ご注意:燃料価格の高騰に伴う「燃料費調整額」の増額について 長期化する燃料価格の高騰によって、各電力会社の「燃料費調整額」も高くなっています。ご契約を検討する際には、電力会社の公式サイトにて「燃料費調整額」をご確認ください。また、都市ガスも同様に「原料費調整額」が上昇しています。
 燃料費調整額について詳しく見る

電話で電気・ガス切替相談

【広告】東京ガス:新規申し込み・解約・お客様番号などでお困りですか?

0120-120-176 または


東京ガス:お客様センターの電話番号・受付時間の詳細をご案内します。
また、関東エリアのお得なガス会社・電力会社への新規申し込み・解約のお手続き・ご相談も承っています。
▷営業時間・ご利用方法について確認する


セレクトラのらくらく窓口(東京ガスのパートナー企業ではありません) 広告

【広告】東京ガスのお手続きでお困りですか?

0120-120-176 または
  • 関東エリアのガスの新規申し込み・解約手続きを承ります。
  • 東京ガスのお客様番号についてのお問い合わせもサポート。
  • 関東エリアのガス会社・電力会社切り替えのご相談・ご質問もお気軽にどうぞ。


営業時間・ご利用方法についてはこちら


セレクトラのらくらく窓口(東京ガスのパートナー企業ではありません) 広告

電話で電気・ガス切替相談

【広告】関東エリアのお得なガス・電気のお申し込み


セレクトラのらくらく窓口では電気・ガス切り替え、新規お申し込みを承っています。
お申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。最適な料金プランをご案内、お申し込みまで電話1本で完了します。

【広告】関東エリアのお得なガス・電気のお申し込み


セレクトラのらくらく窓口では電気・ガス切り替え、新規お申し込みを承っています。
お申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。最適な料金プランをご案内、お申し込みまで電話1本で完了します。

実質再エネ100%、東京ガスの「さすてな電気」って?

東京ガスのお申し込み

基本料金が3ヶ月無料 [東京ガスの電気]

  • 東京ガスの電気(基本プラン・ずっとも電気3)新規お申し込みで基本料金3ヶ月無料
  • 東京電力・従量電灯Bと比べて二人暮らし(月300kWh)なら年間約2,700円、ファミリー世帯(月450kWh)なら年間約8,000円安い*
  • 電気とガスのセットでさらに電気代が0.5%安い
  • さらに業界最高水準のポイント還元率1.5%(パッチョポイント)

*東京ガスの電気料金プランは燃料費調整額の上限を設けていないため、燃料価格高騰時は東京電力の従量電灯Bと比べて割高になる場合があります。また、3ヶ月無料キャンペーンは予告なしに終了する場合があります。

東京ガス
今なら電気の基本料金が3ヶ月無料

  • 東京ガスの電気(基本プラン・ずっとも電気3)に新規お申し込みで基本料金3ヶ月無料
  • 東京電力・従量電灯Bと比べて二人暮らし(月300kWh)なら年間約2,700円、ファミリー世帯(月450kWh)なら年間約8,000円安い*
  • ガスとセットでさらに電気代が0.5%安い
  • 業界最高水準のポイント還元率1.5%(パッチョポイント)

*東京ガスの電気料金プランは燃料費調整額の上限を設けていないため、燃料価格高騰時は東京電力の従量電灯Bと比べて割高になる場合があります。また、3ヶ月無料キャンペーンは予告なしに終了する場合があります。

実質再エネ100%、東京ガスの「さすてな電気」って?
実質再エネ100%、東京ガスの「さすてな電気」って?

東京ガスの「さすてな電気」のおすすめポイントを紹介し、どんな方に「さすてな電気」が向いているのか、分かりやすく解説します。申し込み・解約の手続き方法や解約金の有無など、気になる点をまとめて確認しましょう。

東京ガスの「さすてな電気」とは?

