電話で電気・ガス切替相談

在宅時間が増えた・・・毎月の電気料金が心配?

電気料金が今より安いプランを探してみましょう。エキスパートにご相談ください。
夏場の電気代を抑えるお手伝いをします。
(セレクトラ・ジャパンコールセンター / 受付時間:9時-13時、14時-18時  ※土日祝日・年末年始は休業)

在宅時間が増えた・・・毎月の電気料金が心配?

電気料金が今より安いプランを探してみましょう。エキスパートにご相談ください。
夏場の電気代を抑えるお手伝いをします。
(セレクトラ・ジャパンコールセンター / 受付時間:9時-13時、14時-18時  ※土日祝日・年末年始は休業)

【九州の電気料金比較】ナンワエナジー vs 九州電力 - どちらの電気料金が安い?

【Selectra限定】クオカード3000円プレゼント【電気切り替え】※広告

九州電力より安いイデックスでんき
九州電力より通常プランもオール電化プラン(九電・電化セレクト22相当)もどちらも安くなる イデックスでんきに以下の申し込みボタンから切り替え申請をするとにクオカード3000円をプレゼント!

対象プラン:「ファミリープラン」「ビジネスプランA」「ビジネスプランB」「夜トクプラン」。個人・法人いずれの申し込みも可能です。

申し込みに必要な情報:①現在お使いの電力会社の検針表、②預金通帳・クレジットカードなどお支払情報のわかるもの

※特典のお渡しは、お申込み後実際に電力の供給を開始した場合に限ります。
※特典の送付は、電気の供給が開始され次第順次実施いたします。(供給開始から1か月程度お時間を頂く場合もございます)

これは広告です

【九州の電気料金比較】ナンワエナジー vs 九州電力 - どちらの電気料金が安い?
【九州の電気料金比較】ナンワエナジー vs 九州電力 - どちらの電気料金が安い?

ナンワエナジーには最も利用者の多いスタンダードMに加えて、オール電化向けプランも用意されています。この記事では、スタンダードM、スタンダードオール電化、スマートナイトの3つの電気料金プランについて九州電力と比較します。比較のために電気料金の仕組みや切り替えの注意点も確認しましょう。


九州の電力会社:ナンワエナジーってどんな会社?

ナンワエナジーは2013年11月に設立された電力会社です。ナンワエナジーはもともと株式会社南和の一部だった電力事業部が分社化し、設立されました。ナンワエナジーを含む南和グループは鹿児島県・九州地方を中心に多くの事業を手掛けています。

ナンワエナジーでは2013年4月に新電力として電力供給を開始して以来、これまで学校・自治体・病院・工場等への供給実績があります。また、電力小売自由化が開始した2016年4月以降は一般家庭向けにも電力供給を行っています。一部の離島をのぞき、九州電力エリアにお住まいの方ならナンワエナジーへ切り替えることが可能です。

九州電力はもちろん九州地方の最大手電力会社ですが、ナンワエナジーも歴史と実績がある会社と言えるでしょう。

ナンワエナジー会社概要
本社所在地 〒891-0115
鹿児島市東開町3番地166
資本金 1億円
本店・営業所 ・福岡本店
福岡市博多区博多駅前2丁目19-22九州フィナンシャルグループ福岡ビル6階
・熊本営業所
熊本市中央区安政町8-16村瀬海運ビル6F
・東京事務所
東京都港区新橋4-21-3新橋東急ビル2階
南和グループ企業 ・株式会社南和
・株式会社南和産業
・株式会社ナンワ工業
・株式会社南和クリエイト

比較の前にチェック、電気料金の仕組みとは?

