電話で電気・ガス切替相談

在宅時間が増えた・・・毎月の電気料金が心配?

電気料金が今より安いプランを探してみましょう。エキスパートにご相談ください。
夏場の電気代を抑えるお手伝いをします。(セレクトラ・ジャパンコールセンター)

 

コールセンターの営業時間・ご利用方法についてはこちら

在宅時間が増えた・・・毎月の電気料金が心配?

電気料金が今より安いプランを探してみましょう。エキスパートにご相談ください。
夏場の電気代を抑えるお手伝いをします。(セレクトラ・ジャパンコールセンター)

 


営業時間・ご利用方法についてはこちら

Tポイント・Ponta・楽天スーパーポイント・dポイントが貯まる電気料金プラン

Tポイント・Ponta・楽天スーパーポイント・dポイントが貯まる電気料金プラン
Tポイント・Ponta・楽天スーパーポイント・dポイントが貯まる電気料金プラン

2016年4月に電力小売が自由化されて以来、電気使用でポイントが貯まるプランも数多く登場しています。ポイントが貯まる電力会社や電気料金プランを、ポイントの種類別やエリア別に紹介していきます。

電気料金プランで貯まるポイントとは

電気料金プランで貯まるポイントは大きく分けて次の5つです。ポイントの種類ごとに、使えるサービスやお店が異なります。

  • Tポイント
  • Ponta(ポンタ)
  • 楽天スーパーポイント
  • 通信会社のポイント(dポイント/auウォレットなど)
  • 電力会社独自のポイント※

※独自ポイントでも、TポイントやPontaポイント等に交換できる場合もあります。

ポイントの種類
ポイントの種類 ポイントの価値 使用可能な店の一例
Tポイント 1P=1円相当 ファミリーマート、TSUTAYA、東急ホテルズ、マルエツ、ENEOS、オートバックス、ヤマト運輸、Yahoo!ショッピング、エディオン、ドトールコーヒー、ロッテリア、ソフトバンクなど
※詳細はTポイントホームページにて確認してください。
Ponta(ポンタ) 1P=1円相当 ローソン、GEO、昭和シェル、日本航空、NTT東日本、NTT西日本、NTTドコモ、サカイ引越センター、オリックス自動車、リクルート、高島屋、大戸屋、ケンタッキー、ピザハット、和民など
※詳細はPontaWebにて確認してください。
Rポイント(楽天) 1P=1円相当 楽天市場、サークルK、ファミリーマート、サンクス、ポプラ、大丸、コーナン、すき家、大戸屋、ペッパーランチ、ジョリーパスタ、ロイヤルホスト、浜勝、リンガーハット、マクドナルド、ミスタードーナツなど
※詳細は楽天ポイントカードHPにて確認してください。
dポイント(ドコモ) 1P=1円相当 ファミリーマート、ローソン、井筒屋、高島屋、すき家、マクドナルド、ミスタードーナツ、上島珈琲店、エクセルシオールカフェ、サンマルク、ドトール、いきなり!ステーキ、かっぱ寿司、カプリチョーザ、マツモトキヨシ、東急ハンズ、ビッグエコー、エディオン、Joshin、その他ホテル、アミューズメント施設等、多種多様なの店舗・施設で利用可能
※詳細はdポイントHPにて確認してください。

効率の良いポイントの貯め方は、生活する中でなるべく1つのポイントに絞って貯めること。そのため電力会社や電気料金プランも、現在一番よく利用するポイントがもらえるサービスを選ぶといいでしょう。

たとえば、Tポイントを普段よく利用するのであればENEOSでんき東京ガスの電気料金プランを選ぶといった具合です。

ポイントより料金が安いプランが正解の場合もある

ポイントが貯まるのは嬉しいですが、実際にはポイントより割引が大きくなる電気プランもあります。また、ポイントが思ったほど貯まらないと感じる場合もあるかもしれません。

