電話で電気・ガス切替相談

在宅時間が増えた・・・毎月の電気料金が心配?

電気料金が今より安いプランを探してみましょう。エキスパートにご相談ください。
夏場の電気代を抑えるお手伝いをします。
(セレクトラ・ジャパンコールセンター / 受付時間:9時-13時、14時-18時  ※土日祝日・年末年始は休業)

電気料金・ガス料金の比較

電話で電気・ガスの切替相談

只今のお時間は弊社コールセンターの営業時間外となります。営業時間内(平日:9時-13時、14時-18時)に改めてお電話いただくか、オンライン比較エンジンをご利用ください。

西部ガスと九州電力の電気料金を比較してみました。

西部ガスと九州電力の電気料金を比較してみました。
西部ガスと九州電力の電気料金を比較してみました。

都市ガスの販売も行う大手電力会社・九州電力と、それに先駆けて電気とガスのセット販売を始めている西部ガス。2社の電気料金を比べてみました。九州エリアで選ぶ電気料金はどちらが安いのでしょうか?また他の電気料金プランも併せてチェックしてみます。

  • 西部ガスの電気料金は、契約アンペア数30A以上で特に九州電力の電気料金よりもおトクです。
  • 九州エリアでは、他にもH.I.S.でんきやLooop(るーぷ)でんきの電気料金プランにも注目です。
  • どこを選んで良いか分からない?お悩みならば☎️ 03 4571 1508までご相談ください。

九州電力と西部ガスの電気料金、どちらがおトク?

2017年4月の都市ガスの自由化をきっかけに、九州エリアでも大手電力会社・九州電力が都市ガスの供給をスタート。

2016年の電力自由化と同時に電力の供給を始めた、全国4位の都市ガス会社・西部ガスとのシェア競争が繰り広げられています。

実際のところ、どちら電気料金プランがおトクなのか? 西部ガスと九州電力の電気料金を比較してみました。また、西部ガスと九州電力の電気料金よりも安い他の電気料金がないのかも確認してみました。

電気の使用量や請求額をお知らせください。今より安くなる電気料金プランをお探しします。 ☎️ 03 4571 1508 (セレクトラ・ジャパンコールセンター/ 受付時間:9時-13時、14時-18時  ※土日祝日・年末年始は休業)

九州電力と西部ガス 電気料金プランの特徴

まずは、電気料金を含めた、九州電力と西部ガスそれぞれの電気料金プランの特徴・共通点・異なる点などを比べてみましょう。

九州電力の電気料金の特徴

  • 九州電力で最も一般家庭の契約件数が多いのは、電力自由化以前からある従量電灯Bです。
  • 従量電灯Bは、「基本料金」と「電力量料金」で構成されています。
  • 「基本料金」は、契約アンペア数によって決まります。
  • 「電力量料金」は、1kWhあたりの料金単価が使用した電力量によって3段階で変わります。
  • 1kWhあたりの電力量料金は、電気を使用する時間帯や季節によって変わることはありません。

西部ガスの電気料金の特徴

  • 西部ガスで最も一般家庭の契約件数が多いのは、都市ガスとセットになったプラスでんきプラン1
  • プラスでんきプラン1は、九州電力の従量電灯Bに相当します。
  • プラスでんきプラン1は、契約アンペア数30A以上で基本料金が九州電力より安くなります。
  • 西部ガスの都市ガスを契約していなくても申し込みができる、シングルプランもあります。

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を。

九州電力と西部ガス - 電気料金の比較

それではいよいよ、九州エリアで電気のスイッチングを検討している人のために、九州の大手電力会社九州電力と西部ガスの電気料金を比較してみます。

それぞれの電力会社で一番契約者数が多い、「九州電力の従量電灯B」と「西部ガスのプラスでんきプラン1」を比べました

九州電力の従量電灯Bと西部ガス・プラスでんきプラン1の電気料金を比較
基本料金(1契約あたり)
九州電力
従量電灯プランB

九州電力
西部ガス
プラスでんきプラン1

西部ガス
10A 297.00  円 295.37
15A 445.50  円 443.06
20A 594.00  円 590.74
30A 891.00  円 763.89
40A 1188.00  円 957.41
50A 1485.00  円 1130.56
60A 1782.00  円 1273.15
電力量料金・1kWhあたりの値段(税込)
電力消費量(kWh) 九州電力
従量電灯プランB
九州電力
西部ガス
プラスでんきプラン1
西部ガス
0 - 120kWhまで 17.46 円 17.40
120 120-300kWh 23.06 円 23.00
300kWh以上 26.06 円 24.89

今より安い電気料金プランをお探しならば、セレクトラまでご相談ください。 ☎️ 03 4571 1508 (セレクトラ・ジャパンコールセンター/ 受付時間:9時-13時、14時-18時  ※土日祝日・年末年始は休業)

西部ガスと九州電力の電気料金を比較してみました。- まとめ

九州エリアで電気の使用量が多い家庭は?

上の表の通り、九州電力の従量電灯Bと西部ガスのプラスでんきプランAを比較してみました。

基本料金では、西部ガスは契約アンペア数30Aまでは均一料金となっているため、20A以下では九州電力の方が安くなっています。

ただし、契約アンペア数30A以上では西部ガスの電気料金プランの基本料金が九州電力よりも大幅に安くなり、60Aの場合、毎月約500円、年間約6,000円も節約することができます。

また、電力量料金では、すべての段階で西部ガスが九州電力よりもわずかに安いことがわかります。これはつまり、電気を使えば使うほど、西部ガスの方が電気料金が安くなるということです。

他にもある。九州エリアで今より安くなる電力会社

一方で、九州エリアには、西部ガスと九州電力の他にも、大手電力会社よりも安い料金、シンプルな料金体系などを武器に、新しい電力会社がどんどん進出しています。

場合によっては、西部ガスよりもさらに電気料金が安くなる可能性があります。

「基本料金がゼロ円」のLooop(るーぷ)でんき

西部ガスと九州電力の電気料金を比べてみました。

Looopでんきの無料アプリは、App StoreでもGoogle Playからもダウンロード可能です。

全国に電気の小売りを行うLooop(るーぷ)でんきは、基本料金がゼロ円です。10アンペアで契約していても60アンペアで契約してても、この部分がゼロ円になります。

契約アンペアが高いほど、さらにグッと安くなることが終わかりいただけると思います。

Looopでんきは、また電力量料金の部分が一段階になっています。一見高いように思われますが、現在九州電力と30A以上で契約している場合は、電気料金が安くなります。

Looopでんきでは、30分ごとの電気の使用量の分かる無料のアプリも提供しています。⇒ Looopでんきの公式サイトで電気料金を比較してみる。

電気の使用量が少なくても安くなるH.I.S.のでんき

H.I.S.のでんきは長崎県佐世保市にあるテーマパークを運営するハウステンボス社が資本金の51,1%を出資しており、なんとハウステンボス敷地内で発電も行っています。

九州エリアでは、たのしいでんき九州めんたいこプラン​というーミングも楽しい電気料金プランを提供しており、九州電力より基本料金も電力量料金も5%割引きを保証しています。⇒ H.I.S.でんきの公式サイトで電気料金を比較してみる。

西部ガスと九州電力の電気料金を比べてみました。また、九州エリアにも他にも安くてユニークな電力会社があることもご紹介しました。基本的にどこの新電力も大手電力会社(九州電力)よりも料金を安く設定しています。

料金の安さに加え分りやすさやシンプルさなどもチェックしつつベストな電気料金を探してみてくださいね。

更新日