「さすてな電気」は、東京ガスが販売している電気料金プランのひとつです。

さすてな電気の名称は、「持続可能性」を意味する英単語「サステナビリティ (sustainability)」 に由来しています。持続可能な社会の実現に貢献するために作られた電気料金プランです。

さすてな電気は、CO2排出量が実質ゼロ、つまり、再生可能エネルギーが実質100%の電気料金プラン(※)です。東京ガスはこれを、再エネ指定の非化石証書の購入を通じて実現しています。

※・さすてな電気の主な電源はLNG火力です。
  ・再エネ指定の非化石証書の使用により、CO2排出量が実質ゼロになることを意味します。
  ・非化石証書市場の状況によってはCO2排出量実質ゼロにならない場合があります。

さすてな電気:どんな人が申し込める?

さすてな電気は、以下の東京電力の供給エリアにお住まいの方が申し込むことができます。東京ガスの都市ガスを利用していない方でも申し込みが可能です。

東京ガスのさすてな電気:供給エリア 東京都、栃木県、埼玉県、神奈川県、群馬県、茨城県、千葉県、山梨県、静岡県の富士川以東(離島を除く)

ただし、上記エリアにお住まいの場合でも、一括受電を行っているマンションやアパートにお住まいの場合、入居者の方が個人的に電気を選んで契約することはできません。ご注意ください。

さすてな電気では、東京電力の従量電灯Bに相当する「A契約タイプ」と従量電灯Cに相当する「kVA契約タイプ」の2種類が用意されています。

  • A契約:契約アンペア容量が10A~60Aの方が対象。一般家庭向けのプラン
  • kVA契約:契約容量が6kVA以上50kVA未満の方が対象。店舗や事務所、電気の使用量が多い家庭向けのプラン

さすてな電気:料金プランの特徴は?

さすてな電気の特徴は、なんといっても「実質的に再生可能エネルギーが100%の電気」が使えるということでしょう。

ですが、なぜ「実質的」なのでしょうか?
それは、さすてな電気として東京ガスが供給する電気そのものが再エネで発電された電気100%ではないためです。私たちが使用する電気には、火力などで作られた電気も含まれています。ですが、東京ガスは私たちの電気使用量に見合う量の非化石証書(再エネ指定)」を購入することで、この電気使用で排出されたCO2の量を相殺します。この非化石証書のおかげで、実質的にさすてな電気のCO2の排出量をゼロとし、実質的に再エネ100%の電気とみなすことができるようになるのです。

なお、さすてな電気では、どれくらいCO2排出量を削減し、環境に貢献できているのかをマイページで確認することができます。

また、さすてな電気では、新規契約1件につき一本の植林も行っています。

非化石証書って何? 太陽光などの非化石電源(化石燃料を使わない発電方法)で発電した電気には、「CO2を排出しない」という価値があります。これを「非化石価値(環境価値)」と呼び、この非化石価値を証書として見える化・販売できるようにしたものが「非化石証書」です。
再エネ指定の非化石証書は、太陽光・風力・水力・地熱・バイオマスの非化石価値を証書にしたものとなっています。
 非化石証書についてもっと詳しく見る

さすてな電気:料金表

さすてな電気の電気料金表を見てみましょう。さすてな電気の電気料金は、地域でもっとも契約者数の多い、東京電力の従量電灯プランと全く同じ料金設定となっています。

さすてな電気:A契約(税込)
基本料金
契約アンペア数 東京ガス
さすてな電気A
東京ガス
10A 286.00円
15A 429.00円
20A 572.00円
30A 858.00円
40A 1144.00円
50A 1430.00円
60A 1716.00円
電力量料金(1kWhあたりの料金)
電力消費量 東京ガス
さすてな電気A
120kWhまで 19.88円
120kWh超えて300kWhまで 26.48円
300kWh超える 30.57円
さすてな電気:kVA契約(税込)
基本料金
契約容量 東京ガス
さすてな電気kVA
東京ガス
1kVAにつき 286.00円
電力量料金(1kWhあたりの料金)
電力消費量 東京ガス
さすてな電気kVA
120kWhまで 19.88円
120kWh超えて300kWhまで 26.48円
300kWh超える 30.57円

さすてな電気:契約切り替えで電気代はお得になる?

