ご注意:燃料価格の高騰に伴う「燃料費調整額」の増額について 長期化する燃料価格の高騰によって、各電力会社の「燃料費調整額」も高くなっています。ご契約を検討する際には、電力会社の公式サイトにて「燃料費調整額」をご確認ください。
 燃料費調整額について詳しく見る

九州で一番安い都市ガスはどこ?【九州エリアで選べる都市ガス料金を比較】

九州で一番安い都市ガスはどこ?【九州エリアで選べる都市ガス料金を比較】
九州で一番安い都市ガスはどこ?【九州エリアで選べる都市ガス料金を比較】

毎月の光熱費を節約するための方法をご紹介しています。九州エリアの都市ガス3社の料金を比較して、どの都市ガス会社が最も安いのか料金をシミュレーションしました。都市ガス以外で光熱費を安くする方法もご紹介します。

  • 九州は各都市・地域で特定の都市ガスが独占的に供給を行っている
  • なので、九州ではガス会社を切り替えてガス代を安くするのが難しい
  • 一方、電気は選べる新電力が多いので、切り替えて安くすることができる
  • 電気料金を安くするなら、セレクトラのらくらく窓口 0120-410-078)に切り替え相談がオススメ

光熱費を安くしたい:九州の都市ガス料金を比較

この記事では、九州エリアで都市ガス販売トップ3の西部ガス・九州電力・日本ガスの料金を比較しています。各社からは電気とのセット割や使用しているガス製品に合わせて選べる都市ガス料金プランも用意されています。ここでは、純粋に都市ガス料金を比較するために、各社の最もベーシックな都市ガス料金プランである一般料金を比較してみましょう。

尚、西部ガスと九州電力は福岡県内の同エリアで都市ガスを供給していますが、各社の都市ガス供給エリアは異なっています。料金とともに各社の供給エリアと特徴を確認しましょう。

西部ガスの都市ガス

西部ガスは九州で最も広いエリアをカバーする都市ガス会社です。西部ガスは福岡県、長崎県、熊本県の16市15町に都市ガスを供給しています。現在都市ガスを利用していて、これまでガス会社の切り替えを行っていない場合には、西部ガスと契約していることになります。

西部ガスの都市ガス供給エリア
福岡エリア 福岡市、春日市、大野城市、糸島市、福津市、古賀市、宗像市、宮若市、那珂川市、粕屋町、新宮町、志免町
北九州エリア 北九州市、中間市、水巻町、苅田町、遠賀町、芦屋町、岡垣町
熊本エリア 熊本市、合志市、菊陽町、益城町、大津町、嘉島町、御船町
長崎エリア 長崎市、長与町、時津町
佐世保エリア 佐世保市
島原エリア 島原市

この記事で紹介する3社のうち、大手ガス会社である西部ガスが最も多くの都市ガス料金プランを用意しています。西部ガスなら床暖房やエネファームなど、お家で利用しているガス製品に合わせて料金プランを選択することができます。

  • 西部ガスの特徴
  • 九州の最も多くの場所で契約できる
  • 選択できる都市ガス料金プランが充実している
  • これまで都市ガス会社を変更していないなら、西部ガスを利用している

九州電力の都市ガス

九州電力は九州エリアの大手電力会社ですが、都市ガスの販売も行っています。都市ガス供給エリアは、西部ガスの福岡県内の供給エリアと同じ範囲です。つまり、福岡県内にお住まいで西部ガスを利用している方は、九州電力に都市ガスを切り替えることができます。

九州電力の都市ガス料金プランは「きゅうでんガス」の1種類のみです。このきゅうでんガスは、九州電力の電気料金プランである「スマートファミリープラン」または「スマートビジネスプラン」のガスセットを契約している方限定で契約することができます。つまり、九州電力の電気を利用していなければ、都市ガスの契約はできません。ガス使用量と電気の契約容量によってガス料金からの割引が用意されています。

  • 九州電力の特徴
  • 都市ガス供給エリアは福岡県内のみ
  • 電気契約がなければ、都市ガスを利用できない
  • ガス使用量と電気の契約容量によってガス料金が割引される

西部ガスと九州電力の都市ガス代自体は同じ?

西部ガスも九州電力の都市ガス(きゅうでんガス)も、いずれも福岡県(一部地域を除く)で利用することができます。では、福岡県で西部ガスを利用している人が、きゅうでんガスに切り替えるとガス代が安くなるのでしょうか?

