電話で電気・ガス切替相談

毎月の電気代・ガス代を電話1本で安くしませんか?

最短5分で最適プランをご紹介。当社経由の切り替えで電気代が平均6%安くなりました。電気とガスの切り替えと新規申し込みなら、セレクトラ・ジャパンのらくらく窓口まで。

 

らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

毎月の電気代・ガス代を電話1本で安くしませんか?

最短5分で最適プランをご紹介。当社経由の切り替えで電気代が平均6%安くなりました。電気とガスの切り替えと新規申し込みなら、セレクトラ・ジャパンのらくらく窓口まで。

 


営業時間・ご利用方法についてはこちら

電子レンジ(500W, 600W)の電気代はどのくらい?1分チンするといくらかかる?

Looopでんきの申し込み

基本料金無料の電気料金プランに切替えませんか?[Looopでんき]

  • Looopでんきなら毎月の最低料金も基本料金もゼロ円
  • 解約金・違約金もゼロ円
  • 毎月300kWh以上利用する家庭なら従量料金もさらにお得

基本料金無料の電気料金プランに切替えませんか?

  • Looopでんきなら毎月の最低料金も基本料金もゼロ円
  • 解約金・違約金もゼロ円
  • 毎月300kWh以上利用する家庭なら従量料金もさらにお得

500W・600Wで電子レンジを使用したときの電気料金をご紹介します。電子レンジを含めた電化製品の電気料金には、消費電力(W)と使用時間が関係しています。上手に使えば、電子レンジは他の電化製品と比べてお得に食品を温めることができます。


500W・600Wの電子レンジ:1分あたためるといくら?

電子レンジを1分使った時にかかる電気代は、500Wと600Wで違います。それぞれで1分加熱したときにかかる電気料金は以下の通りです。

  • 500Wで1分チン:0.225円
  • 600Wで1分チン:0.27円

500Wと600Wで1分温めた時には、0.27 - 0.225 = 0.045円の差が生じます。500Wと600Wでは100Wの差がありますが、1分間での差額は0.045円とごくわずかです。1分間だけなら、電気料金はほとんど変わらないことが分かりますね。600Wの方が加熱する力が強いため、500W・1分間で十分に温まらないものなら、はじめから600W・1分間で温める方が電気料金はお得になるでしょう。また、500Wで6分間電子レンジを使った場合と600Wで5分間使った場合には、かかる金額は同じになります。

電子レンジ500W・600Wの加熱にかかる電気料金は自分でも計算することができます。電子レンジに限らず、電化製品にかかる電気代の計算には、消費電力(W)と使った時間(h)、1kWhあたりの電気料金が必要です。3つの情報を使って、次の3ステップで電気料金を求めてみましょう。

1、まず最初に、消費した電気の総量である電力量を計算する消費電力(W)× 使った時間(h)= 電力量(Wh)

2、電気料金は1kWhあたりの料金で計算するため、WhをkWhに変換するWh ÷ 1000 = kWh

3、kWh × 1kWhあたりの料金で電気代を算出するkWh × 1kWhあたりの料金(27円)= 電気代

今回の計算で用いている1kWhあたりの料金27円は、全国家庭電気製品公正取引協議会が新電力料金の目安として設定している金額です。1kWhあたりの料金は契約している電力会社や電気料金プランによって異なります。1kWhあたりの料金は検針票に記載されていますので、この機会に契約中のプランの料金も確認してみましょう。

今より安い電気料金プラン・ガス料金プランをお探しならば、セレクトラまでご相談ください。  電話で相談する(03-4579-0702)
コールセンターの営業時間・ご利用方法についてはこちら

  • 500Wで1分チン
  • 500W ÷ 60 = 8.3…Wh(使用時間1分なので、ここでは÷60します。60分=1時間)
  • 8.3Wh ÷ 1000 = 0.0083…kWh
  • 0.0083…kWh × 27円 = 0.225円
  • 600Wで1分チン
  • 600W ÷ 60 = 10Wh(使用時間1分なので、ここでは÷60します。60分=1時間)
  • 10Wh ÷ 1000 = 0.01kWh
  • 0.01kWh × 27円 = 0.27円