まず、ナンワエナジーと九州電力の料金比較のために電気料金の仕組みを理解しましょう。電気料金の算出には、基本的に以下の計算式が用いられます。

電気料金 = 基本料金 + 電力量料金 ± 燃料費調整額 +再生可能エネルギー発電促進賦課金

電気料金は主に基本料金と電力量料金で構成されています。基本料金は契約アンペア数によって毎月定額で発生する料金です。電力量料金は1kWhあたりの料金に使用した電力量を掛け算して計算されます。1kWhあたりの料金は基本的には使用電力量によって変動しますが、オール電化向け料金プランの場合は時間帯や季節によって変わります。電気料金にはその他、燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金も含まれます。

燃料費調整額電気を安定して供給することを目的として徴収されています。燃料費など発電のためにかかるコストは為替等の影響を受けて常に増減します。それを調整するのが燃料費調整額です。九州電力とナンワエナジーの燃料費調整額は同額です。

再生可能エネルギー発電促進賦課金太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギーの発展と普及を目的に課されている料金です。全国一律料金のため、九州電力とナンワエナジーの再生可能エネルギー発電促進賦課金は同額です。

電気料金を比較する際には、基本料金と電力量料金に注目しましょう。この2つがどちらもお得ならば、必ず電気料金は安くなります。では、九州電力とナンワエナジーの各プランを比較してみましょう。

ナンワエナジー(スタンダードM)VS九州電力(従量電灯B)どちらが安い?

まずは、最もベーシックな電気料金プランであるナンワエナジーのスタンダードMについて比較してみましょう。

ナンワエナジー:スタンダードM:料金表
基本料金
契約アンペア数 九州電力
従量電灯B
九州電力
ナンワエナジー
スタンダードM
ナンワエナジー
10A 297.00 円 820.60 円
15A 445.50 円
20A 594.00 円
30A 891.00 円
40A 1188.00 円 1049.80 円
50A 1485.00 円 1312.20 円
60A 1782.00 円 1574.60 円
電力量料金(1kWhあたりの料金)
  九州電力
従量電灯B
ナンワエナジー
スタンダードM
30A以下 40A 50A 60A
120kWhまで 17.46 円 17.11 円 16.96 円
120kWh超えて300kWhまで 23.06 円 22.56 円 21.50 円 20.37 円
300kWh超える 26.06 円 24.80 円 24.29 円 23.01 円

スタンダードMは特にこのような方におすすめです。

  • 曜日、季節に関わりなく電気を使う
  • 日中家にいて電気を使うことも多い
  • 基本的なプランで契約したい

ナンワエナジーの基本料金は20A以上のすべての契約で九州電力よりも安くなっています。特に50A、60Aの契約では九州電力の従量電灯Bに対する割引率は10%です。さらに1kWhあたりの電力量料金を見てみると、すべての範囲でナンワエナジーのスタンダードMの方がお得であることが分かります。

つまり、従量電灯Bプラン20A以上で契約している方なら、スタンダードMへの切り替えで電気料金が必ずお得になります。

ナンワエナジー(スタンダードオール電化)VS九州電力(季時別電灯)どちらが安い?

新電力ではオール電化向けプランを設けている電力会社は多くありません。ナンワエナジーのスタンダードオール電化では、夜間や朝・夕方の時間帯に電気料金がお得になります。

ナンワエナジー:スタンダードオール電化:料金表
基本料金
契約アンペア数 九州電力
季時別電灯
九州電力
ナンワエナジー
スタンダードオール電化
ナンワエナジー
6kVA以下(1契約あたり) 1210.00 円 1088.79 円
6kVA以上10kVAまで(1契約あたり) 1650.00 円 1485.00 円
10kVA以上(1kVAあたり) 297.00 円 267.30 円
電力量料金(1kWhあたりの料金)
  九州電力
季時別電灯
ナンワエナジー
スタンダードオール電化
デイタイム・夏季 36.78 円 34.19 円
デイタイム・その他の季節 30.92 円 28.75 円
リビングタイム 23.24 円 21.60 円
ナイトタイム 10.49 円 9.97 円

夏季:7/1〜9/30、その他季:10/1〜6/30
デイタイム:10時〜17時、リビングタイム:8時〜10時 17時〜22時、ナイトタイム:22時〜8時

スタンダードオール電化は、特にこのような方におすすめです。

  • オール電化住宅に住んでいる
  • エコキュートなどの電気給湯器を使用している
  • 休日・平日の区別なく電気を使用している

※夏季:7/1〜9/30、その他季:10/1〜6/30
※デイタイム:10時〜17時、リビングタイム:8時〜10時 17時〜22時、ナイトタイム:22時〜8時

ナンワエナジーのスタンダードオール電化プランは、基本料金が九州電力の季時別電灯よりも10%安く設定されています。さらに、1kWhあたりの電力量料金についてもすべての時間帯、季節でスタンダードオール電化の方がお得です。特に22時~翌8時までのナイトタイムでは、割引率が16.1%と大幅に安くなります。

