You are here

夜の電気料金が安いプランは本当におトク?

夜の間は料金単価が下がる電気料金プランがあります。このような電気料金プランを契約すると本当に電気代が安くなるのでしょうか?他に電気料金を安くするコツはないのでしょうか?夜安い電気料金プラン以外の選択肢も含めて調べてみました。

  • 夜間に割引のある電気料金プランは本当におトクかどうか調べてみました。
  • 夜安い電気料金プランにこだわらず、新電力に変える事で電気代を節約する事が出来ます。
夜の電気料金が安いプランは本当におトク?

夜の電気料金が安いプランとは?

夜安い電気料金プランの説明

夜の電気料金が安いプランとは、時間帯によって電気料金の単価が変わる電気料金プランの事です。ほとんどの場合、夜間の電気料金を他の時間帯よりも割安に設定しています。電気料金が安くなる時間帯は、プランにより様々です。また、プランによっては、昼と夜の時間帯だけでなく、土日や祝日などの休日料金の設定があったり、季節によっても料金が違う料金プランもあります。

どうして夜の電気代を安く出来るの? なぜ夜の電気料金を安く出来るのかというと、夜は電気の使用量が少なくなるため電気が余りやすいからです。電気の需要と供給を一致させるために夜間の料金を安く設定しているのです。

夜にオトクなプランで電気代を節約する方法

夜間の電気料金が一番安いのは?

夜間の電気料金を割安に設定しているプラン

夜間料金が割引になる料金プランで上手に節約するには、なんといっても電気を使う時間帯をしっかり考える事です。どのプランも、夜の時間が何時から何時までという設定に差はあっても、夜間料金がとても安く設定されている事は共通しています。つまり、ご自分の契約のプランの夜間の時間帯を有効利用する事が節約のポイントとなります。

具体的には以下のような方法で夜間に安い電気料金プランで電気代を節約出来ます。

  • 家事はまとめて夜間や早朝にする。もしくは、タイマーがついていて夜の時間に活用できる洗濯機や食洗器、炊飯器を利用する。
  • 土日祝日も安くなるプランであれば、家事はまとめて土日にする。
  • 仕事などで昼間の在宅時間が短く、電気を使わなくてもよい。
  • 日中は基本的に家にいない。お仕事をしている方にはぴったり。
  • オール電化にしており、エコキュートなど夜の時間に蓄熱したりお湯を沸かす給湯器を使う。

一点注意すべきなのは、夜の電気料金が安い電気料金プランは、スマート契約」というタイプのプランである事も多くあります。このスマート契約の場合、多くの電化製品を同時に使用する事があれば節約どころか電気料金が跳ね上がってしまいます。

スマート契約とは?「スマート契約」とは、東京電力が開発した新しいタイプの基本料金決定方法で、スマートメーターで計測された当月1月+直前の11カ月のピーク電力によって電気代の基本料金が決まります。簡単に言うと、過去1年に同時にたくさんの電気を使った時間があれば、それがピーク電力となり次の1年の基本料金になってしまいます。東京電力、関西電力、東北電力、九州電力で使われています。ご自分の電気の使い方とプランの内容をしっかり確認しましょう。

どんな電力会社がどんな夜間割引プランを発売しているの?

大手電力会社は10社全てで、夜に電気料金が安くなるプランを発売しています。夜安い電気料金の中にはオール電化住宅向けのプランもあります。夜間割引プランを発売している新電力の数は少なくはありますが、それでもいくつかの電力会社は夜間に割引がある電気料金プランを発売しています。

