電気を全然使わなかった月でも電気代は払わなければならないの? - 空き家の電気料金

Looopでんきの申し込み

基本料金無料の電気料金プランに切替えませんか?[Looopでんき]

  • Looopでんきなら毎月の最低料金も基本料金もゼロ円
  • 解約金・違約金もゼロ円
  • 毎月300kWh以上利用する家庭なら従量料金もさらにお得

基本料金無料の電気料金プランに切替えませんか?

  • Looopでんきなら毎月の最低料金も基本料金もゼロ円
  • 解約金・違約金もゼロ円
  • 毎月300kWh以上利用する家庭なら従量料金もさらにお得
電気を全然使わなかった月でも電気代は払わなければならないの? - 空き家の電気料金
電気を全然使わなかった月でも電気代は払わなければならないの? - 空き家の電気料金

家庭や仕事の事情で長期間家をあけていた、たまにしか使わないセカンドハウスなど、理由はともあれ、電気を全く使わない月というのもありえます。それでも電気代はかかるの?という疑問にお答えします。

  • 全然電気を使わなかった場合、どれくらい電気料金がかかるのか調べてみました。
  • どこを選んで良いか分からない?お悩みならば☎️ 0120-410-078までご相談ください。

電気を全然使わなかった月も電気代はかかるか?

旅行や出張で長期的に家を空けた、まるまる一か月電気を使わなかった、そんな場合の電気代はどうなるのでしょうか?

そんな場合でも電気代はかかることがほとんどです。大手電力会社および新電力の多くが、電気を全く使用しなかった場合も「最低料金」というものを設定しています。

電気を使わなかった場合の電気代は? - 例えば、東京電力の場合

東京電力の公式ホームページによれば、「まったく電気をご使用にならない場合の基本料金は半額になります。」(従量電灯プラン)と記載があります。

つまり、電気を全然使わなかった場合でも基本料金の半分は払わなくてはならないということになります。そうなると、実際いくら払うのかは、もとの基本料金がいくらかになりますが、請求が発生することになります。

電気使用のない家・空き家・セカンドハウスの電気代のカギを握るこの「基本料金」については次に詳しく説明します。

電気の使用がない場合の電気代 - 基本料金制か最低料金制か

電気の使用がない場合の電気代

電気の使用のない月の電気代は? - 基本料金の半額、もしくは最低料金を払う必要があります。ご自分の契約している電気料金プランをチェック!

大手電力が提供してきた電気料金プランはすべて基本料金 + 電力量料金で構成されています。(この他、電気料金には共通して燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金も含まれます。)

つまり、電気を全く使わなかった場合、つまり電力消費量が0kWh(キロワットアワー)だった場合、「電力量料金」は基本的にかからないことになります。問題となるのは基本料金です。

ただし、電力会社によっては、全く電気を使わなかった月の基本料金を半額としたり、もともと最低料金制を適用しているところもあり、電気を全く使用しなかった場合はその最低料金のみを徴収する場合もあります。

今契約している電気プランがアンペア制の場合

基本料金にアンペア制を採用している電力会社は北海道電力東北電力東京電力北陸電力中部電力九州電力です。

基本料金にアンペア制の場合、契約するアンペア容量が高くなると基本料金もあがります。そうなの?そんなこと知らなかったという人のために、実際に、東京電力の従量電灯Bの基本料金表をみてみましょう。

つまり、電気を全く使わなかった場合、これら基本料金の半額を払う必要があるということになります。また電力会社によっては半額ではなく全額のところもありますので、契約をしている電力会社に確認をしてみましょう。

東京電力-従量電灯B-基本料金
契約アンペア数 基本料金(円)(税込)
10A 286.00円
15A 429.00円
20A 572.00円
30A 858.00円
40A 1144.00円
50A 1430.00円
60A 1716.00円

今契約している電気プランが最低料金制の場合

最低料金制を採用している電力会社もあります。関西電力中国電力四国電力沖縄電力が該当します。

最低料金制の場合はその名が示す通り、電気の使用があってもなくても支払う電気料金として「最低料金」が設定されています。

上記の電力会社の電気料金(従量電灯プラン)を契約されている方は、電気を全く使用しなかった月はこの最低料金を払う必要があります。最低料金は電力会社によって異なります。

いずれにしても、額は大きいものではなりませんが、電気を使用しなくても料金が発生します。

基本料金がゼロ円の電気料金プラン知ってますか?

電気の使用がなかった場合の電気料金は、最低料金を払うか、基本料金(アンペア契約)の半額もしくは全額を払わなくてはいけないことが分かりました。

一方、電気小売完全自由化にともない、Looop(るーぷ)でんきのように基本料金ゼロ円という新電力も登場しました。Looop(るーぷ)でんきの場合、基本料金がゼロ円ですがら、電気を使用しなかった場合は請求が発生しません。

電力量料金も大手電力会社より安く設定しているところがありますので、電気料金シュミレーションでどれだけ電気料金が安くなるのか比較してみてはいかがでしょうか?

【Looopでんき】の公式サイトはこちらからご覧いただけます。

電気を全然使わなかった月も電気代はかかるか? - まとめ

電気を全く使わなかった場合でも、基本料金もしくは最低料金がかかるケースがほとんどということが分かりました。

もし長期的に何か月にも渡って電気を使用しない場合は、電力会社に連絡をして電気契約を一時的に停止してもらか、基本料金がゼロ円のLooop(るーぷ)でんきのようなプランに契約を切り替えれば支払いは生じません。

  • まったく電気を消費しなかった場合、電力量料金(従量料金)はかかりませんが基本料金の部分はかかります。
  • 基本料金については、契約している電力会社によって、全額支払う場合と、半額免除になる場合とがあります。
  • 月額最低料金を設定している電力会社の場合は、基本料金の代わりに最低料金を支払います。

【セレクトラのオススメ】

セレクトラで人気No.1の新電力

アンペア数が高くても 基本料金無料

Looopでんきの特徴

  • 電気をよく利用する家庭・店舗・事業所におすすめ
  • 基本料金が無料、電力量料金も一段階でシンプル
  • 北海道から沖縄まで全国で販売(一部離島を除く)
  • 太陽光発電など再生可能エネルギー発電を積極的に利用
公式サイト

大手電力会社から切り替えるだけで安い

従量電灯プランと比べて 10%安い* *基本料金と電力量料金の合計金額

よかエネの特徴

  • 電気使用量が少なくても確実に電気代(基本料金+電力量料金)が安くなる
  • 都市ガスとセットならさらに電気代が2%安くなる
  • オール電化住宅向けプランは3%割引
  • 北海道から沖縄まで全国で販売(一部離島を除く)
公式サイト

家族向けにおすすめ

3人家族以上なら年間 1万5千円安い *東京電力従量電灯B・月400kWhの場合

HTBエナジー・プライムプランの特徴

  • 基本料金半額だから50A・60Aにおすすめ
  • 暮らしの困ったを解決・あんしんサポート付き
  • 北海道から沖縄まで全国で販売(一部離島を除く)
公式サイト
Pontaポイントが年間で 1320P貯まる *東京電力エリア・月400kWhの場合

まちエネの特徴

  • Pontaポイントが電気代1,000円につき10Pたまる
  • 映画割引券が購入できる
  • 東北、関東、中部、関西、四国で利用できる
公式サイト
更新日