すべての範囲でスタンダードオール電化の方が基本料金と電力量料金が安いことが分かりました。つまり、季時別電灯をご利用ならスタンダードオール電化への切り替えで電気料金は必ずお得になります。

ナンワエナジー(スマートナイト)VS九州電力(電化でナイト)どちらが安い?

九州電力のオール電化向けプランでは、電化でナイト・セレクトが用意されています。ナンワエナジーでそれに相当する電気料金プランは、スマートナイトです。どちらも電気料金がお得な夜間の時間帯を3つのパターンから選択できます。

ナンワエナジー:スマートナイト:料金表
基本料金
契約アンペア数 九州電力
電化でナイト・セレクト
九州電力
ナンワエナジー
スマートナイト
ナンワエナジー
10kW以下(1契約あたり) 1650.00 円 1485.00 円
10kW以上15kWまで(1契約あたり) 4400.00 円 3960.00 円
15kW以上(1kkWあたり) 550.00 円 495.00 円
電力量料金(1kWhあたりの料金)
  九州電力
電化でナイト・セレクト
ナンワエナジー
スマートナイト
夏冬・平日昼 26.84 円 26.62 円
夏冬・休日昼 21.22 円 20.83 円
春秋・平日昼 23.95 円 23.75 円
春秋・休日昼 17.82 円 17.52 円
夜間 13.21 円 13.13 円

スマートナイト21の夜間時間:21時〜翌7時
スマートナイト22の夜間時間:22時〜翌8時
スマートナイト23の夜間時間:23時〜翌9時
春は3/1~6/30、夏は7/1~9/30、秋は10/1~11/30、冬は12/1~2/28
休日とは、土、日、祝日、1/2~3、4/30~5/2、12/30〜31

スマートナイトは、特にこのような方におすすめです。

  • オール電化住宅に住んでいる
  • エコキュートなどの電気給湯器を使用している
  • 夜間や休日に電気を使うことが多い
  • 電気がお得な時間帯を自分で選びたい

※春は3/1~6/30、夏は7/1~9/30、秋は10/1~11/30、冬は12/1~2/28。
※休日とは、土、日、祝日、1/2~3、4/30~5/2、12/30〜31。

電化でナイト・セレクト、スマートナイトのどちらのプランも契約決定方法は実量制を採用しています。実量制とは、スマートメーターで30分ごとの電気使用量を測定し、その月と前の11か月の期間の最大値を契約電力とする契約です。いずれにしても契約電力の決定方法は同じですので、他のプランと同じく基本料金と電力量料金を比較すればどちらがお得になるかが分かります。

まず、基本料金を比較しましょう。基本料金はすべての範囲でスマートナイトの方が安くなります。しかも割引率はどの範囲でも10%です。1kWhあたりの電力量料金もすべての範囲でナンワエナジーのスマートナイトの方が安くなります。

つまり、九州電力の電化でナイト・セレクトを利用している方なら、ナンワエナジーのスマートナイトへの切り替えで電気料金が必ずお得になります。

ナンワエナジーVS九州電力:まとめるとどちらがお得?

ここまでで3つの電気料金プランについて比較してきました。最もベーシックなプラン、オール電化向けプランどちらについても、ほとんどの場合でナンワエナジーの電気料金プランの方がお得になることが料金比較表から分かりました。

唯一注意が必要なのは、九州電力の従量電灯Bで15A以下の契約をしている方です。15A以下の場合、基本料金はナンワエナジーのスタンダードMの方が割高になります。1kWhあたりの電力量料金はスタンダードMの方がお得ですが、300kWhまでの割引率は0.2~0.3%と限定的です。

