インターネット回線の料金、戸建てとマンションでどうして金額が違うの?

インターネット回線の料金、戸建てとマンションでどうしてこんなに値段が違うの?
インターネット光回線の料金、戸建てとマンションでどうしてこんなに値段が違うのでしょうか?

光回線の料金、戸建てとマンションでどうしてこんなに値段が違うの?と思う方も多いでしょう。一戸建てとマンションでの光回線の仕組みから、具体的な料金の違いまで解説いたします。

  • 戸建てとマンションでは光回線の料金が異なります。
  • 戸建てでもマンションでも長く付き合えるベストなインターネットプランを選ぶことが重要です。

光回線・戸建てとマンション - 料金の差

光回線の契約を検討しており、料金表をみていたら、同じ光回線なのに戸建てと集合住宅(アパート・マンション)では月額料金も工事費も違う、と気づくことがあります。なぜ料金が違うのでしょうか?

光回線の月額料金(戸建てとマンション)

光回線の場合、戸建て向けと集合住宅(マンション・アパート)向けとでプランが分かれており、料金が異なります。

具体的にいくつかのプロバイダーの料金を調べてみると戸建ては、マンションよりも約1,000円料金が高く設定されていることがわかります。

インターネット光・回線月額料金(税抜)
  DMM光 エキサイト光 OCN光 ぷらら光
ファミリータイプ
(戸建て住宅)
4,820円 4,360円 5,100円 4,800円

マンション・アパート
(集合住宅)
3,780円 3,360円 3,600円 3,600円

ちなみにこれはどこのプロバイダーでも共通して採用されている料金体系です。

光回線の工事費(戸建てとマンション)

光回線・マンション・戸建て
同じ光回線でも戸建てとマンションで料金や配線工事などに違いがある。

新規に光回線を引く場合の工事費も一覧にしてみました。戸建てとマンションとでは光回線の工事費に3,000円ほど差があるのが分かります。

しかしながら、この工事費の差は、戸建てかマンションかの違いよりも、工事担当者が訪問して工事をする必要があるのか、また光コンセントがそこに導入済みかどうかでも異なります。このため以下の工事費の一覧はあくまで参考です。

ただし、まったく光回線が導入されていない建物の場合、おおよそこれくらいの料金がかかると理解しておいた方が良いでしょう。

光回線の工事費は、分割で支払えるケースがほとんどです。また、新規光回線契約の工事費無料のキャンペーンも定期的に行われていますので、一度にこの金額を払うということは実際ほぼありません。

インターネット光・回線工事費(税抜)
  DMM光 エキサイト光 OCN光 ぷらら光
戸建て住宅 18,000円 18,000円 18,000円 18,000円
集合住宅 15,000円 15,000円 15,000円 15,000円

光回線・戸建てとマンションでは料金が異なる理由

戸建てとマンションでは光回線の料金に差がある理由としては、配線のしくみの違いによるところが大きいと考えれらます。具体的に回線が電線から家の中のパソコン等端末まで届くまでの過程には違いがあります。

詳しくみていきましょう。

戸建ての光回線の配線

光回線・マンション・戸建て
一本の光回線が各家に配線される。(出典:NTT東日本)

戸建て住宅の光回線の配線の仕組みはいたってシンプルです。電話線のように電柱から直接光ファイバーケーブルを外壁から引き込みます。その光ファイバーケーブルがそのうちの室内にある機器(回線終端装置)に接続されます。

そこから先は、ご存知の通り回線終端装置からLANケーブルでパソコンに接続をしてインターネットへの接続が可能となります。ワイヤレスでインターネットをしたい場合は、ルーターを準備してWi-Fi環境を整えます。

つまり、戸建住宅は、基本的にひとつの家にひとつの光ファイバーケーブルが専属でひかれます。電話線用の配管やエアコンダストを利用して回線を引き込みますが、適当な穴がない場合は、壁に穴をあける必要もあります。