一般的に、ポイントは電気料金200円につき1ポイント貯まります。例えば、一人暮らしで電気の支払いが月々2000円程度なら貯まるポイントは10P=10円です。家族で電気代が10,000円だとしても、貯まるポイントは50P=50円となります。

このことからポイントサービスは、料金割引に次ぐ副次的なサービスとして考えるといいかもしれません。電気料金そのものが安く、なおかつポイントが貯まるプランを選ぶのが最善といえるでしょう。

Tポイントが貯まる電力会社

電気料金の支払いでTポイントが貯まる主な電力会社を一覧にしました。

ちなみに「200円で1ポイント」と「1000円で5ポイント」は同じのように思えますが、ポイント発生の区切りが異なります。たとえば支払いが800円だとすると、200円で1ポイントのプランなら4ポイント付与されますが、1000円で5ポイントのプランの場合はポイントが発生しません。

このことも考慮に入れつつ、自分にピッタリの電力プランを探してみましょう。

Tポイントが貯まる電力会社一覧
電力会社 電力プラン提供エリア サービスの特徴
ENEOSでんき
公式サイトで確認
関東・中部・関西エリア
  • 電気料金200円(税抜)につき1ポイント付与
  • ENEOSカードで支払うとガソリン代が安くなる
東京ガス
公式サイトで確認
関東エリア
  • 東京ガス独自のパッチョポイントをTポイントに変換できる
  • 電気(ずっとも電気)料金1,000円につきパッチョポイント15P付与
  • ガス(ずっともガス)料金1,000円につきパッチョポイント5P付与
東京電力 関東・関西エリア
  • 電気料金1,000円(税抜)につき5ポイント付与
中部電力 中部・関東エリア
  • 中部電力オリジナルポイントのカテエネポイントをTポイントに変換できる
  • 電気料金・ガス料金200円(税抜)で1ポイント付与
西部ガス 九州エリア
  • Tポイントが電気料金200円(税抜)につき1ポイント付与
  • 電力プラン提供エリアについて
  • 東北エリア(東北電力管内):青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県、新潟県
  • 関東エリア(東京電力管内):東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、栃木県、群馬県、茨城県、山梨県、静岡県(富士川以東)
  • 中部エリア(中部電力管内):愛知県、長野県、岐阜県(一部地域を除く)、三重県(一部地域を除く)、静岡県(富士川以西)
  • 関西エリア(関西電力管内):京都府、大阪府、滋賀県、兵庫県(赤穂市福浦を除く)、奈良県、和歌山県、福井県(三方郡美浜町以西)、三重県(熊野市以南)、岐阜県不破郡関ケ原町の一部
  • 四国エリア(四国電力管内):徳島県、高知県、愛媛県の大半、香川県の大半
  • 九州エリア(九州電力管内):福岡県、長崎県、大分県、佐賀県、宮崎県、熊本県、鹿児島県

Tポイントが一番貯まるのは東京ガス「ずっとも電気」プラン

東京ガスの電力プラン「ずっとも電気」は、電気料金1,000円につきパッチョポイントが15P貯まります。つまりポイント還元率は1.5%で、一般的なポイント還元率0.5%の3倍です。

さらに、都市ガスも東京ガスの「ずっともガス」プランに切り替えるとポイントがさらに貯まります。どれ位ポイントが貯まるのかシミュレーションしてみましょう。

3人家族の場合: 「ずっとも電気」の料金8,000円(税込)/月・・・パッチョポイント120P 「ずっともガス」の料金8,000円(税込)/月・・・パッチョポイント40P 貯まるパッチョポイント合計160P=Tポイント160P

東京ガスの電力プランは東京電力の従量電灯よりも安いのに加えて、Tポイントもしっかり貯まってお得になりますね。

東京ガスと東京電力どちらが安い? ガスと電気のセットプランがある、東京ガスと東京電力どちらが本当にやすくなるのでしょうか?こちらの記事で検証しました。
検証記事を読む

