【本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。】
【本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。】
電話で電気・ガス切替相談

電気・ガス代を安くしたいなら


セレクトラのらくらく窓口にお電話ください!
エネルギーのエキスパートがお得な料金プラン探しをお手伝いします。契約サポートもお任せください。

セレクトラのらくらく窓口:  4.7/ 5 ご利用者様の声はこちら

電気・ガス代を安くしたいなら

電気・ガス代を安くしたいなら

セレクトラのらくらく窓口にお電話ください!エネルギーのエキスパートがお得な料金プラン探しをお手伝いします。契約サポートもお任せください。

セレクトラのらくらく窓口
営業時間:9時~19時、土日・年末年始除く
 4.7/ 5
ご利用者様の声はこちら

東京ガスの電気

関東エリアで人気の新電力:東京ガスの電気

東京ガスの電気

 新規申込割:基本プランへの新規申し込みで電気代の基本料金1か月無料!

  • 東京電力の従量電灯よりも電力量料金が安い
  • 都市ガスとセットにすると電気料金がさらに0.5%割引
  • 電気の契約数は347.5万件を突破!*みんなから選ばれている安心感
    *2023年3月末時点

関東エリアで人気の新電力
【東京ガスの電気】

東京ガスの電気

 新規申込割:基本プランへの新規申し込みで電気代の基本料金1か月無料!

  • 東京電力の従量電灯よりも電力量料金が安い
  • 都市ガスとセットにすると電気料金がさらに0.5%割引
  • 電気の契約数は347.5万件を突破!*みんなから選ばれている安心感
    *2023年3月末時点

電気を全然使わなかった月でも電気代は払わなければならないの? - 空き家の電気料金

更新日
電気を全然使わなかった月でも電気代は払わなければならないの? - 空き家の電気料金
本記事の要約

電気を全く使わなかった月でも多少の電気代を払う必要があります。電気代がいくらかかるかは、電気代の項目のうち「基本料金(最低料金)」に応じて決定されます(▶電気を全く使わなかった月の電気代計算方法について、詳しくはこちら
また、💡基本料金(最低料金)が安い電力会社に契約することで、電気を使わないときも使うときも電気代がお得になりやすくなります。

電気を全く使わなかった月でも電気代はかかる?

ほとんどの電力会社では、1か月電気を使わなかったときも多少の電気代がかかる仕組みになっています。かかる電気代は電力エリアによって異なります。

以下からお住まいの地域に対応する料金の仕組みを選び、電気を全く使わなかった月にかかる電気代を確認してください。

  お住まいの電力エリアをお選びください  

最低料金制の電力エリア

関西電力、中国電力、四国電力、沖縄電力エリア

基本料金制の電力エリア

北海道電力、東北電力、東京電力、北陸電力、中部電力、九州電力エリア

最低料金制の場合

最低料金制の場合、電気を全く使わなかったとしても「最低料金」を支払う必要があります

一方、電気を使わなかった(あるいは15kWh以下の使用だった)場合、電気の使用量に応じて徴収される「従量料金」は払う必要がありません。

最低料金制の場合、電気を全く使わなかったとしても「最低料金」を支払う必要があります

 最低料金はいくらくらいかかる?

最低料金は地域や電力会社によって価格差がありますが、基本的に500~700円程度に設定されています。

 最低料金の例(関西電力・従量電灯A)

料金表:関西電力・従量電灯A
最低料金(円/月)
1契約につき
最初の15kWhまでの使用量を含む
522.58円
電力量料金(円/kWh)
15kWh超えて120kWhまで 20.21円
120kWh超えて300kWhまで 25.61円
300kWhを超える 28.59円

※毎月の電気料金の計算には、上記の他に燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加わります。

基本料金制の場合

基本料金制の地域では、全く電気の使用がなかった場合は基本料金の半額分のみ徴収されることになっています。

基本料金制の地域では、全く電気の使用がなかった場合は基本料金の半額分のみ徴収されることになっています。

なお、基本料金はお住まいの地域・電力会社・アンペア数*によって異なります。

*一度に流れる電気の量を表す単位のこと。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

例えば、東京電力の最も一般的なプラン(従量電灯B)の基本料金は以下のようになっています。

基本料金の例(東京電力・従量電灯)
基本料金(円/月)
契約アンペア数 10A 311.75円
15A 467.63円
20A 623.50円
30A 935.25円
40A 1247.00円
50A 1558.75円
60A 1870.50円

※毎月の電気料金の計算には、上記の他に燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加わります。

電気を全く使わなかった月は、上記のような基本料金の半額分が徴収されることになるわけです。

基本料金(最低料金)が安い電力会社は?