夜の電気料金が安いプランと発売している電力会社、また夜間の設定時間を含めた特徴、をまとめて一覧にしてみました。

夜の電気料金が安いプラン一覧
電力会社名 電気料金プラン 特徴と電気代が安くなる夜間の設定時間帯
東京電力ホール
ディングス

東京電力
  • スマートライフプランは、オール電化向けの電気料金プランで、電気料金が安い夜間の時間帯は、夜25時から朝6時までとなっています。
  • 夜トクプラン8/12は、夜の時間帯の電気の使用が多い人向けのプランです。
  • 「夜トクプラン8」の夜間の時間帯は、夜23時から朝7時まで「夜トクプラン12」は夜21時から朝9時までとなっています。
関西電力
関西電力
  • はぴeタイムは、夜23時から翌朝7時までおトクな夜間料金が適用されます。
  • eスマート10は、夜22時から翌朝8時までおトクな夜間料金が適用されます。
中部電力
中部電力
  • 「スマートライフプラン」の夜間の時間帯は、夜22時から朝8時まで、「夜とくタイプ」は夜21時から朝7時まで、「夜とくタイプ」は夜23時から朝9時までとなっています。
  • 土日祝日の日中は、割高なデイタイム料金がなく通常料金で過ごせます。
東北電力
東北電力
  • 東北電力のこれらの全てのプランは、実量契約(スマート契約)と今までの主開閉器契約(契約電力を選べる)から選べます。
  • よりそう+シーズン&タイムは、午後10時から午前8時が割安な夜間料金になります。
  • よりそう+ナイト8は、午後11時から午前7時の8時間が割安な夜間料金にになります。
  • よりそう+ナイト10は、午後10時から午前8時の10時間と休日が割安な料金になります。
  • よりそう+ナイト12は、午後9時から午前9時が割安な夜間料金になります。
九州電力
九州電力
  • オール電化等の利用者向けプランで、昼間と夜間時間の他、昼間は「平日」「休日」「夏・冬」「春・秋」で料金が変わります。
  • 夜間時間帯は、「ナイト・セレクト21」は夜21時から朝7時まで、「ナイト・セレクト22」は22時から朝8時まで、「ナイト・セレクト23」は23時から朝9時までとなります。
北海道電力
北海道電力
  • eタイム3プラス
  • 1日を3つの時間帯に分けて料金設定したメニューです。夜間時間・朝晩時間・午後時間があります。
  • 22時から翌朝8時までおトクな夜間料金になります。
中国電力
中国電力
  • 「ナイトホリデーコース」は、電気料金が夜21時から朝9時までと土日祝日に割安になります。
  • 「電化Styleコース」も、電気料金が夜21時から朝9時までと土日祝日に割安になります。
  • オール電化住宅の方や、電気の使用量が比較的多い方(月平均ご使用電力量400kWh超過)におすすめです。
四国電力
四国電力
  • 両プランとも、主にオール電化住宅向けです。 
  • [タイプL+]は、夜21時から朝9時までおトクな夜間料金になります。
  • [タイプH+]は夜23時から朝9時までおトクな夜間料金になり、また休日料金があります。
北陸電力
北陸電力
  •  夜8時から翌朝8時までおトクな夜間料金が適用されるプランです。
沖縄電力
沖縄電力
  • Eeホームホリデー
  • Eeホームフラット
  • 「Eeホームホリデー」プランは、季節と時間帯を3つに分けたピークシフトタイプのプランです。平日の午前10時から午後5時が昼間時間、平日(の午前7時から午前10時及び午後5時から午後11時また休日の午前7時から午後11時が生活時間、それ以外の時間が夜間時間です。
  • 「Eeホームフラット」は、毎日午前7時から午後11時までが昼間時間で、夜間時間はそれ以外の時間となります。
昭和シェル石油
昭和シェル石油
  • 「昼はもちろん夜に差がでる電気」は、電力量料金がデイタイムとナイトタイムに分かれて設定されています。
  •  電気料金が安いナイトタイムは、夜20時から朝7時までとなっています。
エルピオでんき
エルピオ
  • 深夜お得プラン
  • 「深夜お得プラン」は、電力量料金が深夜に安くなります。
  •  電気料金が安い夜間の時間帯は、夜23時から朝6時までとなっています。
ナンワエナジー
ナンワエナジー
  • スタンダードオール電化
  • 「スタンダードオール電化」は、電力量料金がデイタイムとナイトタイムとリビングタイムに分かれて設定されています。
  •  電気料金が安い夜間の時間帯は、夜22時から朝8時までとなっています。
イデックス
イデックス
  • 夜トクプラン
  • 「夜トクプラン」は、「平日」よりも「休日」が、「夏・冬」よりも「春・秋」が割安な料金となっています。。
  •  電気料金が安い夜間の時間帯は、夜22時から朝8時までとなっています。
坊っちゃん電力
坊っちゃん電力
  • マドンナプラン は、夕方や夜間の時間帯により電力量料金が安くなるプランです。
  • さらに、3%、2%、1%割引になる割引パックがオプションでつけられます。

夜の料金が安いプランは本当におトク?

夜に安くなるプランだと電気代はどれくらい安くなるの?

