電子レンジ(1,200W)の電気代はどのくらい?1分チンするといくらかかる?

Looopでんきの申し込み

基本料金無料の電気料金プランに切替えませんか?[Looopでんき]

  • Looopでんきなら毎月の最低料金も基本料金もゼロ円
  • 解約金・違約金もゼロ円
  • 毎月300kWh以上利用する家庭なら従量料金もさらにお得
  • 今なら電話申し込みでもれなくAmazonギフト券プレゼント!

▶セレクトラらくらく窓口:営業時間 9時~19時(年末年始を除く)

基本料金無料の電気料金プランに切替えませんか?

  • Looopでんきなら毎月の最低料金も基本料金もゼロ円
  • 解約金・違約金もゼロ円
  • 毎月300kWh以上利用する家庭なら従量料金もさらにお得
  • 今なら電話申し込みでもれなくAmazonギフト券プレゼント!

▶セレクトラらくらく窓口:営業時間 9時~19時(年末年始を除く)

電子レンジ(1,200W)の電気代はどのくらい?1分チンするといくらかかる?
電子レンジ(1,200W)の電気代はどのくらい?1分チンするといくらかかる?

1,200Wで電子レンジを使用したときの電気料金をご紹介します。電子レンジを含めた電化製品の電気料金には、消費電力(W)と使用時間が関係しています。上手に使えば、電子レンジは他の電化製品と比べてお得に食品を温めることができます。


1,200Wの電子レンジ:1分温めるといくら?

電子レンジ1,200Wの加熱にかかる電気料金は自分でも計算することができます。電子レンジに限らず、電化製品にかかる電気代の計算には、消費電力(W)と使った時間(h)、1kWhあたりの電気料金が必要です。3つの情報を使って、次の3ステップで電気料金を求めてみましょう。

1:消費した電気の総量である電力量を計算する消費電力(W)× 使った時間(h)= 電力量(Wh)

2:電気料金は1kWhあたりの料金で計算するため、WhをkWhに変換するWh ÷ 1,000 = kWh

3:kWh × 1kWhあたりの料金で電気代を算出するkWh × 1kWhあたりの料金(27円)= 電気代

今回の計算で用いている1kWhあたりの料金27円は、全国家庭電気製品公正取引協議会が新電力料金の目安として設定している金額です。1kWhあたりの料金は契約している電力会社や電気料金プランによって異なります。1kWhあたりの料金は検針票に記載されていますので、この機会に契約中のプランの料金も確認してみましょう。

今より安い電気料金プラン・ガス料金プランをお探ですか?らくらく窓口なら電気代平均6%削減、最短5分で最適プランが見つかります。
 電話で相談する(0120-410-078)
らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

上記の方法を使って、1,200Wの電子レンジを1分使った時にかかる電気料金を実際に計算してみましょう。

  • 1,200Wの電子レンジを1分使った場合の電気代
  • 1,200W ÷ 60 = 20Wh(使用時間1分なので、ここでは÷60します。60分=1時間)
  • 20Wh ÷ 1,000 = 0.02kWh
  • 0.02kWh × 27円 = 0.54円

1,200Wの電子レンジを1分使った時にかかる電気料金は、0.54円であることが分かりました。

電子レンジの方がお得?他の電化製品と電気代を比べてみました

電化製品にかかる電気料金が分かると、電子レンジと他の製品を比較することもできます。ご飯やコップ1杯のお湯を温める時に、電子レンジはお得なのでしょうか?電子レンジと炊飯器、電気ケトルにかかる電気代を比較しました。温めるためにかかる料金は室温や水温によっても異なる場合があります(※比較した料金結果はあくまでも目安とお考えください)。

電子レンジでご飯を1分チンする

小盛のご飯を1,200Wで温め直した場合と、炊飯器で保温していた場合には、どちらの方がお得なのでしょうか?電気代を計算してみましょう。

  • 比較した炊飯器
  • 象印IH炊飯器「NP-VN10」
  • 保温時消費電力量:15W

前述の3ステップを使って、仮にこの炊飯器で5時間保温した場合を考えましょう。

  1. 15W × 5h = 75Wh
  2. 75Wh ÷ 1,000 = 0.075kWh
  3. 0.075kWh × 27円 = 2.025円

比較した炊飯器で5時間保温すると、約2円電気代がかかることが分かりました。電子レンジなら、1,200Wで0.54円でしたので、軽くご飯茶碗1杯分程度であれば、電子レンジで温めた方が電気代は安くなります。炊飯器の場合は保温時間が長くなればなるほど電気代もかさみますので、一度にたくさんのご飯を温め直すのでなければ、電子レンジの方がおすすめです。

