ご注意:燃料価格の高騰に伴う「燃料費調整額」の増額について 長期化する燃料価格の高騰によって、各電力会社の「燃料費調整額」も高くなっています。ご契約を検討する際には、電力会社の公式サイトにて「燃料費調整額」をご確認ください。また、都市ガスも同様に「原料費調整額」が上昇しています。
 燃料費調整額について詳しく見る

電話で電気・ガス切替相談

毎月の電気代・ガス代を電話1本で安くしませんか?

0120-410-078 または


最短5分で最適プランをご紹介。当社経由の切り替えで電気代が平均6%安くなりました。電気とガスの切り替えと新規申し込みなら、セレクトラ・ジャパンのらくらく窓口まで。

らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

毎月の電気代・ガス代を電話1本で安くしませんか?

0120-410-078 または


最短5分で最適プランをご紹介。当社経由の切り替えで電気代が平均6%安くなりました。電気とガスの切り替えと新規申し込みなら、セレクトラ・ジャパンのらくらく窓口まで。


営業時間・ご利用方法についてはこちら

電話で電気・ガス切替相談

毎月の電気代・ガス代を電話1本で安くしませんか?


セレクトラのらくらく窓口では電気・ガス切り替え、新規お申し込みを承っています。
お申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。最適な料金プランをご案内、お申し込みまで電話1本で完了します。

毎月の電気代・ガス代を電話1本で安くしませんか?


セレクトラのらくらく窓口では電気・ガス切り替え、新規お申し込みを承っています。
お申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。最適な料金プランをご案内、お申し込みまで電話1本で完了します。

夏の電気料金 - 除湿機の電気代はどれくらい?

夏の電気料金 - 除湿機の電気代はどれくらい?
夏の電気料金 - 除湿機の電気代はどれくらい?

梅雨の時期に活躍する除湿機ですが、電気代はいくらくらいかかっているのでしょうか?除湿機にかかる電気代を実際に計算し、また梅雨の時期の電気代の節約方法を調べてみました。

  • 除湿機とはお部屋の湿度を下げてくれるもの。意外に電気代がかかる電化製品です。
  • 梅雨時、除湿機の電気代を節約するには、電力会社を変更するのが早くて簡単な方法です。

除湿機の種類

梅雨の時期の電気代を安くする方法は
エアコンのドライ(除湿)機能も梅雨の時期には便利です。はたしてその電気代は?

除湿機とは皆さんご存知の通り部屋の湿度を下げてくれる機器です。除湿機は梅雨のシーズンには重宝しますよね。最近では、部屋干しのための「衣類乾燥機能」が充実したものが除湿機の中でも主流を占めています。

除湿機には大きく分けて、コンプレッサー式除湿機とゼオライト式除湿機の2種類あります。また、エアコンのドライ(除湿)機能もありますね。

 コンプレッサー式除湿機

コンプレッサー式とはクーラーや冷蔵庫でも取り入れられている方法です。「冷媒」と呼ばれる物質を圧縮して液体にした上で冷却し、今度は逆に圧力の低いところに急激に噴き出し気体化させることで、熱を奪う方式です。空気中の熱を奪うことで空気中に含まれる水蒸気を水滴にして除去します。

 ゼオライト式除湿機

ゼオライトという吸水性の高い鉱物(乾燥剤)の粒を充填した円盤に空気を通して乾燥させます。ゼオライトが吸収した水分をヒーターで加熱して、熱交換機へ、そして水滴になりタンクにたまります。ヒーターを利用しているため室温を上げてしまいます。また、プレッサーがありませんので、サイズが小さく軽いのが特徴です。

 エアコンのドライ機能

除湿専用の機器ではありませんが、梅雨にはエアコンのドライ(除湿)機能を使っている方も多いでしょう。湿度が目標値になるまで微弱な冷房運転を行う「弱冷房除湿」というタイプと室内温度は下げない「再熱除湿」の2タイプがあります。

電気とガスの使用量や請求額をお知らせください。らくらく窓口なら電気代平均6%削減、最短5分で最適プランが見つかります。
 電話で相談する(0120-410-078)
らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

除湿にかかる電気代を実際に計算

除湿機の種類がわかりました。それでは、具体的に除湿にはどれくらいの電気料金がかかっているのかを、実際に計算してみましょう。

 コンプレッサー式除湿機の電気代

コンプレッサー式の除湿機は一般的に250Wー300W程度の電力消費量のものが多いようです。ここで、東京電力の一般的な家庭の電力量料金を用いて1kwh当たり26円とすると、250W×26円/kwh×1時間=6.5円から300W×26円/kwh×1時間=7.8円程度という試算となります。 つまり、コンプレッサー式除湿機を1時間使うと約7円程度の電気代がかかることとなります。