夜の料金が安いプランは本当におトクなのでしょうか?まずは、電気料金の単価が普通のプランと夜に安い料金プランではどれくらい違うのか、実際に比べてみます。

最も契約者の多い東京電力の従量電灯プランと、同じ東京電力の夜間割引料金プランである「夜トク8」「夜トク12」の1kWhあたりの電気料金を比較してみました。

                             
東京電力従量電灯プランと夜トク8・12の比較
東京電力
従量電灯プラン
東京電力
夜トク8
東京電力
夜トク12
24時間 昼間
07:00-23:00
夜間
23:00-翌07:00
昼間
09:00- 21:00
夜間
21:00-翌09:00
120kWhまで 120-300kWh 300kWh以上        
     

このように比較すると、「夜トク8」「夜トク12」ともにやはり夜間料金は安いですね。

しかしながら、昼間の電気料金も忘れてはいけません。「夜トク8」「夜トク12」どちらも、昼間の料金は従量電灯プランの一番高い段階よりもさらに高くなっており、かなり割高です。また、300kWh以上の料金と比べると夜間料金は安くなっていますが300kWh以下だとおトク感は下がります。さらに「夜トク8」が安いといっても、夜間の時間が23時から7時と大きく限定されてしまいます。

その料金プラン、スマート契約かも?夜に電気料金単価が安くなる電気料金プランは、スマート契約という、基本料金が高くなる可能性のあるプランである事が多くあります。このスマート契約とは、スマートメーターで計測された当月1月+直前の11カ月のピーク電力によって電気代の基本料金が決まります。つまり、同時にたくさんの電気を使うと次の1年の基本料金がとても高くなってしまいます。

夜安い電気料金でお得になるのはこんな人

夜安い電気料金がお得になる人は、以下の条件にあてはまる人です。これらの条件に当てはまらなければ逆に電気料金が高くなる可能性もあります。

  • オール電化住宅に住んでいる。
  • 共働きなどで日中にほぼ在宅しておらず電気も使っていない。
  • タイマー付きの家電(洗濯機、乾燥機、食洗器、炊飯器など)を持っており、夜にこれらの家電を使える。
  • 家事は早朝にまとめてするタイプ。もしくは深夜にまとめてするタイプ。

夜安い電気料金プランでは安くなりそうになかったら?

夜間の電気料金が一番安いのは?

夜安い電気料金は、昼間の料金が高く設定されているのも特徴です。

日中も家にいる事が多い、オール電化でもなくタイマーがついた家電もない、そんな人は夜間に安くなる電気料金ではなく、従量電灯プランのままの方が良いでしょう。なぜなら、夜に電気料金が安くなるプランは、昼間の料金とても割高に設定されているからです。従量電灯プランは24時間同じ料金です。時間を気にせずに電気を使う事が出来ます。

そして、従量電灯プランのままにするならば、新電力の電気料金プランに変える事により電気代を節約する事が出来ます。なぜなら、電力自由化で新しく登場した新電力は、たいてい大手電力会社の従量電灯プランよりも単価を安く設定しているからです。

新電力にすると電気料金が具体的にどのくらい安くなるのか、最も人口の多い関東エリアの新電力と東京電力とで比較しました。関東エリアの電気料金は、基本料金と従量料金の組み合わせですが、地域によっては基本料金ではなく最低料金制のエリアもあるため、どの電気料金にも必ず含まれる電力量料金(電気の使用量に応じて払う料金)のみ掲載します。

関東エリアの電力量料金比較-1kWhあたりの料金(税込)
東京電力
東京電力ホールディングス
東京ガス
東京ガス
H.I.S.でんき
ENEOSでんき
Looopでんき
 
-120kWh   -140kWh   -120kWh   -120kWh   一律  
120-300kWh   140-350kWh   120-300kWh   120-300kWh  
300kWh以上   350kWh以上   300kWh以上   300kWh以上  

各新電力の特徴もご説明します。ご自分にぴったりの電力会社を選んで申し込んで見てください。

  • Looopでんきは基本料金がゼロ円です。そのため、よっぽど節電をしている方でない限り、ほとんどの方が電気料金が安くなります。

  • ENEOSでんきは、電気の使用量が多いご家庭ほど安くなります。

  • H.I.S.でんき(HTBエナジー)の電気料金は、大手電力会社よりいつでも5%安く価格が設定されています。

  • 東京ガスは、東京ガスの都市ガスを使っている方におすすめです。電気と都市ガスのセット割があります。

 

「電気・ガス料金比較サイト セレクトラ」ご利用上の注意
セレクトラが掲載する情報は、各電力・ガス会社がホームページ等にて公にしている時点の情報になります。利用者様が閲覧される時点での料金をセレクトラが保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する電気・ガス料金に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
また、セレクトラでは各電力・ガス会社の料金プラン/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各電力・ガス会社に直接お問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。また、最新・詳細な情報は直接電力・ガス会社のサイトでご確認ください。

電気・ガス事業者のご担当者様へ
セレクトラでは、情報の正確性確保や充実のため、小売電気事業者様または小売ガス事業者様より掲載情報のご確認、訂正のご依頼等を随時受け付けております。
小売電気事業者様または小売ガス事業者様からのご連絡はこちらより承っております。ぜひご利用ください。
セレクトラの公平・中立性を確保するため、内容によっては訂正のご依頼にお応えしかねる場合がございますのでご了承ください。