マンションよりも工事に少し手間がかかりますから、工事費もマンションより高く設定されているのでしょう。

つまり、集合住宅(マンション)の場合は、回線をマンションの住人が共同で使うため、インターネット光回線の工事にかかる費用が戸建てより安くなると考えられます。

さらに既存のマンション内の通信網を利用した接続でもあるので毎月のインターネット利用料金も戸建てのプランよりも安くする事ができると推測ができます。

集合住宅の光回線の配線

光回線・マンション・戸建て
マンションの場合、各戸まで光ファバーケーブルが利用されない場合もある。(出典:NTT東日本)

集合住宅の場合、光ファイバーケーブルは、右の図のように、電柱から一旦、棟内の共有スペースにある交換機(MDF)に配線されます。そしてその後、各家庭に配線されます。つまり、その一本の光ファイバーケーブルをそのマンションの各戸が共有で使用します。

また、マンションの交換機に引かれた光ファイバーケーブルがその後どのように、各家庭に配線されるかはいくつか方式があります。理想的なのは、同じ光ファイバーケーブルを各家庭にそのまま配線する方式(光配線方式)ですが、なんらかの理由で光回線をつかって各戸に配線できない場合は、電話線やLANケーブルを利用して配線をします。(それぞれ、VDSL方式とLAN配線方式と呼ばれます。)

当然ながら、途中まで光回線でその先からは電話線やLANケーブル各家庭まで配線されるよりも、光回線で最後まで配線される方が速度は速くなります。

インターネットの通信速度にこだわる人は、引っ越しを考えている物件の光回線の配線方式の確認をしておいた方がよいでしょう。

マンションの光回線 - 配線方式を確認する方法大家さんに確認するか、フレッツ光を利用している場合はNTT東日本/NTT西日本に電話で聞いてみましょう。

光回線・戸建てとマンションでは通信速度も異なる

光回線・マンション・戸建て
当然最後までずっと光回線ケーブルが配線されるのが一番の方法。

戸建てとマンションでは料金の違いは、配線の工事方式の違いに由来していることをご紹介しました。

実は、この配線の方式が、通信速度にも影響を与えている可能性もあります。一本の光ファイバーケーブルを独占できる戸建てよりも、一本の光回線を複数戸でシェアして利用するマンションの方がどうしても速度が遅くなりがちです。各戸までのケーブルには電話線が使われているような場合はさらに遅くなります。

夜のみんながインターネットを使用する時間帯は回線が込み合い、イライラするくらい遅い、と感じるほどならば、なんとか対策を立てたいものです。

マンションのインターネットが遅いと思ったら

具体的には、以下のような対策をとることができます

  • マンションの管理会社に配線方式を確認して、VDSL方式もしくはLAN配線方式だった場合は光配線方式にしてもらうようにお願いする。
  • NURO光のような光回線がNTTのフレッツ光ではないケーブルを個別に契約して引く。
  • 通信速度の改善に貢献してくれるIPv6対応ルーターの提供のあるプロバイダーに乗り換える。

大家や管理会社への交渉は時間がかかるでしょうから、早くどうにかしたいという場合はプロバイダーの変更を真剣に考えた方がよいかもしれません。

NURO光はフレッツ光よりも最大速度も速く、専用のケーブルも引いてもらえます。ただし工事に時間がとられるのが面倒と感じるかもしれません。そんな場合は、IPv6(IPoE)接続サービスの提供のあるプロバイダーにしてみる方がてってり早いでしょう。ルーターを変えるだけでスピードが改善されます。

NURO光とNTTフレッツ光の違い
  NURO光
公式サイト
NTTフレッツ光
最大速度(下り) 2Gbps 1Gbps
提供エリア 関東・東海・関西・九州の一部 全国
月額基本料 5,000円前後 5,000円前後
プロバイダー 自社のみ 多数
IPv6対応ルーター無料特典がある光回線サービス
光回線サービス名 特典内容 IPv4 over IPv6※  
ビッグローブ光 ・利用料金500円/月→0円(12ヵ月間)
・機器返送手数料も無料
対応 公式サイト
So-net光プラス 月額料金400円→0円(12ヵ月間) 対応 公式サイト
GMOとくとくBB ドコモ光 レンタル料金300円→0円(無期限) 対応 公式サイト
更新日