 ゼオライト式除湿機の電気代

ゼオライト式の除湿機は一般的に500Wー600W程度の電力消費量のものが多いようです。ここで、再び1kwh当たり26円とすると、500W×26円/kwh×1時間=13円から600W×26円/kwh×1時間=15.6円程度という試算となります。

つまり、ゼオライト式除湿機を1時間使うと約15円程度の電気代がかかることとなります。

 エアコンによる除湿の電気代

エアコンはその性能により消費電力が大きく異なります。例えば、6畳用の冷房能力2.2kWのエアコンであれば、一般的に400Wー500W程度の電力消費量のものが多いようです。ここで、再び1kwh当たり26円とすると、400W×26円/kwh×1時間=10.4円から500W×26円/kwh×1時間=13円程度という試算となります。

つまり、エアコンの除湿ドライ機能を1時間使うと約12円程度の電気代がかかることとなります。ちなみに、エアコンの冷房機能とほぼ同じ電気代になります。除湿機能だと安いわけではありません。

除湿にかかる電気代の比較
除湿のタイプ 1時間あたりの電気代
コンプレッサー式除湿機 6.5円ー7.8円
ゼオライト式除湿機 13円ー15.6円
エアコンによる除湿 10.4円ー13円

ヒーターを利用するゼオライト式除湿機が最も電気代が高く、次にエアコンのドライ(除湿)機能、最も電気代が安いのはコンプレッサー式除湿機になりました。

今より安い電気料金プラン・ガス料金プランをお探しですか?らくらく窓口なら電気代平均6%削減、最短5分で最適プランが見つかります。
 電話で相談する(0120-410-078)
らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

梅雨の時期の電気代を安くする方法は?

梅雨の時期の電気代を安くする方法は
梅雨の時期の電気代を安くする方法は?

除湿機の種類によって電気代が変わる事がわかりました。じめじめする梅雨の時期。こんな梅雨の時期は除湿機が頻繁に活躍するご家庭も多いでしょう。除湿機は部屋を暖かくも寒くもしないので電気代も安いのでは?と思いがちですが、エアコンの冷房機能と同じ電気代がかかるのは上の項目で書いた通りです。洗濯ものが乾くまでは除湿機をつけっぱなしというご家庭も多いでしょう。

それでは、どうやったらこの梅雨の時期に電気料金を減らせるのでしょうか。

電気料金は、「電化製品の消費電力(W)」に「使用時間(h)」をかけ、さらに「1kWhあたりの料金単価」を掛ける事で計算出来ます。つまり、この3要素のどれかを減らせば電気代を減らす事が出来ます。ひとつひとつ見ていきましょう。

 「電化製品の消費電力(W)」

消費電力は、前の項目でも述べたように除湿機のタイプによって変える事が出来ますね。

 「使用時間(h)」

使用時間ですが、除湿機は、使用時間を減らす事が難しい電化製品のひとつです。除湿機の使用時間を削って洗濯ものが生乾きになってしまったり部屋がじめじめしてしまったのでは、除湿機を買った意味がなくなってしまいそうです。

 「1kWhあたりの料金単価」

これは実は簡単に変える事が出来ます。梅雨の時期や夏場の電気代を下げたいなら、電気料金単価が今よりも安いプランに乗り換えるのも一つの方法です。 0120-410-078セレクトラのらくらく窓口)では、お得な電気料金プランのご紹介・契約サポートを行っています。お気軽にお電話ください。

電気とガスの使用量や請求額をお知らせください。らくらく窓口なら電気代平均6%削減、最短5分で最適プランが見つかります。
 電話で相談する(0120-410-078)
らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

除湿機にかかる電気代は? - まとめ

除湿機の電気代について見てきましたが、除湿機の種類によって電気代が変わる事がわかりました。そして、梅雨の時期に電気料金を安くするならば、電気料金単価が今よりも安い電力会社を探す事が簡単だと言う事もわかりました。

電力会社を変えると電気料金が安くなるといっても、実際にいくら安くなるかは、ご自分の毎月の電気の使用量による部分もありますし、地域によって契約出来る電力会社は異なります。迷ったら、 0120-410-078セレクトラのらくらく窓口)までお電話ください。最適な電気料金プラン探しをお手伝いいたします。

更新日