176

またセレクトラの電気料金比較エンジンを利用すると、ネットで簡単に電力会社の電気料金を比較することができます。

▷電気料金比較エンジンを利用する

電気料金を比較する時に気をつけることは?

電力会社を電気料金で比較する場合は、電力エリアやプラン内容に注意しましょう。同じ電力会社・電気料金プランでも電力エリアによって、料金単価は異なります。またプラン内容によっては、時間帯・曜日・季節で料金が変わるプランがあるので、料金比較をする時には注意が必要です。

▷詳細を確認する

電気料金以外にも比較する方法はるの?

ポイント還元や割引特典で電力会社を比較する

電力会社では電気料金に付随して、ポイント還元やガスとのセット割引がつく場合があります。電気料金が同じ電力会社同士の場合、ポイント還元がある電力会社がよりお得になるケースもあります。また支払い方法で特定電子マネーやクレジットカードを利用することで、ポイントや特典が加算されるケースもあります。

▷詳細を確認する

電気の供給量や自然環境への配慮で電力会社を比較する

電力会社の中には全国規模で展開している会社や、多くの家庭に電気を供給している会社があります。規模が大きい電力会社の方が安定してい安心できるという方は、供給エリアや電力供給量で電力会社を比較することができます。

▷詳細を確認する

また自然環境に配慮した電気(再生可能エネルギー発電)を積極的に取り入れている電力会社も注目されており、自然に優しい電力会社を選ぶ方法もあります。

▷詳細を確認する