実は九州電力のきゅうでんガスは、西部ガスのガス料金と金額同じです。なので、きゅうでんガスに切り替えてもガス代金を安くすることはできません。でも上記で説明したとおり、電気のアンペア契約と、ガスの使用量によってガス代が割引になります。

きゅうでんガスの参考割引額
電気の契約アンペア数 ガスの月間使用量 割引額
10A〜20A 10㎥ 200円
30A 20㎥ 600円
40A 30㎥ 700円
50A 40㎥ 1000円
60A 50㎥ 1100円

このように電気とガスをよく使う家庭なら、きゅうでんガスに切り替えることで毎月1000円程度の割引を受けられることがわかりました。

今より安い電気料金プラン・ガス料金プランをお探しですか?らくらく窓口なら電気代平均6%削減、最短5分で最適プランが見つかります。
 電話で相談する(0120-410-078)
らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

日本ガスの都市ガス

日本ガスは鹿児島市に本社を置くガス会社で、東京に本社を置くニチガスとは異なります。都市ガスの供給エリアは鹿児島県内の鹿児島市と姶良市の一部のみです。日本ガスでは、使用中のガス製品に合わせて選べる料金プランや電気とのセット割も用意しています。西部ガス・九州電力と比較すると、基本料金は高い代わりに従量料金単価が安く設定されています。

  • 日本ガスの特徴
  • 都市ガス供給エリアは鹿児島県内のみ
  • 使用中のガス製品に合わせて選べるプランがある
  • 従量料金単価がお得に設定されている

九州の都市ガス料金:まとめ

九州エリアでは複数のガス会社があることがわかりました。ただし、福岡県を除く地域ではそれぞれの地域の都市ガス1社のみがある状態なので、ガス会社を切り替えてガス代を安くするということができません。また福岡県で選べるガス会社も西部ガスときゅうでんガスしかなく、ガス代金自体は変わらないことがわかりました。

また西部ガス・九州電力では電気と都市ガスのセット割を設けています。特に九州電力では九州電力の電気を利用していなければ、都市ガスを契約することはできません。九州電力のセット割では都市ガス料金からの割引がありますが、電気料金は西部ガスよりも割高になります。また、西部ガスのセット割では、電気料金が九州電力よりも安くなりますが、都市ガス料金は九州電力よりも割高になります。つまり、ガス料金と供給エリアを考えると、九州エリアでは都市ガス会社切り替えで光熱費を安くすることは難しいということが分かります。

光熱費(電気代・ガス代)をもっと安くしたいならば。らくらく窓口なら電気代平均6%削減、最短5分で最適プランが見つかります。
 電話で相談する(0120-410-078)
らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

九州で光熱費を安くしたいなら、電気料金が狙い目

毎月の都市ガス料金を安くすることは難しいとしても、光熱費を安くすることは可能です。九州エリアでは、お得な電力会社がたくさんあるため都市ガスよりも電気で光熱費を安くするのがおすすめです。

九州エリアで選べる電力会社について、それぞれの特徴を以下にまとめました。

*リスト中の比較は九州電力従量電灯Bプランと比べたもの。燃料費調整額再エネ賦課金は除く

九州エリアで選べる新電力一覧
電力会社 特徴
オクトパスエナジー
 公式サイト

オクトパスエナジーのおすすめ度
     

  • 実質的に再生可能エネルギー100%の電気を供給
  • 実質再エネ100%なのに電力量料金が九州電力*より安い
  • 東京ガスの系列企業だから安心して利用できる

再エネ 一般家庭

 電話で詳細を確認(0120-164-006)
 
enひかり電気
 詳しく見る

enひかり電気

  • 格安光回線インターネット「enひかり」とセットで契約可能
  • 基本料金は全国どこでも390円
  • 電力量料金が一律で、電気使用量が多いほどお得
  • 燃料費調整額なし!燃料費高騰にも左右されない安心感

一般家庭

 
東京電力エナジーパートナー

東京電力エナジーパートナー

  • 申し込み完了から最短2営業日で利用開始
    (土日祝日は除く。関東エリアは除く)
  • 九州電力*と比べて電気代が2%〜3%お得
  • 大手電力会社だから電気も安定供給、安心して利用可能

一般家庭

 電話で申し込む
(0120-418-068)

 
NEXTでんき
 電話で詳細を確認
(0120-197-019)

NEXTでんき

※2022年5月から適用が開始された燃料費調整額の上限額撤廃および追加調整の導入により、NEXTでんきの燃料費調整額が大きく高騰する可能性があります。ご注意ください。

  • 正午までに申し込めば引越し当日でも電気・ガスが利用可能
    ※ただし地域や利用状況によっては不可能
  • 九州電力*と比べて基本料金が10%安い

13時までの電話申し込みで【当日開通】OK!