光熱費(電気代・ガス代)をもっと安くしたいならば。らくらく窓口なら電気代平均6%削減、最短5分で最適プランが見つかります。
 電話で相談する(0120-410-078)
らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

電子レンジでコップ1杯のお湯を1分温める

コップ1杯のお湯を温め直す場合も考えましょう。比較の対象は電気ケトルです。

  • 比較した電気ケトル
  • ティファール 電気ケトル 「ジャスティン プラス1.2L KO340176」
  • 定格消費電力:1,250W
  • お湯が沸けるまでの所要時間:1分

比較に用いたティファールの電気ケトルは60秒でお湯を沸かせるということなので、電子レンジと同じ1分間にかかる電気代を計算しました。

  1. 1250W ÷ 60 = 20.83Wh(使用時間1分なので、ここでは÷60します。60分=1時間)
  2. 20.83Wh ÷ 1,000 = 0.02083kWh
  3. 0.02083kWh × 27円 = 0.5625円

電気ケトルを用いて1杯のお湯を沸かすには、約0.56円かかることが分かりました。電子レンジなら1,200Wで0.54円ですので、電気ケトルと比べると、電子レンジの方が若干ですが電気代は安くなります。

1,200Wの電子レンジ電気代:まとめ

電子レンジを1,200Wでそれぞれ使用した場合の電気代を他の電化製品とも比較しながら考えました。紹介した内容についてポイントをまとめてみました。

1,200Wで1分チンしたときの電気代

電子レンジ1,200Wで電気代は目安として0.54円かかると考えておきましょう。これを基に、他の電化製品との電気代を比較すると良いでしょう。

軽めのご飯1杯を温めるなら、電子レンジの方がお得

1,200Wで小盛のご飯1杯を1分温めると0.54円ですが、炊飯器で5時間保温すると約2円かかります。保温時間が2時間だけでも電子レンジで温め直す方がお得になりますので、炊いたご飯をすぐに消費しないのであれば、余ったご飯は容器に保存して電子レンジで温めましょう。

お湯は、温め直しなら電子レンジ。アツアツが好みなら電気ケトル

コップ1杯のお湯を沸かすには電気ケトルで約0.56円かかります。1,200Wの電子レンジで温めると電気代は0.54円ですので、電子レンジの方が少し安いです。ただ、熱々のお湯を入れたいという場合には電子レンジの使用時間を長くする必要がありますので、電気ケトルの方を使用すると安上がりになります。

1kWhにかかる電気料金は電力会社によって違う

電気の使用1kWhあたりにかかる料金は、電力会社や電気料金プランによって異なります。そのため、電気機器の使い方の見直しだけでなく、電力会社の切り替えによっても電気代の節約が可能です。お住まいの地域で、今より安い電力会社を探してみましょう。

電気とガスの使用量や請求額をお知らせください。らくらく窓口なら電気代平均6%削減、最短5分で最適プランが見つかります。
 電話で相談する(0120-410-078)
らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

【セレクトラのオススメ】

セレクトラで人気No.1の新電力

アンペア数が高くても 基本料金無料

Looopでんきの特徴

  • 電気をよく利用する家庭・店舗・事業所におすすめ
  • 基本料金が無料、電力量料金も一段階でシンプル
  • 北海道から沖縄まで全国で販売(一部離島を除く)
  • 太陽光発電など再生可能エネルギー発電を積極的に利用
公式サイト

大手電力会社から切り替えるだけで安い

従量電灯プランと比べて 10%安い* *基本料金と電力量料金の合計金額

よかエネの特徴

  • 電気使用量が少なくても確実に電気代(基本料金+電力量料金)が安くなる
  • 都市ガスとセットならさらに電気代が2%安くなる
  • オール電化住宅向けプランは3%割引
  • 北海道から沖縄まで全国で販売(一部離島を除く)
公式サイト

家族向けにおすすめ

3人家族以上なら年間 1万5千円安い *東京電力従量電灯B・月400kWhの場合

HTBエナジー・プライムプランの特徴

  • 基本料金半額だから50A・60Aにおすすめ
  • 暮らしの困ったを解決・あんしんサポート付き
  • 北海道から沖縄まで全国で販売(一部離島を除く)
公式サイト
Pontaポイントが年間で 1320P貯まる *東京電力エリア・月400kWhの場合

まちエネの特徴

  • Pontaポイントが電気代1,000円につき10Pたまる
  • 映画割引券が購入できる
  • 東北、関東、中部、関西、四国で利用できる
公式サイト
更新日