電子レンジの方がお得?他の電化製品と電気代をくらべてみました

電化製品にかかる電気料金が分かると、電子レンジと他の製品を比較することもできます。ご飯やコップ1杯のお湯を温める時に、電子レンジはお得なのでしょうか?電子レンジと炊飯器、電気ケトルにかかる電気代を比較しました。温めるためにかかる料金は室温や水温によっても異なる場合があります。比較した料金結果はあくまでも目安とお考え下さい。

電子レンジでご飯を1分チンする

小盛のご飯を500W・600Wであたため直した場合と、炊飯器で保温していた場合には、どちらの方がお得なのでしょうか?電気代を計算してみましょう。

  • 比較した炊飯器
  • 象印IH炊飯器「NP-VN10」
  • 保温時消費電力量:15W

前述の3ステップを使って、仮にこの炊飯器で1時間保温した場合を考えましょう。

  1. 15W × 1h = 15Wh
  2. 15Wh ÷ 1000 = 0.015kWh
  3. 0.015kWh × 27円 = 0.405円

比較した炊飯器で1時間保温すると、約0.4円電気代がかかることが分かりました。電子レンジなら、500Wで0.225円、600Wで0.27円でしたので、軽くご飯茶碗1杯分程度であれば、電子レンジで温めた方が電気代は安くなります。炊飯器の場合は保温時間が長くなればなるほど電気代もかさみますので、一度にたくさんのご飯をあたため直すのでなければ、電子レンジの方がおすすめです。

光熱費(電気代・ガス代)をもっと安くしたいならば。最適なプランをお探しします。  電話で相談する(03-4579-0702)
コールセンターの営業時間・ご利用方法についてはこちら

電子レンジでコップ1杯のお湯を1分温める

コップ1杯のお湯をあたため直す場合も考えましょう。比較の対象は電気ケトルです。

  • 比較した電気ケトル
  • ティファール 電気ケトル 「ジャスティン プラス1.2L KO340176」
  • 定格消費電力:1250W
  • お湯が沸けるまでの所要時間:1分

比較に用いたティファールの電気ケトルは60秒でお湯を沸かせるということなので、電子レンジと同じ1分間にかかる電気代を計算しました。

  1. 1250W ÷ 60 = 20.83…Wh(使用時間1分なので、ここでは÷60します。60分=1時間)
  2. 20.83…Wh ÷ 1000 = 0.02083…kWh
  3. 0.02083…kWh × 27円 = 0.5625円

電気ケトルを用いて1杯のお湯を沸かすには、約0.56円かかることが分かりました。アツアツのお湯を沸かすには電気ケトルも良いですが、あたためるだけで十分ならば電子レンジの方がお得になります。電子レンジなら、500Wで0.225円、600Wで0.27円ですので、電気ケトルはほぼ倍の電気代がかかると覚えておきましょう。

500W・600Wの電子レンジ電気代:まとめ

電子レンジを500W・600Wでそれぞれ使用した場合の電気代を他の電化製品とも比較しながら考えました。紹介した内容についてポイントをまとめてみました。

500W・600Wで1分チンしたときの電気代

500Wなら0.225円、600Wなら0.27円を目安に電気代がかかると考えておきましょう。1分間だけなら500Wと600Wの差額は0.045円となり、ほとんど変わりません。

軽めのご飯1杯を温めるなら、電子レンジの方がお得

500W・600Wで小盛のご飯1杯を1分温めると0.225円~0.27円ですが、炊飯器で1時間保温すると約0,4円かかります。保温時間が1時間だけでも電子レンジであたため直す方がお得です。少量のご飯なら電子レンジであたためましょう。

お湯は、あたため直しなら電子レンジ。アツアツが好みなら電気ケトル

コップ1杯のお湯を沸かすには電気ケトルで約0.56円かかります。500W・600Wの電子レンジであたためると電気代はそれぞれ0.025円、0.27円のため、電子レンジの方が安く済みます。熱々のお湯を入れたいときには電気ケトルを使いましょう。

1kWhにかかる電気料金は電力会社によって違う

電気の使用1kWhあたりにかかる料金は、電力会社や電気料金プランによって異なります。そのため、電気機器の使い方の見直しだけでなく、電力会社の切り替えによっても電気代の節約が可能です。お住まいの地域で、今より安い電力会社を探してみましょう。

電気とガスの使用量や請求額をお知らせください。今より安くなる電気料金プラン・ガス料金プランをお探しします。  電話で相談する(03-4579-0702)
コールセンターの営業時間・ご利用方法についてはこちら

更新日