契約アンペア数が15A以下のあまり電気を使わない方は、スタンダードMへの切り替えで電気料金が高くなってしまう場合があることを覚えておきましょう。

基本料金・電力量料金だけでなく、ナンワエナジーへの切り替えで次のような割引も受けられます。忘れずにチェックしましょう。

ペーパーレス割引紙の請求書送付が不要な場合には、ペーパーレス割引が適用されます。毎月100円(税抜)、年間で1200円(税抜)の割引です。

電気料金でTポイントが貯まるナンワエナジーの電気料金(再生可能エネルギー発電促進賦課金および遅延損害金は除く)でTポイントを貯めることができます。ポイント付与率は200円(税抜)あたり1ポイントです。毎月の電気料金でTポイントが貯まるのはうれしいですね。

九州で選べる新電力会社

ナンワエナジーは九州エリアで利用できる新電力です。九州エリアで利用できる新電力会社は他にもあります。

九州エリアで選べる電力会社はこんなにあります。それぞれ、特徴と利用できる主な料金プランのタイプをまとめました。

マークの説明
マーク 説明
基本料金がゼロ円の料金プランがある新電力契約アンペア数が大きいと、節約できる電気代が大きくなります。
月300kWhなど決められた電気使用量の電力量料金が定額になるプランがある新電力。定額の電気使用量を超えると、大きく電気代を節約できます。
九州電力の最も基本的な電気料金プラン、従量電灯プランに相当するプランがある新電力。ほぼ全ての新電力にこのプランがあります。
オール電化向けの、深夜料金が安くなるプランがある新電力。対応している新電力はあまり多くありません。
マンションや店舗などの、エレベーターや業務用空調機などに利用される動力プランがある新電力
九州エリアで選べる新電力一覧
電力会社 特徴

公式サイト

イデックスでんき

  • 基本料金と従量料金が九州電力より安くなる。
  • 一般的な電気料金プランとオール電化向けのプラン両方に対応。
  • dポイントが貯まる。
  • 【セレクトラ限定】左のボタンから切り替え申し込みでクオカード3,000円プレゼント!

   

 

公式サイト

Looopでんき

  • 基本料金がゼロ円。電力量料金が一段階と最もシンプルで分かりやすいプランを提供。
  • 極端に電気の使用が少ない方以外電気料金が安くなる。
  • 1時間毎の電力使用量や節約額、請求情報等をアプリで簡単にご確認できる。
  • 北海道から沖縄まで全国で利用できる。(一部離島を除く)

   

 

公式サイト

ENEOSでんき

  • 120kWh以上の従量料金が安くなる。
  • ENEOSカードの利用者向けの特典がある。

 

 

公式サイト

あしたでんき

  • 「標準プラン」なら、基本料金がゼロ円。従量料金も一段階でシンプルなプラン。
  • 月700kWh以上使うなら「たっぷりプラン」。基本料金がかかるが、従量料金が九州電力よりかなりお得。
  • 今の申し込むと5000円分のAmazonギフト券プレゼント【2020年9月30日まで】

 

 

公式サイト

エルピオでんき

  • 基本料金はゼロ円・従量料金が1段階のシンプルなプラン
  • 今申し込むと電気料金が3ヶ月間15%割引&11ヶ月後のキャッシュバック【2020年7月31日まで】

 

 
出光昭和シェル
公式サイト

出光昭和シェル

  • 従量電灯プランに対応していて、従量料金が安くなる。
  • オール電化プランに対応していて、基本料金が安くなる。
  • 出光昭和シェルのガソリンが1Lあたり2円安くなる。電気自動車ユーザーにも電気料金割引特典がある。

 

 

公式サイト

シン・エナジー

  • 基本プランなら基本料金が最大10%安くなる、従量料金も最大10%安い。
  • 電気を多く使う家庭・オール電化など深夜に電気を使う家庭なら【夜】生活フィットプランがお得。
  • 在宅ワークなど昼間に電気よく使う家庭なら【昼】生活フィットプランがお得。
  • 今申し込むとEJOIKAセレクトギフトカード3000円分プレゼント【2020年9月30日まで】

   