電気を全く使わないときの料金は、電気料金のうち基本料金(あるいは最低料金)に応じて決まります。そのため、基本料金(または最低料金)が安いプランに契約することで、電気を使わない月も電気を使う月も電気代が安くなりやすくなります。そこで、以下では基本料金(最低料金)が安い電力会社を紹介します。

以下で詳しく解説します。

CDエナジーダイレクト【東京電力エリア】

CDエナジーダイレクト

東京電力エリアにお住まいなら、CDエナジーダイレクトの「ベーシックでんき」がおすすめです。

  東京電力よりも基本料金・電力量料金が安い

東京電力の最も一般的なプラン(従量電灯B)よりも基本料金・電力量料金(第二段階以上)が安く設定されているため、電気代がお得になります。

CDエナジ―ダイレクトの「ベーシックでんき」は東京電力・従量電灯と比べてお得!電力量料金も基本料金も安い

※ただし、CDエナジーダイレクトの燃料費調整額には上限がないことに注意が必要です。電気の原材料となる燃料の高騰により上限を突破した場合、CDエナジーダイレクトの燃料費調整額が東京電力・従量電灯Bよりも高くなり、結果的にお得にならない可能性があります。

実際の料金表(クリックして表示)

CDエナジーダイレクト:ベーシックでんきB(税込)
基本料金
契約アンペア数 東京電力
従量電灯B
東京電力
CDエナジーダイレクト
ベーシックでんきB
CDエナジーダイレクト
10A 311.75円 276.90円
安い
15A 467.63円 415.35円
安い
20A 623.50円 553.80円
安い
30A 935.25円 830.70円
安い
40A 1247.00円 1107.60円
安い
50A 1558.75円 1384.50円
安い
60A 1870.50円 1661.40円
安い
電力量料金(1kWhあたりの料金)
  東京電力
従量電灯B
CDエナジーダイレクト
ベーシックでんきB
120kWhまで 29.80円 29.90円
120kWh超えて300kWhまで 36.40円 35.59円
安い
300kWh超える 40.49円 36.50円
安い

*実際の電気料金には、上記の基本料金と電力量料金の他に、燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます。CDエナジーダイレクトの燃料費調整額には上限がないため、燃料価格が高騰している間は東京電力・従量電灯(上限あり)に比べて電気代が高くなる可能性があります。

  中部電力×大阪ガスの共同経営なので安心

CDエナジーダイレクトは中部電力と大阪ガスという大手エネルギー会社が共同で経営しているエネルギー企業です。新電力への切り替えに不安を感じておられる方も安心してご利用いただけます。

▷CDエナジーダイレクトの解説記事を見る

エネワンでんき【全国】

北海道から沖縄まで、一部離島を除く全国で電気を販売するエネワンでんきもおすすめです。

  基本料金が安く設定されており、電気代がお得になりやすい

各地域の大手電力会社と比べて基本料金が安く設定されているため、電気代がお得になりやすくなります。

例えば東京電力エリアだとこれだけお得になります!

エネワンでんき、お得額は?(2024年7月時点)
  東京電力 エネワンでんき

1人暮らし
7,423円 / 月 7,390円 / 月
年間396円お得

2人暮らし
11,375円 / 月 11,331円 / 月
年間528円お得

3‐5人暮らし
17,760円 / 月 17,258円 / 月
年間6,024円お得

【比較条件】
・東京電力「従量電灯B」とエネワンでんき「エネワンハッピー(1~2人暮らし)」「エネワンバリュー(3~5人暮らし)」を比較
・契約アンペアと電気使用量は、1人暮らしで30A・200kWh、2人暮らしで40A・300kWh、3-5人暮らしで50A・450kWhと仮定
・2024年7月時点の単価を参照。基本料金+電力量料金の合計で燃料費調整額再エネ賦課金を含まない
・燃料費調整単価は、エネワンでんきでは上限がない一方、東京電力「従量電灯B」では上限がある。そのため燃料価格の著しい高騰により燃料費調整単価が上限を超える場合、エネワンでんきの電気料金が割高になる可能性あり

▷エネワンでんきの解説記事を見る