電話で電気・ガス切替相談

在宅時間が増えた・・・毎月の電気料金が心配?

電気料金が今より安いプランを探してみましょう。エキスパートにご相談ください。
夏場の電気代を抑えるお手伝いをします。
(セレクトラ・ジャパンコールセンター / 受付時間:9時-13時、14時-18時  ※土日祝日・年末年始は休業)

電気料金・ガス料金の比較

電話で電気・ガスの切替相談

只今のお時間は弊社コールセンターの営業時間外となります。営業時間内(平日:9時-13時、14時-18時)に改めてお電話いただくか、オンライン比較エンジンをご利用ください。

セカンドハウスの電気料金は?よい節約方法は?

セカンドハウスの電気料金は?よい節約方法は?
セカンドハウスの電気料金は?よい節約方法は?

セカンドハウスの電気料金は?電気を使用していないときも電気代がかかるのでしょうか。セカンドハウスの電気代を無駄に払わないための方法を考えます。

  • セカンドハウスの電気料金は、基本料金(または最低料金)+従量料金に注目。
  • セカンドハウスの電気料金はを節約するなら、基本料金ゼロ円の電気料金プランがおすすめ。

セカンドハウスの電気料金は?

通勤時間の短縮のため、週末をゆっくり過ごすため……。近年、さまざまな理由で利用する人が増えてきているセカンドハウス。

メインの家とは別にもう一軒、生活する場所としてセカンドハウスを持つとき、やはり気になるのが光熱費などのコストです。

特に、照明や暖房など、電気は入居当日から必要不可欠。そこで、セカンドハウスの電気料金について考察してみました。

そもそも電気料金の内訳は?

セカンドハウスの電気料金について調べるにあたり、そもそも電気料金はどんな内訳のものか、あらためておさらいしておきましょう。

大手電力会社などほとんどの電気料金プランの内訳は、毎月一定の基本料金(または最低料金)に電力量料金(1kWhあたりの料金単価×その月の電気の使用量によって変動)を足し合わせたものです。

なので、セカンドハウスの電気料金プランを選ぶときにも、この2点に注目して探してみましょう。

基本料金(または最低料金)と電力量料金

北海道電力東北電力東京電力北陸電力中部電力九州電力などの電力会社の電気料金プランに設定されている基本料金は、契約アンペア数によって値段が異なります。

例:東京電力-従量電灯B-基本料金
契約アンペア数 基本料金(円)(税込)
10A 286.00 円
15A 429.00 円
20A 572.00 円
30A 858.00 円
40A 1144.00 円
50A 1430.00 円
60A 1716.00 円

つまり、電気の使用量が少ない世帯で契約アンペア数が小さければ基本料金も安く、電気の使用量が多い世帯契約アンペア数が大きければ基本料金も高くなる、ということです。

前述の通り、その月の電気の使用量によって決定する電力量料金は電気を使わなければ発生しませんが、基本料金はたとえセカンドハウスでまったく電気を使用しなかった月でも必ず支払いが発生する電気料金です。(電力会社によっては基本料金の半額となる場合も)

そのため、セカンドハウスの電気料金プランを必要以上に大きいアンペア数で契約して基本料金が高くなりすぎないよう、どのくらいの頻度・量で電気を使用する予定なのか、具体的にイメージしておきましょう。

一方、電気料金プランに基本料金を設けていない関西電力中国電力四国電力沖縄電力などの電力会社では、その代わりに最低料金が定められており、その名の通り、電気の使用の有無にかかわらず毎月、最低限支払う必要がある電気料金となります。

セカンドハウスの電気料金、どうやって節約する?

それでは、セカンドハウスの電気料金を節約するには、どんな方法があるのでしょうか?

メインの住居に比べるともともと電気を使用する量が少ないセカンドハウスの電気料金を節約するには、やはり基本料金(または最低料金)がカギになりそうです。

電気を使用しないときには一旦解約する

もしも、電気を使用しない状況がひと月以上続くことがあるなら、セカンドハウスの電気料金を節約するために思い切って電気の契約を一旦解約してしまうのもひとつの手でしょう。

たとえ電気の利用がまったくなくても基本料金(または最低料金)は必ず発生してしまいますが、何ヶ月も電気を使わないのに電気料金を払い続けるのはもったいありません。

現在、「電気の使用停止」および「電気の使用開始」の手続きは、電話はもちろんインターネットなら24時間いつでも簡単に申し込むことができます。

基本料金ゼロ円の電気料金プランを選ぶ

じつは、電力自由化をきっかけに登場した新電力の中には、Loopでんきのように基本料金ゼロ円というまったく新しい電気料金プランを提供している電力会社もあります。

基本料金が無料であれば、セカンドハウスで電気を使用しなかった月には電気料金を支払う必要がありません。

とにかく簡単・手軽にセカンドハウスの電気料金を節約したいという人には、ぴったりの電気料金プランといえそうです。

更新日