 
ミツウロコでんき
公式サイト

ミツウロコでんき・ガス

  • 大手電力会社に比べて120kWh以上の電力量料金が安くなる。

 
自然電力のでんき
公式サイト

自然電力のでんき

  • 実質100%自然エネルギーの電気が利用できる。
  • 市場価格と連動するため料金が30分ごとに変化する。

 
ピタでん
公式サイト

ピタでん

  • 大家族など、毎月500kWh以上使う家庭なら500kWhまでが定額になる「使いたい放題プラン」がおすすめ
  • 基本料金ゼロ円・従量料金1段階の「使った分だけ」プランもある。

   

 
ソフトバンクでんき
公式サイト

ソフトバンクでんき

  • ソフトバンク・ワイモバイルユーザーならおうちでんき割で毎月100円割引
  • 「自然でんき」を選ぶと基本料金ゼロ円・従量料金が1段階のシンプルなプラン。
  • 今申し込むと初月電気代無料キャンペーン【終了日未定】

 

 

公式サイト

エネワンでんき

  • 九州電力に比べて基本料金・従量料金が安くなる。

 

 

公式サイト

J:COM電力

  • 従量電灯・オール電化に相当するプランがあり、従量料金が安くなる。
  • J:COMはテレビ・インターネット・モバイル回線などと一緒に利用するとお得になる。
  • 福岡・熊本・大分限定

 

 
親指でんき
公式サイト

親指でんき

  • 基本料金がゼロ円。従量料金も一段階でシンプルなプラン。
  • ペットがいる家庭向けのプランや、ゲーマー向けのプランがある。

     

 
HTBエナジー
公式サイト

HTBエナジー

  • 30A・40Aなら基本料金と従量料金が5%〜8%程度安くなります。
  • 50A・60Aなら基本料金が半額、電力量料金が1段階でさらにお得。

 
リミックスでんき
公式サイト

リミックスでんき

  • 基本料金・電力量料金が九州電力より5%安くなる。
  • 使用量が少なくても切り替えるだけで確実に安くなるのが特徴。

 

 
ジニーエナジー
公式サイト

ジニーエナジー

  • 大手電力会社の従量電灯プランと比べて基本料金が半額
  • 300kWh以上利用する家庭なら大手電力会社よりもお得になる。
  • 市場価格に応じて、毎月電気料金が変動するのが特徴。

 

 
Japan電力
詳しく見る

Japan電力

  • 基本料金がゼロ円。使用量が多いと1kWhあたりの料金が安くなる。

   

 

公式サイト

どうぶつでんき

  • ファミリープランなら、九州電力会社より基本料金が安くなる。
  • 生活安心プランなら、従量料金が1段階で120kWh以上の料金が安くなる。
  • 動物愛護団体に収益の一部が寄付される。

 
ハルエネでんき
公式サイト

ハルエネでんき

  • 基本料金もしくは従量料金が安くなる。
  • 法人限定(店舗・事業所など)の特典がある。

 

九州電力からナンワエナジーへの切り替え注意点

ナンワエナジーへの切り替えを検討されている場合、九州電力とどんな違いがあるのか不安に感じることもあるかもしれません。九州電力からナンワエナジーへ切り替える際に覚えておくべき注意点をリストにしました。

  1. 支払方法は口座振替またはクレジットカード支払い
  2. 紙の請求書が郵送されてくる(停止を申し込むとペーパー割引が適用されます。)
  3. 契約期間は原則1年間の自動更新
  4. 契約期間満了日以前に解約すると、3,000円(税抜)の違約金が発生する

解約理由が引越しの場合、解約時期が電気の供給開始または契約更新日より10か月目以降の場合には違約金はかかりません。解約したい場合は、解約のタイミングに注意しましょう。

ナンワエナジー申込方法

実際にナンワエナジーへ申し込む場合には、以下の3つの方法から選択することができます。

  1. WEBから申込書をダウンロードして、郵送する
  2. WEBの受付画面から申し込む
  3. 電話で申し込む

申し込みの際には、以下の情報をあらかじめ用意しておきましょう。

  • 契約者の住所、氏名、電話番号などの基本情報
  • 供給地点特定番号やお客様番号が記載されている検針票
  • 口座情報またはクレジットカード情報
  • Tポイントカード番号
  • 申込連絡先
  • 電話番号:0120-055-708
  • 受付時間:9:00~18:00(日曜祝日は除く)
更新日