Pontaポイントが貯まる電力会社

電気料金の支払いでPontaポイントが貯まる主な電力会社を一覧にしました。

Pontaポイントが貯まる電力会社一覧
電力会社 電力プラン提供エリア サービスの特徴
エネワンでんき
公式サイトで確認
北海道、関東、東北、中部、四国、九州エリア
  • 電気料金200円(税抜)につき1ポイント付与
  • LPガス・都市ガス料金200円(税抜)につき1ポイント付与
東京ガス 関東エリア
  • 東京ガス独自のパッチョポイントをPontaポイントに変換できる
  • 電気(ずっとも電気)料金1,000円につきパッチョポイント15P付与
  • ガス(ずっともガス)料金1,000円につきパッチョポイント5P付与
東京電力 関東・関西エリア
  • 電気料金1,000円(税抜)につき独自ポイント5P付与
  • 独自ポイントはPontaポイントに交換可能
まちエネ 関東、東北、中部エリア
  • 電気料金1,000円(税抜)につき10ポイント付与
  • ローソンのクーポンが毎月もらえる
中部電力 中部エリア
  • 中部電力独自のカテエネポイントをPontaポイントに変換できる
  • 電気料金200円(税抜)につきカテエネポイント1P付与
  • 家族ポイント割で毎月カテエネポイント100P付与
西部ガス 九州エリア
  • 電気料金200円(税込)につき1ポイント付与
  • 家庭用ガス機器修理(税抜2,000円以上)で1,000P付与

Pontaポイントが一番貯まるのは東京ガス「ずっとも電気」プラン

Pontaポイントを効率よく貯めることができるのはTポイントと同じく、東京ガスの「ずっとも電気」プランです。東京ガスのポイント還元率は1.5%と高いうえに、Pontaポイントにも交換できます。

さらにPontaポイントの大元、コンビニ大手ローソンの電力サービス「まちエネ」も見逃せません。ポイント還元率は1%と東京ガスに次ぐ高さで、なおかつローソンの特別クーポンももらえます。ローソンをよく利用する人なら大きなメリットがあるといえるでしょう。

楽天スーパーポイントが貯まる電力会社

電気料金の支払いで楽天スーパーポイントが貯まる主な電力会社は以下の通りです。

楽天スーパーポイントが貯まる電力会社一覧
電力会社 電力プラン提供エリア サービスの特徴
楽天でんき
公式サイトで確認
全国
  • 申し込みで楽天スーパーポイント2,000Pプレゼント
  • 電気料金200円(税抜)につき1ポイント付与
  • 楽天カードでの支払いで100円毎に1P付与
東京ガス
公式サイトで確認
関東エリア
  • 東京ガス独自のパッチョポイントを楽天スーパーポイントに変換できる
  • 電気(ずっとも電気)料金1,000円につきパッチョポイント15P付与
  • ガス(ずっともガス)料金1,000円につきパッチョポイント5P付与
CDエナジーダイレクト
公式サイトで確認
関東エリア
  • 毎月の電気料金に応じて還元率が変わる
  • 電気料金の1%から最大6%までがポイント還元される
  • 電気料金は東京電力の従量電灯Bプランと同じ金額。

楽天スーパーポイントが一番貯まるのは「楽天でんき」

楽天スーパーポイントを効率よく貯めたいなら「楽天でんき」が一番おすすめです。楽天でんきの申込特典として2,000ポイントもらえ、その後も楽天カードで電気料金を支払うと200円につき3P貯まります。

楽天会員の人は楽天でんきに申し込むことで、楽天スーパーポイントをさらにスピーディーに貯めることができますね。

dポイントが貯まる電力会社

電気料金の支払いでdポイントが貯まる主な電力会社は以下の通りです。

dポイントが貯まる電力会社一覧
電力会社 電力プラン提供エリア サービスの特徴
CDエナジーダイレクト
公式サイトで確認
関東エリア
  • 毎月の電気料金に応じて還元率が変わる
  • 電気料金の1%から最大6%までがポイント還元される
  • 電気料金は東京電力の従量電灯Bプランと同じ金額。
イデックスでんき
公式サイトで確認
九州エリア
  • 電気料金の支払い100円(税込)につき1ポイント貯まる
  • 通常は対象外になりやすい燃料調整費や消費税等もポイント対象になるのが魅力

