電話で電気・ガス切替相談

お引っ越しで新規に電気の申し込みが必要ですか?

電話での申し込みを受け付けています。電気料金のエキスパート、セレクトラにご相談ください。(受付時間:午前10時 - 午後9時)

電気料金・ガス料金の比較

電話で電気・ガスの切替相談

只今のお時間は弊社コールセンターの営業時間外となります。今よりも安くなる電気・ガスをお探しの方は、オンライン比較エンジンをご利用くださいませ。

ENEOSでんき - 解約の手続き・注意点

ENEOSでんき - 解約の手続き・注意点
ENEOSでんき - 解約の手続き・注意点

ENEOSでんきの解約に必要な手続きと注意点についてご紹介します。お引越しですか?解約のみの手続きでしょうか?現在、ENEOSでんきの契約を考えている人にも便利な情報です。

  • ENEOSでんきの解約には解約金はかかりません。
  • ENEOSでんきの「にねん とく2割」は解約金があります。
  • 他の電力会社に切り替える場合は、ENEOでんきへの連絡は不要です。
  • 電気料金の見直し・切り替えなら、セレクトラのコールセンター(03-4571-1508)がおすすめ。

ENEOSでんきはどんな電気料金プラン?

ENEOSでんきは東京電力エリアで提供されている

ENEOS(エネオス)でんきの提供エリアは関東(東京電力のエリア)に限られています。もしエリア外に引っ越す場合は他の電力会社への切り替えが必要になります。

通常プランであれば解約金はない

ENEOSでんきでは、契約期間は1年となっているものの、解約に伴い解約金はかかりません。ただし、「にねん とく2割」は2年自動更新のプランで、24カ月目の契約満了月に解約をしないと解約金1,080円(税込み)がかかります。ENEOSでんきで「にねん とく2割」を申し込む時だけは理解しておく必要があります。

120kWh以上なら東京電力よりも安くなる

毎月120kWh(キロワットアワー)以上電気を使う人ならば、東京電力よりもENEOSでんきの電気料金は安くなります。また金額は多くありませんが、ENEOSカードで電気料金を払うとガソリン・灯油・軽油代が1円/1リットル、キャッシュバックされます。またTポイントを貯めることもできます。

ENEOSでんきの解約方法・解約の連絡先

ENEOSでんきを解約する場合、「ENEOSでんき お客様ページ」にログインして手続きをすることが可能です。書類での手続きが必要な場合は、「ENEOSカスタマーセンター」に連絡をします。

ただし、他の電力会社に切り替えをする場合は、ENEOSでんきへ解約の連絡は不要です。

 ENEOSでんき - 解約等手続き
手続き内容 連絡先
他の電力会社にする場合

新しい電力会社で手続きをする。
ENEOSでんきへの連絡は不要。

引越し・建物の解体で完全に解約する場合 ENEOSでんき お客様ページ
ENEOSでんき カスタマーサービス: 0120-15-8704
(午前9時〜午後5時)
/03-6627-1763(フリーダイヤルにかけれない場合)
引越し先でENEOSでんきを契約する ENEOSでんき お客様ページ

電話で簡単。お引っ越し先の電気の申し込み ☎️ 03 4571 1508  (営業時間:午前10時から午後9時)

次の電気料金を探す際のヒント・ポイント

もし、なんらかの理由でENEOSでんきを解約し、他の電力会社との契約が必要な場合は、以下の電気料金探しのポイントを参考に新しい電気料金プランを探してみてくださいね。

新電力は基本的に大手電力よりも電気料金が安い

新電力の場合、大手電力よりも電気料金が安い場合がほとんどです。使用量によってどれくらい安くなるかは変わるので、気になる電力会社があればシュミレーションをしてみて安いところを選べば間違いないでしょう。

また、セレクトラのコールセンター(03-4571-1508)なら、電話で電気料金の見直し・電気の切り替え相談ができます。よりお得にな料金プランが見つかるチャンスです。

まとめ割り・セット割りは計算が複雑

ガスとセット、インターネットやスマホ契約とのセットをウリにしているプランがありますが、どのくらい安くなるかは、ご自身での計算が必要になります。

「セット割りが一番安い」と思いがちなのですが、必ずしもそうではありません。また、一体どれくらい安くなっているのか分かりにくいというデメリットがありますから、確認することをおすすめします。

またENEOSでんきには解約金はありません(「にねん とく2割」を除く)が、最低契約期間が設けられている電気料金プランもありますから、実際の契約の前にはチェックをしましょう。

安くて分かりやすい電気料金プランもあります

ENEOSでんきは必要な情報が手に入りやすい契約者フレンドリーな電気料金プランですから、次の電力会社も引き続き同じように、料金だけでなく、契約内容の分かりやすさ・明瞭さも気にしてみると良いでしょう。

大手電力の料金よりも5%いつでも安いプラン

電気料金の中には電気の使用が少なくても、一定安くなるプラン、逆に電気の使用量が多いほど安いプランにだいたい分かれます。電気の使用量が少なくても安くなるプラン、例えばH.I.Sでんき(HTBエナジー)ならば基本料金・電力量料金も5%安くなっていますから、一人暮らしでさほど電気料金を払っていない人でも電気料金が安くなります。

このようなプランであればいつでもとにかく5%安くなっているという安心感がありますね。セット割り(まとめ割り)にありがちな「本当に安くなっているのかな?」感がないのがいいですね。電気供給サービスも全国展開しています。ただし最低契約期間の1年を待たずに解約をすると解約金がかかるので覚えておきましょう。

H.I.Sでんき(HTBエナジー)の公式ページで電気料金を確認してみる。

一定以上電気を使うなら、単純明快なこんなプラン

新電力の中には基本料金がゼロ円で、電力量料金も3段階ではなく一段階というかなり、これ以上ないほどシンプルなプラン(Looopでんき)を提供しているところもあります。アンペア契約ならば30A以上、また二人暮らしの方であれば電気料金が安くなります。

沖縄を除く全国展開しています。また30分ごとに電気の使用量が分かる無料のアプリなどもあるのもLooopでんきの特徴です。

Looopでんきの公式ページで電気料金を確認してみる。

もちろん、他にも安い電気料金プランはいろいろです。電気の使用量によって安くなるプランが異なりますので、いくつかチェックしてみると良いでしょう。

更新日