上記の料金表を見るとわかるとおり、東京ガスのさすてな電気は、東京電力の従量電灯プランと同じ料金設定(※)です。したがって、東京電力の当プランから切り替えても、当然ですが電気料金が安くなることはありません。

※東京電力の従量電灯プランと比べて、kWhあたりの単価において1円以上の差がないことを指します。なお、電気代に加味される「燃料費調整額」には注意が必要です。東京ガスの電気プランでは「燃料費調整額」の上限がないため、燃料価格が一定以上高騰した場合は、東京電力・従量電灯プラン(上限あり)に比べて「燃料費調整額」が高くなり、結果として東京ガス・さすてな電気の電気料金の方が高くなってしまう可能性もあります。東京ガスの電気のご契約を検討される際は、「燃料費調整単価」の設定を公式サイトで確認されることをおすすめします。

しかし、さすてな電気に切り替えると、電気代はそのままで、自分が使用する電気を「ふつうの電気」から「実質CO2排出ゼロ・再エネ100%の電気」に変えることができます

同様のプランでは、電気代が高くなってしまう価格設定のものもある中、さすてな電気は今までと変わらない料金でCO2排出量を減らすことができるので申し込みしやすいですね。

 

さすてな電気:東京ガスの「基本プラン・ずっとも電気」との違いは?

東京ガスは、さすてな電気の他にも「基本プラン」「ずっとも電気*」という電気料金プランを提供しています。これらのプランとさすてな電気の違いは以下のとおりです。
(*ずっとも電気は現在新規受付停止)

  • 料金設定
  • 電気ガスのセット割引適用の有無
  • ポイントサービスの有無

基本プラン・ずっとも電気は、電気代を節約したい人のためのプランです。したがって、これらのプランは東京電力の従量電灯と同じ料金設定のさすてな電気よりも安い電気料金プランです。

また、基本プラン・ずっとも電気とは違い、さすてな電気には電気と都市ガスのセット割引やポイント付与サービスなどの特典がありませんので注意が必要です。

光熱費を節約したいなら  基本プラン
環境に配慮した電気を使いたいなら  さすてな電気

さすてな電気:おすすめなのはどんな人?

  • 東京ガスのさすてな電気が向いている人
  • 環境にやさしい電気を選びたい
  • 環境への貢献度を実感したい
  • 安心できる電力会社を選びたい

ここまでで確認してきたとおり、さすてな電気にすれば実質再生可能エネルギー100%の電気を使用することができます。マイページでCO2排出削減量を確認することもできるので、どれだけ自分が環境に貢献できたのかを確認できるのも良いポイントです。植林の取り組みも、目に見えた環境貢献ですね。

また、電気を切り替えていない方の中には、「知らない電力会社はちょっと不安」と感じて踏みとどまってきた方も多いかもしれません。ですが、さすてな電気を提供するのは都市ガス最大手・すでに電力販売でも多くの実績がある東京ガスです。たくさんに選ばれている企業ですので、安心して利用しやすいと言えます。

東京ガスのさすてな電気をもっと詳しく解説

続いて、東京ガスのさすてな電気の契約にまつわる点を確認していきましょう。

さすてな電気:申し込み方法

東京ガスのさすてな電気は、WEB限定で申し込みが可能です。電話や書面での申し込みは受け付けていません。申し込みの際には、以下の情報が必要となりますので事前に用意しておきましょう。

さすてな電気の申し込みに必要な情報
・契約中の電力会社名
・現在のお客様番号(契約番号)
・利用中の電気料金メニュー
供給地点特定番号
・契約者の氏名
・郵便番号、住所
・電話番号、メールアドレス
・生年月日
・支払い情報(銀行口座またはクレジットカードの情報)

供給地点特定番号や現在のお客様番号などは電気の検針票に記載されています。

なお、さすてな電気への切り替え申し込みをする場合、これまでの電力会社に解約手続きを行う必要はありません。さすてな電気に申し込みを行うと、東京ガスが面倒な解約手続きを代わりに行ってくれます。

さすてな電気を申し込む際に注意したいのが、引っ越し先で初めて電気を申し込む場合はさすてな電気を選べない、という点です。引っ越し先でさすてな電気を利用したい場合には、まずは別の電力会社に申し込んで、後日さすてな電気に切り替え手続きを行う、という流れになります。

電話で簡単&スピーディ!引っ越し先の電気・ガスの申し込み  電話で相談する(0120-120-176)
らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

さすてな電気:引っ越しの手続き

引っ越しする場合には、現住居におけるさすてな電気の解約手続きが必要です。引っ越しに伴う解約は、「さすてな電気 マイページ」内のお問い合わせフォームから行います。

電気を最後に使う日の2営業日前まで(建物の解体が伴う場合には7営業日前まで)にお問い合わせフォームの「お引っ越しによる解約」を選択して手続きを行いましょう。

さすてな電気:解約金や違約金はある?