離島を除く九州電力エリアで利用できるイデックスでんきは、九州電力の従量電灯プランおよびオール電化プランに比べて、基本料金・従量料金が安くなります。その上、dポイントが電気料金100円(税込)につき1ポイントつくので、よりお得になりますね。

イデックスデンキ

その他のポイントが貯まる電力会社

Tポイント、Pontaポイント、楽天スーパーポイント、dポイント以外のポイントが貯まる電力会社も紹介します。それぞれに異なるメリットがあるので比較検討するといいでしょう。

独自ポイントが貯まる電力会社一覧
電力会社 電力プラン提供エリア サービスの特徴
東急でんき
公式サイトで確認
関東エリア
  • 毎月の電気料金をTOKYU CARDで支払うと、TOKYU POINTが電気料金の最大1%貯まる
  • 東急線のPASMO定期券購入やPASMOオートチャージサービス等で付与される「電車で貯まるTOKYU POINT」が2倍になる
関西電力 関東・関西エリア
  • 毎月の電気料金などでスタンプが貯まり、スタンプを全て集めると500ポイントもらえる
  • 貯まったポイントは各種ポイントやプレゼントと交換できる
東北電力 東北・関東エリア
  • Webサービス「よりそうeネット」の各種サービスの利用で「よりそうeポイント」が貯まる
  • 電気契約時に100ポイント、契約情報の登録で150ポイントもらえる
  • Web明細への変更やクレジットカード払いでポイントが貯まる
  • 貯まったポイントは東北のご当地商品やコンビニなどで使える共通ポイントへ交換できる
中国電力 中国エリア
  • 「ぐっと ずっと。クラブ」のサービスを利用することでポイントが貯まる
  • 毎月の電気料金200円につき1ポイント貯まる
  • Webでのクイズやアンケートへの参加でポイントが貯まる
  • 貯まったポイントは中国地方の特産品との交換や地元スーパーで利用できる
ヤマダのでんき 全国
  • 毎月の電気料金に応じてヤマダポイントが付与される(5,000円未満は2%、5,000~8,000円は4%、8,000円以上は6%還元)

エリア別 - ポイントがよく貯まる電気料金プラン

ここでは以下のエリアごとに、ポイントを効率よく貯められる電気料金プランを紹介します。

・関東エリア(東京電力管内)
・関西エリア(関西電力管内)
・中部エリア(中部電力管内)

関東エリア(東京電力管内) - 東京ガス「ずっとも電気」

関東エリアにおいてポイントが一番貯まる電気プランは東京ガスの「ずっとも電気」です。東京電力の従量電灯Bに相当するプランとなります。

「ずっとも電気」は東京電力のプランよりも電力量料金が安く、さらにポイント還元率も1.5%と高いため、関東エリアでの電気乗り換え先として有力候補となるでしょう。

ずっとも電気プラン:

  • 「ずっとも電気1」・・・契約アンペア数30~60アンペア
  • 「ずっとも電気1S」・・・契約アンペア数10~60アンペア
  • 「ずっとも電気2」・・・契約容量6~50kVA
  • ポイント還元・・・電気料金1,000円ごとに15P

ずっとも電気プランの料金

ずっとも電気プランの基本料金は東京電力の従量電灯と全く同じです。しかし電力量料金はずっとお得になります。

ずっとも電気プラン – 電力量料金(税込)
  単位 ずっとも電気1 ずっとも電気1S 東京電力従量電灯B
~120kWh 1kWh 23.67円 19.85円 19.88円
121~140kWh 1kWh 25.35円 26.48円
141~300kWh 1kWh 23.88円
301~350kWh 1kWh 27.48円 30.57円
351kWh~ 1kWh 26.41円

ずっとも電気プランはどれくらいお得?

