電話で電気・ガス切替相談

在宅時間が増えた・・・毎月の電気料金が心配?

電気料金が今より安いプランを探してみましょう。エキスパートにご相談ください。
夏場の電気代を抑えるお手伝いをします。
(セレクトラ・ジャパンコールセンター / 受付時間:9時-13時、14時-18時  ※土日祝日・年末年始は休業)

電気料金・ガス料金の比較

電話で電気・ガスの切替相談

只今のお時間は弊社コールセンターの営業時間外となります。営業時間内(平日:9時-13時、14時-18時)に改めてお電話いただくか、オンライン比較エンジンをご利用ください。

電気料金でどれだけポイントが貯まるのか検証します!

電気料金でどれだけポイントが貯まるのか検証しました
電気料金でどれだけポイントが貯まるのか検証します!

電力自由化によって毎月の電気代でポイントが貯まるお得な電気料金プランがたくさん登場しました。でも、実際にどれくらいたまるのでしょうか。検証してみました。

まず、電気料金を計算してみましょう

一般的な夫婦と子ども二人の家庭を想定し、契約アンペアは30A、使用した電力量は350kWhとします。
ポイントを計算するために、まず、電気料金を計算してみましょう。

これらの数値をこの表にあてはめて、電気料金を実際に計算してみましょう!
基本料金
30Aで契約 858.00
電力量料金
0 - 120 kwhまで19.88 円/kWh 120 kwh x 19.88 円=2342.4円
120 - 300 kwhまで26.48 円/kWh 180kWh x 26.48 円=4680.0円
300 kWh以上 30.57 円/kWh 50kWh x 30.57 円=1501.0円
原料費調整額: -1.6円/kWh 350kWh x -1.6円=-560
再エネ賦課金:0.75円/kWh 350kWh x 0.75円=262.5円
合計

9,068.3円

2016年6月現在

小数点以下は切り捨てのため、合計は9,068円になります!
電気料金はこのようよして計算されます。

ポイントはどれくらいたまるの?

それでは次に、この電気料金でどれくらいのポイントがたまるのか、計算してみましょう。

電力小売全面自由化では、電気代の支払い額によって毎月ポイントを貯めることができるプランが数多く登場しました。

東京電力ローソンまちエネのように、TポイントやPontaなど、他でも使えるポイントがたまる電力会社もあれば、中部電力(カテエネポイント)や関西電力力(はぴeポイント)のように独自のポイントサービスを提供している電力会社もあります。
ただし、TポイントやPontaポイントなど他でも使えるポイントであっても、電力会社によって貯めることができるポイントの種類、そしてそのポイントの還元率はさまざまです。

一番多いパターンなのは、1000円につき5ポイント貯まるプランです。

ですので、上記で計算したように1か月の電気料金が9,068円の場合、ゲットできるポイントはどれくらいでしょうか?

1000円が一区切りなので、9 x 5ポイント = 45ポイント

電気料金の支払いで貯まる1か月のポイントは45ポイントになります!

つまり、還元率は、0.5%ということになりますね。一番数の多いポイントパターンで計算しましたが、他にももっとポイント還元率の高いプランはあります。さらに、ポイントが200円区切りなら、1,000円に満たなくてもポイントが貯まりますので、よりポイントが貯まりやすいということになります。

ポイントが貯まる電気料金プランは関東、関西、中部などで多く提供されています。セレクトラでは、それぞれの地域で最もポイントが貯まるプランを調査、紹介しています。ぜひご覧ください。
ポイントが一番貯まるプラン(関東)
ポイントが一番貯まるプラン(関西)
ポイントが一番貯まるプラン(中部)

例えば、東京ガスの「ずっとも電気」のポイント電気料金1,000円につき15ポイントつきます。(還元率は1.5%)
その場合、同じ電気料金でもたまるポイントは9 x 15 = 135ポイントになります。ただし、このポイントは東京ガス、オリジナルのものです。東京ガスのオリジナルグッズに交換ができます。

汎用性のあるTポイントやPontaに交換も将来的にはできるようですが、交換率は同じかどうかは要チェックです。

ポイントが貯まる電気料金プランは種類とポイント還元率をチェックしよう!

電力小売全面自由化では、電気代の支払い額によって毎月ポイントを貯めることができるプランが数多く登場しましたが、まずはどんな種類のポイントを貯めたいのか、そしてどのくらいの率で貯められるのかを比べてみて、自分にとって一番お得なプランを見つけてくださいね!

更新日