さすてな電気には、契約期間内の解約に伴う解約金・違約金は設けられていません。万が一気に入らなかった場合でも、余計な費用を発生させずに契約を切り替えることができるので、気軽に申し込みがしやすいと言えます。

さすてな電気:問い合わせ連絡先

さすてな電気では、問い合わせ窓口として電話番号が用意されていません。問い合わせや各種手続きはすべて問い合わせフォームやマイページから行わなければなりません。

電話でのやり取りを希望される方は、問い合わせ方法が限定されるというデメリットになるでしょう。

【まとめ】実質再エネ100%、東京ガス「さすてな電気」のメリット・デメリット

東京ガスが提供する「さすてな電気」のメリット・デメリットをまとめました。気になる点はもう一度記事に戻って確認しましょう。

 さすてな電気のメリット
メリット1:環境に優しい電気が選べる

東京ガスのさすてな電気では、非化石証書を活用して実質再生可能エネルギー100%の電気を供給しています。環境のことを考えて、サステナビリティ社会に貢献したいと考えている方に特におすすめです。

▷さすてな電気の特徴を見る

メリット2:これまでと同じ料金で環境に優しい電気が使える

さすてな電気の電気料金は、関東エリアでもっとも契約者数の多い、東京電力の従量電灯プランと同じ単価設定のプランです。つまり、東京電力・従量電灯プランからさすてな電気に切り替える場合、これまで使用していた電気と同じ料金で実質再生可能エネルギー100%の電気が使える、ということです(※)。

※ただし、発電に必要な燃料費が一定以上高騰した場合には東京電力・従量電灯プランと同じ料金になるとは限りません。 電気代に加味される「燃料費調整額」に関して、東京ガスでは価格設定の上限を設けていません。燃料価格が一定以上高騰した場合、東京電力・従量電灯プラン(上限あり)に比べて燃料費調整額が高くなり、結果として電気代が東京電力・従量電灯プランよりも高くなってしまう可能性があります。
東京ガスの電気へのご契約をご検討の際は、公式サイトにて「燃料費調整単位」の価格を確認されることをおすすめします。

▷さすてな電気の料金表を見る

メリット3:安心して切り替えできる

さすてな電気を提供する東京ガスは、日本最大手の都市ガス会社です。また、資源エネルギー庁の電力調査統計によると、東京ガスは大手電力会社からの切り替え先として、新電力販売量が第一位となっています。
(電力需要統計:2020年12月時点における、みなし小売電気事業者以外の新電力での低圧電力の需要実績値)
さらに、さすてな電気には、解約金の設定が無いことも安心して切り替えができる大きな要素となっています。

 さすてな電気のデメリット
デメリット1:東京ガスの他の電気料金プランよりも割高になる

東京ガスの「基本プラン」、「ずっとも電気1・ずっとも電気1S・ずっとも電気2(いずれも新規受付は停止)」よりも「さすてな電気」の料金は割高になります。

▷さすてな電気と東京ガスの他の電気料金プランの違いを確認

デメリット2:東京ガスの他の電気料金に付帯する割引・サービスが利用できない

さすてな電気には、東京ガスの都市ガスをセット利用した場合の割引がありません。また、パッチョポイント付与サービスなどの特典も用意されていません。

▷さすてな電気と東京ガスの他の電気料金プランの違いを確認

デメリット3:問い合わせ・手続き方法が限定される

さすてな電気では、問い合わせ電話番号が設けられていません。問い合わせ・各種手続きは問い合わせフォームまたはマイページから行います。

更新日