たとえばある月の電気使用量が400kWhとすると、プランごとの電力量料金は次のようになります。
東京電力従量電灯B・・・10,209円
東京ガス「ずっとも電気1」・・・9,649円(-560円)

これに加えて、ずっとも電気プランはポイントが135P付くので、考え方によっては695円も東京電力よりお得になるわけです。

関西エリア(関西電力管内) - 東京電力「スタンダードA」

東京電力の電力プランは、電気料金1,000円につき5ポイント貯まります。ポイント還元率は0.5%と普通ですが、関西エリアにはポイントサービスを実施している電力会社自体が少ないため、東京電力のポイントのメリットは大きいといえます。

東京電力のスタンダードAプランは、関西電力の従量電灯Aより電力量料金が安くなります。さらに、Webから申し込むと最初に500ポイントもらえるのも見逃せません。

東京電力のポイントは、Tポイント・Ponta・nanaco・dポイントなどに交換することができます。

中部エリア(中部電力管内) - 楽天でんき

中部電力のエリアで料金が安く、かつポイントが一番貯まるのは「楽天でんき」です。

楽天でんきは電気料金200円につき1ポイント貯まるほか、楽天カードで支払うとさらに100円ごとに1ポイント付きます。つまり、200円で3ポイント貯まるわけです。

また、楽天でんきには基本料金がなく、従量料金は一律26.50円/kWh(中部電力エリア)です。電気使用量が多ければ多くなるほど、中部電力よりもお得になります。

中部電力と楽天でんきには月々どれくらい差額が出るのかシミュレーションしてみましょう。

契約アンペア数40アンペア、月の電気使用量400kWhの場合:
中部電力「従量電灯B」・・・11,118円
楽天でんき「プランS」・・・10,600円(-518円)

これに加えて、楽天カードで支払うと楽天スーパーポイントが154P付くので、合計で672円お得になる計算です。

ポイント還元よりも電気料金削減でよりお得にするには?

このように様々な電力会社で、Tポイントやdポイントなど、普段利用するポイントを貯めることができます。ただ、気をつけなくてはいけないのでは、ポイント還元によるメリットはそれほど大きくないということです。

上で見てきたように、多くの場合ポイント還元率は電気料金に対して0.5%から1%程度になります。

しかし、ポイント還元はつかなくても大手電力会社に比べて1%以上、電気料金が安くなる新電力があります。

大手電力会社より5%安くなるリミックスでんき

例えば、リミックスでんきならば、基本料金・従量料金がそれぞれ大手電力会社よりも5%安く設定されています。一人暮らしでも一定以上電気の使用があれば、電気代は安くなります。沖縄を除く全国で展開しているのも嬉しいですね。

基本料金が無料のLooopでんき

5%以上電気料金を安くしたいという方は、基本料金がゼロ円で電力量料金も1段階のLooopでんきはオススメ。30A以上だと確実に安くなり、お得な上にとにかく分りやすいのがありがたいですね。

こちらも沖縄を除く全国で展開していますから、気になった方は料金比較してみても良いでしょう。

50A・60Aなら基本料金が半額で電力量料金がお得なHTBエナジー

沖縄を含む全国で展開するHTBエナジーでは、アンペア制のエリア(北海道・東北・関東・中部・九州)で、プライムプランを展開しています。50A・60Aなど高いアンペア契約の場合、大手電力会社の基本料金の半額なります。また、電力量料金は1段階となり、120kWh以上の料金では圧倒的な低価格を実現しています。

もちろん、今利用しているポイントをより増やしたいという方は、対応ポイントで電力会社を選ぶというのもありです。ただ、もっと電気料金を下げたいという方は、それ以外の新電力もチェックしてみましょう。セレクトラでは電話で電気の切り替えに関する相談を受け付けています。今より安い電気料金プランをお探しなら、☎️03 4571 1508までご相談ください。

更新日