 
ONEでんき
 詳しく見る

ONEでんき

※2022年5月から適用が開始された燃料費調整額の上限額撤廃および追加調整の導入により、ONEでんきの燃料費調整額が大きく高騰する可能性があります。ご注意ください。

  • 基本料金0円、電力量料金が一律のシンプルなプラン
  • 電気使用量が多い家庭向け

基本料金ゼロ円 一般家庭

マークの説明
基本料金がゼロ円の料金プランがある新電力契約アンペア数が大きいと、節約できる電気代が大きくなります。
月300kWhなど決められた電気使用量の電力量料金が定額になるプランがある新電力。定額の電気使用量を超えると、大きく電気代を節約できます。
再生可能エネルギーを利用した電気を利用できる新電力
オール電化向けの、深夜料金が安くなるプランがある新電力。対応している新電力はあまり多くありません。
一般家庭向けの料金プランに対応した新電力
マンションや店舗などの、エレベーターや業務用空調機などに利用される動力プランがある新電力

▲リストに戻る

九州エリアで選べる新電力一覧
オクトパスエナジー  公式サイト
オクトパスエナジー

オクトパスエナジーのおすすめ度
     

  • 実質的に再生可能エネルギー100%の電気を供給
  • 実質再エネ100%なのに電力量料金が九州電力*より安い
  • 東京ガスの系列企業だから安心して利用できる

再エネ 一般家庭

 公式サイト
電話で詳細を確認  0120-164-006
 
enひかり電気

enひかり電気

  • 格安光回線インターネット「enひかり」とセットで契約可能
  • 基本料金は全国どこでも390円
  • 電力量料金が一律で、電気使用量が多いほどお得
  • 燃料費調整額なし!燃料費高騰にも左右されない安心感

一般家庭

 詳しく見る
 
東京電力エナジーパートナー

東京電力エナジーパートナー

  • 申し込み完了から最短2営業日で利用開始
    (土日祝日は除く。関東エリアは除く)
  • 九州電力*と比べて電気代が2%〜3%お得
  • 大手電力会社だから電気も安定供給、安心して利用可能

一般家庭

申し込み専用電話番号  0120-418-068
 
NEXTでんき

NEXTでんき

※2022年5月から適用が開始された燃料費調整額の上限額撤廃および追加調整の導入により、NEXTでんきの燃料費調整額が大きく高騰する可能性があります。ご注意ください。

  • 正午までに申し込めば引越し当日でも電気・ガスが利用可能
    ※ただし地域や利用状況によっては不可能
  • 九州電力*と比べて基本料金が10%安いと>

13時までの電話申し込みで【当日開通】OK!

電話で詳細を確認  0120-197-019
 
ONEでんき

ONEでんき

※2022年5月から適用が開始された燃料費調整額の上限額撤廃および追加調整の導入により、ONEでんきの燃料費調整額が大きく高騰する可能性があります。ご注意ください。

  • 基本料金0円、電力量料金が一律のシンプルなプラン
  • 電気使用量が多い家庭向け

基本料金ゼロ円 一般家庭

 詳しく見る
マークの説明

基本料金がゼロ円の料金プランがある新電力契約アンペア数が大きいと、節約できる電気代が大きくなります。

▲リストに戻る

月300kWhなど決められた電気使用量の電力量料金が定額になるプランがある新電力。定額の電気使用量を超えると、大きく電気代を節約できます。

▲リストに戻る

再生可能エネルギーを利用した電気を利用できる新電力

▲リストに戻る

オール電化向けの、深夜料金が安くなるプランがある新電力。対応している新電力はあまり多くありません。

▲リストに戻る

一般家庭向けの料金プランに対応した新電力

▲リストに戻る

マンションや店舗などの、エレベーターや業務用空調機などに利用される動力プランがある新電力

▲リストに戻る

九州エリアで光熱費を安くする:まとめ

九州エリアの都市ガス料金について、ガス供給量の大きい西部ガス・九州電力・日本ガスを比較しました。九州エリアの都市ガスについては、供給エリアや料金の差額が小さいことなどから節約することが難しいことが分かりました。

九州で光熱費を安くするなら、都市ガス会社よりも電力会社を切り替えることがおすすめです。 0120-410-078セレクトラのらくらく窓口)では、お得な電気料金プランのご紹介・契約サポートを行っています。お気軽にお電話ください。

更新日